NO NAME

月別アーカイブ :2015年12月

聖なる夜にジャイアンツのことを想う

いつの間にか日付も変わって・・クリスマスも終わりましたね。 中高生のときは、漫画やドラマを見ながら・・ただひたすら憧れを抱いていた日。 彼女ができてからは、自分をよく見せようと変に肩に力が入って・・喜び以上に重圧を感じていた日。 そして、結婚して子供が生まれてからは・・いかに家族を喜ばるかに心を砕いていた日。 でも・・今では子供達もすっかり大きくなって、いつもとあまり変わりなく・・ケーキを食......続きを読む»

岡本和真の未来像が少しずつ見え始めた

岡本和真の今シーズン最後の打席は・・見逃し三振でした。 アジアウィンターリーグ最終戦。決勝に臨んだNPB選抜は終盤、台湾アマ選抜チームに逆転を許し・・惜しくも2位。 4番・サードで出場した岡本和真は・・4打数ノーヒット。目標としていた打率4割も最後の最後に・・切れてしまいました。 最終戦ということで・・結果を出さなければとの思いが強すぎたのかも・・知れません。 ランナーのいる場面が2度あった......続きを読む»

村田はジャイアンツに来て本当に幸福だったのかな

病床の子どもと交わした約束を果たす・・奇跡の一打・・ いや・・いかんです。年取ると、こういうシチュエーションってだけでもう・・泣けてきます(苦笑) 何気なく見ていた・・某テレビ番組で紹介されたエピソード。 訪問先の病院で出会った病気の少女と、ホームランを打つと約束を交わしたあるメジャーリーグの選手。 しかし彼はレギュラーでもなく、長距離打者タイプでもない・・ それが・・途中出場で巡って来た......続きを読む»

阿部の生きる道

打率2割4分2厘、15本塁打、47打点。 得点圏打率は・・2割2分5厘。 出場111試合は・・03、04年に続く少なさで規定打席にすら届かず。 04年以降続けていた年間100安打以上も・・11年連続で遂にストップ。 何度見返しても・・寂しさが募ります。 2012年・・5冠達成。 常勝を誇った原前監督時代の中でも、恐らく最も強かったシーズン。 その中心で圧倒的な「数字」と「存在感」という......続きを読む»

立岡は掴んだ。次は誰だ?

すみません・・最初に、ちょっとだけ他球団の選手の話題を。 ジャイアンツの永遠のライバル、阪神タイガースから今年ドラフト1位指名を受け入団した・・高山峻選手。 秋のリーグ戦終盤に右手有鉤骨を骨折してしまったんですが・・手術後の経過は順調なようで、もうすぐ打撃練習も再開するとのこと。 いやあ良かったです。心配していたんですけど、来季はキャンプから普通にできそうですね。 彼にはね・・ほんと頑張って......続きを読む»

杉内・・次の目標は200勝って言ったよな・・

5億から・・5千万へ・・ 正直・・ここまで下がるとは思いませんでした。 確かに・・不本意なシーズンであったことは否定できません。 17試合登板で6勝6敗、防御率3.95・・今回、手術に踏み切ることになった股関節痛の影響で7月に離脱・・結局、再び戦列に戻ることも出来ませんでしたから。 移籍以降、3年連続で達成していた二桁勝利も規定投球回数到達も・・途切れてしまいました。 しかも、復帰は来年の......続きを読む»

仁義なき外国人枠争い。そしてポレダリリーフ転向論再び。

時間が余ったんで・・もう1本。 最初の記事では中井ら頑張れってことを書きましたが、それは外国人選手も同じなんですよね。 競争にさらされるのは同じ・・ましてや彼等には、”外国人枠”という問題がありますから。 出場選手登録は4人まで、かつ投手または野手として同時に登録申請できるのはそれぞれ3人まで。仮に選手全員が同様に好調であったとしても誰かがあぶれる・・1年1年が勝負の外国人選手にとってみれば・......続きを読む»

それでも中井、藤村、大田、橋本に期待する

前ロッテのクルーズに、メジャー通算122発のギャレット・ジョーンズ、か・・ いつになったら情報が入ってくるんだろ・・と思ってましたが、一気に動き出しましたね。 ドラフトも終わり、FA選手は脇谷を獲得・・と順調に埋まっていった由伸ジャイアンツのピース。 その最後の1ピースは・・新外国人選手の獲得だな・・と思っていました。 投手は、最大の懸案事項であったマイコラスの残留も無事決まり、ポレダ、マシ......続きを読む»

「生涯ジャイアンツ」という言葉について

今朝の報知を読んでいるときに、こんな記事を見つけました。 「メジャーに興味がありますか」 「興味はありません。僕は生涯ジャイアンツで頑張ります」 児童養護施設を訪問した山口が、児童からの質問に答えていたときのやりとり、だそうです。 チームに愛着を感じてくれている・・それはファンとしてやはり嬉しいことです。 自分を見出し、育て、そしてここまでの存在にしてくれた・・それに報いたいって気持ちが、......続きを読む»

あの輝いていた長野久義をもう一度

幸せな時間・・でもそれって、長くは続かないもんですよね・・ これまで、何度か中3の息子の話を書かせてもらいましたが、今日(あ、昨日になるのか)、今年最後の対外試合があって・・ 軟式から硬式に変わり、チームメイトの数も対戦相手のレベルも格段に上がったことで戸惑い、苦しみながらもようやくここ数試合結果が出るようになっていたんですが・・この試合に関しては打撃も守備も振るわず・・厳しい結果に終わりました......続きを読む»

若手よ、今こそ鈴木尚広に学べ

先日・・久しぶりに藤村のことを書きながら・・ふと思いました。 いつの間にか・・こんなにも時間が経っていたんだなと。 つい数年前までは・・中井、藤村、大田、橋本・・彼等4人を見るとき、自分には彼等の明るい未来だけを・・想像していました。 それが・・この1、2年、彼等を見ると、自分はつい過去にばかり・・目が行ってしまいます。 もし・・藤村が盗塁王後もレギュラーを確保することが出来ていたら・・ ......続きを読む»

おかえり、脇谷

お帰りなさい。 戻って来てくれて・・本当にありがとう。 心から・・そう言いたいです。 ジャイアンツを去ることになってしまった経緯・・ 温かい声援を送り続けたくれたライオンズファンへの思い・・ きっと色んな感情が交錯して・・たくさん悩んだことでしょう。 それでも・・決断してくれたのは、やはり敬愛する由伸監督の存在があったから・・なんだと思います。 最後まで現役に拘りながら、自ら引退を決意......続きを読む»

澤村拓一の値打ち 【#800】

60試合登板。 7勝3敗36セーブ。ホールドも3。 68イニングを投げ自責点10・・防御率は1.32。 抑え転向1年目にして・・抜群の適性を見せてくれた、澤村拓一。 時折不安定な面を見せることはあっても、それでも動じず、打者に向かい続けるその姿勢・・正真正銘の抑えの姿でした。 思えば・・彼が入団してからの4年間と言えば・・ 1年目は200イニングを投げ11勝を挙げたものの11敗。チームも......続きを読む»

藤村大介に逆転の目はあるか

「ジャイアンツに何しに来たのかという感じ」 そう悔しがっって見せた、移籍2年目のシーズンを終えた・・片岡治大。 113試合出場ながら規定打席には届かず、打率2割4分4厘、出塁率2割9分9厘・・確かに、この部分だけを見ると物足りなく感じます。 1、2番を打つ打者としては・・ちょっと低い数字ですよね。 けど、一方で、自身5年ぶりの10本塁打、チームトップの21盗塁、36犠打、9割8分9厘という守......続きを読む»

ポレダリリーフ転向論

暇っスね・・ほんと冬の夜は長く感じます。 最近はテレビもあまり面白く感じなくなって・・夕食が終わればパソコン見ながらジャイアンツ関連の記事をチェックしてる毎日です。 とは言え・・この時期になると更新されることもそう多くはありませんからね・・で結局、気がつけばこうしてブログの記事を書いてると言う・・ 自分、どちらかと言えばシーズン中よりもオフの間の方が更新頻度が高いんですが、理由はこれなんですよ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkosei

原前監督がルーキーの頃から、そして恐らく人生の終幕までジャイアンツひと筋です。

愛するが故に色んなことをつぶやきます。予めご了承下さい(´_ゝ`)
  • 昨日のページビュー:123
  • 累計のページビュー:9773953

(10月20日現在)

関連サイト:ツイッターアカウントはこちら(野球以外もつぶやいてます(*´ω`*)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. これが村田修一の本当の実力だったのか
  2. 奥村と橋本と阿部と
  3. ドラフト会議でのジャイアンツの選択は正しかったのか
  4. 今の大田泰示に望むこと
  5. 菅野評価に見る桑田氏の優しさ
  6. 大田も小林も、自分自身で道を切り拓いていくしかないと思う
  7. 澤村と斎藤佑樹
  8. 広島と巨人との差は「若手の意識の差」だってよ
  9. 糸井移籍に小笠原のことを思う
  10. ジャイアンツのジャイアンツによるジャイアンツのための・・

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss