ブラジルサッカーレポート

[リオ五輪]女子マラソン サンボドロモ発着の風光明媚なコースだったが日本人選手は惨敗だった!

このエントリーをはてなブックマークに追加

14日(日)午前9:30(日本時間同日午後9:30)、女子マラソンが行われた。 私自身、趣味としてマラソンを走っているということもあるが、その街の様子がよくわかるので、マラソンを見るのはとても好きだ。 以前なら、日本人にとってマラソンは男女ともにとても強い種目だった。 特に女子では、2000年のシドニー、2004年のアテネと2大会連続で金メダルを獲得していたが、その後の北京、ロンドンではメダルはおろか入賞も果たしていない。

今大会の代表は、昨年の世界選手権で7位入賞を果たした伊藤舞、そして、国内選考会で選出された福士加代子、田中智美の3選手だった。 特に、福士はマラソンでは始めてだが、オリンピックにはトラック競技の代表としてアテネ、北京、ロンドンと3大会連続で出場しており、また大胆な発言もあり、どのような走りを見せてくれるか注目していた。

さて、楽しみのマラソンコースだが、よく考えて設定されていたと思う。何と、スタートとゴールは、サンボドロモなのだ。 サンボドロモとは、リオのカーニバルの会場だ。リオのカーニバルは、世界的に有名だが、特設会場でなされていることはあまり知られていないだろう。以前は、公道で行われていたが、安全面から特設会場であるサンボドロモで行われるようになっている。 このサンボドロモは、ブラジルを代表する建築家オスカル・ニーマイヤーの設計で、私も、ブラジル在住中の2007年に一度、ここにカーニバルを見に来ている。あまりのスケールの大きさに圧倒されたことをよく覚えている。 そんな、リオデジャネイロの代名詞、リオのカーニバル会場のサンボドロモをオリンピック競技の会場にしてしまうのだから粋な計らいだと思う。マラソンとアーチェリーの会場になっていた。

今回のマラソンコースは、そんなサンボドロモを発着地点とし、セントロ(旧市街)を通り、グロリア湾沿いに周回を3周して、再びサンボドロモに戻ってくるコースである。 発着地点はとてもよいが、せっかくなので、3周の周回をするのではなく、随一のビーチであるコパカバーナまで行くぐらいのコースにしてもよかったかなとも思った。しかしながら、今回のグロリア湾沿いの周回コースでは、キリスト像で有名なコルドバードの丘に次ぐ人気スポットである砂糖のパンという意味を持つポンジアスーカルを正面に見ながら走ることができた。これはこれで素晴らしい景色だと思った。

さて、レースは序盤30人ほどの先頭集団を形成し、日本人選手3人もその中に含まれていたが、9キロ地点ほどで、先頭グループは2つに分かれ、日本人選手は後方グループに含まれてしまった。 その後、伊藤が遅れ、福士は一旦先頭グループに追いつくが、先頭グループをキープすることができず、遅れ始めた。

結局日本人選手たちは、そのまま先頭集団に戻ることはできず特に見せ場もなく、福士が14位、田中が19位、そして伊藤は44位という結果に終わった。 表彰台はアフリカ勢が占めた。

今回も残念ながら日本人選手は入賞することはできなかった。

レースを終えた選手たちのインタビューを聞くと、「とにかく暑かった」ようだ。 リオは暑いには暑いが、今、季節は冬だ。日本の夏に比べると、まだましな感じはするが、太陽の日差しはとても強いものがある。それが、ボディーブローのように体にダメージを与えたのだろう。

1~4位はアフリカ勢が占めたが、5位にベラルーシの白人選手、そして6、7、9位にアメリカの白人選手たちが入った。 この結果を受けて、日本人選手たちもやりようによっては、十分に入賞は狙えたのではないかと思った。 せめて、ある程度までは、先頭集団についていけるレース運びをしてほしかった、というのが正直なところだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リオ五輪
タグ:
女子マラソン
リオ五輪

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

快挙という言葉では足りない、96年ぶりの偉業!【スコッチを片手に】

リオ五輪 競技9日目:96年ぶりのメダルと54年間のタスキをつなぐメダル【スポーツ えっせい】

【NBA】2016' リオ五輪 8/15 予選A G5 USA○100-97●フランス。#Rio2016 #USABMNT【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ゴルフの祭典@リオ2016〜マット・クーチャーの予言〜【運動科楽からスポーツ再考!!】

リオ五輪・卓球女子 団体 日本はドイツに大接戦の末に敗退 3位決定戦で2大会連続のメダルを目指す!【0 to zeroのhorizon】

27分30秒が最低条件。日本男子選手は世界基準についていけるか~リオ五輪10000メートル~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

8月14日の練習 ペース走スポセン10周【衣浦東部消防局陸上部】

自分の弱さに打ち克つ:ブリーアン・タイセン・イートン(7種競技)【Sports News 】

ブロガープロフィール

profile-iconkohtoku

  • 昨日のページビュー:45
  • 累計のページビュー:321520

(12月04日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. [国際親善試合]日本対フランス 終始劣勢だったにもかかわらず、日本は奇跡的な勝利を収めた!
  2. [Jリーグ2015]第2ステージ第1節清水対神戸 清水エスパルスに告ぐ!大至急、大々的な改革を求む!
  3. [Jリーグ2015]清水エスパルスの降格に思うこと
  4. [国際親善試合]日本対ブラジル 過去最高に楽しみな試合だったが、結果は意外なものだった!
  5. [コンフェデレーションズカップ2013]開幕戦ブラジル対日本 残念なことに、まったく予想外の一方的な試合になってしまった!
  6. [チャンピオンズリーグ2012‐13]決勝トーナメント1回戦第1戦レアル・マドリッド対マンチェスター・ユナイテッド 屈指の好カードは一方的な試合だった!
  7. [Jリーグ2013]第5節浦和対磐田 荒天の中、見応えのある好ゲームを見せてもらった!
  8. [プレミアリーグ2012‐13]第26節サウサンプトン対マンチェスター・シティー まさにスカッとするようなジャイアントキリングだった!
  9. [Jリーグ2012][生観戦]第34節(最終節)横浜マリノス対サガン鳥栖 素晴らしい最終戦を魅せてもらった!
  10. [チャンピオンズリーグ2012‐13]決勝トーナメント第1戦ミラン対バルセロナ この結果には驚かされた!

月別アーカイブ

2016
11
08
07
06
2015
12
10
07
06
05
2014
11
10
07
06
2013
09
08
06
04
02
01
2012
12
10
06
05
04
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月04日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss