NO NAME

2011 PR

菅野は乗り越えて、そして強くなる

「個人の事で、迷惑は掛けられない。勝てて良かったです」 今日の試合で勝利投手となった、菅野の言葉です。 原家に起こった出来事・・このことを書くと、自分の記事を面白くするために利用するみたいで、触れるのはよそうと思ったんですが・・試合後の彼のコメントの中で、この言葉がいちばん胸に響いたんで、これだけ紹介させていただきました。 今年いちばんの不調・・それが精神的なものから来たのか、それ......続きを読む»

大詰め

こんばんは。 今日は試合がなかったのでPCで他の試合をチェックしてました。 まず自分が気になったのはやはり阪神戦、そしてマートンです。 何せ、対横浜戦の打率が.350ですから、ここで一気にヒットを稼ぐんじゃないかって心配でした。 結果から言うと、4打数で内野安打1本のみ。打率は1厘下げて.311となりました。これで長野とは3厘差。 ここ3試合で11の1と調子は余り良くな......続きを読む»

最良の結果

こんばんは。 落合中日との最後のレギュラーシーズン最後の3連戦。 中日に初の”連覇”を許すうえに本拠地で”胴上げ”まで許すのだけは巨人のプライドにかけて阻止して欲しいと思っていました。 そしてそれは実にあっさりと実現してしまって、今はちょっと拍子抜けした気分です。手放しで喜べないこの感情は何なんだろう・・ 勿論3タテと最良の結果ではあったんですが、なんかなあ・・ やはり......続きを読む»

あと1勝

こんばんは。 昨日も嬉しかったんですが、今日の勝利の方がより嬉しいです。 決めにきた中日を見事に弾き返してくれましたね。 この連勝で、前回ナゴヤで見せられなかった「意地」を少しは見せることが出来た気がします。 まず触れたいのがゴンザレス。前回、復帰戦でいきなりの好投を見せてくれましたが、今日も前回の続きを見ているかのような全く危なげないピッチング。相手は殆ど打たされてるって感......続きを読む»

こんばんは。 感動のラストでしたね。 内海に勝ちを付けてあげられて本当に良かったです。 登板間隔と、序盤の球数の多さから、7回が限度かなと思ったんですが、9回どころか10回も投げ切りました。 最多勝が懸かっていることもあったんでしょうが、内海自身、前回の降板から心中期するものがあったんでしょう。原監督のコメントにもあったように志願の続投だったようですね。 それにしても、中4......続きを読む»

新たな一歩

こんばんは。 この試合、もしかしたらV消滅のショックを引き摺って連敗しないかとちょっと心配でした。 阿部のホームランで先制するも、東野が四球連発→2点タイムリーと最悪のピッチングをしてしまった時は、やはり―と思わずにはいられませんでしたが、それからの粘りが違いましたね。 5回、藤村の犠飛で同点にすると、再び勝ち越された後の6回には長野凡退で嫌な空気の中、阿部が値千金の同点タイムリー......続きを読む»

「消滅」から「復活」へ

こんばんは。 今季の戦いが、終わりました。 今日の敗戦でリーグ優勝が、完全に消滅したそうです。 ふと、89勝を挙げ3連覇を達成し、更に日本一の栄冠に輝いた2009年を思い出しました。あの頃は、この栄光があと何年も続くものと信じて疑わなかったんですが・・ まさかその後2年でここまで転落してしまうとは・・とっくに諦めていたつもりだったんですが、実際にこの日がくると本当にどう言って......続きを読む»

虚無感

こんばんは。 この虚無感は何なんでしょう? こっちは11本もヒットを打ったのに。 6回までは1本のヒットも打たれなかったのに。 けれど結果は敗戦。 何でこんなことになったのか? 堂上の打球が鈴木の頭を越えていくシーンを見ながらも、暫くは現実が受け入れられませんでした。 確かに今日は苦戦を覚悟していました。 先発は故障上がりのゴンザレスで、相手は以前パー......続きを読む»

失望

こんばんは。 今日の試合、「負けなかったから良かった」とか、「よく頑張って追いついた。明日に繋がるね」なんてことは自分としてはちょっと言えません。中日と巨人ではこの引き分けの意味合いは全然違いますからね。 成果と言えば、吉見の勝ちを消し、防御率を下げてタイトル争いをする内海を援護してやったことぐらいでしょうか。あとは阪神とのゲーム差が0.5しか縮められなかったことかな・・ 残り試合......続きを読む»

キャプテン

こんばんは。 やっと、やっと勝ちました。 本当に3タテされなくて良かったですね。 試合自体は巨人らしいと言うか、大味な試合でしたがここまで来たら勝ち方なんてどうでもいいです。とにかく一つでも多く勝ってくれれば。 誰が良かったかと言えば、やはり阿部でしょう。 3安打、5打点と文句のつけようのない結果でした。 キャッチャーで4番でそしてキャプテン。 チーム状態が思わ......続きを読む»

やはり・・こうなりましたか

こんばんは・・ いよいよ来たようですね。「終わり」が・・ 昨日、心配したとおり、ここにきて横浜に痛恨の連敗。とうとう横浜にまで勢いで上回られましたね。もしかしたら現時点でセ・リーグ最弱なのかも・・ 福田は立ち上がり悪くなかったんですけどね。4回は不運な部分もあったと思いますが、一旦崩れたら修正がきかない福田の悪い部分がもろに出た感じでした。 その後2失点したマイケルも前回に続......続きを読む»

国吉くんおめでとう

こんばんは・・ 「今日から勝負の9連戦!」なんて一人意気込んでいましたが、その初戦から黒星とは・・ 西村は前回が前回だったのでちょっと心配だったんですが、今日も序盤で掴まってしまいました。調子云々というよりは緊張もあったのかな・・ 昨年も先発で4勝したものの一度調子を崩すと結局建て直せませんでした。今季もちょっと弱気の虫が出てきたのかな・・かなり心配ですね。 打線も今日も長野......続きを読む»

坂本勇人

こんばんは。 今日は長野のことを書こうと思ったんですが、長野→是非来季の4番定着を―、と考えてた時に、じゃあ3番はやはり彼になるのかな・・と思ったのでその選手のことを書きたいと思います。 その選手とは、タイトルにあるとおり坂本です。 08年に新生原巨人の一つの象徴的な存在としてデビューし、3年目には一時首位打者を窺う程の勢いで打率3割をマーク、昨年も終盤不調だったとはいえ、時折見せ......続きを読む»

粘り

こんばんは。 連勝、貯金5、そして内海が16勝。 昨日に続き、凌いで凌いで、食らいついて、最後に突き放す―好調時に見せていた試合をようやく出来るようになってきました。 内海は苦しみながらも決定的な失点は許しませんでしたし、何よりあの状態で7回まで投げ抜いたことに大きな価値があったと思います。 その粘りが、7回の逆転劇に繋がり、8回の決定的な3点に繋がったのだと思います。今日も......続きを読む»

苦しい月の終わり

こんばんは。 9月最後の試合、勝利で終わることができました。 11勝10敗2分け、僅かに貯金1と満足のいく結果ではありませんでしたが、それでも最後に勝利で終われたことはとりあえず良し、と思います。出来ればもう3つ4つ貯金を増やしたいところでしたけど。 試合の方は東野が許した先取点を、長野、阿部の3、4番が取り返すという展開。東野は初回慎重になり過ぎて失敗した感がありましたが、徐々に......続きを読む»

前を向くしかないですね

こんばんは。 残念、負けちゃいましたね。 今季初の貯金5、今月初の3タテ、今月初の4連勝・・今後に勢いをつけるためにも、ここは是非取りたかった試合でした。 西村は自分が家に帰った時にはもう降板してましたから詳しくは見てないんですが、VTR見る限り制球が甘かったようですね。外国人のいない現在の横浜打線にこれだけ打たれるようでは、今後の登板もちょっと心配になってきますよね。 打線......続きを読む»

薄氷

こんばんは。 正に”薄氷を踏む思い”の勝利でしたね。 7回に細山田にまさかの初本塁打を許し、8回の攻撃を簡単に3人で終わったときは正直、敗戦を覚悟しました。昨日「奇跡への序章」なんて書いたのにもう負けたら恥ずかしいな、なんて思いながら見てたんですが古城が救ってくれました。 9回は打った古城は勿論ですが、長野と阿部もよく繋いでくれましたね。特に先頭の長野が四球を選んだことが大きかった......続きを読む»

今日、思うこと

こんばんは。 みんな書くだろうからどうしようかなと思ったんですけど、まずはやはり内海ですね。 07年にあと1勝まで迫りつつもその後どうしても突き抜ける事が出来なかった「15勝」を遂に達成してくれました。 ここ2試合足踏みを続けていましたが、今日はいつもの「粘り腰」だったと思います。こんな時はランナーを出しててもそう怪我はしないだろうな、って安心して見てられますよね。その期待通りに投......続きを読む»

精神論

こんばんは。 今日、試合を見て思いました。 「このチームって、弱い・・」 先発が早々に降板し、中継ぎもまた炎上。打線もあと1本が出ないとなれば勝てる要素なんてありませんからね。 現状、貯金が1という状況も、なんてことはない、その程度のチーム力しかないんですよね。精神論で片付くような問題じゃなく、技術的、戦術的に上位2チームとは大きな差があるのかなと・・個人の基本的な能力では上......続きを読む»

切ない試合

こんばんは。 ヤクルトが連敗してくれたこの日に勝てませんでした。 しかもミス連発の挙句、最終回に追いつかれての引き分けと、ダメージばかりの残る試合となりました。 坂本や阿部、ラミレスなど確かに選手のミスはありましたが、自分は山口を6回に投入した采配こそ、この試合を取れなかった原因だと思います。仮に落合監督なら、この起用はなかったんじゃないでしょうか。 しかも試合後に久保を8回......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconkosei

原前監督がルーキーの頃から、そして恐らく人生の終幕までジャイアンツひと筋です。

愛するが故に色んなことをつぶやきます。予めご了承下さい(´_ゝ`)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:9774221

(10月24日現在)

関連サイト:ツイッターアカウントはこちら(野球以外もつぶやいてます(*´ω`*)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. これが村田修一の本当の実力だったのか
  2. 奥村と橋本と阿部と
  3. ドラフト会議でのジャイアンツの選択は正しかったのか
  4. 今の大田泰示に望むこと
  5. 菅野評価に見る桑田氏の優しさ
  6. 大田も小林も、自分自身で道を切り拓いていくしかないと思う
  7. 広島と巨人との差は「若手の意識の差」だってよ
  8. 澤村と斎藤佑樹
  9. 糸井移籍に小笠原のことを思う
  10. ジャイアンツのジャイアンツによるジャイアンツのための・・

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss