FCKSA66

大人の為の大人なサッカー分析考察ブログです。日本代表、五輪代表、ユース代表、海外試合、Jリーグ。

kodahima

管理者 jube 人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の もっと見る
  • 昨日のページビュー:2412
  • 累計のページビュー:24469411
  • (10月21日現在)

最新の記事

【 香川真司 】 1アシストはあったが不完全燃焼な印象だった。 【 トッテナム vs ドルトムント 】

試合 :CL グループH 開催日:2017年9月13日 結果 :トッテナム勝利 スコア:「3-1」 得点者:ソン・フンミン ヤルモレンコ ケイン×2 【 ドルトムント 】 FW オーバメヤン MF プリシッチ 香川真司 ヤルモレンコ MF サヒン ダウド DF トルヤン トプラク ソクラティス ピシュチェク GK ブルキ FW オーバメヤン MF プリシッチ ゲッツェ ヤルモレンコ......続きを読む»

スタイル(戦い方)論争よりも、個の力についての議論を。

かつては、W杯への出場が遠い夢のようだった日本が、フランスW杯、日韓W杯、ドイツW杯、南アフリカW杯、ブラジルW杯、そして、次はロシアW杯と、6大会連続でW杯に出場できるまでのアジアの雄に成長できたのはなぜか? フランスW杯のアジア予選はかなり苦しんだ。予選敗退だったとしても不思議には思わない苦しさだった。日韓W杯は自国開催枠だった。しかし、その後のアジア予選は、概ね順調だったと言える。 もち......続きを読む»

日本らしいサッカーとは何か?

そう質問された時に、まず最初に思う事は、それが本当にポゼッションサッカーなのか? という疑問。フィジカル、パワー、そして、高さ、というものを主な武器としたサッカーではない、という事は間違い無いが、それがイコールでポゼッションサッカーとなる理由が見当たらない。つまりは、そういうものを主な武器としないカウンターサッカーだって成立できるし、むしろ、そちらの方が日本らしいサッカーのようにも思える。 そ......続きを読む»

【 乾貴士 】 今季の乾にあるエイバルでの2つの問題点。 【 セビージャ vs エイバル 】

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第3節 開催日:2017年9月9日 結果 :セビージャ勝利 スコア:「3-0」 得点者:ガンソ ベン・イェデル ノリー 【 エイバル 】 FW キケ・G エンリク MF 乾貴士 ダニ・G エスカランテ アレホ DF アンヘル ラミス オリベイラ カパ GK ドゥミトロヴィッチ FW エンリク MF ベベ リベラ エスカランテ キケ・G MF ダニ・G......続きを読む»

【 柴崎岳 】 何かを変えようとする必要があると思う。 【 レガネス vs ヘタフェ 】

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第3節 開催日:2017年9月8日 結果 :ヘタフェ勝利 スコア:「1-2」 得点者:アラムバリ ゲレーロ ヒメネス 【 ヘタフェ 】 FW モリーナ 柴崎岳 MF アマト アラムバリ マルケル ファジル DF アウトゥネス カラ ジェネ ダミアン GK ガイタ FW モリーナ MF ファジル モラ マルケル ヒメネス DF アウトゥネス ブルーノ ......続きを読む»

サウジアラビア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。浅野拓磨。杉本健勇。久保裕也。 】

長友佑都 GK川島のファインセーブに救われたが、1つ大きな対応ミスが有り、それについては残念だったなと。しかし、そのミスは全ての良いプレイを台無しにしかねない致命的なものだったが、その1つ以外は守備面でも概ね安定していたし、攻撃面でも良いプレイが何回かはあったから、及第点のパフォーマンスではあったのではないだろうか。後は、技術的な部分で、縦や逆サイドへのロングフィード、そこを磨いてもらいたいな......続きを読む»

サウジアラビア戦選手評価 【 岡崎慎司。原口元気。本田圭佑。井手口陽介。柴崎岳。山口蛍。 】

岡崎慎司 ハリルホジッチが目指すサッカーに適している選手のはずなのに、なかなかハリルジャパンでは機能しない。その理由は、やはりシステムや起用されるポジション、オーダーされる役割、そこにあるとは思うのだが、1つ不思議なのは、レスターでプレイしている時よりも、良い起点となれるプレイが少ない事で、能力が変わるはずはないと思うから、そのあたりを監督とも他の選手とも、話し合ってみる必要性があるように思う......続きを読む»

サウジアラビア戦 【 オーストラリア戦が過大評価気味だったので、ここで負けた事は良かったのかなと。 】

試合 :ロシアW杯アジア最終予選 第10戦 開催日:2017年9月6日 結果 :サウジアラビア代表勝利 スコア:「0-1」 得点者:アルムワラド FW          岡崎慎司 MF  原口元気 井手口陽介 柴崎岳  本田圭佑 MF          山口蛍 DF  長友佑都 昌子源   吉田麻也 酒井宏樹 GK          川島永嗣 FW          杉本健勇 MF  原......続きを読む»

サウジアラビア戦で試してもらいたい選手とシステム。

FW      大迫勇也  岡崎慎司 MF 乾貴士  小林祐希 井手口陽介 柴崎岳 DF 長友佑都 三浦弦太  昌子源  酒井高徳 GK         中村航輔 やはり、ここで試してもらいたいのは「4-4-2」というシステム。「4-1-2-3」や「4-1-4-1」をベースにするとしても、相手によって戦い方を変えるシステム的な柔軟性を持たせるためには、3バック、そして、2トップ、その両方の形も......続きを読む»

オーストラリア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。原口元気。久保裕也。岡崎慎司。 】

長友佑都 山場を迎える代表戦もあったので念のためだったと思うが、直前のインテルでの試合で、足に違和感を感じて途中交代していたので、少し心配はしていたが、以前の記事でも書いたように、得点を狙うパターンは乾と長友を揃えた左サイドから、と個人的にも想定していた事もあり、長友が出場できた事は良かった。ちなみに、インテルで最近見せているような、最前線への放り込みロングパスも、この試合でも見たかったなと。......続きを読む»

オーストラリア戦選手評価 【 大迫勇也。乾貴士。浅野拓磨。井手口陽介。山口蛍。長谷部誠。 】

大迫勇也 ケルンで8月25日の試合にはフル出場したが、それが怪我からの復帰後の初試合でもあったし、オーストラリア戦での起用はやや厳しいのでは、と思っていたのだが、その心配は杞憂に終わり、良いパフォーマンスだったと思う。得点力もそうだが、FWの起点力は攻撃力の大きなポイントになるし、1トップだとその難易度は高くなるが、ここまでの大迫はきちんとその役割を果たしてくれている。この先も期待したい。 ......続きを読む»

オーストラリア戦 【 まだゼロ地点に到達していない。ゼロ地点はW杯でのグループステージ突破。 】

試合 :ロシアW杯アジア最終予選 第9戦 開催日:2017年8月31日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-0」 得点者:浅野拓磨 井手口陽介 FW          大迫勇也 MF  乾貴士  井手口陽介 山口蛍  浅野拓磨 MF          長谷部誠 DF  長友佑都 昌子源   吉田麻也 酒井宏樹 GK          川島永嗣 FW          岡崎慎司 MF  原......続きを読む»

【 柴崎岳 】 守備面では良さを見せた。 【 ヘタフェ vs セビージャ 】

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第2節 開催日:2017年8月27日 結果 :セビージャ勝利 スコア:「0-1」 得点者:ガンソ 【 ヘタフェ 】 FW モリーナ 柴崎岳 MF アマト アラムバリ マルケル ファジル DF アウトゥネス カラ ジェネ ダミアン GK ガイタ FW モリーナ アンヘル MF ポルティージョ アマト ファジル MF モラ DF アウトゥネス カラ ジェ......続きを読む»

【 乾貴士 】 今季の乾の問題は? 【 エイバル vs ビルバオ 】

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第2節 開催日:2017年8月27日 結果 :ビルバオ勝利 スコア:「0-1」 得点者:アドゥリス 【 エイバル 】 FW キケ・G シャルレス MF 乾貴士 ダニ・G ジョルダン ペーニャ DF アンヘル ラミス オリベイラ カパ GK ドゥミトロヴィッチ FW キケ・G シャルレス MF ベベ リベラ ジョルダン エンリク DF アンヘル ラミス......続きを読む»

対オーストラリアを考える。攻守においてのポイント。

まず守備については、近年のオーストラリアはキック&ラッシュではなくポゼッション型の戦い方を志向していて、尚且つ、そのポゼッション型の戦い方はまだ道半ばなので、やはり日本はハイプレス型の守備をする方が有効だと思う。そして、その場合、司令塔的な役割を果たすのは、トップ下かボランチでプレイするであろうムーイという選手で、逆に言えば、そこがボールの奪い所にもなるので、そういう狙いを持ってプレスを仕掛けてもら......続きを読む»

オーストラリア戦とサウジアラビア戦に向けたメンバーについて。

GK 川島永嗣 東口順昭 中村航輔 DF 昌子源 吉田麻也 三浦弦太 植田直通 DF 長友佑都 槙野智章 酒井宏樹 酒井高徳 MF 長谷部誠 山口蛍 井手口陽介 高萩洋次郎 MF 香川真司 柴崎岳 小林祐希 FW 原口元気 乾貴士 武藤嘉紀 FW 本田圭佑 久保裕也 浅野拓磨 FW 大迫勇也 岡崎慎司 杉本健勇 CBは、安定感のある昌子を選ぶのか、相手がオーストラリアなので、空中戦に強い植......続きを読む»

【 乾貴士 】 昨季に引き続き良いパフォーマンスを維持。 【 マラガ vs エイバル 】

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第1節 開催日:2017年8月21日 結果 :エイバル勝利 スコア:「0-1」 得点者:シャルレス 【 エイバル 】 FW キケ・G シャルレス MF 乾貴士 ダニ・G ジョルダン ペーニャ DF アンヘル ラミス オリベイラ カパ GK ドゥミトロヴィッチ FW エンリク MF 乾貴士 ジョルダン ダニ・G リベラ アレホ DF アンヘル ラミス ......続きを読む»

【 柴崎岳 】 体を張ってボールをキープする力が必要。 【 ビルバオ vs ヘタフェ 】

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第1節 開催日:2017年8月20日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: 【 ヘタフェ 】 FW モリーナ 柴崎岳 MF アマト ファジル マルケル ヒメネス DF モリネロ カラ ジェネ ダミアン GK ガイタ FW アンジェル MF アマト アラムバリ モラ ファジル DF モリネロ カラ ジェネ ダミアン GK ガイタ テネリ......続きを読む»

【 長谷部誠 】【 鎌田大地 】 「フィジカル」あるいは「インテンシティ」の「差」あるいは「違い」。 【 フライブルク vs フランクフルト 】

試合 :ブンデスリーガ 第1節 開催日:2017年8月20日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: 【 フランクフルト 】 FW ハラー 鎌田大地 MF ガチノビッチ フェルナンデス デ・グズマン DF ウィレムス ファレット 長谷部誠 アブラハム チャンドラー GK フラデツキー FW ハラー ボアテング MF ガチノビッチ フェルナンデス デ・グズマン DF ウィレム......続きを読む»

【 岡崎慎司 】 2試合連続得点で存在感を示す。 【 レスター vs ブライトン 】

試合 :プレミアリーグ 第2節 開催日:2017年8月19日 結果 :レスター勝利 スコア:「2-0」 得点者:岡崎慎司 マグワイア 【 レスター 】 FW ヴァーディ MF オルブライトン 岡崎慎司 マフレズ MF ディディ ジェームズ DF フクス マグワイア モーガン シンプソン GK シュマイケル FW スリマニ グレイ MF オルブライトン ディディ ジェームズ マフレズ......続きを読む»

総括。コンフェデレーションズカップ2017。

【 個人的に選ぶベストイレブン 】 FW アレクシス ベルナー MF ビダル MF アドリアン エレラ ゴレツカ DF エリゼウ リュディガー ぺぺ キミッヒ GK テアシュテーゲン 今回は「4-3-1-2」のシステムで選出。FWはチリのアレクシス・サンチェスとドイツのベルナー。その他にはニュージーランドのウッドなども強く印象に残った。トップ下はチリのビダル。2人目を選ぶとしたらドイツの......続きを読む»

やはりサッカーはドイツが勝つようにできている? 【 ドイツ vs チリ 】

試合 :コンフェデ2017 決勝 開催日:2017年7月2日 結果 :ドイツ勝利 スコア:「1-0」 得点者:スティンドル 【 ドイツ 】 FW ベルナー MF ドラクスラー スティンドル MF ヘクトル ルディ ゴレツカ キミッヒ DF リュディガー ムスタフィ ギンター GK テアシュテーゲン FW スティンドル MF ドラクスラー キミッヒ MF ヘクトル ルディ ジャン ギ......続きを読む»

若手中心のドイツが躍進。 【 ドイツ vs メキシコ 】

試合 :コンフェデ2017 準決勝 開催日:2017年6月29日 結果 :ドイツ勝利 スコア:「4-1」 得点者:ゴレツカ×2 ベルナー ファビアン ユネス 【 ドイツ 】 FW ベルナー MF ドラクスラー スティンドル MF ヘクトル ルディ ゴレツカ ヘンリックス DF ギンター リュディガー キミッヒ GK テアシュテーゲン FW ベルナー MF ユネス ブラント MF ヘ......続きを読む»

個の力を担保するのか運動量を担保するのか。質を担保するのか量を担保するのか。 【 ポルトガル vs チリ 】

試合 :コンフェデ2017 準決勝 開催日:2017年6月28日 結果 :チリ勝利 スコア:「0-0(0PK3)」 得点者: 【 ポルトガル 】 FW C・ロナウド A・シウバ MF A・ゴメス アドリアン ウイリアン ベルナルド DF エリゼウ B・アウベス フォンテ セドリック GK R・パトリシオ FW C・ロナウド クアレスマ MF ナニ ウイリアン J・モウチーニョ ジェ......続きを読む»

攻略の糸口は見えている。 【 チリ vs オーストラリア 】

試合 :コンフェデ2017 グループB 第3節 開催日:2017年6月25日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:トロイージ ロドリゲス 【 チリ 】 FW アレクシス バルガス フエンサリダ MF ビダル MF アランギス シルバ DF メナ ハラ ディアス イスラ GK ブラボ FW アレクシス ロドリゲス ビダル MF フェルナンデス シルバ MF M・ディアス D......続きを読む»

ポルトガルの黄金期は到来するだろうか? 【 ポルトガル vs ニュージーランド 】

試合 :コンフェデ2017 グループA 第3節 開催日:2017年6月24日 結果 :ポルトガル勝利 スコア:「4-0」 得点者:C・ロナウド(PK) ベルナルド A・シウバ ナニ 【 ポルトガル 】 FW C・ロナウド A・シウバ MF クアレズマ ダニーロ J・モウチーニョ ベルナルド DF エリゼウ B・アウベス ぺぺ セメド GK R・パトリシオ FW ナニ A・シウバ ジ......続きを読む»

厳しい開催国ロシアと攻撃力は高いメキシコ。 【 ロシア vs メキシコ 】

試合 :コンフェデ2017 グループA 第3節 開催日:2017年6月24日 結果 :メキシコ勝利 スコア:「1-2」 得点者:サメドフ アラウホ ロサーノ 【 ロシア 】 FW ブハロフ スモロフ MF ゴロビン グルシャコフ エロヒン DF ジルコフ クドリャショフ バシン ジキヤ サメドフ GK アキンフェエフ FW カヌンニコフ MF ポロズ ゴロビン グルシャコフ サメド......続きを読む»

若手のドイツと円熟のチリ。 【 ドイツ vs チリ 】

試合 :コンフェデ2017 グループB 第2節 開催日:2017年6月22日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:アレクシス スティンドル 【 ドイツ 】 FW スティンドル MF ドラクスラー ルディ ジャン ゴレツカ DF ヘクトル ズーレ ムスタフィ ギンター キミッヒ GK テアシュテーゲン FW スティンドル MF ドラクスラー ルディ ジャン ゴレツカ DF ......続きを読む»

攻撃を封じてしまえば勝算は高くなるかなと。 【 カメルーン vs オーストラリア 】

試合 :コンフェデ2017 グループB 第2節 開催日:2017年6月22日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:アンギサ ミリガン(PK) 【 カメルーン 】 FW ムカンジョ アブバカル バソゴグ MF アンギサ ジュム MF シアニ DF ファイ テイク ヌガドゥ マブカ GK オンドア FW トコ アブバカル バソゴグ MF アンギサ ジュム MF シアニ DF ......続きを読む»

相手の弱い部分を攻める戦い。 【 メキシコ vs ニュージーランド 】

試合 :コンフェデ2017 グループA 第2節 開催日:2017年6月21日 結果 :メキシコ勝利 スコア:「2-1」 得点者:ウッド ヒメネス ペラルタ 【 メキシコ 】 FW ペラルタ ヒメネス MF アキーノ G・ドス・サントス ファビアン ダム MF レイエス DF アラニス アラウホ サルセド GK タラベラ FW ペラルタ ヒメネス MF アキーノ ファビアン G・ドス......続きを読む»

1 2 4 5 6 7 8 9 89 90

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss