NO NAME

名もなき一ファンの呟きです

原前監督がルーキーの頃から、そして恐らく人生の終幕までジャイアンツひと筋です。 愛するが故に色んなことをつぶやきます。予めご了承下さい(´_ゝ`) もっと見る
  • 昨日のページビュー:212
  • 累計のページビュー:9773687
  • (10月18日現在)

最新の記事

正直に言えば村田修一があまり好きではなかったのだけれど

正直に言えば・・ あまり好きな選手じゃありませんでした。 態度や物言いに・・苛立ちを覚えることもありました。 自分の好きな選手の前に立ちはだかる大きな壁・・ そんな存在だった彼を複雑な思いで見ることもありました。 でも、一方で・・ 厳しいポジション争いの中にあっても闘志を燃やし続ける姿勢を・・ 素直に凄いと・・感じていました。 良くも悪くも・・ その存在が・・振る舞いが気になってし......続きを読む»

ジャイアンツの素晴らしきコーチングスタッフに思う

暇ッスね・・ 暇な・・秋の夜は長いッス・・ 11年ぶりに過ごす・・退屈な時間。 テレビ見て、ネットの記事チェックして、ツイッターでフォロワーさんとジャイアンツのことで愚痴りあって・・ あと、他球団の試合経過を見て「へーまだレギュラーシーズンやってんだ~」なんて変に感心したり・・とか(笑) 今年のオフぐらいは・・ ジャイアンツのことは考えないようにしようと思ったんですけど・・やっぱり無理で......続きを読む»

藤村、ありがとな

相川 亮二 片岡 治大 江柄子 裕樹 乾 真大 長谷川 潤 鬼屋敷 正人 松本 哲也 藤村 大介 北 篤 あと、育成のソリマン、そしてまだ正式発表はないようですが、恐らくギャレットも・・ シーズンの終わりは、別れの始まり・・ 今年も多くの選手が・・チームを去ることになりましたね。 特に今年は・・ かつて一軍で活躍してくれた選手が多いので・・ 余計に感慨深いと言うか・・ちょ......続きを読む»

広島と巨人との差は「若手の意識の差」だってよ

ここ数年、報知の秋の風物詩となった記事があります。 今年のタイトルは・・「巨人の誤算」 シーズンが終わると同時に数回の連載で誰が悪い、ここが問題・・とネチネチ検証する・・って検証にもなってないけど。 監督とメインの首脳陣の名誉にはしっかりと配慮しながら・・ 一部コーチの運用の拙さ、移籍した選手の活躍不足、そして・・毎年必ず繰り返される・・若手選手批判。 本当に・・一方的で、偏向的と言うか・......続きを読む»

ジャイアンツは変わることが出来るかも知れない

終わりました。 長く、苦しい・・2017年のシーズンでした。 残念ながら・・今年も優勝の栄光を取り戻すことは・・出来ず。 そして11年ぶりとなる・・4位。 CSの連続出場もとうとう・・途切れてしまいました。 13連敗を喫しながらその後立て直し、一時期は2位を窺うまでに盛り返したものの・・ 勝負処の9月に・・再失速。 あと1本が・・出ず。 あと1死が・・取れず。 まるで力が尽きたかの......続きを読む»

そんな岡本を僕は見たい

「私はやっぱり、君の・・」 ちょっと前・・ ちょっとショッキングなタイトルの映画を観に行きました。 きっかけは・・大好きなミスチルが主題歌を担当するってことだけで、原作も読んだことがなくて。 歌の出来がほんと素晴らしかったので・・映像にどう溶け込んでいくのか、そこを見たかったんですよね。 不覚にも・・持ってかれました。 初めてかも知れません。映画観て泣いたのは。おっさんのくせに(苦笑) ......続きを読む»

おめでとう阿部。ありがとう慎之助。

プロ野球史上49人目。 生え抜きでは・・ 川上哲治。 長嶋茂雄。 王 貞治。 柴田 勲。 いずれもジャイアンツの黄金期を支えた名選手ばかり。 その彼らに次ぐ5人目となる・・正に大記録。 原辰徳や高橋由伸といった強打者でさえ・・ついに届かなかった頂。 しかもその多くを捕手という過酷なポジションを勤めながらのもの。 ”強打の捕手“ 彼の稀有な存在感が・・ チームにどれほどの強みを......続きを読む»

澤村ほど不屈の心を持っている選手はいないと思う

厳しいな・・ あ、ジャイアンツのことじゃなくて・・息子のことです。 夏の大会が終わって新チームになって・・先月の終わりから練習試合も始まっているんですけど・・ 練習試合3試合目で早くも・・スタメン落ちしてしまって。 キャッチャーからファースト、そして新チームになってからはライトにコンバート。 ポジションの変遷を見れば一目瞭然なんですけど、守備が今一つで・・ 前の試合でイージーな当たりをミ......続きを読む»

ジャイアンツに新しい風は吹くのだろうか

クルーズ・・楽天へ。 金銭トレードでの・・移籍です。 最初に聞いたとき・・ 彼にとっては・・きっと幸運だったんだろうなと・・思いました。 本来であれば、一軍の舞台こそが彼の本来の働き場所だったでしょうからね。 チーム事情とは言え・・今年の戦いは本位ではなかったでしょうから。 勿論、楽天の外国人野手も素晴らしい選手ばかりですから・・ これから先の競争も生半可なものではないでしょう。 で......続きを読む»

マシソンが来季も元気に投げれればいいけど

暑いです。 そして・・熱いです。 やっぱり夏は・・高校野球、ですよね。 全国各地で熱い戦いが繰り広げられているのをニュースで見ているだけで・・ 自分の胸も・・自然と熱くなってきます。 息子が所属し、そして自分の母校である某高校は・・ 残念ながら初戦で敗れてしまいました。 正直、ここは楽に勝てるだろうと思って見ていたのですが・・ やっぱり試合は生き物と言うか・・まさかの展開での逆転負け......続きを読む»

セカンドマギー

ようやく・・前半戦が終わりました。 82試合を戦って38勝44敗、借金6。 ヤクルト戦3連勝で4位に浮上しましたが・・首位広島とは依然14.5差。 普通の感覚なら・・こんな酷い成績ってどうなってんだ!と思いそうなところですが・・ でも、あの13連敗があったからか・・なんだか凄く持ち直したような気分になってる自分がいます(苦笑) ようやく・・変な表現ですかね(苦笑) でも、正直・・今年は見......続きを読む»

せめて岡本という希望を一軍で見せてよ

それにしても・・ 大田がこんなにホームランを打てる日が本当にくるとは・・。 昨日の試合で今季第10号。自身初となる二桁本塁打を記録しました。 ここ数試合はノーヒットが続いていたようで、ちょっと心配していたんですが・・これで不調からも脱しましたかね。 本人のコメントを見ると・・ 「最近、思い切ってできていなかったので小さくならないようにした」とのこと。 その心がけが、彼本来の豪快なスイング......続きを読む»

それでも希望だけは胸のどっかに持ち続けたい。ジャイアンツファンとして。

久しぶりに・・書いてもいいですか? なんだかとっても・・切ない夜なので。 前回・・最後に更新したのは・・まだ交流戦のときでした。 悪夢のような長く、そして暗い・・13連敗というトンネルをようやく抜け出した次の試合。 見違えるように逞しく、そして強さを感じた大田泰示のことを書きました。 嬉しくもあり、寂しくもあり、そして・・ その姿をジャイアンツで見れなかったことが悔しくも・・あり。 そ......続きを読む»

さよなら、大田泰示

打った瞬間・・ 行ったと思いました。 何処まで飛んでいくんだと・・ 思わず・・見とれてしまいました。 勿論・・ 田口の好投を、チームの勝利を願う者としては・・ 痛恨の一撃ではあったのですが・・ でも、それだけじゃない、別の感情が・・どうしても湧いてきて。 昨日の試合と、今日の試合。 彼は本当に手強い・・相手でした。 以前、自分が彼に対して感じていた脆さや危うさ・・ この2試合に......続きを読む»

ジャイアンツは決して勝って当たり前のチームなんかじゃない。だからこの1勝は心に沁みるのだ。

マイコラスが抑えて 小林がそれを支えて キャプテンが期待に応えて マシソンが最後を締めくくる・・ そんないつもの光景が・・ すごく懐かしく・・感じました。 そして・・ それを成し遂げてくれることを 半ば当たり前のことのように感じていた・・ これまでの自分を少し・・恥じました。 ジャイアンツは・・ 決して勝って当たり前のチームなんかじゃない。 それはそうですよね。 チームの勝......続きを読む»

3連覇したのもジャイアンツ。13連敗したのもジャイアンツ。ただそれだけのことですよ。

さてと・・ 何から・・書きましょうかね(苦笑) 怒ったり・・ 悲しんだり・・ 憤ったり・・ 失望したり・・ 流石にもう・・負の感情のネタが尽きてきたと言うか(笑) 10連敗、11連敗目のときは色々思うところもありましたが・・ 昨日あたりから・・ もうすごく冷静に・・推移を見つめている自分がいます。 思いつめたところで・・ 選手を責めたところでどうしようもない。 この状況がいつ......続きを読む»

この敗戦がジャイアインツの新たな歴史の最初の頁になるのならそれでいい

42年ぶり・・らしいです。 「明けない夜はない」 そう自分に言い聞かせてきましたけど・・ もう今が夜明け前なのか、それともまだまだ真夜中なのか・・ それすらもよく・・分からなくなってきました・・ 試合が終わってから・・ 考えました。 いろんなことを考えました。 自分がいくらこうしたところで・・ チームがどう変わることもない・・ 分かっているんですけど・・ずっと考えました。 なん......続きを読む»

小林誠司の交代について思う

頭に来た。 本当に・・頭に来た。 ・・・・ いや、負けが続いて・・ 自分がとうとうおかしくなったってことじゃないですよ(苦笑) 某球団機関紙の言い様に・・なんだかすごく腹が立って。 敗戦の責任の全てを一人の選手に押し付けるかのような・・そんな言い様に。 確かに・・ 選手の評価は結果が全て・・なのかも知れません。 そういう意味では・・打たれた投手をリードする捕手にも、その責任の一端は......続きを読む»

ジャイアンツが敗れることが怖いんじゃない。変わろうとしないことの結末が怖いのだ。

清宮君、沖縄でも一発・・か。 いや、またまたすごいの打ってましたね。 スポーツニュースで見たんですが、防球ネット最上段にライナーで当てるなんて・・ いくら金属とはいえ、本当にすごい。 低目の変化球をしっかり呼び込んで、スイングも鋭くて・・いや、言うことないですね。 これで高校通算・・96号ですか・・ なんか最近、すっかり感覚がマヒしてしまって・・ 普通に受け止めてしまっているんですけど......続きを読む»

いつかはきっとジャイアンツも気付いてくれるはず

楽しい週末でした。 あ、ジャイアンツのことじゃなくて個人的に・・ですね(笑) 県外遠征だったんですよ。息子の。 土曜日は大分の中津、日曜は下関で2試合ずつ・・計4試合。2日間ずっと外にいたので・・ほんと疲れました。 自分も休みが取れたので・・嫁と2人、泊りがけで応援に行きました。 中津城とか、観光もしたかったんですけど、そこまでの時間はなかったので取りあえず美味しいものだけ食べに行きました......続きを読む»

もう「長野は復活したんだ」って言ってもいいですか

最初に・・ 阪神ファンの皆様、そして鳥谷選手・・ 不可抗力とはいえ・・ 痛い思いをさせて本当に申し訳ありません・・ 本当に・・選手生命、いや、命そのものにかかる可能性のある部分ですからね・・ 大事に至らないことを祈っています・・ それにしても・・ プロ野球選手って厳しい場所で戦ってるんだなって・・改めて思いました。 死球に限らず、ぎりぎりのプレーの中での怪我とか・・常に危険と隣り合わ......続きを読む»

最強バッテリー

さすが・・首位。 強かったです。阪神。 覚醒した秋山の投球は素晴らしいの一言でした。 何がここまで彼を劇的に変えたのか・・それは分かりませんけど・・ 今の彼はもう単なる”期待の若手”なんてレベルではないですね。 これはこれからも心して掛からないと・・大変そうです。 打線も・・ 実に粘り強く、かつ振れているなと感じました。 守備にしても・・昨日に関していえば堅実でしたし。 2回の上本......続きを読む»

田口麗斗の成長の物語

パソコンが・・復活しました! 前回の記事で壊れたみたいって書いてたんですけど・・ その後、詳しい知り合いの方に相談したら・・直してくれて。 ただ・・ ここ1年ぐらいデータのバックアップを取ってなかったんで・・それは戻せませんでした。 復元って方法はあるらしいんですけど・・5万ぐらいかかるそうで。 諦めようか、それとも復元を頼むか・・最近いちばんの悩みです(苦笑) で・・ 今朝、そのパ......続きを読む»

石川慎吾は貫き通すことが出来るだろうか

いかんなぁ・・ 最近、仕事がすっかり落ち着いて・・ なんか・・緩みまくってるんですよね。気持ち的に。 ほぼ定時に終わって、夕飯の買い物して、帰宅してご飯食べたらあとはのんびりテレビを見る・・そんな毎日です。 忙しいよりはいいんですけど、自分、追い込まれないと燃えないタイプなんで・・これはこれでちょっと辛くて(苦笑) 今度の週末も金曜日から3連休、しかも息子も試験前で野球の応援に行くこともな......続きを読む»

斎藤雅樹から菅野智之へと受け継がれるもの

もう見ることは叶わないと・・思っていました。 時代の流れなんだから仕方ない・・と諦めていました。 かつて・・ 自分がまだ十代だった頃、為し遂げられた大記録。 それを達成した選手が、自分は大好きでした。 当時、時代は既に投手の分業制に移りつつありました。 そんな中、その流れに抗うかのように“先発完投”型の投手であり続けた・・斎藤雅樹。 勝っても負けても、最後まで投げ抜くことこそがエース・......続きを読む»

「山口鉄也に代わりはいない」という名の呪縛について考える

もう一人・・ ”新しい力”のことについて書きます。 昨日の試合・・ 篠原と同じく、リリーフで登板し、チームの苦境を救った選手がいます。 背番号48・・池田駿。 8回2死から登板し、3番糸井から三振を奪うと、9回も3人で抑え、相手にさらなる得点を許しませんでした。 残念ながら・・チームの反撃がなかったので勝利に結びつけることはできませんでしたが・・ 重要な役割をしっかりと果たせたことはチ......続きを読む»

チームが必要とする人材はジャイアンツ球場にだってちゃんといるのだ

やっと花が咲いたかと思えば、あっという間に葉桜に。 難しい案件を必死の思いでまとめ上げたのに、上の人の一言で振り出しに。 岡本和真の降格に底知れぬほど沈み・・ サガン鳥栖の勝利に心の底から喜び・・ 阪神戦での負け越しに昨年と変わらぬ何かを感じる・・ いや・・先週もいろいろありましたわ。 どちらかと言えば・・虚しく感じることの方が多かったですけど。 いちばん堪えたのは・・やっぱり岡本の降......続きを読む»

岡本和真の戦いはまだ始まったばかり

残念です 無念です 悔しいです 悲しいです そして少し・・腹立たしいです 思うところは・・あります 叫びたいことも・・あります 今、負の感情を ここに思い切り書きなぐりたい・・ とも思いました でも・・ ・・・・ ・・・・ 今はすべてを呑み込んでおきます 戦いは・・ 彼の戦いはまだ始まったばかり・・ ですから・・ 今よりもっと上手くなって 今よりもっと強くなって・......続きを読む»

まるで高橋由伸が帰って来たかのような

開幕から2週間が過ぎました。 開幕5連勝から一転、広島には完膚なきまでに叩かれ、そして5連敗。 そこから連勝。 14試合で8勝6敗。首位広島と3ゲーム差の第3位。 オープン戦19試合でわずか5勝だったことを考えると・・まずまずのスタートだったのかなと思っています。 それにしても・・ 見事なまでに”強さ”と”脆さ”の両方を見せた・・2週間でしたね。 先発陣がしっかりと試合を作り、勝負処で......続きを読む»

カープが強ければ強いほど倒し甲斐があるってもんですよ

惜しかったですね・・ あれだけ前に出ている状態から懸命に追いかけて・・フェンスに頭ぶつけながらもよく追いついたんですけど。 最後の最後に詰めを誤ったのは確かですけどね。一旦グラブに入りかけてはいましたから。 でも、右打者のあの方向への打球が非常に難しいものだってことは分かる・・人には分かることだと思うんだけどな。 簡単にエラーだとか下手だとか・・俺には言えません。 だって・・難しい打球でし......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 31 32

このブログの記事ランキング

  1. これが村田修一の本当の実力だったのか
  2. 奥村と橋本と阿部と
  3. ドラフト会議でのジャイアンツの選択は正しかったのか
  4. 今の大田泰示に望むこと
  5. 菅野評価に見る桑田氏の優しさ
  6. 大田も小林も、自分自身で道を切り拓いていくしかないと思う
  7. 澤村と斎藤佑樹
  8. 広島と巨人との差は「若手の意識の差」だってよ
  9. 糸井移籍に小笠原のことを思う
  10. ジャイアンツのジャイアンツによるジャイアンツのための・・

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss