NO NAME

ジャイアンツにとって「対岸の火事」と言い切ることができるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっぴり寝不足です・・

でも、楽しい毎日です。オリンピックでの日本人選手の活躍に元気をもらってますから。

ほんと絶好調ですね、ニッポン。

この記事を書いてる時点で獲得した金メダル6個、合計18個は共にアメリカ、中国に続いて3番目の多さとか。

仕事に響くんであんまり夜更かしは出来ませんけど、朝早く起きれたときはなるべく見るようにしています。

体操の団体、個人総合とか柔道とか・・喜びの瞬間に立ち会うたび、こっちまでなんか幸せな気持ちになってくるんですよ。

惜しくも敗れてしまった選手にしても・・懸命に戦う姿に胸を打たれて、俺も頑張らないとな・・なんて。すみません、単純で(笑)

それにしても・・

時が経つのは速いですね。前回のロンドンオリンピックからもう4年ですよ。

4年前といえば・・

高校生の息子がまだ小学生。

自分も毎日少年野球のコーチで頑張ってたっけ。今より少しは痩せてたし(笑)

そして何より・・ジャイアンツが5冠を達成した年でしたよね。

今思い出しても・・あのシーズンは強かった。

阿部、杉内、内海、山口、そして最多安打を分け合った長野と坂本・・タイトルホルダーが何人もいて、勿論チームとしてもほんとよくまとまっていて。

このチームなら自分がまだ見たことがない・・ジャイアンツの日本シリーズ連覇も実現してくれるんじゃないかって思いました。惜しくもあと一歩のところで届きませんでしたけど。

あれから・・4年。

リーグ戦連覇が途切れ、原前監督が退任し、その後を受けたのは由伸・・一つの時代が終わり、新たな時代が・・・・

新たな時代・・か。

難しいですね。新しい時代を築くってことは。

今のジャイアンツに勢いを与えている選手はと考えると・・好調を維持し続ける坂本、成長著しい小林や田口の存在もありますが、中心で引っ張っているのは復活を果たした阿部、村田、内海の3人かなと思います。

苦境を見事脱してチームを引っ張る彼等の頑張りには本当に敬意を表していますし、流石だとしか言いようがないです。

けど、一方で4番の役目を果たせずに終わった長野、またもレギュラー奪取ならなかった大田など・・今年も”壁”を越えられず、同じ場所から抜け出すことが出来ずにいる”次の世代”を見ていると・・寂しい気持ちが湧いてきます。

投手陣はまだしも、野手陣は本当にベテラン頼みの状況が続いています。そしてそれはまだまだ続きそうで・・

そう言えば・・

先日、谷繁監督の休養が発表されましたね。

数年前まではジャイアンツ最大のライバルだった中日。しかし、落合監督退任以降は苦しい戦いが続いている印象です。

その要因は色んなことが考えられるんでしょうけど・・

これはあくまで私見ですが・・

自分が一つ感じるのは・・世代交代の難しさ、でしょうか。

あのチームを見ていると、強いチームを作りあげること以上に、それを継続させていくことが如何に大変なことか・・ということを考えさせられるんですよね。

ある時期までは徹底してベテラン中心。その後一気に世代交代を推し進めようとしたものの、なかなかうまくいかなかった・・そんな印象です。

そして、その状況は対岸の火事と言い切れるのか・・と。

ベテラン勢が元気なうちに、その存在感を受け継げるような存在が現れればいいんですけど、現状、坂本以外に担えそうな存在が・・長野も”中心”は居心地が悪いようですし。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2016ペナントレース
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

mikannomukanさん、こんばんは

コメントありがとうございます。

自分も、長期的に安定した戦力を維持していくためには、自前で作り上げていく必要性がより高まっていると感じているんですよね。

仰るようにドラフトが重要になってくると思うのですが、ここ数年の指名は自分の目には無難な指名に終始している印象が強くて・・今年の田中(もしくは佐々木)、来年の清宮には競合を恐れずぜひ獲得を目指して欲しいですね。

ちなみに・・昨年のドラフトでは髙山指名を希望していました。彼なら将来の主軸候補にも期待出来るかなと。将来かなりいいところまでいけると個人的には思っています。

ひろヾ☆さん、こんばんは

コメントありがとうございます。

大田、橋本、立岡の世代については自分も期待はしているんですけど、現状ではチームの軸を担うまでに成長してくれるかどうか・・微妙な状況ですよね。

FAによる獲得も、主力選手が以前ほど移籍に積極的ではない印象なので多くは期待できないかとも思いますし。

個人的には岡本にもっと経験を積ませて欲しいんですが、阿部、村田が好調な現状ではそれも難しい・・ジレンマを感じています。

yakyuumanbanzaiさん、こんばんは

コメントありがとうございます。

>これならセリーグなら戦えるでしょう
>日本シリーズは厳しいと思いますが

・・そこなんですよね。

自分としては、多少時間がかかっても日本一連覇を目指せるようなチームを作って欲しいと願っているので・・

阿部、村田がまだ30代前半の年齢ならば今のメンバーでも長期的に安定したチームが作れるかもしれませんが、そうでない以上、新たな柱となりうる人材の育成は急務だと思います。

tekitouzaruさん、こんばんは

コメントありがとうございます。

球団内のことについては・・ジャイアンツの場合清武の乱の結末を見てるので、今後も内輪もめは(少なくとも表面上は)少ないかなと思います。

ただ、それが逆に思い切った手を打つことを躊躇させることに繋がっている気はしますね・・ドラフトしかり、外国人補強しかり・・

こんな記事も読みたい

8月11日(木)対ベイスターズ@東京ドーム【首都圏5球場巨人戦観戦記】

谷繁監督は、4年契約だったのか単年契約だったのか、結局どっちだったんでしょうかね?【落合博満さん(元ドラゴンズ監督&GM)好きは否めない。】

ぺトリック投手が巨人打線を7回途中まで抑えられた訳を考える【温故知新ベイスターズ~2017】

【巨人vsDeNA 第20回戦】惜しかった!でも、勝てなかった~ジャイアンツ、そろそろベンチに打てそうな野手を増やそう!! 【孤独のプロ野球】

16.8.11 風を起こせる【巨人を見る】

8/11 巨 4-5 De→ あと1点とあの1失点…追いつきかけただけに悔やまれる【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

戦力の見極め【橙魂伝承】

名伯楽 内田順三1軍打撃コーチ【橙魂伝承】

ブロガープロフィール

profile-iconkosei

原前監督がルーキーの頃から、そして恐らく人生の終幕までジャイアンツひと筋です。

愛するが故に色んなことをつぶやきます。予めご了承下さい(´_ゝ`)
  • 昨日のページビュー:145
  • 累計のページビュー:9773831

(10月19日現在)

関連サイト:ツイッターアカウントはこちら(野球以外もつぶやいてます(*´ω`*)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. これが村田修一の本当の実力だったのか
  2. 奥村と橋本と阿部と
  3. ドラフト会議でのジャイアンツの選択は正しかったのか
  4. 今の大田泰示に望むこと
  5. 菅野評価に見る桑田氏の優しさ
  6. 大田も小林も、自分自身で道を切り拓いていくしかないと思う
  7. 澤村と斎藤佑樹
  8. 広島と巨人との差は「若手の意識の差」だってよ
  9. 糸井移籍に小笠原のことを思う
  10. ジャイアンツのジャイアンツによるジャイアンツのための・・

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss