konakalab

研究成果が学会論文誌に掲載されました:「統計的レーティング手法に基づくB リーグの制度設計に関する考察 」(『バスケットボール研究』第3号)

このエントリーをはてなブックマークに追加

バスケットボール学会の学会誌『バスケットボール研究』第3号に,私の研究成果が掲載・出版されました.

小中英嗣,「統計的レーティング手法に基づくB リーグの制度設計に関する考察 」,『バスケットボール研究』第3号 http://japan-basket.wixsite.com/gakkai/journal (索引へのリンク)

リーグ内でのチームの実力分布の定量的評価指標の提案と,それを活用した分析に関する論文(研究資料)です.手法は本ブログで継続して公開している対比較法によるレーティングです.

分析対象は以下の2点です.

  • 実力分布のリーグごとの比較

チームの実力分布について,新しくできたB1,B2を前身のNBL, bj,およびNBAと比較しています.比較の結果,B1,B2への再編によりリーグ内での実力分布は縮小していますが,NBAの水準には達していないことが分かりました.

  • ポストシーズン制度の問題点の指摘

「B.LEAGUEチャンピオンシップの予測と,その制度の不備について」などの記事で指摘した問題をまとめなおしました.主な問題点はポストシーズン進出条件およびその順位決定方式で,現状では順位と実力(勝利数)で逆転しやすい設計になっており,敗退行為を引き起こしかねない設計であることを定量的根拠とともに指摘しました.



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
バスケットボール
ランキング制度
大会形式
タグ:
レーティング
バスケットボール
Bリーグ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20171117 セルティックス vs ウォーリアーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171116 レイカーズ vs シクサーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171116 バックス vs ピストンズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconkonakalab

名城大学理工学部情報工学科の小中英嗣です.

ツイッターはじめました.
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:626280

(01月17日現在)

関連サイト:konakalab on Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. Roland Garros(全仏オープン) R32終了時の答えあわせと今後の予測
  2. Roland Garros(全仏オープン) 予測 5/30 追記あり
  3. Roland Garros(全仏オープン) R16終了時の答えあわせと今後の予測
  4. Roland Garros(全仏オープン) R64終了時の答えあわせと今後の予測
  5. 横綱の条件とは.
  6. ATPランキングポイント(男子プロテニスのランキングポイント)と勝率の関係
  7. バレーボール 最終予選の結果を予測してみる.
  8. BNP Paribas Open 予測
  9. レーティングから眺める横綱昇進
  10. BNP Paribas Open 答え合わせ

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
08
07
06
05
03
02
2015
12
11
10
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss