konakalab

レーティングから眺める横綱昇進(半世紀分のまとめ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前の記事(レーティングから眺める横綱昇進)が1990年以降のデータを紹介していました.1960年以降のデータが入手できて計算も終わったので,同様のデータを公開します.

レーティング算出方法とその意味

各場所終了時のレーティングを,当該場所を含む過去1年間6場所の勝敗から計算しました.たとえば,2016年5月場所終了時のレーティングは,2015年7月場所から2016年5月場所の取組結果から算出しています.レーティングの基準は前頭力士の平均が0となるように取りました.レーティングは0.5, 1.0, 1.5, 2.0大きいとき期待勝率が62%, 73%, 82%, 88%であることと対応します.つまり,「レーティング2.0の力士の実力」は,「前頭の力士とのみ満遍なく当たったときの期待勝率が約88%の実力」,と説明できます.実際はレーティングの高い横綱・大関陣と対戦するため勝率は下がりますが,ひとつの目安としてこの後のデータをご覧ください.

レーティング推移と横綱昇進

1960年から10年ごとに,横綱,大関,および関脇のレーティングを示します(この記事で完結できるよう,現在までの図も全て示します).

1960年まで分析を広げてみましたが,横綱昇進時のレーティングはおおむね2以上,まれに1.8程度のこともある,という事実が分かりました.特に1970年代前半までは同時昇進もあるなど,現在の運用とはかなり異なることが分かります.

横綱昇進の内規の運用が厳格となったきっかけが双羽黒関が起こしたトラブルである,ということは報道を通して広く周知の事実となっています(稀勢の里、横綱昇進へ 臨時理事会招集要請 (毎日新聞)).この影響を大きく受けてしまったのが旭富士関であることもよく知られています.

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ランキング制度
大会形式
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1265 再びアメリカで激闘! WBCスーパーフェザー級挑戦者決定戦 三浦隆司vsミゲール・ローマン【人生マイペンライ】

白鵬杯に見る、相撲協会が白鵬を失ってはならぬ理由。【幕下相撲の知られざる世界】

画像庫御開帳(キック編176)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

ブロガープロフィール

profile-iconkonakalab

名城大学理工学部情報工学科の小中英嗣です.

ツイッターはじめました.
  • 昨日のページビュー:266
  • 累計のページビュー:268176

(02月20日現在)

関連サイト:konakalab on Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 横綱の条件とは.
  2. バレーボール 最終予選の結果を予測してみる.
  3. レーティングから眺める横綱昇進
  4. バレーボール 男子最終予選のレーティングと予測
  5. レーティングから眺める横綱昇進(力士ごとの分析)
  6. レーティングから眺める横綱昇進(半世紀分のまとめ)
  7. 2017年1月場所終了時のレーティングと3月場所予測
  8. 2ステージ制だった頃(1993-2004, 1996除く)の成績を2015ポストシーズン進出規則に当てはめてみても,年間上位3チームが進出するのは83%.やはり5チームを基本とした説明は無理があるのでは.
  9. 過去10年の成績を2ステージ制に当てはめてみると,年間上位3チームのみが5回.
  10. 2014シーズンの成績で2ステージ制を評価するとポストシーズン進出は3チーム.こうなる確率は62%.

月別アーカイブ

2017
02
01
2016
12
11
08
07
06
05
03
02
2015
12
11
10
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss