NO NAME

2012 始動

6番目の男

今回はもうこれしかないでしょう。 昨日の対アスレチックス戦に先発した宮國が、またも好投を見せてくれました。 最後のチャンスがこの舞台、そして未知の上に強敵揃いの相手・・前回の内容が今一つで、もし今回も同じ様な結果ならここまでの頑張りも・・祈る様な気持で試合を見ていましたが、プレッシャーのかかる状況の中、本当によく投げてくれましたね。 序盤こそ緊張からか、それとも慎重になり過ぎたのか......続きを読む»

ことしの巨人軍は貧打?

オープン戦が終わりました。 最後の試合は・・またも完封負け。しかも僅か1安打・・ 8回、矢野の意地の一打がなければ、横浜相手にまさかのノーヒット負けを喫するところでした。 確かに相手投手も高崎、国吉、山本と先発陣が続いたので簡単には打てなかったかもしれません。 しかし・・それにしても寂しい内容でしたね。 なんか、悉く自分のスイングをさせて貰えなかったって印象でした。 ......続きを読む»

阿部か、村田か

残念でしたね、オープン戦。・・雨天中止でした。 前回見逃したので、今日は朝録画の予約をしっかりチェックしてから仕事に行ったんですが・・雨か・・ 内海、澤村の仕上がり具合を見たかったんですけどね。 内海はもう万全でしょうけど、澤村はずっと今一つの状態ですから、今回どう修正してくるか非常に楽しみだったんですけど・・ 明日は内海だけがスライドなんでしょうか?澤村も見たいけどな・・ ......続きを読む»

3連勝。そしてあと3試合

・・不覚。 またも録画し忘れてしまいました。 見たかったなあ・・ 結果を出して欲しかった選手がみんな打ってくれたのに・・ 特に”あの大ファール”から8試合目、ついに一軍での”初本塁打”を放った大田の打席を見逃がしたのはほんと悔しいです。 夜、報道ステーションでようやくそのシーンを見ることが出来ましたが、左中間に豪快に叩きこんでましたね。 この試合、次の打席は残念な......続きを読む»

7年目の初登板

2005年、夏の甲子園。 その大会2度目の登板で、150㎞代の剛速球で夏のタイ記録となる1試合19奪三振を記録し、その後も登板の度に多くの三振を奪い、その数は当時の歴代2位となる65個。 その投手の名は・・大阪桐蔭高校 辻内崇伸投手。 制球はアバウトで、そのためか球速の割に結構打たれ防御率もあまり良くない、いかにも”荒削り”なその高校生の投球を見て、自分は久しぶりに野球で熱くなりま......続きを読む»

宮國、初敗戦

宮國、お前もか・・ 5回途中4失点で無念の降板、遂に初黒星を喫しました。 ただ、今日はコンディションが余り良くなかったようですね。それが彼から微妙なコントロールを奪ってしまったのでしょうか・・ ただ、ここまでが出来過ぎと言っていいくらいいい結果を残してきましたし、原監督ももう一戦見たいと言っているようですからこれがラストチャンスになってしまうことはないでしょう。 この経験を踏......続きを読む»

坂本の覚悟

13安打6得点。 ・・まあ、「打線が心配です」なんて書いた途端打ちだしたりして・・とは思っていましたが、やはりその通りになりましたね(苦笑) 自分が特に心配していた長野、阿部、村田の3選手がそれぞれ2安打と結果を出してくれました。 試合を見ていないので内容的にどうだったかは分かりませんが、長野、村田は右方向へ、阿部は逆に引っ張って結果を出しているようで、本来の持ち味が出たのかなと想......続きを読む»

苦しみの果てに

もがいている。 そんな感じでしょうか。 「結果と内容がしっかり伴う投球を心がけていきたいです」 そう言って臨んだ澤村が6回4失点・・ 今日も立ち上がりは素晴らしかった。 三者連続三振、これ以上ない滑り出し。 しかし三回、2年目の駿太にタイムリーを許すと、更に二死から2安打を浴びこの回3点を失いました。 五回も二死から失点と、4失点のうち3点が二死からのもの。......続きを読む»

これからの一歩

また一歩、前へ。 開幕ローテ入りへ向け、今日の広島戦に先発した宮國が、今日も好投を見せてくれました。 初回に今年初の失点となるソロ本塁打を打たれるも、以降はいつも通り0点に抑えてくれました。 内容は4回を49球、被安打3、4奪三振。与えた四球も1つだけ。 1点は失いましたが、十分に合格と言えるのではないでしょうか。 「前回より安定感があるし、一枚上に上がった。彼にないの......続きを読む»

由伸、第1号

「自分には今年しかないと思っている。」 先日行われた新人研修会に参加した宮國(昨年は参加できなかったそうです)が、そうコメントしたそうです。 その言葉こは、まだ2年目だからとか、まだ若手だからと言う甘えは微塵も感じられません。 これが最後のチャンスかも知れない― そんな思いで必死に取り組んでいるんでしょうね。 このコメントを見て、更に彼を応援したくなるとともに、これまで以上に......続きを読む»

連続完封

今日も完封負けですか・・ 僅か3安打・・新人の十亀にまで無安打に抑えられてしまいました。 ここまでの得点が3、1、3ときて、西武戦が0、0・・ まあ、まだ序盤ですからいいんですけど、それにしても打てませんね。 ちなみに昨年のオープン戦序盤はどうだったかと言うと・・ 1、1、1、3、3、8、0・・ 3/5の日本ハム戦で14安打8得点した以外は、多くても3点までしか取......続きを読む»

0対0

「こんばんは ブログ主の息子T,Gと申します。 ぼくは○○少年野球のキャプテンを務めています。 父の影響で、巨人ファンになりました。 今日のオープン戦で先発した杉内は、ノーヒットで抑えていました。 これで父にかわります。」 ・・すみません。どうしても一度書いて見たいと言うもので・・少しだけ。 周囲がSBやサッカーファンだらけの中、巨人ファンでいてくれるので自......続きを読む»

中間地点

最近、眠いです。 「春眠暁を覚えず」って訳じゃないんですけど・・ これからオープン戦が本格化し、月末にはシーズンも開幕すると言うのに・・いつも書いてる途中で寝てしまって、なかなか最後まで書けません。 まあ、これからは試合が続きますので、ネタも増えるでしょうから書くペースも上がるかな・・ と言いつつ、ぐずぐずしている間に開幕投手の件も予告先発の件も他の方が取り上げられていました......続きを読む»

若い力

まず最初に、野球とは別の話題を。 先日の東京マラソンで好成績を期待されつつ、給水失敗が響き惨敗した川内優輝選手が「応援してくれた人に誠意を」との理由で頭を五厘刈りにしたそうです。 所謂「公務員ランナー」で、アマの中でもアマ的な位置に属すると思われる彼が、自らの敗戦の悔しさよりも期待に応えられなかったことの方を悔い、「自分は曝し物になった方がいい」とまで思う・・何故そこまで貴方が背負うの?......続きを読む»

刺激、競争

・・今日の試合、見逃しちゃいました。 と言うか、録画するの忘れてました(苦笑) こんな時に限って杉内、ホールトンが対外試合初登板ですからね。あー、見たかったなぁ・・ 取り敢えず、結果から感想を。 まず・・あ、先発はホールトンだったんですね。 結果は・・3回を3安打無失点。おお、また先発候補が結果を出しましたね。 2回に1死2、3塁のピンチがあったそうですが、後続を......続きを読む»

エースと三番打者と新戦力

ここ2回、宮國と澤村を中心に書きました。 他の選手の事も見てはいたんですが、二人の衝撃が強くて、入れ込んで書いてるうちに疲れちゃって・・今、ちょっと寝不足です(苦笑) と、言うことで今も眠いんですけど、他の選手にも色々感じることがありましたので、今日はそれを書きます。箇条書きでだらだらと・・ 内海 2/22 対LG 3回3失点 昨年の大エースとしての姿と、1昨年までの”不安......続きを読む»

至宝

まずは、ホッとしました。 本当にコケなくて良かったです。これで次の段階に移れますね。 誰のこと? 勿論、今日のオープン戦に初先発した宮國についてです。 ここまで余りに順調だったので、この辺でコケたりしないかと、ちょっと心配してたんですが、全くの杞憂に終わりました。と言うか想像を大きく超える内容でしたが。 (初回) 平 野 空振り三振 大 和 センターフライ 鳥......続きを読む»

再生への第一歩

いよいよ始まりましたね。オープン戦。 ”新しい”戦力、若手の”挑戦”、ベテランの”復活”など、個々の選手の動向も気になるところですが、チームとしても3連覇の余韻から完全に醒めさせられた昨年からの、”再生”への第一歩となる試合です。 注目のオーダーは・・ 遊 坂 本 左 ボウカー 右 亀 井 捕 阿 部 三 村 田 一 小笠原 中 大 田 二 ......続きを読む»

第3ラウンド

今日も紅白戦の感想を順不同、思いつくまま書きたいと思います。 紅白戦ももう3試合目かぁ・・もうすぐ宮崎キャンプも終わるんですね。早い早い・・今年は新加入で要注目の選手が多く、例年以上にキャンプ中継をじっくり見たような気がします。例年は新人中心(大田、長野、澤村)にさらっと見ることの方が多かったですけどね。 自分がブログを更新するときは、影響を受けないように敢えて他の方のブログは見ないよう......続きを読む»

2回無失点×3

自分が住む九州は今日も雨です。 宮崎も雨の予報で、今日も紅白戦が中止になるのかとちょっと心配していましたが、なんとか行われたようですね。 またも雨のため4回が終わったところで試合終了となりましたが、見たいものが見れたのでまあ、良かったかな。 今日の試合、注目はなんといっても投手陣でした。 内海、澤村、そして2年目の宮國。今年最初の実戦登板でどんなピッチングをするか、ほんと楽し......続きを読む»

1 3

ブロガープロフィール

profile-iconkosei

原前監督がルーキーの頃から、そして恐らく人生の終幕までジャイアンツひと筋です。

愛するが故に色んなことをつぶやきます。予めご了承下さい(´_ゝ`)
  • 昨日のページビュー:67
  • 累計のページビュー:9824913

(12月13日現在)

関連サイト:ツイッターアカウントはこちら(野球以外もつぶやいてます(*´ω`*)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. これが村田修一の本当の実力だったのか
  2. 奥村と橋本と阿部と
  3. ドラフト会議でのジャイアンツの選択は正しかったのか
  4. 今の大田泰示に望むこと
  5. 菅野評価に見る桑田氏の優しさ
  6. 大田も小林も、自分自身で道を切り拓いていくしかないと思う
  7. 広島と巨人との差は「若手の意識の差」だってよ
  8. 澤村と斎藤佑樹
  9. 糸井移籍に小笠原のことを思う
  10. ジャイアンツのジャイアンツによるジャイアンツのための・・

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss