konakalab

B.LEAGUEチャンピオンシップQF および B2プレイオフ SF 予測

このエントリーをはてなブックマークに追加

もう既に1試合(西宮-群馬)が終わってしまいましたが,これまでの蓄積を利用してもう少し詳細な予測を行います.

予測対象はB.LEAGUEチャンピオンシップ準々決勝,およびB2プレイオフ準決勝です.以下の手順で試合の得点率まで予測します.

  • その差が得点率を説明するレーティングを計算する.元データは各リーグのレギュラーシーズン540試合で,ホームアドバンテージも同時に算出する.

  • ポストシーズンの各対戦についてレーティング差から予測される得点率を求める.

  • 予測される得点率の付近のデータをレギュラーシーズンから取り出す.

たとえば,B1の各試合の得点率の分布は以下となります.横軸がレーティングから算出した予測得点率,縦軸が実際の試合での得点率です.

QFの川崎‐SR渋谷の対戦を例とします.この2チームのレーティングに基づく予測得点率は(川崎から見て)0.5202であり,その前後0.01で行われた結果を取り出します.下図の赤米印で示します.

ポストシーズンの対戦もこの分布に従うだろう,つまり,「直近にあった試合と似たことがおころだろう」という予測を立てます.すると,得点率と(ホームチームから見た)累積分布関数を描くことができます.

横軸が得点率,縦軸が累積分布関数です.赤線が得点率5割,つまり勝敗のラインです.累積分布関数は「その値以下となる確率の合計」なので,赤線が縦軸と交わる値は「ホームチームの敗戦確率」となります.この場合はおよそ0.3です.

予測得点率は前述の通り0.5202で,合計150点の試合だと78-72に対応します.

以降,B.LEAGUEチャンピオンシップ準々決勝,およびB2プレイオフ準決勝それぞれについて同様の図を示します.

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ランキング制度
大会形式
バスケットボール
タグ:
レーティング
予測
Bリーグ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

来季の地区分けは?頭を抱えるBリーグ【隼→AKATSUKI★籠球部】

【NBA】ECSF BOS 3-2 WAS , ブラッドリーがプレイオフ自己最多29得点、セルティックスがシリーズ王手。 #NBAPlayoffs【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ホークスの今季を振り返る【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconkonakalab

名城大学理工学部情報工学科の小中英嗣です.

ツイッターはじめました.
  • 昨日のページビュー:79
  • 累計のページビュー:624824

(11月21日現在)

関連サイト:konakalab on Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. Roland Garros(全仏オープン) R32終了時の答えあわせと今後の予測
  2. Roland Garros(全仏オープン) 予測 5/30 追記あり
  3. Roland Garros(全仏オープン) R16終了時の答えあわせと今後の予測
  4. Roland Garros(全仏オープン) R64終了時の答えあわせと今後の予測
  5. 横綱の条件とは.
  6. ATPランキングポイント(男子プロテニスのランキングポイント)と勝率の関係
  7. バレーボール 最終予選の結果を予測してみる.
  8. BNP Paribas Open 予測
  9. レーティングから眺める横綱昇進
  10. BNP Paribas Open 答え合わせ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
08
07
06
05
03
02
2015
12
11
10
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss