ブラジルサッカーレポート

[リオ五輪] 大会1日目柔道女子48キロ級、男子60キロ級 柔道初日男女ともに最後まであきらめず銅メダルを獲得!

このエントリーをはてなブックマークに追加

開会式を終え、翌日から競技ラッシュが始まった。 オリンピックの競技の行う順番は毎回だいたい同じようだ。 花形競技では、水泳、柔道は早くに始まり、陸上は後半に行われる。

サッカー以外の競技を真剣に見るのは、ほぼ4年に一度、オリンピックのときだけ、と言っても過言ではない。

柔道についても、ほとんどそんな感じなのだが、一度、柔道の世界選手権を見に行ったことがある。 それが、2007年のリオデジャネイロ大会だった。 当時、サンパウロに住んでおり、リオまで長距離バスで往復したことを思い出す。 私が見たのは、大会最終日で、女子の最軽量級と男子の最重量級の日だった。 通常、男女ともに、軽量級から始まり重量の順に進んでいくものだと思うが、このときの大会はなぜか、このような組み合わせだった。 初めての柔道生観戦はなかなかおもしろかった。 結局、女子では谷亮子、男子では棟田康幸が優勝し、君が代を2回聞くことができ、すばらしい感動を味わった。 観客席には前日までに既に試合を終えた、谷本歩実、佐藤愛子、西田優香といった代表選手たちがいて、話したりしたことを思い出す。特に谷本歩実の目力、そしてやさしさあふれる表情に、アスリートの美しさを感じさせられた。

さて、そんな柔道は好きな競技の一つなのだが、柔道を見ていつも思うことが、本当に紙一重の競技であるということだ。

私は、柔道に精通しているわけではないので、技の掛け方、トレンドなど知らない部分も多い。そのため、競技を見ていても審判がどのような判定をするのかわからないせいもあるだろうが、一般人の感覚からすると、技がどちらに決まるか、また待ての取るタイミングなど、審判の度量に負う部分が非常に大きいように感じられる。 そのため、どんなに有力な選手でも、ある程度は実力が反映されるだろうが、1回戦で負ける可能性も十分にあると思うし、優勝できることもあると思わされる。

また、警告(指導)の数だけで勝敗が決まることもある。これはサッカーに例えると、ゴールが決まっていなくてもイエローカードの枚数だけで勝敗が決まるようなもので、けっこう違和感を感じてしまう。

さて、そんな柔道の初日、6日(土)に男女の最軽量級が行われた。 女子48キロ級は、近藤亜美。五輪2連覇の上野雅恵がコーチを務める三井住友海上所属の21歳。まだまだ、これからの選手だ。 近藤は2回戦から出場。2回戦は見ていないが、その次の準々決勝は、リードを奪われるものの最後の最後に寝技で逆転し、準決勝進出を決めた。 しかし、準決勝では、早々に相手に技ありを決められ、時間は十分に残されていたが、結局追いつくことはできず、決勝進出は絶たれた。 続く、3位決定戦も厳しく、最後までポイントも反則も両者一切なく、延長戦に入るかと思われた残り1秒でポイントが入り、辛くも銅メダルの獲得を決めたのだった。 銅メダルを決めてくれて本当によかったと思ったが、金メダルだけを目指していた近藤は、本当にくやしそうだった。

一方の男子の高藤直寿についてだが、23歳と若い次世代を担う逸材のようだ。 高藤も2回戦から出場し、その2回戦は見ていないが、続く3回戦は開始16秒で鮮やかな1本勝ち。しかし、続く準々決勝では、積極的に攻め続けたのもかかわらず、技と認定されず、そんな中一瞬の隙をつかれ、相手に1本を取られてしまった。 これも、どちらにポイントが入ったのかわからないような微妙な感じだった。 柔道には返し技というのがあり、こちらが技をかけても返し技というように判定されたら相手にポイントが入ったりするし、いつ警告を取られるかわからない。見ている私のほうがよくわからないので、緊張しながら見ることになる。 まったく負けた感じはしなかったのだが、負けたようだ。本当に紙一重というか、判定はきわめて微妙な感じを受ける。本当に、この競技の微妙さをまざまざと感じさせられた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リオ五輪
タグ:
近藤亜美
高藤直寿
柔道
リオ五輪

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2016年6月度 谷口選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

2016年5月度 谷口選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

2016年4月度 谷口選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

ブロガープロフィール

profile-iconkohtoku

  • 昨日のページビュー:35
  • 累計のページビュー:328219

(06月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. [国際親善試合]日本対フランス 終始劣勢だったにもかかわらず、日本は奇跡的な勝利を収めた!
  2. [Jリーグ2015]第2ステージ第1節清水対神戸 清水エスパルスに告ぐ!大至急、大々的な改革を求む!
  3. [Jリーグ2015]清水エスパルスの降格に思うこと
  4. [国際親善試合]日本対ブラジル 過去最高に楽しみな試合だったが、結果は意外なものだった!
  5. [コンフェデレーションズカップ2013]開幕戦ブラジル対日本 残念なことに、まったく予想外の一方的な試合になってしまった!
  6. [チャンピオンズリーグ2012‐13]決勝トーナメント1回戦第1戦レアル・マドリッド対マンチェスター・ユナイテッド 屈指の好カードは一方的な試合だった!
  7. [Jリーグ2013]第5節浦和対磐田 荒天の中、見応えのある好ゲームを見せてもらった!
  8. [プレミアリーグ2012‐13]第26節サウサンプトン対マンチェスター・シティー まさにスカッとするようなジャイアントキリングだった!
  9. [Jリーグ2012][生観戦]第34節(最終節)横浜マリノス対サガン鳥栖 素晴らしい最終戦を魅せてもらった!
  10. [チャンピオンズリーグ2012‐13]決勝トーナメント第1戦ミラン対バルセロナ この結果には驚かされた!

月別アーカイブ

2017
06
2016
11
08
07
06
2015
12
10
07
06
05
2014
11
10
07
06
2013
09
08
06
04
02
01
2012
12
10
06
05
04
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss