konakalab

横綱の条件とは.

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人の基本は報・連・相!自己判断せず「もしかしてアレは横綱じゃないですかね?」を聞いてみるべきだと思う件。 - スポーツ見るもの語る者~フモフモコラムを読んで,力士の実力の推定にレーティングを利用してはどうだろうかと思い立ってやってみました.

データは直近2年間,12場所の全取組(前相撲から本割まで.約14000対戦)を取得しました.2016年それぞれの場所終了時のレーティングを,当該場所を含む過去1年間6場所の勝敗から計算しました.たとえば,2016年5月場所終了時のレーティングは,2015年7月場所から2016年5月場所の取組結果から算出しています.

2016年6場所それぞれについて,幕内力士のレーティングを示します.

横軸はレーティング,縦軸は番付を示しています.レーティングの基準は幕内力士内の最小値が0となるように取りました.レーティングは0.5, 1.0, 1.5大きいとき期待勝率が62%, 73%, 82%であることと対応します.

上記コラムで触れられている稀勢の里関のみ赤四角のマーカで示しました.すると,稀勢の里関はこの2年間継続して横綱に匹敵する結果を残していることが分かります.上記コラムでもまとめられていますが,2016年6場所での対横綱は8勝7敗と同等以上,対大関は13勝2敗と大きく勝ち越しています.高いレーティングを維持していることは,格下力士との対戦でも取りこぼしが多くないことを示しています(事実,2016年は年間最多勝を達成しています).

この結果からは,稀勢の里関は横綱審議委員会の内規とされる,

大関で2場所連続優勝した力士を推薦することを原則とする。

を満たせていないものの,個別の対戦で発揮される実力は横綱に匹敵し,他の大関とは一線を画しています.

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ランキング制度
大会形式
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

平成二十八年九州場所を振り返る【相撲、面白い】

豊ノ島でも、4勝3敗。幕下上位の厳しい現実。【幕下相撲の知られざる世界】

2016年の全国学生相撲選手権の知られざる世界。後編【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-iconkonakalab

名城大学理工学部情報工学科の小中英嗣です.

ツイッターはじめました.
  • 昨日のページビュー:111
  • 累計のページビュー:337391

(03月27日現在)

関連サイト:konakalab on Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 横綱の条件とは.
  2. バレーボール 最終予選の結果を予測してみる.
  3. BNP Paribas Open 予測
  4. レーティングから眺める横綱昇進
  5. ATPランキングポイント(男子プロテニスのランキングポイント)と勝率の関係
  6. BNP Paribas Open 答え合わせ
  7. レーティングから眺める横綱昇進(半世紀分のまとめ)
  8. バレーボール 男子最終予選のレーティングと予測
  9. レーティングから眺める横綱昇進(力士ごとの分析)
  10. 2017年1月場所終了時のレーティングと3月場所予測

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
08
07
06
05
03
02
2015
12
11
10
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss