konakalab

名城大学理工学部情報工学科小中研究室でのスポーツに関する研究結果を公開するブログです.

konakalab

関連サイト:konakalab on Twitter

名城大学理工学部情報工学科の小中英嗣です. ツイッターはじめました.
  • 昨日のページビュー:668
  • 累計のページビュー:624355
  • (11月18日現在)

最新の記事

研究成果が学会論文誌に掲載されました:「統計的レーティング手法に基づくB リーグの制度設計に関する考察 」(『バスケットボール研究』第3号)

バスケットボール学会の学会誌『バスケットボール研究』第3号に,私の研究成果が掲載・出版されました. 小中英嗣,「統計的レーティング手法に基づくB リーグの制度設計に関する考察 」,『バスケットボール研究』第3号 http://japan-basket.wixsite.com/gakkai/journal (索引へのリンク) リーグ内でのチームの実力分布の定量的評価指標の提案と,それを活用した分析......続きを読む»

Bリーグ 2シーズン通算でのレーティング(20171015)

本項の内容 B1, B2リーグの各チームについて,2シーズン通算でのレーティング(得点率を説明するもの)を算出した. B1, B2のリーグ平均のレーティング差は約0.2で,得点率では55%対45%,合計得点が150点の試合では約15点差に相当する. 本文 Bリーグも新シーズンに入り3節6試合(一部未消化試合あり)が開催されました.この時点では対戦数......続きを読む»

Bリーグ2017-18開幕節:地区間の実力差の定量的評価

Bリーグが開幕しました. 今シーズンの開幕節は地区が異なるチームでの対戦となりました. 東-中,中-西,西-東それぞれ3カードずつです. 地区間対戦が早くも実現しましたので,かなり気が早いですが地区間の実力差の定量的評価を行いたいと思います. 手法は以下の通りです. 得点率をロジスティックモデルで説明するレーティングを算出する.データは各チームの得点. 前......続きを読む»

2017年7月,9月場所終了時のレーティング

2017年7月,9月場所終了時点での幕内力士のレーティングを示します.1回飛ばしてしまったので,2場所あわせて示します.以前のデータは以下をご覧ください. 2017年5月場所終了時のレーティング 2017年3月場所終了時のレーティング 2017年1月場所終了時のレーティング 算出結果です. レーティングの基準は前頭力士の平......続きを読む»

バレーボールの新ルール:15点7セット形式について

本項の概要 バレーボールのルールが変わるかもしれない.15点7セット形式のテスト中. 簡素化したシミュレーションでは,総得点(∝試合時間)が15%程度減少するが,平均得点率と勝率の関係はほぼ変わらない. 15点7セット形式の試験導入 FIVBが新しい試合形式を提案し,U23の大会で試験導入を行っています. 以下公式のプレスリリースを一部引用します.......続きを読む»

B1 2017-18シーズンの地区分割から予測される展開について

B1新シーズン,さらに地区間の実力差が顕著になる可能性. 本項のまとめ B1の2017-18シーズンは,さらに地区間の実力差が顕著になる可能性が高い. チャンピオンシップの設計を変更しない限り,今シーズン同様敗退行為を促すような状況を作り上げてしまう.制度設計の変更が必要である. 本文 B.LEAGUE 2017-18シーズン競技レギュレーション......続きを読む»

Roland Garros(全仏オープン) 予測の答え合わせ

Roland Garros(全仏オープン) 予測 5/30 追記ありの答え合わせのような記事です.ATPランキングポイント(男子プロテニスのランキングポイント)と勝率の関係もあわせて読んでいただくとよりよくわかるかと思います. 2010年代の試合結果から導いた,以下のランキングポイントと勝率との関係式 とをそれぞれ選手A,Bのランキングポイントとしたとき,AがBに勝つ勝率 は で近似でき......続きを読む»

Roland Garros(全仏オープン) R16終了時の答えあわせと今後の予測

Roland Garros(全仏オープン) R32終了時の答えあわせと今後の予測と同様,R16(4回戦)終了時の答えあわせと今後の予測です. はじめての方へ 以下の記事,および以下の説明をお読みいただくとよりよくお分かりいただけるかと思います. ATPランキングポイント(男子プロテニスのランキングポイント)と勝率の関係 Roland Garros(全仏オープ......続きを読む»

Roland Garros(全仏オープン) R32終了時の答えあわせと今後の予測

Roland Garros(全仏オープン) R64終了時の答えあわせと今後の予測と同様,R32(3回戦)終了時の答えあわせと今後の予測です. はじめての方へ 以下の記事,および以下の説明をお読みいただくとよりよくお分かりいただけるかと思います. ATPランキングポイント(男子プロテニスのランキングポイント)と勝率の関係 Roland Garros(全仏オープ......続きを読む»

Roland Garros(全仏オープン) R64終了時の答えあわせと今後の予測

Roland Garros(全仏オープン) R128(ほぼ)終了時の答えあわせと今後の予測と同様,R64(2回戦)終了時の答えあわせと今後の予測です. はじめての方へ 以下の記事,および以下の説明をお読みいただくとよりよくお分かりいただけるかと思います. ATPランキングポイント(男子プロテニスのランキングポイント)と勝率の関係 Roland Garros(......続きを読む»

Roland Garros(全仏オープン) R128(ほぼ)終了時の答えあわせと今後の予測

Roland Garros(全仏オープン) 予測 5/30 追記ありで全仏オープン開幕前時点での予測について書きました.1回戦(R128)がほぼ終わったので,この時点での答えあわせと2回戦(R64)以降の予測について書きます. ATPランキングポイントのみを利用した予測モデルについて とをそれぞれ選手A,Bのランキングポイントとしたとき,AがBに勝つ勝率 は で近似できます. ATPランキン......続きを読む»

2017年5月場所終了時のレーティング

2017年5月場所終了時点での幕内力士のレーティングを示します.以前のデータは以下をご覧ください. 2017年3月場所終了時のレーティング 2017年1月場所終了時のレーティング 算出結果です. レーティングの基準は前頭力士の平均が0となるように取りました.レーティングは0.5, 1.0, 1.5, 2.0大きいとき期待勝率が62%, 73%, ......続きを読む»

Roland Garros(全仏オープン) 予測 5/30 追記あり

以前の記事 ATPランキングポイント(男子プロテニスのランキングポイント)と勝率の関係 の応用編として,開催中のグランドスラムRoland Garros(全仏オープン)の予測を計算してみます. 同様の予測は今年開催されたマスターズ5大会でも公開済みです.時間のある方はあわせてお読みいただければ幸いです. Internazionali BNL d’Italia 予測 ......続きを読む»

Geneva Open 予測

現在開催中のGeneva Openの予測を示します. とをそれぞれ選手A,Bのランキングポイントとしたとき,AがBに勝つ勝率 は で近似できます. 予測結果です.トップ16人のみ示します. ...続きを読む»

B.LEAGUEチャンピオンシップ ファイナル 予測

以下の記事に引き続き,いよいよファイナルの予測です. B.LEAGUEチャンピオンシップ SF予測 B.LEAGUEチャンピオンシップQF および B2プレイオフ SF 予測 早速予測結果です. 得点率を説明するレーティング,予測される得点率,予測される得点差(試合全体の得点数がリーグ平均の150点と仮定した場合),および予測勝率を示しています.......続きを読む»

B.LEAGUEチャンピオンシップSF,残留プレイオフ2回戦,およびB2プレイオフ 予測の答え合わせ

以前3つの記事に分けて, B.LEAGUEチャンピオンシップ SF予測 B1プレイオフ 2回戦 予測 B2プレイオフ 決勝戦および3位決定戦 予測 と予測をしましたが,予測しっぱなしではいけないので答えあわせをします. 早速結果です.横に長い表なのでスマホだと若干見づらいかもしれません. 列の意味は左から順に,リーグ(B1,......続きを読む»

Internazionali BNL d'Italia 答え合わせ

Internazionali BNL d’Italia 予測の答え合わせのような記事です.ATPランキングポイント(男子プロテニスのランキングポイント)と勝率の関係もあわせて読んでいただくとよりよくわかるかと思います. 2010年代の試合結果から導いた,以下のランキングポイントと勝率との関係式 とをそれぞれ選手A,Bのランキングポイントとしたとき,AがBに勝つ勝率 は で近似できます. ......続きを読む»

B.LEAGUEチャンピオンシップ SF予測

B.LEAGUEチャンピオンシップQF および B2プレイオフ SF 予測に続き,チャンピオンシップ準決勝の予測です.予測方法は前記記事をご参照ください. レギュラーシーズン上位チームのホームで開催されるので,ホームアドバンテージを考慮しています. 早速予測結果です. 得点率を説明するレーティング,予測される得点率,予測される得点差(試合全体の得点数がリーグ平均の150点と仮定した場合),......続きを読む»

B1プレイオフ 2回戦 予測

B.LEAGUEチャンピオンシップQF および B2プレイオフ SF 予測に続き,B1プレイオフの2回戦の予測です.予測方法は前記記事をご参照ください. この試合は中立地で行われるため,ホームアドバンテージは考慮しません. 早速予測結果です. ベンチの「ホーム側」「アウェイ側」の区別はありますので,それに従って記載しています.得点率を説明するレーティング,予測される得点率,予測される得点差......続きを読む»

B2プレイオフ 決勝戦および3位決定戦 予測

B.LEAGUEチャンピオンシップQF および B2プレイオフ SF 予測に続き,B2プレイオフの決勝および3位決定戦の予測です.予測方法は前記記事をご参照ください. これら2試合は中立地で行われるため,ホームアドバンテージは考慮しません. 早速予測結果です. ベンチの「ホーム側」「アウェイ側」の区別はありますので,それに従って記載しています.得点率を説明するレーティング,予測される得点率......続きを読む»

B.LEAGUEチャンピオンシップQF および B2プレイオフ SF 予測の答え合わせ

B.LEAGUEチャンピオンシップQF および B2プレイオフ SF 予測で予測をしましたが,予測しっぱなしではいけないので答えあわせをします. B1降格プレイオフを予測し忘れましたが,同じ形式で予測できるのでここでは答え合わせに入れておきます. 早速予測結果です.横に長い表なのでスマホだと若干見づらいかもしれません. 列の意味は左から順に,リーグ(B1,B2),大会名(CS=チャンピオンシ......続きを読む»

Internazionali BNL d'Italia 予測

以前の記事 ATPランキングポイント(男子プロテニスのランキングポイント)と勝率の関係 の応用編として,開催中のマスターズ大会Internazionali BNL d’Italiaの予測を計算してみます. (本筋とは関係ないのですが,大会名の表記は公式名(Internazionali BNL d’Italia)か地名(Roma)かどっちがいいんでしょうか.公式サイトのアドレスは地名で管理されていま......続きを読む»

Madrid Open 答え合わせ

Madrid Open 予測の答え合わせのような記事です.ATPランキングポイント(男子プロテニスのランキングポイント)と勝率の関係もあわせて読んでいただくとよりよくわかるかと思います. 2010年代の試合結果から導いた,以下のランキングポイントと勝率との関係式 とをそれぞれ選手A,Bのランキングポイントとしたとき,AがBに勝つ勝率 は で近似できます. の答え合わせをします.Mad......続きを読む»

B.LEAGUEチャンピオンシップQF および B2プレイオフ SF 予測

もう既に1試合(西宮-群馬)が終わってしまいましたが,これまでの蓄積を利用してもう少し詳細な予測を行います. 予測対象はB.LEAGUEチャンピオンシップ準々決勝,およびB2プレイオフ準決勝です.以下の手順で試合の得点率まで予測します. その差が得点率を説明するレーティングを計算する.元データは各リーグのレギュラーシーズン540試合で,ホームアドバンテージも同時に算出する. ......続きを読む»

B2プレイオフの予測と,その制度の不備について

本項の結論 B2プレイオフのトーナメント設計にも明確な不備がある. 個別に見るとよさそう,という条件を複数組み合わせることで不合理な状況が起きている.NBAでも通過した議論でもあるし,日本ではJリーグのポストシーズンがこれに陥ったひどい設計であった. 内容 前回「B.LEAGUEチャンピオンシップの予測と,その制度の不備について」でチャンピオンシッ......続きを読む»

B.LEAGUEチャンピオンシップの予測と,その制度の不備について

本項の結論 B.LEAGUEチャンピオンシップのトーナメント設計には明確な不備がある. 個別に見るとよさそう,という条件を複数組み合わせることで不合理な状況が起きている.NBAでも通過した議論でもあるし,日本ではJリーグのポストシーズンがこれに陥ったひどい設計であった. 内容 前回「Bリーグ レギュラーシーズン まとめ」やその前の「Bリーグ(B1,......続きを読む»

Madrid Open 予測

以前の記事 ATPランキングポイント(男子プロテニスのランキングポイント)と勝率の関係 の応用編として,開催中のマスターズ大会Madrio Openの予測を計算してみます. 同様の予測は今年開催されたマスターズ3大会でも公開済みです.時間のある方はあわせてお読みいただければ幸いです. Monte-Carlo Masters 予測 Miami Open 予測 ......続きを読む»

Bリーグ レギュラーシーズン まとめ

Bリーグのレギュラーシーズンが終わり,チャンピオンシップ,プレーオフ進出チームが確定しました.チャンピオンシップの予測の前に,レギュラーシーズンのまとめ,特にB1の地区間での実力分布についてまとめます. 結論 地区毎に実力分布が異なるため,勝利数のみでは正しく実力差を測るのは難しい. 本文 まずはレーティングの算出結果です. 元NBL所属のチームが上位を独占しました.特に東地区......続きを読む»

Bリーグ(B1, B2)勝利数予測およびB1チャンピオンシップ予測(20170501)

レギュラーシーズン勝利数予測 5月1日時点での勝利数予測です. チャンピオンシップ,残留・昇格プレーオフの進出確率は2万シーズンのシミュレーションの平均です.確率的なシミュレーションなので,100.00%は進出が確定したことを必ずしも意味していません(0.00%も同様). レーティングは各リーグ内での相対的な実力関係を示しているので,異なるリーグ間で比較はできません. 次週が最終節......続きを読む»

Bリーグ チャンピオンシップ 予測(の準備)

Bリーグもレギュラーシーズンが終盤に差し掛かり,公式サイトでもチャンピオンシップのトーナメント表が公開されるなど準備が進んでいます. チャンピオンシップ開幕に先立って,その予測モデルを作って準備をしてみます. 基本的な考え方は本ブログで通して利用している,得点率を説明するレーティングをこれまでの試合結果から導出する方法です. ただし,チャンピオンシップでは, レギュラーシーズン......続きを読む»

1 3 4

このブログの記事ランキング

  1. Roland Garros(全仏オープン) R32終了時の答えあわせと今後の予測
  2. Roland Garros(全仏オープン) 予測 5/30 追記あり
  3. Roland Garros(全仏オープン) R16終了時の答えあわせと今後の予測
  4. Roland Garros(全仏オープン) R64終了時の答えあわせと今後の予測
  5. 横綱の条件とは.
  6. ATPランキングポイント(男子プロテニスのランキングポイント)と勝率の関係
  7. バレーボール 最終予選の結果を予測してみる.
  8. BNP Paribas Open 予測
  9. レーティングから眺める横綱昇進
  10. BNP Paribas Open 答え合わせ

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
08
07
06
05
03
02
2015
12
11
10
04
03
02
01
2014
12
11

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss