FCKSA66

月別アーカイブ :2016年02月

【 乾貴士 】 ピッチ・コンディションに苦戦も、それだけにあらず。 【 エイバル vs ラス・パルマス 】

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第26節 開催日:2016年2月26日 結果 :ラス・パルマス勝利 スコア:「0-1」 得点者:ペドロ・ビガス 【 エイバル 】 FW エンリヒ バストン MF 乾貴士 ガルシア エスカランテ ホタ DF ジュンカ アンソテギ パンティッチ カパ GK リエスゴ FW ベルホン バストン ハイロビッチ MF ゴンサレス ガルシア エスカランテ D......続きを読む»

以前までとは異なって守備をしっかりしてきた川崎フロンターレが勝利。 【 サンフレッチェ広島 vs 川崎フロンターレ 】

試合 :J1リーグ 第1節 開催日:2016年2月27日 結果 :川崎フロンターレ勝利 スコア:「0-1」 得点者:小林悠 【 サンフレッチェ広島 】 FW 佐藤寿人 MF 柴崎晃誠 茶島雄介 MF 柏好文 森崎和幸 青山敏弘 ミキッチ DF 佐々木翔 千葉和彦 塩谷司 GK 林卓人 FW ウタカ MF 柴崎晃誠 浅野拓磨 MF 清水航平 森崎和幸 青山敏弘 ミキッチ DF 佐......続きを読む»

香川真司とトップ下と「4-1-2-3」と「4-2-3-1」とカウンターとポゼッションとトゥヘル。

マンチェスター・ユナイテッドへ移籍する前のドルトムント時代に香川がトップ下として活躍できた理由の1つは、やはりバリオスやレヴァンドフスキのような、ポストプレイに秀でているCFが存在していたから。それから、それほどまだ警戒されていなかった、それほどまだ香川という選手の特長が相手に把握されていなかった、という事もあって、バイタルエリアで自由にプレイさせたら危ない、しかし、フィジカルでガツガツやるような守......続きを読む»

今季はミハイロ・ペトロヴィッチのサッカーに進化を望みたい。 【 浦和レッズ vs シドニーFC 】

試合 :ACL グループH 第1戦 開催日:2016年2月24日 結果 :浦和レッズ勝利 スコア:「2-0」 得点者:武藤雄樹 興梠慎三(PK) 【 浦和レッズ 】 FW ズラタン MF 武藤雄樹 梅崎司 MF 宇賀神友弥 青木拓矢 阿部勇樹 関根貴大 DF 槙野智章 永田充 森脇良太 GK 西川周作 FW ズラタン 興梠慎三 MF 柏木陽介 遠藤航 阿部勇樹 DF 宇賀神友弥......続きを読む»

【 乾貴士 】 個としての乾のパフォーマンスは良かったが結果は敗戦。 【 セルタ・デ・ビーゴ vs エイバル 】

試合 :リーガ・エスパニョーラ 第25節 開催日:2016年2月20日 結果 :セルタ・デ・ビーゴ勝利 スコア:「3-2」 得点者:ギデッティ カストロ ギデッティ ベルホン(PK) 乾貴士 【 エイバル 】 FW バストン MF 乾貴士 ゴンサレス エスカランテ ホタ MF ラドシェヴィッチ DF ジュンカ アンソテギ ドス・サントス リジョ GK リエスゴ FW エンリヒ MF......続きを読む»

【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】 厳しいチーム状態だが、清武がやるべきプレイとは何か? 【 ハノーファー vs アウグスブルク 】

試合 :ブンデスリーガ 第22節 開催日:2016年2月21日 結果 :アウグスブルク勝利 スコア:「0-1」 得点者:ク・ジャチョル 【 ハノーファー 】 FW ソビエフ MF カラマン サン プリブ ベック MF ホフマン DF アルボルノズ ミロセビッチ ギュルセラム 酒井宏樹 GK ツィーラー FW アルメイダ ソビエフ MF カラマン 清武弘嗣 ベック MF サン DF ......続きを読む»

【 本田圭佑 】 守備面だけではなく攻撃面でも本田の個の能力は成長している。 【 ナポリ vs ミラン 】

試合 :セリエA 第26節 開催日:2016年2月22日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:インシーネ ボナヴェントゥーラ 【 ミラン 】 FW バッカ ニアング MF ボナヴェントゥーラ モントリーヴォ クツカ 本田圭佑 DF アントネッリ サパタ アレックス アバーテ GK ドナルマ FW バロテッリ MF メネズ MF ボナヴェントゥーラ ベルトラッチ クツカ 本......続きを読む»

敗因は3つ。城福監督とFC東京はACL仕様の戦い方を身に付けられるのか。 【 全北現代 vs FC東京 】

試合 :ACL グループE 第1戦 開催日:2016年2月23日 結果 :全北現代勝利 スコア:「2-1」 得点者:コ・ムヨル イ・ドングク 阿部拓馬 【 FC東京 】 FW 前田遼一 阿部拓馬 MF 東慶悟 米本拓司 橋本拳人 水沼宏太 DF 駒野友一 丸山祐市 森重真人 徳永悠平 GK 秋元陽太 FW 前田遼一 バーンズ MF 阿部拓馬 幸野志有人 米本拓司 河野広貴 DF 徳......続きを読む»

【 太田宏介 】 まずはコミュニケーション。そして攻守のプレイのレベルアップが必要。 【 デ・フラーフスハップ vs フィテッセ 】

試合 :エールディヴィジ 第24節 開催日:2016年2月21日 結果 :引き分け スコア:「2-2」 得点者:ナカンバ フェルマイ×2 ベイカー 【 フィテッセ 】 FW カザイシュヴィリ ベイカー MF オリニク ナカンバ イェイニ ラシカ DF 太田宏介 ファンデルウェルフ カシア ディクス GK ローム FW ユニン・チャン ベイカー MF アラン・デ・ソウザ ナカンバ イ......続きを読む»

ゼロックススーパーカップ2016について。鍵を握るウタカとアデミウソン。

サンフレッチェ広島の1点目は、さすが佐藤寿人という感じだった。 もちろん、塩谷のクロスの質も素晴らしかったと思う。 現状のハリルジャパンの右SBは、 内田篤人が不在、酒井宏樹と酒井高徳の2人は特に守備が不安定、 という状況にあるので、 G大阪の丹羽やサンフレッチェ広島の塩谷にも大きなチャンスがある。 ただ、丹羽について言えば、 サンフレッチェ広島の2点目は丹羽がハンドを取られてのPKで、 実際......続きを読む»

【 香川真司 】 香川の出場は無し。ギュンドアンが抜けた後どうするのか? 【 レヴァークーゼン vs ドルトムント 】

試合 :ブンデスリーガ 第22節 開催日:2016年2月21日 結果 :ドルトムント勝利 スコア:「1-0」 得点者:オーバメヤン 【 ドルトムント 】 FW オーバメヤン MF プリシッチ ライトナー ムヒタルヤン MF ベンダー ギンター DF ドゥルム フンメルス ソクラティス ピシュチェク GK ブルキ FW オーバメヤン MF ロイス ライトナー ムヒタルヤン MF ヴァ......続きを読む»

【 大迫勇也 】 左SHでスタメン出場も前半だけで交代。少し肉体改造が必要かなと思う。 【 メンヘングラードバッハ vs ケルン 】

試合 :ブンデスリーガ 第22節 開催日:2016年2月20日 結果 :メンヘングラードバッハ勝利 スコア:「1-0」 得点者:ダウド 【 ケルン 】 FW モデスト MF ゲルハルト MF 大迫勇也 ヘクター レーマン ビッテンコート DF ムラデノビッチ ハインツ マロフ オルコウスキー GK ホルン メンヘングラードバッハのパスワークに対応できず、前半9分に失点。攻撃も、左S......続きを読む»

現在の香川真司とボルシア・ドルトムントについて。

現在のドルトムントにおいて香川の存在が重要なのは間違い無い。 もし今季限りでのギュンドアンの移籍が濃厚なのであれば尚更そう。 ゲーゲンプレッシングにポゼッションも加えた事により、 クロップ時代よりもトゥヘル時代の現在の方が、 香川の存在の重要性というのは増したと言えるのではないだろうか。 しかも、チームとしてのスタイルが云々だけではなく、 守備や起点やアシストという黒子役、潤滑油役をやれるとい......続きを読む»

献身性論。成功するチームや組織や社会を作るために。

チーム、組織、社会、という集団においての個の献身性とは何だろうか? まず1つ言える事は、献身的とは協力的、という事であり、全員が献身的=協力的でなければならない、という事。1つの目標に向かって、それぞれがきちんと役割を果たし、全ての個が、自分だけが楽をしよう、自分だけが得をしよう、という我侭=利己主義に陥らない事。それが献身性の原理原則、根本であると言える。 しかし、当然ながら、その献身性の負......続きを読む»

皆様への質問。リオ五輪代表(手倉森ジャパン)について。

質問は全部で2問あります。 全ての質問に御答え頂かなくても構いません。 1つだけでも大歓迎ですので、 ぜひ、あなたの御意見をお聞かせ下さい。 Q1 Uー23選手権で優勝しましたが、あなたが活躍したと思うベスト3の選手は誰ですか? できれば、その選手を選んだ具体的な理由もお願いします。 Q2 リオ五輪代表にオーバーエイジを3人使うとしたら、誰が良いと思いますか? できれば、......続きを読む»

【 長谷部誠 】 チームとしても個としても特に後半は上手くいっていない感じだった。 【 フランクフルト vs ケルン 】

試合 :ブンデスリーガ 第21節 開催日:2016年2月13日 結果 :ケルン勝利 スコア:「3-1」 得点者:マイアー ゲルハルト ハインツ モデスト 【 フランクフルト 】 FW マイアー MF フシュティ ファビアン ステンデラ アイグナー MF 長谷部誠 DF オチプカ アブラハム ルス レゲセル GK フラデツキー FW マイアー セフェロヴィッチ MF ベン・ハティラ ......続きを読む»

【 岡崎慎司 】 不必要なファールによってレスターが自滅。岡崎のパフォーマンスは良かったと思う。 【 アーセナル vs レスター 】

試合 :プレミアリーグ 第26節 開催日:2016年2月14日 結果 :アーセナル勝利 スコア:「2-1」 得点者:ヴァーディ(PK) ウォルコット ウェルベック 【 レスター 】 FW ヴァーディ 岡崎慎司 MF アルブライトン カンテ ドリンクウォーター マレズ DF フクス フート モーガン シンプソン GK シュマイケル FW ヴァーディ MF グレイ カンテ ドリンクウォ......続きを読む»

【 本田圭佑 】 久々の得点はスーパーロング弾。守備でも貢献しつつ1ゴール1アシストの大活躍。 【 ミラン vs ジェノア 】

試合 :セリエA 第25節 開催日:2016年2月14日 結果 :ミラン勝利 スコア:「2-1」 得点者:バッカ 本田圭佑 チェルチ 【 ミラン 】 FW バッカ ニアング MF ボナヴェントゥーラ ベルトラッチ モントリーヴォ 本田圭佑 DF アントネッリ ロマニョーリ アレックス デ・シーリョ GK ドナルマ FW バロテッリ MF メネズ MF ボナヴェントゥーラ ベルトラッ......続きを読む»

【 香川真司 】 まだ全ては想定の範囲内。ザワザワする必要は無いと思う。 【 ドルトムント vs ハノーファー 】

試合 :ブンデスリーガ 第21節 開催日:2016年2月13日 結果 :ドルトムント勝利 スコア:「1-0」 得点者:ムヒタルヤン 【 ドルトムント 】 FW カストロ ロイス ムヒタルヤン MF 香川真司 ギュンドアン MF ギンター DF シュメルツァー フンメルス スボティッチ ピシュチェク GK ブルキ FW プリシッチ ロイス ドゥルム MF 香川真司 ギュンドアン ......続きを読む»

ウイング論。より多様性のあるポジションへ。より境界線の薄いポジションへ。

理想的なウイングの選手とは? 実は、あまりそれは無いのではないかと思う。正確には、あまりそれは無くなってきたのではないかと思う。スピードがある、ドリブルが上手い、つまり、個としての突破力がある、というのは、もちろんそうなのだが、ウイングというポジションは、そこまで画一的ではなくなってきていて、ストライカー・タイプの選手をそこで起用したり、司令塔タイプの選手をそこで起用したり、ダイナモ・タイプの選手を......続きを読む»

Jリーグのスプリントの回数と距離についての考察。

Jリーグはブンデスリーガと比べて、スプリントの回数が少なく、スプリントした時の距離も短い、というデータがあった。正直そこは、データを見なくても、なんとなくの印象でもわかるような気はするが、その理由の1つというのは、やはり身体能力の差にあるのではないだろうか。しかし、身体能力の差である、とした場合であっても、スプリントの回数や距離を増やす事はできる、とは考えていて、以前にも書いたように、まだ日本のサッ......続きを読む»

勝つための最善は尽くすべきだ。オーバーエイジについて。

オーバーエイジを使うべきか使うべきではないのか、という論点は、大なり小なり、いつも出ると思うのだが、結局は、勝つための最善は尽くすべきだ、という事になると思う。もちろん、オーバーエイジを使ったからと言って、必ずしもグループステージを突破できる、必ずしもメダルを獲得できる、というわけではない。結果が悪かった時に、オーバーエイジの選手たちのパフォーマンスが悪かったら、オーバーエイジを使わない方が良かった......続きを読む»

今季のJの注目はリオ五輪代表候補の選手たちか?

AFC、Uー23選手権で大会MVPに輝いた中島翔哉と、同大会で著しい成長と高いパフォーマンスを見せた室屋成、その2人が所属するFC東京は注目になると思う。また、FC東京は、監督がマッシモ・フィッカデンティ監督から城福浩監督へと交代となり、城福浩監督がFC東京を率いるのは2回目となるが、マッシモ・フィッカデンティ監督が築き残した堅守のベースの上に城福浩監督が何をどうプラスして、FC東京を昨季よりも上の......続きを読む»

本田圭佑とミランはどうあるべきか? ウディネーゼ戦の本田圭佑とミランから。

チームを勝たせられる選手になる事。 それが献身性と規律性の高い守備をする事ならば、それをする事。 当然、自分がCKやFKを蹴った方が良いと判断したならば、それをする事。 優先順位の第一は犠牲になる事ではない。 もちろん、優先順位の第一は従順である事でもない。 では優先順位の第一とは何か? それは、チームを勝たせられる選手になる事。 決め事を守る事が勝利につながるならば、それをする事。 だが、決......続きを読む»

【 本田圭佑 】 引き分けという結果もポジティブに考えて良いと思う。本田は質の高いクロスで何回もチャンスを演出。 【 ミラン vs ウディネーゼ 】

試合 :セリエA 第24節 開催日:2016年2月7日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:アルメロ ニアング 【 ミラン 】 FW バッカ ニアング MF クツカ ベルトラッチ モントリーヴォ 本田圭佑 DF アントネッリ ロマニョーリ アレックス アバーテ GK ドナルマ FW バッカ バロテッリ MF ニアング ベルトラッチ モントリーヴォ 本田圭佑 DF アントネ......続きを読む»

【 岡崎慎司 】 岡崎が良いパフォーマンスを保つ事もレスターの優勝には欠かせない。 【 マンチェスター・シティ vs レスター 】

試合 :プレミアリーグ 第25節 開催日:2016年2月6日 結果 :レスター勝利 スコア:「1-3」 得点者:フート マレズ フート アグエロ 【 レスター 】 FW ヴァーディ 岡崎慎司 MF アルブライトン カンテ ドリンクウォーター マレズ DF フクス フート モーガン シンプソン GK シュマイケル FW ヴァーディ ウジョア MF グレイ カンテ ドリンクウォーター ......続きを読む»

【 本田圭佑 】 こういうプレイをする10番もまた、ファンタジスタであると言える。 【 パレルモ vs ミラン 】

試合 :セリエA 第23節 開催日:2016年2月3日 結果 :ミラン勝利 スコア:「2-0」 得点者:バッカ ニアング(PK) 【 ミラン 】 FW バッカ ニアング MF ボナヴェントゥーラ モントリーヴォ クツカ 本田圭佑 DF アントネッリ ロマニョーリ サパタ アバーテ GK ドナルマ FW ボナヴェントゥーラ バロテッリ 本田圭佑 MF ポリ ベルトラッチ クツカ DF......続きを読む»

リオデジャネイロ五輪までの改善ポイント。

勝負強さを手に入れ、最も大きな課題というのは克服したと言える。 それから、今回の結果で、勝者のメンタリティも得たと思う。 しかし、残されている課題というは、もちろんある。 当然、リオデジャネイロ五輪は、アジアの大会よりも厳しい舞台。 残されている課題もなるべく克服し、リオデジャネイロ五輪へと挑んで欲しい。 1 ビルドアップ 流れが悪く守勢になった時には、セーフティーなクリアという事が第一......続きを読む»

【 本田圭佑 】 間違いなく本田の存在がミラノダービーを勝利に導いた。 【 ミラン vs インテル 】

試合 :セリエA 第22節 開催日:2016年1月31日 結果 :ミラン勝利 スコア:「3-0」 得点者:アレックス バッカ ニアング 【 ミラン 】 FW バッカ ニアング MF ボナヴェントゥーラ モントリーヴォ クツカ 本田圭佑 DF アントネッリ ロマニョーリ アレックス アバーテ GK ドナルマ FW ボナヴェントゥーラ ボアテング バロテッリ MF ベルトラッチ モント......続きを読む»

韓国戦(Uー23)選手評価 【 山中亮輔。室屋成。植田直通。岩波拓也。櫛引政敏。原川力。浅野拓磨。豊川雄太。 】

FW      オナイウ阿道  久保裕也 MF   中島翔哉            矢島慎也 MF        大島僚太  遠藤航 DF   山中亮輔 植田直通  岩波拓也 室屋成 GK           櫛引政敏 FW        久保裕也  浅野拓磨 MF   中島翔哉            豊川雄太 MF        原川力   遠藤航 DF   山中亮輔 植田直通  岩波拓也 ......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2302
  • 累計のページビュー:24284915

(07月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss