NO NAME

ジャイアンツのドラフト戦略に思う

このエントリーをはてなブックマークに追加

東北楽天、日本シリーズ進出。

やはり来ましたね・・ジャイアンツの日本一連覇の最後にして最大の障壁となる球団が・・

昨年の日本ハムも手強いと感じていましたが、今年の楽天はそれ以上に”強さ”を感じています。

何といっても”無敗”の田中がいますからね・・現在の彼を打ち崩す術が果たしてあるのか・・

まあ、やる前からビビっても仕方ないか・・どちらにしても彼を倒さない限り日本一にはなれない・・

彼が投げる以外の試合で勝てばいい、なんて弱気なことを言っているようでは仕方ない。ぜひ初戦で攻略して、そのまま一気に連勝するくらいのところを見せて貰いたいです。

話は変わって・・先週の土曜日のことなんですけど、息子の野球の試合があって・・自分も応援に行ってきたんですよ。

試合は残念ながら1対2で惜敗・・息子は1年生ながらここ数試合4番を打たせてもらってるんですが、プレッシャーからか調子を崩してしまって・・この試合もノーヒットで終わってしまいました。

対照的に相手チームの4番はホームラン・・その一打で試合を決められてしまって・・

「4番の差で負けたな・・」息子にそう言うと悔しそうに頷いて・・自分も一緒に練習しながら、打たせてやれなかったことが本当に悔しくて・・

少年野球のときはそこそこ打ってたんですが、中学では変化球が混じるのでタイミングを取るのに苦労しているようです。

けどそれは練習で克服するしかない・・と思って帰りにバッティングセンターに直行。自分も無性に打ちたくなったので交代で打ちました。何ゲームも・・

バッティングはほんと難しい・・けど、難しいからこそ、結果が出たときは嬉しいんですよね・・自分もそうでしたから・・だから野球は面白い。

また一緒に練習して、次こそは悔しさを喜びに変えたいですね。

すみません・・またどうでもいい話を・・本題に入ります。

木曜日・・24日は、いよいよドラフト会議が開催されますね。

08年に高校生と大学、社会人に分かれていた会議が再び統一されて以降、ジャイアンツは早い段階で1位指名の選手が分かっていたことが多かったんですが、今年に関しては未だに決定的な情報が出ていないんですよね・・

桐光学園の松井君か、それとも大阪桐蔭の森君か・・はたまた國學院大の杉浦君か・・もしかすると社会人の吉田、小林、石川のいずれかが・・考えれば考えるほど、ほんと読めません。

新聞や雑誌の記事などを見ていると、今年は小粒、不作・・どちらかと言うとそんなイメージで語られることが多いようですね。

自分としてはそこまで人材不足、ってイメージは少ないんですが・・高校生なんてけっこう面白い選手がいる気がするんですが・・

ジャイアンツが今年に関しては1位指名を明かさないのは、1位指名をもし外したとき、残りの選手を誰にするかで頭が痛いとかなんとか・・ウェーバー方式になる2位指名が11番目ってことも、判断をより慎重にさせているようです。

個人的に思うのは・・

こんな時こそ、高校生中心で行って欲しいなってこと。

だって・・正直、現在のジャイアンツを見ていて、即戦力となりうる選手がどこまで必要なのかな・・と思うんですよ。

それよりはチーム力が充実しているこのときこそ、将来を見据えた補強であって欲しいな・・って。

それに・・今年の大学、社会人で有力と言われる選手達を見ていて、そこまで凄いって思える選手があまりいなくて・・そんな状況下であえて”即戦力”に拘るべきなのか・・自分としては少し疑問です。

一番見てみたいのは、以前も書きましたが桐光の松井君ですね。

実際にどこまで通用するのかは、勿論まだ分かりませんが、あまり早い段階から無理をさせずじっくり鍛えてからデビューさせれば、いい線行くんじゃないかって思うんですよ。

将来に渡ってチームを安定させるためには、やはり中心となりうる素材は積極的に獲りに行って欲しい・・

そういう意味では大阪桐蔭の森君にも興味が湧くんですけどね。彼の場合、バッティングもいけそうですから・・

大きな故障さえなければ阿部はまだあと数年は正捕手として君臨してくれるでしょう。だからその先を見据えて・・

あと、常総の内田君や仙台育英の上林君もいいですし、日刊スポーツでは花咲徳栄・若月君と高知・和田君が候補として名前が挙がっていますよね。

自分が一番やって欲しくないのは、有力候補が少ないからといっていわゆる無難な指名になってしまうこと。

競争率が激しくとも、果敢に攻める・・そんな指名が見たいです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ドラフト会議
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

死闘の末 闘将吠える【狗鷲通信】

【読売海外遊戯】セ界一タフな巨人軍守護神!忍び寄る「西村健太朗メジャー流出の恐怖」とは?【プロ野球死亡遊戯】

ジャイアンツ日報【10月21日】 宮崎、仙台、そして東京ドーム【Lock-on Giants】

日本シリーズの相手はイーグルスに決定【巨人 大鵬 卵焼き】

初投稿です【giants一筋】

10月24日ドラフトを考える・・・【関西在住から見たジャイアンツ】

来シーズン注目したい投手 育成・田原啓吾投手【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

ジャイアンツ日報【10月20日】 G球場で、宮崎で、日本シリーズへ向けての調整【Lock-on Giants】

ブロガープロフィール

profile-iconkosei

原前監督がルーキーの頃から、そして恐らく人生の終幕までジャイアンツひと筋です。

愛するが故に色んなことをつぶやきます。予めご了承下さい(´_ゝ`)
  • 昨日のページビュー:94
  • 累計のページビュー:9774127

(10月22日現在)

関連サイト:ツイッターアカウントはこちら(野球以外もつぶやいてます(*´ω`*)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. これが村田修一の本当の実力だったのか
  2. 奥村と橋本と阿部と
  3. ドラフト会議でのジャイアンツの選択は正しかったのか
  4. 今の大田泰示に望むこと
  5. 菅野評価に見る桑田氏の優しさ
  6. 大田も小林も、自分自身で道を切り拓いていくしかないと思う
  7. 広島と巨人との差は「若手の意識の差」だってよ
  8. 澤村と斎藤佑樹
  9. 糸井移籍に小笠原のことを思う
  10. ジャイアンツのジャイアンツによるジャイアンツのための・・

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss