FCKSA66

月別アーカイブ :2015年11月

チャレンジの時期。正しいアプローチで試行錯誤しているならば問題無い。

今がうまくいっているのか、いっていないのか、それはわからない。ブラジルW杯はうまくいかなかったが、2015年1月のアジアカップについては、内容は悪くなかった。もちろん、内容が良くても結果が悪ければ・・・、という事は然りだが、路線を切り替えたのであるから、結果が伴わない事もある。そして、どの路線が正しいのか、正しくないのか、という事については、実際にやってみないとわからない。挑戦しなければ何が正解であ......続きを読む»

デュエル。そしてポゼッションサッカーをするなら必要である事。

1対1というのは、やはり基本。ブラジルW杯で準優勝だったアルゼンチン代表というのは、戦術メッシ、そして、クラシカルなアルゼンチン代表スタイルだったと思うが、1対1という局面で負けなければ試合を制する事ができる、更には、そういうサッカーは現在でも通用する、という事を示していた。フィジカルで勝負をしない。それはフィジカル勝負では勝てないから、という事であるが、しかし、フィジカルで勝負をしない、という事と......続きを読む»

縦に速い攻撃についての考え方。日本のスタイルや特性とは関係無し。

これはハリルホジッチの専売特許というわけではない。もちろんアギーレもそうだったし、ザッケローニもそれを強く求めていた。近年の日本代表の攻撃の何が問題だったのかといえば、1つには、縦に速く攻められる場合でも縦に速く攻めない、という事。相手のDFラインの裏にスペースがあったとしても、相手のDFラインの前で足元から足元へとパスをつなぎ、攻めきれないどころか、そこでボールを奪われてカウンターを受けてしまう。......続きを読む»

【 本田圭佑 】 自分からミランを出て行く気は無いと言っていたが・・・。 【 ユヴェントス vs ミラン 】

試合 :セリエA 第13節 開催日:2015年11月21日 結果 :ユヴェントス勝利 スコア:「1-0」 得点者:ディバラ 【 ミラン 】 FW ニアング バッカ チェルチ MF ボナヴェントゥーラ モントリーヴォ クツカ DF アントネッリ ロマニョーリ アレックス アバーテ GK ドナルマ FW バッカ アドリアーノ MF ニアング ボナヴェントゥーラ モントリーヴォ チェ......続きを読む»

【 岡崎慎司 】 得点を取るための3つの形あるいはパターン。 【 ニューカッスル vs レスター 】

試合 :プレミアリーグ 第13節 開催日:2015年11月21日 結果 :レスター勝利 スコア:「0-3」 得点者:ヴァーディ ウジョア 岡崎慎司 【 レスター 】 FW ヴァーディ ウジョア MF アルブライトン カンテ ドリンクウォーター マレズ DF フクス フート モーガン シンプソン GK シュマイケル FW 岡崎慎司 MF キング MF アルブライトン カンテ ドリ......続きを読む»

皆様への質問。日本代表(ハリルジャパン)について。

質問は全部で3問あります。 全ての質問に御答え頂かなくても構いません。 1つだけでも大歓迎ですので、 ぜひ、あなたの御意見をお聞かせ下さい。 【 Q1 】 2015年の試合が全て終了しました。現時点での日本代表ベストメンバー22名を教えてください。具体的なフォーメーションもお願いします。 【 Q2 】 メッシでもC・ロナウドでも、現在の日本代表に1人だけ外国籍選手を入れら......続きを読む»

カンボジア戦後の本田圭佑と遠藤航と吉田麻也のコメントから。

「アジアでの戦いは、W杯の戦いとは異なるものなので、そういう戦い方を得意としている選手がそろっているわけではないのが、今の代表の事実かもしれないです。でも強い相手にもやれるポテンシャルがある選手はたくさんいるという事実もあるので、そういったことも前進なんじゃないかなというふうには思っています。まだ判断を下すのは、単純にこういう相手とやるのが下手だな、だけでいいかなと思います。(本田圭佑)」 「......続きを読む»

カンボジア戦選手評価 【 藤春廣輝。長友佑都。槙野智章。吉田麻也。西川周作。柏木陽介。本田圭佑。南野拓実。 】

試合 :ワールドカップ・アジア2次予選 開催日:2015年11月17日 結果 :日本代表勝利 スコア:「0-2」 得点者:オウンゴール 本田圭佑 FW          岡崎慎司 MF 宇佐美貴史    香川真司    原口元気 MF       山口蛍   遠藤航 DF  藤春廣輝 槙野智章  吉田麻也 長友佑都 GK          西川周作 FW          本田圭佑 ......続きを読む»

カンボジア戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。宇佐美貴史。原口元気。山口蛍。遠藤航。 】

試合 :ワールドカップ・アジア2次予選 開催日:2015年11月17日 結果 :日本代表勝利 スコア:「0-2」 得点者:オウンゴール 本田圭佑 FW          岡崎慎司 MF 宇佐美貴史    香川真司    原口元気 MF       山口蛍   遠藤航 DF  藤春廣輝 槙野智章  吉田麻也 長友佑都 GK          西川周作 FW          本田圭佑 ......続きを読む»

カンボジア戦 【 きちんと理解ある人たちが増えてくれれば良いのだが・・・。 】

試合 :ワールドカップ・アジア2次予選 開催日:2015年11月17日 結果 :日本代表勝利 スコア:「0-2」 得点者:オウンゴール 本田圭佑 FW          岡崎慎司 MF 宇佐美貴史    香川真司    原口元気 MF       山口蛍   遠藤航 DF  藤春廣輝 槙野智章  吉田麻也 長友佑都 GK          西川周作 FW          本田圭佑 ......続きを読む»

W杯を見据えた日本代表のチーム作りについて。

どのようなタイプの新戦力を呼ぶべきなのか、あるいは、試すべきなのか、という事については、日本の場合には、それなりに明確であるとも言えて、おそらくは、岡崎、本田、香川、長谷部、長友、吉田、というのは、次のW杯まではメンバーであり続けると思う。また、所属クラブが決まって出場機会が確保できれば川島、怪我から復帰してパフォーマンスを取り戻せれば内田、という2人についてもそうであると言える。もし仮に彼らの力が......続きを読む»

シンガポール戦後の長谷部誠と清武弘嗣と吉田麻也のコメントから。

「もっともっと点は間違いなく取れましたし、後半の戦い方を修正する必要はあると思います。自分たちが少し意図的にラインを下げた時に、そこからの攻撃という部分でかなり改善するところはあると思います。ボールを奪った時に前の意識がちょっと足りなかったかなと。遅攻になり過ぎました。(長谷部誠)」 自分たちが意図的にラインを下げて、相手も全体を押し上げなかった場合には、どうにもならないと言えるし、ただ、2点......続きを読む»

シンガポール戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。宇佐美貴史。香川真司。原口元気。 】

試合 :ワールドカップ・アジア2次予選 開催日:2015年11月12日 結果 :日本代表勝利 スコア:「0-3」 得点者:金崎夢生 本田圭佑 吉田麻也 FW          金崎夢生 MF  武藤嘉紀    清武弘嗣    本田圭佑 MF       柏木陽介  長谷部誠 DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹 GK          西川周作 FW          金......続きを読む»

シンガポール戦選手評価 【 金崎夢生。清武弘嗣。武藤嘉紀。本田圭佑。柏木陽介。長谷部誠。 】

試合 :ワールドカップ・アジア2次予選 開催日:2015年11月12日 結果 :日本代表勝利 スコア:「0-3」 得点者:金崎夢生 本田圭佑 吉田麻也 FW          金崎夢生 MF  武藤嘉紀    清武弘嗣    本田圭佑 MF       柏木陽介  長谷部誠 DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹 GK          西川周作 FW          金......続きを読む»

シンガポール戦 【 個々の1つ1つのプレイを精査すれば実現性は半分だったのではないだろうか。 】

試合 :ワールドカップ・アジア2次予選 開催日:2015年11月12日 結果 :日本代表勝利 スコア:「0-3」 得点者:金崎夢生 本田圭佑 吉田麻也 FW          金崎夢生 MF  武藤嘉紀    清武弘嗣    本田圭佑 MF       柏木陽介  長谷部誠 DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹 GK          西川周作 FW          金......続きを読む»

自分が何ができるか、相手に何をさせないか、という挑戦。

切り替えが重要。 チームが違えば役割も違う。 日本代表での岡崎は得点を取る主役。 マインツ時代の役割。 ただ、現時点では1つ違う事があって、 それは、戦う相手が超守備的である、という事。 もし1トップが武藤であった場合でも、 戦う相手が超守備的である、という事が違う。 小さなスペースでフリーになる。 細かい動きで相手のマークを剥がす。 小さなスペースを集団で崩すためには、 ワンタッチかツータッ......続きを読む»

本田圭佑と岡崎慎司の現在地。人が道を作り、道が人を作る。何かやる事を見つけて、その事に重要性を持たせる。

本田圭佑の現在地。 人が道を作り、道が人を作る。大概の場合、矢面に立つ人間というのは、ハイリスク・ハイリターン、つまり、損をするか、得をするか、両極端になる場合が多い。イタリア、ACミラン、そこにある暗の部分に対して、本田はリスク覚悟で一石を投じた。個人的には、日本人でも貶められればやり返す、という気概を示した事に大きな意味があったと思っている。それから、内々に言うのではなく、公に言う方法を選......続きを読む»

皆様への質問。日本代表(ハリルジャパン)について。

質問は全部で3問あります。 全ての質問に御答え頂かなくても構いません。 1つだけでも大歓迎ですので、 ぜひ、あなたの御意見をお聞かせ下さい。 【 Q1 】 あなたが考えるシンガポール戦とカンボジア戦でのスタメンを教えてください。 具体的な理由とフォーメーションもお願いします。 【 Q2 】 あなたが現時点で代表に選出してもらいたいと思っている選手は誰ですか?  3人までで......続きを読む»

【 本田圭佑 】 今の苦しさや厳しさを打ち破る事ができれば選手として1つ上のレベルに到達できる。 【 ミラン vs アタランタ 】

試合 :セリエA 第12節 開催日:2015年11月7日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: 【 ミラン 】 FW ニアング バッカ チェルチ MF ポリ モントリーヴォ クツカ DF アントネッリ ロマニョーリ メクセス デ・シーリョ GK ドナルマ FW アドリアーノ バッカ MF 本田圭佑 ポリ モントリーヴォ チェルチ DF アントネッリ ロマニョーリ メク......続きを読む»

【 岡崎慎司 】 パフォーマンスは上々だが得点を取るのは難しい状況。 【 レスター vs ワトフォード 】

試合 :プレミアリーグ 第12節 開催日:2015年11月7日 結果 :レスター勝利 スコア:「2-1」 得点者:カンテ ヴァーディ(PK) ディーニー(PK) 【 レスター 】 FW ヴァーディ マレズ MF シュラップ カンテ ドリンクウォーター アルブライトン DF フクス フート モーガン シンプソン GK シュマイケル FW ヴァーディ 岡崎慎司 MF アルブライトン......続きを読む»

変化に能動的に対応する。長所を伸ばし短所を補う。個々のレベルアップが全体のレベルアップに繋がる。

GK 西川周作 東口順昭 林彰洋 DF 槙野智章 吉田麻也 丸山祐市 森重真人 DF 長友佑都 藤春廣輝 酒井宏樹 MF 山口蛍 長谷部誠 柏木陽介 遠藤航 MF 香川真司 清武弘嗣 FW 原口元気 宇佐美貴史 本田圭佑 南野拓実 FW 岡崎慎司 武藤嘉紀 金崎夢生 シンガポール戦とカンボジア戦が、それが問えるような試合になるかどうかはわからないが、日本代表の課題の1つと言えるのは、やはり......続きを読む»

シンガポール戦とカンボジア戦に向けてのメンバーについて。

GK 西川周作 東口順昭 林彰洋 DF 槙野智章 吉田麻也 丸山祐市 森重真人 DF 長友佑都 藤春廣輝 酒井宏樹 MF 山口蛍 長谷部誠 柏木陽介 遠藤航 MF 香川真司 清武弘嗣 FW 原口元気 宇佐美貴史 本田圭佑 南野拓実 FW 岡崎慎司 武藤嘉紀 金崎夢生 柴崎ではなく柏木が選ばれたのは、単純に、イラン戦でのパフォーマンスが、柴崎よりも柏木の方が上だったからだと思う。それから、ハ......続きを読む»

日本のサッカーの向上を目指すためのチャレンジを称賛し応援しよう。

香川のマンチェスター・ユナイテッドへの移籍も、 本田のACミランへの移籍も、 岡崎のレスター・シティへの移籍も、 他の日本人選手の海外クラブへの移籍も、 より上を目指すためのチャレンジ。 そしてそれは彼らの向上を目指すためのチャレンジ、というだけではなく、 日本のサッカーの向上を目指すためのチャンジでもある。 失敗や不成功を叩くのは簡単。 活躍や成功を喜び、褒めたたえるのも簡単。 香川のマンチ......続きを読む»

本田圭佑が復活するための3つポイント。

1つには、与えられた役割をしっかりと遂行する事。「4-3-1-2」であった時に本田がトップ下としてスタメンで起用され続けたのは、シニシャ・ミハイロヴィッチが考えていたトップ下の役割を本田が最も戦術的な部分で遂行できていたからだと言える。実際にも、以前のエントリーで書いたように、「4-3-1-2」であった時には、本田がピッチに立っている時の方が明らかに得点率が高く失点率も低かった。 「4-1-2......続きを読む»

武藤嘉紀。長谷部誠。酒井宏樹。それぞれの現在地。

武藤嘉紀の現在地。早い速度で成長を続けて岡崎の背中も見えてきた。 第11節のアウグスブルク戦でハットトリックを達成し、これで得点数は6まで伸びた。今までは、サイド、特に左サイドの選手、というイメージが強かったが、CFとしても、かなりフィットしてきたように感じる。過去の試合の決定機で決めていれば、もっと得点数は増やせた、という事はあるが、まだ1年目である事、守備でも高い献身性を発揮している事、起......続きを読む»

【 本田圭佑 】 復調を感じさせたミラン。挽回の可能性を感じさせている本田。 【 ラツィオ vs ミラン 】

試合 :セリエA 第11節 開催日:2015年11月1日 結果 :ミラン勝利 スコア:「1-3」 得点者:ベルトラッチ メクセス バッカ キシュナ 【 ミラン 】 FW ボナヴェントゥーラ バッカ チェルチ MF ベルトラッチ クツカ MF モントリーヴォ DF アントネッリ ロマニョーリ アレックス デ・シーリョ GK ドナルマ FW ボナヴェントゥーラ バッカ 本田圭佑 M......続きを読む»

【 岡崎慎司 】 守備を頑張ると・・・、と考える必要は無く、むしろ、攻守どちらを良くしたい場合でも起用される可能性を作った、と考えた方が良い。 【 ウェスト・ブロムウィッチ vs レスター 】

試合 :プレミアリーグ 第11節 開催日:2015年10月31日 結果 :レスター勝利 スコア:「2-3」 得点者:ロンドン マレズ×2 ヴァーディ ランバート(PK) 【 レスター 】 FW ヴァーディ ウジョア MF アルブライトン カンテ ドリンクウォーター マレズ DF シュラップ フート モーガン シンプソン GK シュマイケル FW ヴァーディ MF マレズ キング......続きを読む»

長友佑都。清武弘嗣。大迫勇也。原口元気。それぞれの現在地。

長友佑都の現在地。マンチーニからの信頼を得るには? 10月21日のベルルスコーニ杯と10月24日のパレルモ戦ではスタメン出場した長友。ちなみに、ベルルスコーニ杯は左SBと3ボランチの右としてプレイし、パレルモ戦は右SBとしてプレイした。ベルルスコーニ杯の長友は2つのポジションで無難なパフォーマンスを見せ途中で交代となったが、パレルモ戦ではアグレッシブなプレイで悪くないパフォーマンスを見せていた......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:3132
  • 累計のページビュー:24251399

(06月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss