NO NAME

月別アーカイブ :2013年02月

澤村は未だ内海には遠く及ばず

内海、復活! 阪神との強化試合、先発した内海は、3回を被安打1、3奪三振の好投で見事無失点に抑えてくれました。 真っ直ぐは140㎞に満たない程度ながらも、コントロール、変化球の精度が抜群で、ランナーが出ても得点を許す気配が全くありませんでしたね。 解説の工藤、古田両氏もその安定感たっぷりの投球を絶賛されていましたし、本人も「バランスよく投げることができた。ただ二、三回と先頭打者を出......続きを読む»

ジャイアンツのプライドを胸に、日本の為に戦う

みんな、苦しんでるんだろうな・・ 日本代表として戦っているジャイアンツの選手達。 12球団で最も多い7人が選出されただけでなく、阿部は巨人での立場と同じく主将、4番、捕手の三役を担い、長野は1番、坂本は3番打者として上位打線の一角を、杉内、澤村、内海、山口の4投手もそれぞれ重要な役割を任せられることになっているようです。 昨年、3年振りに日本一を、更にはその余勢をかって”5冠”を達......続きを読む»

長野が見る景色

さらば、少年野球・・ 昨日が息子最後の練習日。 監督の計らいで、最後のメニューは息子の好きなロングティーになりました。 いつも練習の手伝いに来ていた自分も、子供達にトスを上げるのはこれが最後・・みんな上手くなってくれよと願いを込めながら、一人ひとりにトスを上げていきます。 最後に順番が回ってきたのはキャプテンであった息子。 小学校に上がった頃は小さくて、ひょろっとしてて......続きを読む»

長野と澤村が選ばれたことを誇りに思う

長野久義と、澤村拓一。 自分が好きな選手が、二人とも日本代表に選ばれました。 嬉しい・・本当に嬉しいです。そして、誇りに思います。だって、二人の力がジャイアンツの中だけでなく、日本が世界と戦う為に必要だと認められたってことなのですから・・凄いことですよね。 しかも長野は1番打者として、澤村は当初予想されていた中継ぎではなく、先発の一人として、それぞれがチームの中でも重要なポジション......続きを読む»

主力がいない間は、若手の成長を楽しむ

「このシーンを、一軍の試合でも見れたらいいけどな・・」 7回、大累、藤村、そして大田の若い選手達が決勝点を挙げる様を見て、自分は久し振りに感動を覚えつつ、そんなことを思いました。 この試合、結果については事前にスマホでチェックしていたので知っていたんですが、家に帰り、改めてテレビで実際にプレーする姿を見ると、印象が全然違って見えて・・ ”躍動”・・個人的にはその言葉がぴったりとくる......続きを読む»

一岡、田原、藤村・・そして大田の奮起を願う

「明」と「暗」・・ 見ていて希望ばかりだった自主トレからキャンプの序盤を経て、生き残る者、落とされる者をふるいにかける最初の作業、紅白戦が始まりました。 一軍、そしてレギュラーの座・・プロ野球の世界に限らず、欲しいものは全て勝ち取らなければならない・・今更書くまでもない当たり前のことなんですけど、例えどんなに練習を積んだ者でも、一度の登板で、一度の打席で、一度の守備機会での結果で、もしか......続きを読む»

大田泰示は原監督が望む1番打者になれるか

疲れました・・そして、顔が焼けました(笑) 今もおでこのあたりがひりひりとしています・・いくら宮崎が暖かいといっても、まさかこの時期に日焼けするなんて思いもよらず・・季節外れの痛みに戸惑いつつ、この記事を書いています。 ただ・・これには思い当たるふしもあるんですよね・・なんせ、紅白戦の観戦中に疲れて居眠りしちゃってましたから(苦笑) 帽子も被らず、何十分も動かなかったら・・まあ、日......続きを読む»

小笠原の姿勢、橋本到の掌

今年もやって来ました。宮崎へ。 もちろん目的は、ジャイアンツの春季キャンプを見学するため。そして選手達の顔を見るためです。 九州に住んでいる自分にとって、選手達を間近に見ることが出来る数少ない機会。結婚してからはあまり行ってなかったんですが、大田見たさにまた行くようになり、それ以来5年続けて来ています。 本当は金曜の夜から行くつもりだったんですが用事が出来て昨日の夜に出発。途中、眠......続きを読む»

菅野評価に見る桑田氏の優しさ

「まるで自分を見ているような気がした」 今朝の報知によると、宮崎に訪れた金田正一氏が、菅野の投球を見てそう絶賛したそうです。 まあ、褒めてくれるのは嬉しいんですが・・今でも「史上最高の投手は俺だ」との強い自負があの人の中にはあるんでしょうね。「自分のよう」 ・・この”最上級の褒め言葉”を聞く度、そう思います。まあ、そう言っても誰も文句がないほどの実績を築き上げてきた方ですから、自分とし......続きを読む»

澤村が心から憧れる投手

すみません・・前々回取り上げたばっかりで申し訳ありませんが、どうしても書きたくなったので・・今回も澤村について書きます。 この日のキャンプ中継・・自分にとっては最高でした。大満足でした。 5日目にしてようやく、彼の投球練習をじっくりと見ることが出来ましたから・・ ここまで、本当に順調に調整出来ているのか・・それを確認したいと思っても、昨年までと比べて新聞やテレビで取り上げられること......続きを読む»

ドラフト1位の名にかけてⅡ

仕事から家に帰ると、夕食、入浴、そして録画したキャンプ中継を見る・・という生活が、今年も始まりました。 中継時間が大体2時間半。流石に全部をじっくりと見るのは時間がないんで、早送りしながら、気になる選手が登場する場面になると止めて見る・・そんな感じです。 初日は、まあ、予想はしていたんですが・・ほぼ全部菅野の話題でしたね。 澤村の投球練習も見せてくれよ!と思いながら早送りして確認し......続きを読む»

澤村は本気で変わろうとしている

いよいよ、ですね。 昨年の栄光はもう過去の出来事・・また新たな戦いが始まります。 これから秋まで続く長い長い戦いの、その第一歩となる、春季キャンプ。 まずは開幕一軍を目指す者。レギュラー奪取に闘志を燃やす者。そして、今シーズンに進退を懸ける者・・選手達は様々な思いを胸にこのキャンプでチームメイトとの戦いに挑んでいくんでしょう。 結果を残し生き残る選手がいれば、力及ばず脱落する......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkosei

原前監督がルーキーの頃から、そして恐らく人生の終幕までジャイアンツひと筋です。

愛するが故に色んなことをつぶやきます。予めご了承下さい(´_ゝ`)
  • 昨日のページビュー:82
  • 累計のページビュー:9774034

(10月21日現在)

関連サイト:ツイッターアカウントはこちら(野球以外もつぶやいてます(*´ω`*)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. これが村田修一の本当の実力だったのか
  2. 奥村と橋本と阿部と
  3. ドラフト会議でのジャイアンツの選択は正しかったのか
  4. 今の大田泰示に望むこと
  5. 菅野評価に見る桑田氏の優しさ
  6. 大田も小林も、自分自身で道を切り拓いていくしかないと思う
  7. 広島と巨人との差は「若手の意識の差」だってよ
  8. 澤村と斎藤佑樹
  9. 糸井移籍に小笠原のことを思う
  10. ジャイアンツのジャイアンツによるジャイアンツのための・・

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss