NO NAME

2016ペナントレース

「2位じゃだめなの?」と自分自身に何度も問いかけてみるけど

毎日、きついです・・ あ、仕事のことです。自分の(苦笑) 前回の記事でも触れましたけど、最近ずっと、忙しい状態が続いているんですよね。 時期的なものもあるんですが、面倒な案件が続いてきたり、部下の一人が体調崩したりと色々あって・・ 負けるか!乗り越えてやるぜ!ともがいてはいるんですけど、己の実力不足は如何ともし難く・・ちょっと行き詰ってるかな・・ でも、苦しい時ほど燃えるっていうか・・そう......続きを読む»

ジャイアンツが負けて、本当に悔しくて、寂しい夜

ふざけんじゃねえよ。 これが「一新」を掲げたチームの戦い方かよ。 相手の戦術に簡単に苛々して自滅して。 5回で144球? そんなの初めて見たよ。 安部が死球を受けたときに黒田や新井が怒ったって? それが何や。チームメイトが痛い思いしても涼しい顔しとけってか?紳士だから? ああ、だから辻が死球喰らってもみんな平気な顔してたんだ。紳士だから。 広島は上手かった。そして選手一人一人がチーム......続きを読む»

優勝おめでとうございます。

悔しいですが・・完敗です。 今年のカープは本当に・・強かったです。 いつかは追いてほしい・・と願い続けてきましたが、最後まで隙を見つけることすら・・出来ませんでした。 ベテランも中堅も若手も・・正に一丸となった素晴らしいチームでした。 本当に本当に・・強いチームでした。 優勝おめでとうございます・・ ...続きを読む»

自分が理想とするジャイアンツの姿

ついに・・ついにこの日が来ました。 田口が昨日の阪神戦で好投・・今シーズン10勝目を挙げてくれました。 高卒3年目での達成は桑田投手以来28年ぶり、ドラフトで入団した高卒左腕では初めての快挙・・だそうです。 さらに、規定投球回数到達もチームの高卒左腕としては新浦投手以来、37年ぶりとのこと。 そういう言葉が並ぶのを見て、今シーズンの彼が成し遂げた仕事が、そして存在感がいかに大きなものだったか......続きを読む»

それでも自分にとってジャイアンツは希望なのだ

勝てませんね・・ 8月4日の広島戦で敗れて以降、これで1勝9敗・・ですか。 正直言って・・今度の中日戦は勝ち越せると思っていたんですけどね。 東京ドームだし、相手のローテを見てもそう厳しい感じはしなかったし・・大丈夫かな、と。 しかし結果は・・3連敗。 内海が打ち崩された初戦。 小熊相手に1点しか取れなかった・・2戦目。 そして・・8回に一挙4失点。信じられないような敗れ方をした・・3......続きを読む»

今、苦しんでいるジャイアンツに心から望むこと

敗戦、敗戦、敗戦・・ 逆転優勝へ向けての最後のチャンス・・と思われた6連戦。 結果は・・1勝5敗。今シーズン3度目の5連敗・・という惨憺たる結果に終わりました。 広島戦の初戦こそ、脇谷のサヨナラホームランで辛勝したものの・・次の試合で痛恨の逆転負け。 ここでついに・・ついに、広島に優勝マジックが点灯。 でも、3戦目に勝つことが出来れば・・まだ希望はある、と思っていました。 しかし・・ここ......続きを読む»

リメークドラマって言葉は、某紙が連発するような軽いものではない

最近・・ネットやSNS上で見かけるジャイアンツファンの言葉で「んー」と思うものが・・あります。 それはジャイアンツ以外のチームに対しての言葉、なんですけど・・ 広島と対戦する他球団のにわかファンと化して応援している人。これはまだ分かります。自分だって「勝ってくれ」とは思いますから。 でも、広島に敗れたその球団に対して怒りをぶつけるのは・・いかがなものかな・・と。 中には「広島には負けるくせに......続きを読む»

オリンピックと甲子園とジャイアンツのこれから

今、オリンピックの閉会式を見ています(休みなんで) もう終わりなんだ・・17日間、2週間ちょっとの時間なんてほんとあっという間ですね。 今回も日本人選手の活躍がたくさん見れて・・楽しい時間でした。 史上初とか、何十年ぶりとか・・これまでずっと届かなかった競技での躍進が目についた一方、これまで”お家芸”と言われてきた競技でもしっかりと結果を残してくれて・・昔からするとほんと幅広い分野で世界と戦え......続きを読む»

ジャイアンツにとって「対岸の火事」と言い切ることができるのか

ちょっぴり寝不足です・・ でも、楽しい毎日です。オリンピックでの日本人選手の活躍に元気をもらってますから。 ほんと絶好調ですね、ニッポン。 この記事を書いてる時点で獲得した金メダル6個、合計18個は共にアメリカ、中国に続いて3番目の多さとか。 仕事に響くんであんまり夜更かしは出来ませんけど、朝早く起きれたときはなるべく見るようにしています。 体操の団体、個人総合とか柔道とか・・喜びの瞬間に......続きを読む»

田口の成長の物語はまだ始まったばかりなのだ

20歳10か月。 プロ3年目の田口がまた、大きな仕事を成し遂げてくれました。 自身初めての・・完封勝利。 116球を投げ、被安打2、7奪三振。 出したランナーはわずかに3人。二塁をも踏ませない、正に”圧倒的”なピッチング。 しかもそれをこの夏場・・毎日が”負けられない戦い”の重圧の中で見せてくれるんですから・・ それにしても・・この完封は大きいですよね。 相手を圧倒する戦いが続く中、自......続きを読む»

長野と大田と、「背負う」ということ

先週の土曜日、息子がついに”高校野球デビュー”を果たしました。 と、言っても練習試合に途中出場したって話なんですが(笑) ダブルヘッダーの2試合目、6回から捕手として出場。 奇遇にも同姓の先輩とバッテリーを組み、スクイズで1点は失ったものの4回を大きなミスもなくなんとかこなしてくれました。 打つ方では・・初打席、2打席目とも四球。 体格だけはいいんで相手投手が警戒してくれたのかな?(笑)本......続きを読む»

これ以上菅野に背負わせないでくれ・・

相手先発が福井と聞いて最初に思った事は・・ 「広島はまだまだ余裕だな・・」ということでした。 こちらは必勝を期して菅野を中5日で持ってきたのに、相手はローテを崩すことなく、しかもうちとの相性がいいとは言え、2カ月以上一軍での登板がない投手を・・ ま・・確かに広島にとってみれば是が非でも勝たなければならない試合、ではないでしょうからそれはそれでいいんですけど・・ ならばこの試合は絶対に勝ってほ......続きを読む»

「代わりがいないから」という言葉を自分はどう受け止めるべきなのか

600試合目の登板で最後に投じたボールは・・無情にもライトスタンドへ消えていきました。 そして、雪辱を期したはずの601試合目も・・相手の勢いを抑えることは出来ませんでした。 40試合、31イニングを投げて23失点・・防御率は5.97・・ イニング数を上回る33本のヒットを浴び、逆に奪三振数はそれを大きく下回る・・21個。 もう10年近くもずっとジャイアンツを支え続けてくれている、山口鉄也。......続きを読む»

「由伸の責任じゃない」

1か月ぶりのカード初戦勝利。 3週間ぶりの連勝。 そして・・オリックス戦以来の同一カード3連勝へ・・ なんて淡い期待を抱いていたんですけどね・・昨日の試合。 最近、というかもうずっと良くない高木勇人が先発。 対する阪神先発の青柳はジャイアンツ戦初登板・・いわゆるうちが苦手とする”初物”。 その辺に少なからず不安を感じていた部分はありました。でも、正直、今の不調に苦しんでいる阪神打線相手な......続きを読む»

若い選手達よ。まずは田口を目指そうじゃないか。

初戦。内海の力投で1か月ぶりにカード初戦に勝利。 そして2戦目は若い田口の力投と、阿部、村田両ベテランの強力な援護で逆転勝利。 6月15、16日の楽天戦以来となる・・連勝、そしてカード勝ち越しです。 また一歩・・負の流れから抜け出すことができたかな。 これで今日も勝てれば・・交流戦開幕カードのオリックス戦以来の同一カード3連勝なんですけどね。 まあ・・それは試合が終わってから振り返るとして......続きを読む»

この勝利を「リメークドラマの始まり」なんてはしゃぐつもりはさらさらないけれど

ようやく・・カードの初戦を取れました。 6月3日の日本ハム戦以来、およそ1か月ぶりの勝利。 このときは・・菅野が5勝目を上げ、4番長野が先制打、坂本が3ラン、そして1番に座った大田が猛打賞の大暴れ・・という試合。 一方で・・終盤、リリーフ陣がバタバタして1点差まで詰め寄られ・・今後に不安を感じたのを記憶しています。 7連敗から一気に6連勝し、一時は広島から首位を奪い返したこの時期。 不安要......続きを読む»

今こそ由伸監督の思いが聞きたい。聞きたいのだ。

先週・・10日ぐらい前だったかな。 自分休みだったんですけど、G+でイースタンリーグの中継があるってことで、朝から楽しみにしてたんですよ。 けど・・残念ながら雨天中止。 かと言って他にすることも見たいテレビもなく・・退屈だったんで差し替えで放送されていた過去のジャイアンツの試合の映像をぼーっと見てました。 あの”10・8決戦”のあった94年の最終盤での試合。 3番松井がヒットで出て、4番落......続きを読む»

實松の活躍を喜び、捕手陣の将来を憂う

それにしても・・ 勝ててよかったですね。 下手すれば前の試合のように・・ずるずると敗れていきそうな嫌な展開でしたから。 まあ、両チーム拙攻の連続でしたし、勝ち越しの場面なんて正に相手の自滅に助けられた形ですから・・正直、手放しで喜んではいません。 でも、今のジャイアンツに勝ち方まで求めるのはちょっと酷かな・・とも思ったり。 とにかく今は一つでも多くの試合で一つでも多くの勝利を手にしていく・......続きを読む»

内海哲也感情論

連敗ストップ・・って、最近いつもこんな出だしで書いてるような(苦笑) 例によって仕事で見ることは出来ませんでしたが、ギャレット3打席連発とか村田の2試合連発とか・・派手な勝ち方をしたみたいですね。 ギャレットは・・ 一軍復帰後は3割6分も打ってるんですね。二軍落ちしたときはこのまま沈んでいってしまうのか・・とも思いましたが、下でも懸命に取り組んでいたと聞きますし、その成果をこうして表わすことが......続きを読む»

敢えて「ジャイアンツは常に勝たなければならない」を否定してみる

今夜も誰かが騒いでる ジャイアンツは常に勝者じゃなくちゃいけないと ジャイアンツは常に王者じゃなくちゃいけないと でも、今はそうじゃないって悲しんでる あいつが悪い こいつが悪い 悲しい言葉をばら撒いている せっかく気持ちのいい夜だったのに なんだか切ない夜になってしまった 良識あるジャイアンツファンなら 相手にせずにスルーするのが正統なんだろうけど 俺はそうじゃないから、敢え......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconkosei

原前監督がルーキーの頃から、そして恐らく人生の終幕までジャイアンツひと筋です。

愛するが故に色んなことをつぶやきます。予めご了承下さい(´_ゝ`)
  • 昨日のページビュー:145
  • 累計のページビュー:9773831

(10月19日現在)

関連サイト:ツイッターアカウントはこちら(野球以外もつぶやいてます(*´ω`*)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. これが村田修一の本当の実力だったのか
  2. 奥村と橋本と阿部と
  3. ドラフト会議でのジャイアンツの選択は正しかったのか
  4. 今の大田泰示に望むこと
  5. 菅野評価に見る桑田氏の優しさ
  6. 大田も小林も、自分自身で道を切り拓いていくしかないと思う
  7. 澤村と斎藤佑樹
  8. 広島と巨人との差は「若手の意識の差」だってよ
  9. 糸井移籍に小笠原のことを思う
  10. ジャイアンツのジャイアンツによるジャイアンツのための・・

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss