NO NAME

月別アーカイブ :2015年10月

長野はきっとやってくれる。やるしかないんです。

ホークス・・強かったですね・・ 2年連続の日本一達成。しかも2年とも4勝1敗と相手を圧倒してのもの。 日本シリーズ初戦から見てましたけどとにかく強い。投打とも全く隙がありませんでした。 タイトルホルダーが並んだヤクルトの強力打線を封じ込めた投手陣も流石でしたけど、より凄みを感じたのはやはり打線です。 4番内川を怪我で欠き、柳田、松田も調子が今一つなのにこの安定した得点力。凄いとしか言いようが......続きを読む»

井端と二岡。若きにコーチに期待するもの

由伸監督、いよいよ秋季練習へ合流・・です。 「全ての人が強い覚悟を持って、日本一に向けて進んでほしい」と力強く訓示を述べた後、練習を見て回ったとのこと。 今日はスーツ姿だったようですが、明日以降はユニフォーム着るんでしょうかね・・背番号は変わらなくても監督・由伸としてのユニフォーム姿はまた違った雰囲気を感じさせるんだろうな・・早く見たいです。 注目していたコーチ陣も決まりました。 顔ぶれは・......続きを読む»

いつか岡本和真が4番打者に辿り着くとき

今年も宮崎で行われていた・・フェニックスリーグが終了しました。 例年、雨天中止が何試合かあって、その分、若い選手の実戦の場が減ってしまうのを残念に思っていたのですが、今年は天候に恵まれ、全144試合、1試合の中止もなく行われそうです。 九州なんでほんとは自分も見に行きたいんですが・・キャンプの時期と違って10月は週末も色々あって・・まだ行ったことがないんですよね。 来年、再来年はまだ息子の野球......続きを読む»

心は由伸ジャイアンツと共に

「選手を引退して来季より巨人軍監督を務めます。よろしくお願いします」 凛とした表情で、一言一言、噛みしめるように言葉を発する高橋由伸新監督。 現役への思いを断ち切り、計り知れない重圧の中、チームの危機を救うための彼の新たな戦いが・・いよいよ始まるんですね。 彼が会見で何度も使った「覚悟」という言葉に、彼が背負うことになったものの大きさ・・重さをを感じずにはいられません。 指導者としての経験は......続きを読む»

由伸の覚悟から目を逸らす訳にはいかない

言いたいことは・・山ほどあります。 球団・・いや讀賣の強引、かつ狡猾なやり口に対する自分の怒りは・・まだ到底収まりそうにはありません。 でもね・・ 由伸自身が「覚悟を持ってまい進します」なんて言ったら・・もう何も言えなくなるじゃないですか・・ まだ、一人のプレイヤーとして野球に向き合っていたい・・その思いをそっと胸にしまい込み、ジャイアンツの危機を救うために敢えて茨の道を歩む・・ そんな彼......続きを読む»

ジャイアンツのドラフト指名、ほんと夢があってワクワクするなぁ(笑)

正直に言います・・ ファンになってこれだけワクワク感のないドラフトは・・初めてだったかも知れません。 勿論、指名された彼らには大成してくれることを願っていますが、自分の希望はあくまで打線の強化に繋がるような、即戦力を期待出来る野手の指名を希望していたので・・その点に関してはほんと失望してて・・ 具体的に名前を挙げれば・・明大の高山君が第一希望で、でなければ青学大の吉田君、もしくは慶大の谷田君、......続きを読む»

監督であっても、選手であっても、由伸がジャイアンツの宝物であることに変わりはない

青天の霹靂・・ 正にそんな感じの・・朝でした。 ジャイアンツが・・由伸に監督就任を・・打診? 一部報道に名前が挙がっていたのは知っていましたが、まさかまだ現役の彼が・・と思っていましたから本当に驚きました。 チームの命運を託すに相応しい存在だとは・・思います。 同世代の選手の多くが新天地を求め去っていった中、彼だけは生涯ジャイアンツを貫き、支え続けてくれましたからね。 選手としての実績も......続きを読む»

江川ファンの憂鬱

不快・・不愉快・・ 最近、そう感じることばっかりです。 ジャイアンツが敗れたから? それもあります。 けど、それ以上に自分の心を煩わせているのが・・ ジャイアンツの・・監督問題です。 原監督が辞意を表明されたばかりのこの時期・・極力この話題に触れたくはありませんでした。 今はただ・・長年のご労苦に感謝していたい・・その思いですから。 しかし・・この件に関する報道が出始めた頃から・・周......続きを読む»

原監督に対する惜別の思い。そして感謝。

ジャイアンツが敗れた日。 2015年シーズンが・・完全に終わりを告げた日。 原辰徳監督が・・球団に辞任を申し入れたそうです。 今日負けて日本シリーズに出られなかったこと。 2年契約の2年目で契約満了ということ。 それと・・10年やって新陳代謝が必要だと考えた・・と。 1度目が2シーズンで日本一1回。 そして2度目は10シーズンでリーグ優勝6回、うち日本一2回。 改めて振り返るまでもな......続きを読む»

決戦の地、神宮へ

勝ち残ったのは・・ジャイアンツ。 2勝1敗・・際どい勝利でしたね。 終盤同点に追いつかれ、延長までもつれ込んだ初戦。 相手の素晴らしい先制パンチに・・屈した第2戦。 ポレダと能見・・両軍の予想先発投手の力関係を考えれば大丈夫だろう・・とは思っていましたが、やはり簡単には勝たせてもらえませんでしたね。 スコアこそ3対1でしたけど、それでもしんどく感じました・・6回、追加点を取った後はちょっと......続きを読む»

日本一への道は澤村が切り拓く

遂に始まりました。 日本一への挑戦が。 正直言えば・・一抹の寂しさはあります。 セ・リーグのチャンピオンはあくまでヤクルト・・なんですよね。 勿論、気持ちは切り替えていますが、負けた悔しさはまだ完全には消えなくて・・ でも、それでも選手達が戦う姿を見ると・・やっぱり心が奮い立ちます。 絶対負けんじゃねえぞ・・って思いが湧いてくるんですよね。 今日の試合も・・そうでした。 マイコラスの......続きを読む»

今回の件に対する、自分の願い

悲しいです。 寂しい・・です。 何でこんなことに・・なってしまったのか・・ これまで頑張って頑張って築き上げてきたものを全て無にしてしまうようなことを・・何故・・ それを考えると、ほんと無念で・・悔しいです。 それと・・ この問題がこれから何処にどう影響を及ぼしていくのか・・それも心配で。 過去の例を見ても単に個人の問題、とだけで片付けることは難しい気がしますから・・ とにかく・・ま......続きを読む»

今はただ、143試合戦い抜いてくれたことに感謝していたい

2015年10月4日。 ジャイアンツのレギュラーシーズン・・最終戦・・ 残念ながら・・ヤクルトとリーグ優勝を賭けての最終決戦、とはいきませんでしたが、それでもジャイアンツの選手達はみな最後まで懸命に戦ってくれました。 背水のマウンドで5回無失点、2勝目を挙げた内海。 その後を受け、力投した田原と宮國、若きリリーフ陣。 揃って60試合登板を成し遂げた山口、マシソン、澤村。 彼ら投手陣を力強......続きを読む»

ありがとう。そして負けるなよ。久保裕也。

今日でレギュラーシーズンも終わりますね・・ 正直、見てて胸が苦しくなることの方が多かったんですけど、それでも今日で終わってしまうと思うと、何とも言えない気持ちになって・・ まあ、まだポストシーズンで見ることは出来るんですが、今年はね・・やっぱ優勝して臨むのとそうじゃないとでは全然違いますよ。 個人的には・・どちらかと言うとCS不要論者なので・・ジャイアンツが負けたときだけこの制度にすがるっての......続きを読む»

2015年のシーズンに・・ジャイアンツは敗れた。

ジャイアンツが・・敗れました。 覚悟は・・していましたけど・・実際にこの日が来てみると・・悔しさが後から後から湧いてきます。 ヤクルトは強かった。 けど・・それ以上に、ジャイアンツは弱かった。勝負処になればなるほど。 勿論・・感謝はしています。 敗れたとはいえセ・リーグ第2位。苦しい戦いの連続の中、よく最後まで優勝争いを演じてくれた・・とは。 でも・・やっぱり、「自ら優勝を手放してしまっ......続きを読む»

優勝おめでとうございます

ヤクルトスワローズの皆さん。そしてスワローズを愛するファンの皆さん。 優勝おめでとうございます。 苦しい時期を乗り越え・・強力打線と堅実な投手陣で勝ち取った、本当に素晴らしい勝利でした。 正にセ・リーグの覇者にふさわしい・・堂々たる戦いぶりだったと思います。 でも・・まだ勝負は完全に終わってはいません。 日本シリーズ出場を懸けた・・クライマックスシリーズでもう一度挑みたいと思います。 自......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkosei

原前監督がルーキーの頃から、そして恐らく人生の終幕までジャイアンツひと筋です。

愛するが故に色んなことをつぶやきます。予めご了承下さい(´_ゝ`)
  • 昨日のページビュー:83
  • 累計のページビュー:9823717

(11月22日現在)

関連サイト:ツイッターアカウントはこちら(野球以外もつぶやいてます(*´ω`*)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. これが村田修一の本当の実力だったのか
  2. 奥村と橋本と阿部と
  3. ドラフト会議でのジャイアンツの選択は正しかったのか
  4. 今の大田泰示に望むこと
  5. 菅野評価に見る桑田氏の優しさ
  6. 大田も小林も、自分自身で道を切り拓いていくしかないと思う
  7. 広島と巨人との差は「若手の意識の差」だってよ
  8. 澤村と斎藤佑樹
  9. 糸井移籍に小笠原のことを思う
  10. ジャイアンツのジャイアンツによるジャイアンツのための・・

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss