後楽園の星

鳥谷メジャー挑戦失敗にみるNPBの地盤沈下

このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥谷ですらメジャーに行けない現実って、実はかなり由々しき事態ではないだろうか。

巨人  坂本 片岡(井端) 阪神  鳥谷 上本 広島  田中(梵) 菊池 中日  エルナンデス(堂上直) 荒木 ヤクルト 森岡  山田 DeNA  山崎 石川

ソフトバンク 今宮 本多 オリックス 安達 平野恵 ロッテ 鈴木 クルーズ 日本ハム 大引 西川(中島) 西武 渡辺直(鬼崎、永江) 浅村 楽天  西田 藤田

12球団の二遊間のレギュラー選手を書き出してみた。攻守の総合力や実績を考慮すると、鳥谷と巨人・坂本の2人が頭2つ3つ抜きんでているのが分かる。

鳥谷が現状NPB最高クラスの遊撃手であるという前提で話を進めよう。今回のFA報道を総合すると、鳥谷の希望は①メジャー契約②レギュラー保障-の2つだったとみられる。ところが、ふたを開けてみればレギュラー保障はおろかメジャー契約のオファーすらなかったというのが実情のようだ。鳥谷サイドが年俸の下限をどこにおいていたかはわからないが、中島が250万ドル(2億9000万円)、青木が195万ドル(2億3000万円=いずれも2014年)という相場を考えると、今季年俸3億円を下回る金額だったとしてもメジャー移籍を決断していた可能性は高い。二遊間のベテラン選手で年俸3億円以下というのはMLBではかなりリーズナブルだろう。にもかかわらずオファーはなかった。このことが示す現実はなにか。

MLBは30球団だから30×2で60個のレギュラーポジションがある。

つまり「NPBナンバーワンの鳥谷ですらMLBでは60番目にも入らない」という悲しすぎる事実である。

 部活レベルで野球をプレーしたことのある人なら分かると思うが、二遊間、とくにショートは最重要ポジションの一つである。ショートの守備が下手なチームは例外なく弱い。逆に言えばどんな弱小チームでもショートの選手だけはそれなりにうまかったりするものだ。プロでも「打撃は非力だが守備だけは抜群にうまい」という選手がレギュラーとして生き残る道はショートしかない(セカンドしか守れない守備専門選手は厳しい)。だから「打てるショート」は希少価値が極めて高い。営業的にも毎日試合に出られて、攻守両面で観客にアピールできるのだから、存在価値はマックスである。だからこそ、A-RODはレンジャーズと300億円契約を結んだし、巨人も坂本だけはなんとしてでも手放さないはずだ。

日本では一番うまい子どもが投手をやる、という特殊事情もあるにせよ、花形であるショートのプレーヤーにこれだけの彼我の差があるというのは看過できない。岩村、松井稼、井口らが大活躍とはいかないまでもMLBで二遊間のレギュラーを張ったことを考えると、ここ数年でさらに差が開いたと考えるのが自然だろう。

 それにしても冒頭に書き出したメンバーを見ると、どうしても小粒化が進んでいるような印象が拭えない。学生野球を含めた育成プロセスになにか決定的なミスがあるのか、あるいは本当に才能のある子どもたちが野球をやらなくなっているのか。プロスポーツのレベルは年々上がっているというのが僕の持論だが、プロ野球に関してはすでに地盤沈下が始まっているのかもしれない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
メジャー
鳥谷

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「鳥谷メジャー挑戦失敗にみるNPBの地盤沈下」へのコメント

こんばんわ!コメントありがとうございます。
そうなんですよね、自分もメジャー流出でNPBが空洞化するとは思ってなくて野心ある選手をどんどん送り込むことでどんどん活性化するし、選手の意識もレベルも上がっていくとおもうんですよね。坂本にはぜひ挑戦してほしいです!

「鳥谷メジャー挑戦失敗にみるNPBの地盤沈下」へのコメン

初コメント失礼します。
MLBを視野に入れれば
選手に妥協も無いし、NPBファン
(勿論私も
です)は やはりMLBとの圧倒的な
レベル差を 直視しなければ いけないのかなと。09と13のWBCの結果が
如実に表している。
野心を持った選手を 送り出し 新たな
才能を芽吹かせる、このサイクルを
作っていくよりない。
坂本、MLBにいくレベルじゃない、
という論法なら 完全に人気大先行の
選手でしょう。
私は 行くと思います。

「鳥谷メジャー挑戦失敗にみるNPBの地盤沈下」へのコメント

コメントありがとうございます!
鳥谷個人の移籍については年齢等のファクターもありますし一概にNPB全体のことと関連付けられないというのはおっしゃる通りなんです。実際オファーがないというのは単にメジャー球団の見立てであって実際向こうで鳥谷が出場機会を得たらそれなりの数字をのこすような気もするんですよね。

ただ、かつての松井稼頭央や井口のようなスケール感のある内野手が現状見当たらないのも事実であって、そういうところに地盤沈下が現れているのかな、と。

「鳥谷メジャー挑戦失敗にみるNPBの地盤沈下」へのコメント

コメントありがとうございます!
菊池バネもスゴいしパンチ力もスピードもあるしすでにマークはされてるでしょーね!大卒なのでメジャーに行くなら時間との戦いになりそうです。個人的には浅村にも期待してるのですが。。

こんな記事も読みたい

【奪取の宴】『藤浪晋太郎から奪い取れ!』と『カープが奪い取る二つの“モノ”』【©カープ狂の宴】

球団は人気選手のハフマン選手の残留に逃げた【直感ブログ スポナビバージョン】

カープで日本史年号語呂合わせ【カープ中心、日本酒ちびちび観戦記】

ブロガープロフィール

profile-iconkorakuennohosi

30代男性会社員。
プレーヤーのことは基本的に全員尊敬していますので、敬意を失わないようにしたいと思っております。ぼちぼち書いていきますのでお気軽にコメントください。よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:166450

(08月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織を見逃すな!
  2. 落合GM黒幕説
  3. 鳥谷メジャー挑戦失敗にみるNPBの地盤沈下
  4. ダル69マー君72松坂64黒田11(三浦-9)‥神の子力とは?
  5. 黒田は何勝できるのかー村田兆治をこえていけ!
  6. 湯場忠志引退~さらばミスター後楽園
  7. 日米野球が面白かった理由
  8. タイブレークと井端と桜木花道
  9. 今年引退しそうな選手
  10. メッセンジャー覚醒のワケ(を邪推)

月別アーカイブ

2015
05
03
01
2014
11
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss