NO NAME

澤村と斎藤佑樹

このエントリーをはてなブックマークに追加

澤村、プロ入り後初めてとなるイースタン戦登板へ―

そうか・・復帰、遅れるのか・・

今朝の報知を読んで、かなり寂しい気持ちになりました。

まあ、その前の記事で、右膝の治療のため二軍の練習に合流するのが遅れたように書かれていたので、もしかしたらそうなるのかな・・とは思っていたんで覚悟はしていましたが、やはりもう1回飛ばすようですね。

最近、気付いたんですけど・・

自分の澤村好きは、自分が思っていた以上に相当ひどいようで・・ここ数日は、復帰戦のことばかり考えています。

ちゃんと投げれるかな・・

我が子が初めて試合に投げる時の親のような心境・・でしょうか。

以前にも書きましたが、僅かな期間で状態が劇的に変わるようなことはないにしても、頭の中を一度リセットしてくれるだけでも少しはいい方向に行ってくれるかも・・と期待しているんですよね。

しかも、その相手が前回滅多打ちにされた中日ならば、その変化もより分かり易いのでは・・と思っていたんですが・・

記事によると、来週の二軍戦の結果に問題がなければ、翌週25日からの広島戦で一軍に復帰するとのことのようです。

待ち遠しいですけど、首脳陣の判断ならば仕方ありません。使える時間が増えたのだから、よりしっかりと調整して、まずは二軍戦でいい投球をして、万全の状態で広島戦に臨んで欲しいと思います。

ただ・・ちょっと怖いんですよね・・

万が一、二軍戦での結果が思わしくなかった時、どうなるんだろうって・・

登板がもう一度飛ぶことで、今季投げれる試合は恐らくあと2試合になるかと思うんですが、更にもう1週、となるともう10月の横浜戦しか登板機会がなくなってしまう・・最低限の目標である二桁勝利さえ危うくなってしまうかも知れません。

それ以上に、二軍戦で躓くことで澤村が”更なる深み”に嵌まったりやしないか・・それを心配してしまうんですよね・・

巨人で言えば東野、そして他球団の選手で言えば、澤村の同級生である斎藤佑樹がそのパターンに陥って苦しんでいるように見えます。

二人とも本来の力が発揮出来れば、二軍で打たれるような投手ではないと思うんですよ。

しかし、結果は思わしくなく、なかなか再昇格が出来ない状況にある・・体調面や技術的な問題など、様々な要因があるんでしょうが、「こんな筈じゃない」、「こんなところで足踏みしてる場合じゃない」って焦りが、調子を更に狂わしているようにも感じます。

澤村の場合も、生真面目で融通の利かない性格って印象が強いですから、重く受け止めてしまい過ぎないか・・つい、そんなことを考えてしまって・・

まあ、投げる前からそこまで心配する自分の頭の中も重症なのかも知れませんが(苦笑)、そんな危うさを感じさせるのも澤村なんですよね・・いずれにしても、来週の二軍戦には注目したいと思います。と言っても結果しか見れませんけど(苦笑)

斎藤かあ・・本当に苦しんでいるみたいですね。

他球団の選手ながら、あれだけ注目され、期待され続けてきた選手が苦しむところを見るのは辛い部分があります。

06年の夏の甲子園は自分も熱狂させて貰いました。あの頃は力強さがありましたよね。

自分、実は澤村に注目する前は斎藤に注目していました。

高校時代と早稲田の1、2年生の頃の投球を見て、巨人が獲得してくれないかなと願っていた時期があって・・澤村の存在を知ってからは、頼むから指名しないでくれって思うようになりましたけど(笑)

そんな経緯があったんで、彼にも早く復活して欲しいなって思いがあります。

澤村と斎藤・・プロ入りするまでは対照的な道程を歩んだ二人ですが、将来を嘱望されながら苦しんでいるという点に於いては、共通する部分もあるのではないでしょうか。

全ての選手が思い描いたような活躍をするなんてことはありませんから、或いは彼等も今の状況こそが真の姿、ということも考えられないこともないかも知れません。

ただ、それでも彼らには期待したいです。プロ入り前から注目してきた自分としては・・なんとか本来の姿を取り戻して欲しいです。

今年も叶いませんでしたけど、来年は見たいです。二人の投げ合い。

交流戦で、そして日本シリーズで・・

そしてその時、それぞれがチームを背負うような存在として投げてくれれば・・自分としては感慨深い試合になるんですけどね。

そんな試合、見たいな・・



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
澤村拓一
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

うさぎどんぶりさん、こんばんは

コメントありがとうございます。

お察しします‥自分も同じような心境です。楽しい筈のカウントダウンが‥何故か別世界のことのように感じられて‥長野まで調子悪いんで余計にそう思ってしまっています(苦笑)

日ハムファンって、応援熱心な方が多い印象がありますが、やはりそんな感じなんですね。

”根幹は気持ち”‥自分もそう思います。澤村にしても斎藤にしても最大の要因は”自信喪失”、これなんじゃないかと思いますから。

ただ、二人ともファンの多い選手です。その熱い応援が彼等の心に届き、いつの日か自信と勇気を取り戻す力となってくれることを自分も願ってやみません‥

澤村と斎藤佑樹

こんばんは。
澤村投手抹消以来ジャイアンツを応援すれども心ここにあらずな今日この頃です。それでも小笠原選手の昇格と同時期だったので澤村投手への応援も併せて2倍の強さの応援をガッツに振り向けていたのですが、ガッツも再び抹消ということで今日はぐったりどんよりに磨きがかかっています。「M5」になったというのに。。

リーグ優勝が決まったとしても2人ともその場にいないなんてことがあり得るんですよね。。(><)

斉藤佑樹投手に関して、プロ入り後は素人な私が心惹かれる投球は見せていただいていない気がするのですが、彼はとても利発な型の人間だと思うので、その彼がプロでも食っていける!と判断したのだから何とかなる何とかするのじゃないかと、彼の判断力を信じて覚醒?を待っています。私自身は特段彼のファンではないのですが。私事、札幌に5年ほど住んでいたので、札幌の知人友人はみな日ハムファンでして、みな斉藤佑樹投手が帰ってくるのを心待ちにしている優しくも温かい人たちなので、その心が通じて1軍で輝く投球を見せてくれるのではないかとずぶの素人による希望的観測&脳内花畑状態なコメントで失礼します。プロは厳しいのでしょうけれども。やっぱり根幹は人間気持ちなんじゃないかと。。

一巨人ファンさん、再びこんばんは

再コメ、ありがとうございます。

そうなんですよ‥高校時代にしても大学の最初の頃にしてもかなり光るものを見せていましたから、どうしても今が本当の姿とは思えないんですよね。

仰るように、直球の球威がもう少し上がってこないと難しい部分はあるかも知れません。

斎藤にとっては制球力や、変化球の精度を上げることよりもっと難しいテーマかも知れませんが、徐々にでもそこを改善していければ、道は見えてくるのかなと自分も思います。

仰るように、学生時代あれだけ実績を残してきたこの二人でさえ簡単に勝てないプロの世界って本当に大変ですよね。

ただ、それでも期待したいです。多少時間がかかっても彼らなら、って思わせるものがあの二人にはありますから‥

nwawwfさん、こんばんは

コメントありがとうございます。

そうなんですよね‥左肩の開きは大学時代からよく指摘されていましたが、現在でもそれは完全には払拭出来ていない印象は自分もあります。恐らくですが、澤村自身もそれを感じていて、直球の威力を上げることに拘っている部分があるのかなと思います。

自分も最初は澤村に江川氏の再来を期待したんですが、実際に見て見て、それとはちょっと違うなと感じました。クルーンをもう少しスケールダウンしたような‥そんな印象でした。

だからこそ、制球力や変化球の精度を上げることによってそれを補うって方向に行って欲しいと願い続けているんですけど‥天才的と言うより、努力でここまで積み上げてきた澤村には、中々そう簡単にクリアすることは出来ないみたいですね。

つまるところ、エースとは”勝てる投手”だと思います。自分がそこの域に達する為に何が足りず、何が必要なのか‥澤村自身も今年の苦闘できっと気付いてくれたと思いたい‥きっと来年はそのきっかけを見せてくれる‥そう信じたいです。

こんな記事も読みたい

【読売助っ人遊戯】プロ野球界最高品質「メイド・イン・ヤクルト」ブランド!巨人軍がディッキー・ゴンザレスを先発起用する裏事情とは?【プロ野球死亡遊戯】

岸、6回0封! ついに昇格か?【スコアブックから巨人の試合結果を考える】

あと2つ!【ツバメと共に上昇気流に乗って】

9/15 巨人 0-2 阪神 → 今月2敗目・・・能見を打っての負けだったら良かったけど・・・【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

大不振小笠原の先発起用への原の思いとは?【18.44mの攻防に魅せられて】

安定感抜群【野球人になりたかった。】

くさらないでくれ、ホールトン【スコアブックから巨人の試合結果を考える】

辱めを与えられず【巨人 大鵬 卵焼き】

ブロガープロフィール

profile-iconkosei

原前監督がルーキーの頃から、そして恐らく人生の終幕までジャイアンツひと筋です。

愛するが故に色んなことをつぶやきます。予めご了承下さい(´_ゝ`)
  • 昨日のページビュー:83
  • 累計のページビュー:9823717

(11月22日現在)

関連サイト:ツイッターアカウントはこちら(野球以外もつぶやいてます(*´ω`*)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. これが村田修一の本当の実力だったのか
  2. 奥村と橋本と阿部と
  3. ドラフト会議でのジャイアンツの選択は正しかったのか
  4. 今の大田泰示に望むこと
  5. 菅野評価に見る桑田氏の優しさ
  6. 大田も小林も、自分自身で道を切り拓いていくしかないと思う
  7. 広島と巨人との差は「若手の意識の差」だってよ
  8. 澤村と斎藤佑樹
  9. 糸井移籍に小笠原のことを思う
  10. ジャイアンツのジャイアンツによるジャイアンツのための・・

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss