NO NAME

月別アーカイブ :2014年07月

男の意地。長野の意地。

すみません。今回も長野のことを書きます。 凄い衝撃でした・・ 打順変更はおろか・・まさかのスタメン落ち・・ 正直、なぜそこまでしなければならないのか・・最初は理解できませんでした。 今でも釈然としない部分は・・あります。 しかし・・決断するのは監督です。そして、その決断をさせたのは紛れもなく長野自身が結果を出せなかったから・・やはり仕方のないこと。 彼がこのことを知った瞬間・・彼の胸に去......続きを読む»

今こそ自分は長野を応援するべきではないのか

愚かです。 本当に愚かなファンです。自分は。 今、長野が挑んでいる道程の険しさを理解しようともせず、ただ結果のみをもって断じていました。 原辰徳だって松井秀喜だって・・みんな最初の頃は苦しんで苦しんで・・何度も跳ね返されながらそれでも”己の宿命”を受け止めて必死に期待に応えようとする姿を自分は見て来たはずなのに、そんなことはすっかり忘れて・・ただ彼等の煌びやかな部分と今の長野を比較して、ただた......続きを読む»

長野に訪れるタイムリミット

ジャイアンツ、3連敗を阻止・・ 大敗、逆転負けと悪夢のような週末でしたが、ようやく一矢報いてくれました。 阿部、村田の2人を同時にスタメンから外すという原監督の”ショック療法”が効いたのかどうかは分かりませんが、7回1失点の力投を見せた大竹とそれを懸命にリードした小林、数少ないチャンスでしっかりと期待に応えてくれた亀井と坂本らの奮起振りを見ていると、やはり皆感じるところはあったのでしょう。 「......続きを読む»

長野には乗り越える力がある

ジャイアンツが・・今日も敗れました。 5回までリードしながら、6回に悪夢の5失点・・逆転負け・・ これで後半戦は1勝4敗・・2カード連続の負け越し・・ チームが苦戦している原因・・その一つを挙げるとすれば、やはり4番打者の不振・・でしょうか。 5試合で20打数3安打、打率.150と低迷し、更に打点は未だ・・ゼロ。 今日の試合でも3番亀井が2度のタイムリーを放った後の打席でいずれも凡退・・チ......続きを読む»

4番・長野久義の覚悟

正直・・驚きました。 自分が打つ訳でもないのに、緊張で心臓がバクバクしてきました。 そして・・色んな思いが胸の底から溢れてきて・・熱くなりました・・ ジャイアンツ第75代4番打者。長野久義。 2011年、僅か2年目でその座に就いてから3年・・再び挑む・・その座。 余りの不調ぶりに、原監督に「合う打順がない」とまで酷評された苦しい時期を乗り越え、交流戦終盤以降、本来の・・いや、これまで以上に......続きを読む»

澤村は何度原監督の思いを虚しいものに変えるのだろう

原監督の思い、またしても・・澤村に届かず・・ 後半戦の軸に・・との思いを込めて送り出された、後半戦初戦の先発のマウンド。 前回の敗戦を糧に、今度こそは最後まで阪神を封じて欲しい・・その願いは僅か2イニング目で叶わぬものになってしまって・・ 2回は不調の福留を攻めきれず四球を与えランナーを溜めると、そこから踏ん張れず連打を許し・・痛恨の2失点。 そして3回以降を抑えながら、味方の反撃を待つべく......続きを読む»

これから長野久義が背負うべきもの

フレッシュオールスターをテレビで見ました。 ジャイアンツの選手達を見るのも楽しみだったんですが、それと同じくらい注目していたのが、昨年のドラフト前に自分が注目していた、楽天の松井と西武の森、2人の高卒ルーキーだったんですよ。 松井は先発して1回1失点、森は4打数1安打1打点。素晴らしい活躍、とまでは行きませんでしたが、プロの世界で堂々と渡り合ってる彼等の姿を見れたことはほんと嬉しかったです。 ......続きを読む»

菅野が得たもの

早いですね・・もう前半戦終了、ですか・・ ジャイアンツは今日の試合も勝って47勝33敗。14の貯金。もちろん、首位。 阪神が調子を上げてきたことと、ジャイアンツ自身が最後にちょっともたついたためゲーム差としては3.5と絶対的なリードを奪う所まではいきませんでしたが、交流戦前半頃までの不安定な戦いぶりを考えれば・・よくこの位置まで来てくれたな・・って思います。 阪神の打線は脅威ですし、広島も勢い......続きを読む»

二人の切り札

劇的・・正に劇的な幕切れ・・でした。 澤村の逆転満塁弾被弾、そして昨日の記録的大敗・・悔しい形での連敗で迎えた今日の試合。 先発小山が1点、また1点と失点を重ね、結局5回持たずに降板・・ 一方、打線も初回の1死満塁の好機を逃すと、以降は虚しく凡退を重ね・・気が付けば7回まで僅か2安打という寂しさ・・ ああ・・今日もこの重苦しい感じのままで試合が終わってしまうのか・・そう思い始めた8回。ドラマ......続きを読む»

乗り越えてくれ・・澤村!

ああ・・澤村はやっぱり・・澤村なんだな・・ 関本の打球がレフトスタンドに吸い込まれた瞬間、自分が感じたのは怒りでも悲しみでもなく・・やっぱり変わらないな・・と言う諦めに似た感情でした。 この回・・この回さえ凌げれば勝ちが見えて来る7回。球数がいってたんで心配ではあったんですが、下位打線相手ならなんとかなるかなと思ったんですけどね・・ しかも2死1塁から代打新井にヒットを打たれたのはまだしも、次......続きを読む»

杉内、15勝への期待

すいません・・ジャイアンツのことを書く前に、ちょっと別の話題を。 今日の日本ハムの先発・・斎藤佑樹だったんですね。 4月に二軍落ちして以来、久々の登板となったこの試合、5回1失点と好投したそうです。 惜しくも766日ぶりとなる勝利投手はなりませんでしたが、復活へ向けてまずまずのスタートが切れたと言っていいんじゃないでしょうか。 同い年の澤村が先日、肩痛を乗り越えて復活を遂げたのに続いた形とな......続きを読む»

亀井、長野、橋本・・3人が揃うとき

無残に打ち崩されていく投手陣・・ 裏目に出てしまった秘策・・ そして・・怒りと悲しみだけが残った、キャプテンの退場劇・・ 7連勝中と波に乗る阪神の勢いの前に、なす術なく敗れてしまった・・昨日のジャイアンツ。 長野の久しぶりのホームランも、さすがにチームがこれだけの大敗を喫すると・・素直に喜べなくて・・ただただ虚しい夜でした。 この3連戦、大丈夫なのかな・・ そんなことを考えてるとなかなか......続きを読む»

菅野は負けてなお強くなる

残念・・完敗、でしたね。 楽しみにされていたであろう沖縄の方々のことを思えば、なんとか1試合開催することが出来て本当に良かったんですが、出来ればプレーの方でももう少し”熱いもの”を見せて欲しかったな・・というのが正直な感想です。 初回、坂本のヒットから1死2塁のチャンスを作ったものの、亀井、村田が簡単に打ち上げて無得点だった時点で、今日はなんか嫌だなと思いました。今シーズン、久保にはやられてるイ......続きを読む»

兄弟で3連覇に挑む

やっぱり・・いいですね。好きな選手が活躍するって・・ スポーツニュースでは取り上げられるし、スポーツ紙ではたくさんの記事が出るし、そして多くの人が喜んでくれるし・・もちろん、ジャイアンツが勝ってこその話なんですけど、その勝利に好きな選手が貢献してくれていると、喜びも倍増します。 そういう意味で、週末の中日戦は自分にとって本当に幸せなひとときでした。 土曜日は長野がサヨナラヒットを放ち、昨日は澤......続きを読む»

澤村にとって、自分にとっての開幕戦

2014年2月3日。この日の驚きと悲しみを・・自分は今でも忘れられません。 僅か5勝・・終盤には先発ローテも外れた、屈辱のシーズン・・2013年。 先発の座と、信頼感・・失ったものを取り返すための戦いの、その最初に襲われた痛恨のアクシデント・・澤村の肩の異変。 今年こそは澤村の飛躍を見たい・・そう願う自分にとってもこの出来事は余りにもショックで・・一時期は絶望と失望・・この感情ばかりが頭の中で......続きを読む»

これが本当の長野久義だ

雨のち晴れ・・そんな一日でした。 今日は午前中、中学生の息子の、野球の試合を見に行ったんですよ。 実は自分、今日が誕生日で・・ 息子が「打ってプレゼントする」と言ってくれて本当に嬉しかったんですけど、残念ながら快音は聞かれず・・その上、守備でもミスがあって・・ 応援席で他の保護者から「あのプレーはないだろ」みたいに陰口叩かれて・・ほんと悔しかったんですけど、ミスしたのは確かですからね・・グッ......続きを読む»

今の大田泰示に望むこと

オールスターのファン投票、皆さん、投票されました? 自分はネットで投票したんですが・・残念ながら、自分が選んだ選手は一人も選出されませんでした。 まあ、長野と澤村以外は若い選手中心に投票したんで、当然と言えば当然の結果、なんですけどね・・ ただ・・長野までが選ばれなかったのは・・やっぱりちょっとショックでしたね・・ 外野手は3人選ばれるし、調子が悪くても奮起を促す意味で票が集まるんじゃないか......続きを読む»

敗北があるから、勝利がある

すみません、あまり試合と関係ないこと書きます。 今日、ちょっと失敗したことがありました。 自分なりにしっかり準備したつもりだったんですけど・・いつも詰めが甘くて・・今日も、そんな感じでした。 悔しくて、情けなくて、悲しくて・・終いには自分がとことん嫌になって・・ 憂鬱な気持ちを引き摺りながら帰宅したとき・・ジャイアンツの試合は佳境を迎えたところでした。 8回表・・得点は3対3。長野が同点タ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkosei

原前監督がルーキーの頃から、そして恐らく人生の終幕までジャイアンツひと筋です。

愛するが故に色んなことをつぶやきます。予めご了承下さい(´_ゝ`)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:9823717

(11月23日現在)

関連サイト:ツイッターアカウントはこちら(野球以外もつぶやいてます(*´ω`*)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. これが村田修一の本当の実力だったのか
  2. 奥村と橋本と阿部と
  3. ドラフト会議でのジャイアンツの選択は正しかったのか
  4. 今の大田泰示に望むこと
  5. 菅野評価に見る桑田氏の優しさ
  6. 大田も小林も、自分自身で道を切り拓いていくしかないと思う
  7. 広島と巨人との差は「若手の意識の差」だってよ
  8. 澤村と斎藤佑樹
  9. 糸井移籍に小笠原のことを思う
  10. ジャイアンツのジャイアンツによるジャイアンツのための・・

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss