NO NAME

月別アーカイブ :2013年06月

原監督が澤村を最後まで投げさせてくれたことの意味を考える

ジャイアンツが・・そして澤村が・・負けました・・ それも・・新人の小川に投げ負けてしまって・・ほんと悔しいです。 あの伝説の投手、澤村栄治が快投を見せた地であり、澤村自身のプロ初敗戦、そして今日復帰した高橋由伸が2年前骨折で長期離脱を余儀なくされてしまった草薙球場・・ 大先輩に続くため、自身と由伸の苦い思い出を素晴らしいものに塗り替えるため・・是非勝利で飾って欲しかったのですが・・......続きを読む»

阿部と長野の明と暗。そして宮國が再び走り出す

テレビ中継がJスポーツだけって・・どがんしたらよかとですか! ・・なんて怒ってみても仕方ないですけどね(苦笑)加入していない自分が悪いんですから・・ 昨日は見れたんですけど、一昨日と今日の中継がJスポーツのみのため、テレビ観戦が出来なかった自分。 おまけに家にあるラジオも調子が悪くて・・仕方ないんでPCで一球速報見ながらどうしてもリアルタイムで知りたいときは車に乗り込んでラジオを聴......続きを読む»

どうして原監督は長野と村田を使い続けるのだろう

まさかの・・連敗。 金曜日、雨中の熱戦を制したときは、このまま3連勝もいけるかも・・なんて思ったんですけどね。 連勝を期して臨んだ昨日の試合は杉内が2発に沈み、打線も後一本が出ず敗戦。 そして今日は・・坂本の2ランで勝ち越したのも束の間、そこからまさかの7失点で逆転負け・・ ・・正直に言えば、勝てた試合を落として勿体なかったな・・と言うのが自分の感想です。 土曜日にして......続きを読む»

雨中のマウンド上で輝く澤村を見た

楽しい時間でした。 調子が良い時も悪い時も、澤村が投げる試合は、いつもどきどきしながら見ていた自分。 しかし、今日の試合は見ていて本当に気持ちが良かった・・試合が終わった後、清々しく感じるほどに・・ そして、澤村のことを応援してきて本当に良かった・・そう思えるひと時でもありました。 リーグ戦再開の最初の試合。 言わば、第2の開幕戦、と言ってもいい試合の先発を任された澤村......続きを読む»

高橋由伸、完全復活のための決断

ほんと・・待ち遠しかったな・・ 交流戦が終わり、リーグ戦再開までの退屈でなんとなく寂しかった4日間・・たった4日なのに、なんだか凄く長い時間待ったような・・ 苦しい時期を乗り越え、終盤、本来の姿を取り戻してくれたジャイアンツ。 その戦いぶりを、早く見たかったからなのかも知れません。 そいて・・いよいよ明日からはその待ち遠しかったリーグ戦が再開されますね。 最初の相手はド......続きを読む»

エースが辿り着いた100勝の重み

2013年の交流戦が、終わりました。 途中、5連敗するなど苦戦した時期もありましたが、その大きな要因の一つとなっていた先発投手陣がそこから復調、2度の4連勝で終わってみれば13勝10敗1分けの3位とまずまずの結果を残してくれましたね。 まずまず・・いや、よくやったと言っていいでしょうね。終盤よく盛り返して、貯金を3つも増やしてくれたんですから・・ほんとによく立て直してくれましたよ。 ......続きを読む»

立岡に感動し、長野を憂い・・そして菅野に誇りを感じた福岡の夜

行ってきました。今年も、ヤフオクドームへ。 昨日のソフトバンク戦、観戦して来ました。 ただ・・今年は大変だったんですよ・・観るまでが(苦笑) まず、チケット。 ・・甘く見てました。週末のこのカードを(苦笑) 仕事が忙しかったんで、チェックするのがいつもよりちょっと遅くなったんですが、既に全ての席が”完売”・・いかん・・乗り遅れてしまった・・ 子供達にもなんとか見せ......続きを読む»

澤村が苦悩した48日間は決して無駄ではない

あれから・・もう48日も経っていたんだな・・ 澤村が4月25日以来、約1か月半ぶりに挙げた3勝目。 試合終了の瞬間、テレビを見ていた自分が思ったのは、そのことでした。 今年こそ多くの勝ち越しを作る、と意気込んで臨んだ2013年のシーズン。 4月は好不調の波が激しいながらもプロ入り初めて2勝を挙げ、目標に向けてまずますの滑り出しを見せてくれたと思ったのですが・・ 5月1日......続きを読む»

クラッチヒッター長野久義

今日だけは・・ あれこれ難しいことは考えないで、ただただ喜びに浸っていたいです。 世間は別の話題でちょっと騒がしいですけど・・自分にとっては、この試合で彼が活躍してくれたことが何よりも嬉しくて、大きな出来事で・・ それにしても・・ こんなに勝負強い彼を、こんなに頼もしく感じる彼を・・見ることが出来たのは、一体いつ以来だったでしょうか。 WBC以来、ずっと続いてきた今回の......続きを読む»

内海の復活なくして連覇なし

どうして・・こんな状況に陥ってしまったのか・・ 5月5日の広島戦、あの異様な緊張感の中での力投。 そして翌週のDeNA戦、相手に一歩も引くことなく0対0のまま9回を投げ切ったあの熱投・・ 決して相手を捻じ伏せるような圧倒的な投球内容ではない・・しかし、丁寧に、そして粘り強く投げることで相手を抑えていく・・その安定感と信頼感は、2年連続最多勝を成し遂げた、我がジャイアンツの誇るべきエ......続きを読む»

阿部にこのまま全てを背負わせていいのだろうか

小笠原のホームランは、ただただ”感動”でした。 一方、阿部のホームランは・・思わず畏敬の念を抱かせるような・・ 劇的な2本のホームランで連勝した日本ハム戦。しかしその2本は自分にとって、ちょっと趣きが違っていて・・ 敢えて坂本を避け、阿部勝負を選択した相手ベンチ。 対左投手の打率を考えると、決して無謀な選択ではなかったのかも知れませんが、ここ一番の場面では、そういったものを超......続きを読む»

小笠原が苦悩する長野に示してくれたもの

良かった・・本当に良かった・・ 小笠原復活の瞬間を見ることが出来たんですから・・ 昨シーズン、ついに見ることが叶わなかった・・2年ぶりのホームラン。しかもそれが3年ぶりのサヨナラ打・・ これ以上に劇的な幕切れが他にあるでしょうか・・ 球場内になり響く大歓声・・客席で涙ぐむファン・・それを見ると、自分もつられて胸が熱くなって・・みんな、待っていたんだな・・この日が来るのを・・ ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkosei

原前監督がルーキーの頃から、そして恐らく人生の終幕までジャイアンツひと筋です。

愛するが故に色んなことをつぶやきます。予めご了承下さい(´_ゝ`)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:9825209

(12月18日現在)

関連サイト:ツイッターアカウントはこちら(野球以外もつぶやいてます(*´ω`*)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. これが村田修一の本当の実力だったのか
  2. 奥村と橋本と阿部と
  3. ドラフト会議でのジャイアンツの選択は正しかったのか
  4. 今の大田泰示に望むこと
  5. 菅野評価に見る桑田氏の優しさ
  6. 大田も小林も、自分自身で道を切り拓いていくしかないと思う
  7. 広島と巨人との差は「若手の意識の差」だってよ
  8. 澤村と斎藤佑樹
  9. 糸井移籍に小笠原のことを思う
  10. ジャイアンツのジャイアンツによるジャイアンツのための・・

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss