NO NAME

月別アーカイブ :2015年05月

大田よ!橋本よ!今こそ踏ん張ってくれ!

以前から楽しみにしていたことが・・一つありました。 今週末、久々にG+で放送されることになったいたファームの試合です。 年間で20試合程度・・前回の放送が確か・・ゴールデンウイークのときだったでしょうか。 普段滅多に見ることのできない、若い選手達のプレー・・それを見れる貴重な機会ですからね。 その中でも特に見たかったのが・・岡本でした。 未だに公式戦でのホームランは出ていませんが、徐々に慣......続きを読む»

自分にとっての、江川卓という存在

昨日の夜・・ そろそろ寝ようかな・・と思いながらパソコンを見ていると、ある番組の予告記事が自分の目に留まりました。 あ・・そう言えば明日は。 思い出した自分は慌ててテレビの前へ。 そうです。自分がこれまでの人生の中でいちばん好きだった野球選手・・江川卓さんの誕生日だったんです。 これまでの偉大な足跡だけでなく、家族から見た”江川卓”の苦悩する姿など・・これまであまり知らなかったエピソードに......続きを読む»

2年後に見ることが出来た初完封

プロ入り3年目。そして初登板から59試合目・・ ついに・・ついにこの瞬間を見ることができました。 ジャイアンツの若きエース、菅野智之。 1年目から13勝。そして2年目は12勝を挙げ防御率はリーグ1位。さらにはセ・リーグMVPまで手中に収めた彼をもってしても、これまで成しえなかった・・プロ完封勝利。 「何度かチャンスはあったんですけど、うまくいかないことが多くて・・」 ヒーローインタビューで......続きを読む»

今こそ、ガッツのようなフルスイングを見たい

寂しい・・試合でしたね。 昨日のヤクルト戦は今季早くも4度目となる・・完封負け。 特に好調のようにも見えなかったんですけど。相手の投手陣は。 けど打てない。いや、全然打てない、じゃないですけど・・ランナーがいる場面での”あと一本”が・・ 5回の2死2、3塁とか、7回の無死1、2塁とか、9回の無死2塁とか・・今度こそ!って思わせておきながらそこからが・・ああ、思い出しても溜息しか出ない(苦笑)......続きを読む»

だからこそ、今は坂本に挑ませて欲しい

基本的に・・自分って精神論は好きではありません。 気持ちだけでなんとか乗り切れることなんて・・そうそうないですよね。 ましてや、自分には想像もつかないような高いレベルでプレーしているプロ野球の世界で・・「気持ちでなんとかしろ!」なんて個人的には”あり得ない”ことだと思います。 だって・・それで結果が出るようなら、誰も苦労しませんよね・・メンタル面の強さも当然必要な要素の一つだとは思いますが、そ......続きを読む»

すっかり大人になったな・・泰示。

「お帰り・・」思わず、そうつぶやきたくなりました。 坂本、阿部、大竹が復帰し、長野も8試合ぶりにスタメンに戻ってきたジャイアンツ。 大田が1番に回り、昨日のヒーロー井端、堂上が2、3番、そして4番以降を坂本、阿部、長野、アンダーソン、村田と続く打線に、久々の爆発を期待したのですが・・ 4月1日以来、2度目となる先発となった大竹が7回を被安打3、無失点に抑える力投を見せてくれたのと対照的に、打線......続きを読む»

今なら澤村が抑えに転向して良かったと心から言える

もう何年も経ってしまったけど、今でも時々見る映像があります。 一つは、2010年10月28日に行われたドラフト会議の中継。 そして、もう一つは2011年10月8日、ナゴヤドームの対中日戦。 どちらも、自分にとって一生忘れられない思い出の日・・そしてそれは恐らく、澤村にとっても・・ ジャイアンツが彼を指名するまでの緊張感と、その後交渉権が確定した瞬間に訪れた安堵と喜び・・そして彼が見せた、大粒......続きを読む»

お願いします・・

「普通じゃないということだと思う」 「どうぞ取材してください。あるいは球団が発表するか・・」 原監督のこの言葉が、自分の心を奈落の底に・・突き落としました。 苦しんで、苦しんで、それでも挫けず乗り越えてきた長野にまた・・新たな試練の影が・・ もし、そうなら・・本当に悲しいです。そして・・悔しいです・・ 痛みも、苦しみも・・自分は代わってやることが出来ませんから。 せめて・・せめて深刻なも......続きを読む»

ふと、フランシスコのことを書いてみたくなった

一昨日・・インフィールドフライを痛恨の落球・・そしてサヨナラ負け。 昨日・・チーム初となる初回10失点の悪夢を見せられての・・惨敗。 そして今日は・・エース菅野が沈み・・遂に3連敗。 こう言っては相手に失礼なんですが、正直、現在のカープに3連敗するとは全く想像してませんでした。 勿論、ジャイアンツの打撃陣も決して好調とは言えない状態ですから接戦にはなるかなと・・けど、最後はジャイアンツが上回......続きを読む»

長野が心から笑顔を見せてくたとき、自分も喜びを爆発させたい

自分にはそれが、彼が発した激しい怒りのように・・感じられました。 初回、球団ワーストとなる10失点に始まり計13失点、打線も前田の前に虚しく沈黙を続ける始末・・ジャイアンツファンにとってあまりにも残酷な試合の中でようやく一矢報いた、長野久義のバックスクリーンへの一発。 しかし、ダイヤモンドを一周している間も、原監督に出迎えられたときも、そしてベンチに腰を下ろしても・・彼の表情は硬いままでした。 ......続きを読む»

田口と實松は最高のバッテリーの一つだと僕は思う

最後は後味悪かったけど・・いい試合でした。 惜しいとか、悔しいとか、そんな感情も確かにありますけど・・清々しさも残りました。 今度こそ勝たせてあげたい・・勝たせてやってくれ。 きっと、多くの人が・・そう願ったと思います。 残念ながら・・今回の登板でもそれは叶いませんでした。 それでも、僅か1点のリードを懸命に守り抜こうとした田口の力投に、自分は心から拍手を送りたいと思うんです。 確かに・......続きを読む»

大田泰示が新たな4番打者像を築き上げるとき

正直・・複雑でした。 昨年、リーグ優勝決定後に実現した「4番・大田」 彼がジャイアンツに入団してから、いや、まだ入団する前から思い描いていた姿がやっと実現したというのに・・なぜか心は晴れなくて。 勝ち取ったものでも、満を持して昇ったものでもない・・ 今思うと・・”与えられて得たもの”のように感じられたのが・・自分としては抵抗があったのかも知れません。 個人的には・・チームの主力として確固た......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkosei

原前監督がルーキーの頃から、そして恐らく人生の終幕までジャイアンツひと筋です。

愛するが故に色んなことをつぶやきます。予めご了承下さい(´_ゝ`)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:9823717

(11月23日現在)

関連サイト:ツイッターアカウントはこちら(野球以外もつぶやいてます(*´ω`*)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. これが村田修一の本当の実力だったのか
  2. 奥村と橋本と阿部と
  3. ドラフト会議でのジャイアンツの選択は正しかったのか
  4. 今の大田泰示に望むこと
  5. 菅野評価に見る桑田氏の優しさ
  6. 大田も小林も、自分自身で道を切り拓いていくしかないと思う
  7. 広島と巨人との差は「若手の意識の差」だってよ
  8. 澤村と斎藤佑樹
  9. 糸井移籍に小笠原のことを思う
  10. ジャイアンツのジャイアンツによるジャイアンツのための・・

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss