NO NAME

2014ペナントレース

小林が入団してくれて本当に良かったと思わせて欲しい

ジャイアンツがいない日本シリーズ・・ 悔しさが募るだけだから絶対に見ない!なんて思ってたんですが、結局、気になって最後の2戦だけはちらちら見ちゃいました(苦笑) 個人的には・・九州の人間ということもあり、また周囲にファンが多いので自然とホークスを応援していたんですが、それにしても2戦目以降4連勝で一気に決めるとは・・ 爆発とはいかなかったものの勝負強さを感じさせた打線、先発、リリーフ共に非常に......続きを読む»

山口は鉄腕なんかじゃない

そうか、ヤンキースの田中がやったやつか・・ 先日、球団から発表された「山口が左肘にPRP療法という治療を行った」とのニュース。 それによると、シーズン途中から違和感を訴えていたそうです。 不幸中の幸いというか・・来春のキャンプまでには復帰出来そうということなんですけど・・それでもやっぱり衝撃的でした。 ただ・・実は驚き以上に、やはり・・という思いの方が強かったんですよね。 キャンプ序盤での......続きを読む»

さらばジャイアンツ史上最強の捕手

「未練はない。野球をやめるわけじゃないので」 そう、語ったそうです。 ついに・・この時が来たんですね。阿部がキャッチャーでなくなるときが・・ 仕方ないのかな・・とは思います。 チームのためにも、本人のためにも正しい選択だろうなって・・納得もいきます。 常に傷だらけで戦っていたことも知っていますし、主将、4番、そして捕手の1人3役を何年も一身に背負うということが、一体どれほどの激務だったのか......続きを読む»

さよなら、みんな

未来に夢を馳せるドラフトが終わると、今度は寂しい別れが来る・・ 毎年毎年のことなんですけど、なんか夢から現実に引き戻されたような気持ちになる瞬間です。 石井義人、井野卓、星野真澄、加治前竜一、田中太一・・ 先日の越智ら12人に続き、新たに5人の選手が・・戦力外通告を受けました。 一昨年、”切り札”としてジャイアンツの日本一奪回に大いに貢献してくれた石井。 楽天から移籍後、奮闘してくれた井野......続きを読む»

ありがとう越智。ありがとうみんな。

歓喜の瞬間を見てからまだ幾日も経っていない今日・・寂しいニュースを聞きました。 越智大祐、高木康成、森 和樹、柴田章吾、雨宮 敬、荻野貴幸、和田凌太・・ 7人の選手が、シーズン終了を待たずにジャイアンツを去ることに・・ 威力抜群の真っ直ぐと鋭く落ちるフォークで中継ぎ、時には抑えとして山口と共にチームを支え続けてくれた越智。 同じく中継ぎとして12年の日本一奪回に大きく貢献してくれた高木。 ......続きを読む»

ありがとう・・本当にありがとう、ジャイアンツ

ジャイアンツが、セ・リーグ3制覇を決めました。 3月28日の開幕戦から183日、137試合目で辿り着いた栄光の瞬間。 振り返って見ると・・喜びよりも苦しいことが多かったかも知れないシーズンだったと思います。 エースが躓き、主将番が苦しみ、故障者も相次ぎ・・これで本当に優勝できるのか・・と。 諦めかけた瞬間もありました。 絶望感に打ちひしがれた夜も・・ありました。 けど・・ジャイアンツは・......続きを読む»

小山の成長を澤村と宮國はどう感じてくれているだろうか

小山が今日も勝ちました。 8回を投げ切り僅かに1失点という堂々たる内容で、今シーズン6個目の白星です。 序盤は、前回登板から一転して真っ直ぐ中心の投球。これにヤクルト打線は完全に裏をかかれたのか振り遅れるシーンが目立ち、4回までパーフェクトピッチング。 5回以降は一転してピンチを招く場面が増えましたが、動じる気配を見せない彼は、川端にタイムリーを許した以外は1本のヒットも許さず見事にリードを守......続きを読む»

ジャイアンツ打線を奮い立たせた菅野

ジャイアンツ、リーグ3連覇に向けて大きく前進― 5連勝と絶好のスタートを切った9連戦も、一昨日、昨日と2試合続けての完封負け・・ 特に打線の低調ぶりはまるで交流戦頃に戻ったかのようで・・連敗と言う結果以上に気がかりでした。 そして今日も・・ 広島の先発野村に5回まで僅か2安打・・しかもそのいずれも次打者が併殺に倒れると言う最悪の展開。 こんなときはもうすべてが悪い方向にしか見えなくて・・打......続きを読む»

それでも自分は内海哲也をエースと呼びたい

「内海哲也のうの字も出なかった」 先週の対ヤクルト戦。10本ものヒットを浴び、6回途中で虚しく降板した彼を、原監督はそう評しました。 正直、自分もがっかりしました。その前の試合で今季初完封を飾った彼を見て、いよいよ完全復活か、と思っていたからです。 「復活」・・思えば、自分が今シーズンの彼と向き合うときに思うことって、この言葉ばかりだった気がします。 開幕から1ヶ月以上勝つことが出来ず、よう......続きを読む»

菅野、再び戦いの場へ

そう言えば・・澤村の復帰初戦も打ってくれたよな・・ 起死回生の同点ホームランを放ち、歓喜の中ホームインする井端を見ながらふとそのことを思い出しました。 あの試合・・7月6日の中日戦は井端のホームランで先制し、その後由伸の決勝タイムリーで勝つことが出来た。ならば、この試合も・・ すると8回、代走、鈴木の好走塁と坂本の執念のヒットで勝ち越すと、9回はここまで不調に苦しんでいた代打・矢野の値千金の犠......続きを読む»

やっぱり坂本って凄い選手だな

今シーズンのジャイアンツの命運を賭けた9連戦が、始まりました。 阪神、横浜、そして広島。いずれも手強い相手です。 不甲斐無い戦いが続いていた頃は、こんなチームならもう今年は優勝できなくてもいいや、とさえ思う瞬間もありましたが、ここまできたらやはり勝って欲しいと言う思いが強くなって・・ ただ・・今日の試合に関しては、厳しい戦いになるだろうと覚悟していました。 相手の先発が、今季ジャイアンツに4......続きを読む»

マエケンに投げ勝つということ

カープとの首位攻防戦、第2戦。 昨日の第1戦は、打線の爆発と、杉内の粘投で制したジャイアンツ。 一気に連勝・・といってくれないかなと思いましたが、相手の先発を見て、正直、ちょっと怯みました。 うわ・・マエケン・・か。 前回、8月15日の対戦では攻略こそ出来たものの、あの時は悪天候にマエケン自らがリズムを崩してしまった感が強く、今回はその雪辱に燃えてくる・・かなり手強いだろうなと思ったんですよ......続きを読む»

帰って来てくれた亀井と長野。そして由伸。

長く・・寂しい・・11日間でした。 8月21日、ヤクルト戦で起こってしまった痛恨の出来事・・長野負傷。 それからの自分は、試合前、スタメンを見ては彼の名前がないことに落胆し、嘆息する・・その繰り返しの日々でした。 もちろん、長野がいなくてもジャイアンツの試合は見続けていましたけど・・やっぱり・・長野がいないとなんか寂しくて。 これでジャイアンツの調子自体が良ければまだ気もまぎれたんでしょうけ......続きを読む»

エースの条件

もしかすると、今、ジャイアンツにとって一番の難敵かも知れない・・DeNAベイスターズ。 4月にジャイアンツが4連勝して以降は・・なんと2勝7敗なんですよね。 打ち崩されての大敗あり、また打線が沈黙させられての競り負けあり・・そして完膚なきまでに叩きのめされた前カードでの3連敗・・ 昨年も決して簡単な相手とは思っていませんでしたが、まさかここまで苦戦が続くとは思ってなくて・・ ジャイアンツがな......続きを読む»

ロペスと片岡。苦しんで来た2人が見せてくれたもの

今日のスタメンを見て、思わず顔がほころびました。 澤村が先発。そしてスタメンに長野、大田、橋本・・自分が好きな選手達が、初めて4人一度に名を連ねた試合。 自分がいつか見たいと願っていたことの一つが・・遂に実現したんです。 もっとも・・澤村は打たれれば即二軍、という言わば背水の陣での登板でしたし、大田にしたってこの試合結果が出なければ次はいつチャンスが来るか分からない状況ですから、喜びは一瞬で、......続きを読む»

山口がこの苦境を乗り越えるとき

一喜一憂してはいけない・・いつもそう思っています。 けど・・やっぱり・・勝てば嬉しいですし、負ければ・・悔しい。 阪神に2試合続けて快勝し、そして一昨日、マエケンを攻略と内海の”熱投”により広島にも快勝したことで、これでジャイアンツも一気に走り出すのかなと一瞬、思いましたが・・ 昨日の惨敗、そして今日のまさかの逆転負け・・ここ数日、喜びばかりだった感情が、今はまた悔しさで一杯になっています。 ......続きを読む»

改めて阿部の存在の大きさを知る

今年も夏の甲子園が・・始まりましたね。 今日は地元佐賀代表の佐賀北高校が登場したんですが、残念ながら・・宮城代表利府高校相手に2対4で敗れてしまいました。 序盤再三チャンスを逃したのと、同点直後に再度突き放されたのが痛かったな・・北校も良く頑張ってくれましたけど、相手の粘り強さがそれを上回ったって感じでしたね。 07年の再現、とまではいかなくても何とか1勝、そして広陵高校との対戦をもう一度見た......続きを読む»

期待に応えた坂本と、応えられなかったあの選手のこと

投懐、貧打、そして負傷者続出・・今季最大のピンチかも知れない現在のジャイアンツ。 そんな中、苦しむ打線で1人奮起を続けていた亀井の離脱は本当にショックで・・ 正直、今日の試合も厳しい戦いになると半ば覚悟を決めていたんですが、坂本の活躍がその心配を吹き飛ばしてくれました。 やっぱり・・凄い選手ですね・・坂本って。 6月11日以来となる3番で、いきなり2安打4打点1本塁打の大活躍ですから・・ ......続きを読む»

ジャイアンツのレフトについて思う

2011年。ジャイアンツはラミレスを切りました。 その理由は・・打撃以上に守備面でのマイナスが上回るようになった・・からだと自分は思ってました。 けど・・あのときとまた同じ・・いや、更に酷くしたような光景が繰り広げられるのを見て・・あれ?そうじゃなかったのかな?って・・ だって・・もしそうなら、あのとき以上に打線が振るわず、しかも投手陣も苦しい状況下で、もはやロースコアの接戦をしぶとくものにし......続きを読む»

懲罰的交代は本当にチームと選手を奮起させることが出来るのか

ジャイアンツ、またも初戦を落とす・・ 延長11回、坂本がホームランを打ったときはこれで勝った・・と思ったんですけどね。 マシソン、西村・・踏ん張って欲しかったな・・ まあ、個人的には西村よりマシソンの方により腹が立ちましたけど。 バント処理も酷かったし2死までこぎつけながら打たれるし・・西村の場合、橋本のミスもありましたし。 他にも2回までに5失点した先発の小山、レフトで酷い守備を見せたセ......続きを読む»

1 3

ブロガープロフィール

profile-iconkosei

原前監督がルーキーの頃から、そして恐らく人生の終幕までジャイアンツひと筋です。

愛するが故に色んなことをつぶやきます。予めご了承下さい(´_ゝ`)
  • 昨日のページビュー:57
  • 累計のページビュー:9824766

(12月11日現在)

関連サイト:ツイッターアカウントはこちら(野球以外もつぶやいてます(*´ω`*)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. これが村田修一の本当の実力だったのか
  2. 奥村と橋本と阿部と
  3. ドラフト会議でのジャイアンツの選択は正しかったのか
  4. 今の大田泰示に望むこと
  5. 菅野評価に見る桑田氏の優しさ
  6. 大田も小林も、自分自身で道を切り拓いていくしかないと思う
  7. 広島と巨人との差は「若手の意識の差」だってよ
  8. 澤村と斎藤佑樹
  9. 糸井移籍に小笠原のことを思う
  10. ジャイアンツのジャイアンツによるジャイアンツのための・・

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss