ブラジルサッカーレポート

[リオ五輪]女子サッカー ブラジルはメダル獲得ならず

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月19日(金)午後1時(日本時間20日(土)午前1時)、サンパウロのアレーナ・コリンチャンスで女子サッカーの3位決定戦が行われた。ブラジルは、準決勝をPK戦で落とし決勝には進めず、カナダとの3位決定戦に回ることになった。

勝っても負けてもこれが最後の試合になる両チーム。ブラジルは、通常先発メンバーだけで行う写真撮影を選手全員で行っていた。

ブラジルの先発メンバーは前試合から2人変えてきた。 右SBを12番のポリアーナから2番のファビアーナへ、そして前線では7番デビーニャからあの11番のクリスチアーニへ変わっていた。 ファビアーナもクリスチアーニも今大会の試合中に怪我をしていたが、回復したようだ。

試合は、全体的にカナダが攻め、ブラジルは劣勢でうまく攻撃を組み立てられていなかった。

そんな中、前半25分にカナダのゴールが決まった。ブラジルがCKで攻め上がっている最中にカウンターで決められてしまったのだ。

マルタがボールを持つと可能性は感じさせるが、決め手に欠き、惜しいチャンスもあるが、決めきれない。期待を一身に背負うマルタは、疲れもあるのだろうが、いつもほどのキレは見られなかった。 また、期待されたクリスチアーニは途中出場した前試合でも精彩を欠いており、この日もキレが感じられなかった。 目立った選手といえば、怪我から復帰明けの右SBファビアーナぐらいか。頻繁にオーバーラップを見せていたが、ゴールまでは結びつかなかった。

後半開始から、不調のクリスチアーニに代え、7番のデビーニャが入った。

しかし、早々の後半7分にカナダに加点されてしまったのだ。 ブラジルの左サイドでボールを奪われ、そのまま持ち込まれ、12番をつけたキャプテンのシンクレアにゴールを決められたのだ。2点差になってしまった。これは痛かった。

その後、ブラジルは、立て続けに2人選手を交代し、反撃を試みるがなかなか思うように展開できない。 しかし、後半34分、スローインから、ゴール前にいた16番のFWベアトリスがワントラップしてから振り向きざまにシュートを打ちゴールを決めたのだ。 これは見事だった。技ありのゴールだった。

1点を取ったブラジルは息を吹き返し攻め続けるが、ゴールは遠かった。 結局1-2で負け、メダルを獲得することはできなかった。

地元開催で、国民的ヒーロー、マルタのためにもぜひ金メダル、少なくてもメダルは獲得してほしかったが、残念ながら実現しなかった。

試合終了後、ブラジルは敗れたが、観客からはブラジルコールが起きた。ブラジル選手たちに大歓声が送られたのだ。

私は正直ブーイングでもされるのではないかと思ったが、観客たちの態度は立派だった。 カナダの選手たちにも拍手が送られていた。

そして、マラカナンで行われた決勝戦では、ドイツがスウェーデンを2-1で破り、金メダルを獲得している。

改めて、なでしこジャパンがこの舞台に立てなかったことは本当に残念だと思った。

次の大舞台は、2019年のフランスW杯、そして2020年の東京五輪である。 ブラジル、そして日本の選手たちの勇姿が見れることを期待したい。 そして、ブラジル、日本、それぞれの女子サッカーチームがより強くなり、優勝することを願いたい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リオ五輪
タグ:
マルタ
ブラジル代表
女子サッカー
リオ五輪

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

シンクロ日本、95点という壁を超えてつかんだ銅メダル【競技場の片隅から】

リオ五輪 競技13日目:日本女子レスリングも世代交代?【スポーツ えっせい】

「やっとハードルが分かってきた」400mHケロン・クレメント【Sports News 】

SMAP解散のニュースがない状況だったら、錦織vsマレーは……【スポ感の記憶】

吉田沙保里の人間宣言【塩試合研究室】

[リオ五輪]男子サッカーブラジル準決勝を完勝し、決勝進出を決めた!【ブラジルサッカーレポート】

日テレ・ベレーザvsINAC神戸レオネッサ なでしこカップAグループ第10節【球マニアのBLOG】

宮間あや退団問題に見る、日本サッカー界の指導者不足【赤の血潮と、青の魂】

ブロガープロフィール

profile-iconkohtoku

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:327721

(06月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. [国際親善試合]日本対フランス 終始劣勢だったにもかかわらず、日本は奇跡的な勝利を収めた!
  2. [Jリーグ2015]第2ステージ第1節清水対神戸 清水エスパルスに告ぐ!大至急、大々的な改革を求む!
  3. [Jリーグ2015]清水エスパルスの降格に思うこと
  4. [国際親善試合]日本対ブラジル 過去最高に楽しみな試合だったが、結果は意外なものだった!
  5. [コンフェデレーションズカップ2013]開幕戦ブラジル対日本 残念なことに、まったく予想外の一方的な試合になってしまった!
  6. [チャンピオンズリーグ2012‐13]決勝トーナメント1回戦第1戦レアル・マドリッド対マンチェスター・ユナイテッド 屈指の好カードは一方的な試合だった!
  7. [Jリーグ2013]第5節浦和対磐田 荒天の中、見応えのある好ゲームを見せてもらった!
  8. [プレミアリーグ2012‐13]第26節サウサンプトン対マンチェスター・シティー まさにスカッとするようなジャイアントキリングだった!
  9. [Jリーグ2012][生観戦]第34節(最終節)横浜マリノス対サガン鳥栖 素晴らしい最終戦を魅せてもらった!
  10. [チャンピオンズリーグ2012‐13]決勝トーナメント第1戦ミラン対バルセロナ この結果には驚かされた!

月別アーカイブ

2017
06
2016
11
08
07
06
2015
12
10
07
06
05
2014
11
10
07
06
2013
09
08
06
04
02
01
2012
12
10
06
05
04
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss