FCKSA66

月別アーカイブ :2015年06月

オーストラリア戦(女子) 【 ピーキング。サイドの高い位置へのロングボール。宇津木瑠美。 】

試合 :女子W杯カナダ 準々決勝 開催日:2015年6月28日 結果 :日本代表勝利 スコア:「1-0」 得点者:岩渕真奈 FW        大儀見優季  大野忍 MF    宮間あや          川澄奈穂美 MF        宇津木瑠美 阪口夢穂 DF    鮫島彩  熊谷紗希 岩清水梓 有吉佐織 GK           海堀あゆみ FW        大儀見優季 岩渕......続きを読む»

なでしこジャパン。苦しむ時間帯を減らすために。もっと守備を良くするために。

なでしこジャパンが試合の後半になって苦しむのには理由があって、なでしこジャパンと戦う相手というのは、今のところ、前半は堅守カウンター、後半はハイプレス、という戦い方をしてくる場合が多いのだが、なでしこジャパンはDFやボランチのところから、しっかりと繋ぐ攻撃をするチームなので、DFやボランチのところでハイプレスを嵌め込まれてしまうと・・・、というのがその理由。もちろん、体力的な理由でミスが多くなる......続きを読む»

なでしこジャパンを使って、ほんの少しだけ高度なサッカーの話。

「女子サッカーの試合で戦評の練習をしてみる事のススメ。」、という記事を以前に書いたが、今回はカナダW杯で戦っているなでしこジャパンを使って、ほんの少しだけ高度なサッカーの話をしたいと思う。まず、頭の中でフィールドに等間隔で4つの縦線を入れて、左アウトサイド、左インサイド、中央、右インサイド、右アウトサイド、という5つのエリアを思い浮かべて欲しい。水泳の、1番コース(左アウトサイド)、2番コース(......続きを読む»

なでしこジャパンはこの布陣にするのが良いと思う。

FW      大儀見優季 菅澤優衣香 MF  宮間あや           澤穂希 MF      宇津木瑠美 阪口夢穂 DF  鮫島彩  熊谷紗希 岩清水梓 有吉佐織 GK         海堀あゆみ FW         大儀見優季 MF  宮間あや    澤穂希   川澄奈穂美 MF      宇津木瑠美 阪口夢穂 DF  鮫島彩  熊谷紗希 岩清水梓 有吉佐織 GK       ......続きを読む»

オランダ戦(女子) 【 優勝するためにはもう一押し攻守の質を高めたい。 】

試合 :女子W杯カナダ 決勝T 1回戦 開催日:2015年6月24日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-1」 得点者:有吉佐織 阪口夢穂 キルステン・バン・デ・ヴェン FW        大儀見優季  大野忍 MF    宮間あや          川澄奈穂美 MF        宇津木瑠美 阪口夢穂 DF    鮫島彩  熊谷紗希 岩清水梓 有吉佐織 ......続きを読む»

日本代表と日本のサッカーの現在地。

シンガポール戦の引き分けをどう考えたのか。 個人的には、とても良い冷水になったと感じている。 ハリルホジッチ、ハリルジャパンへの期待感は熱を持ち過ぎていたと思う。 やはり魔法というのは存在していない。 何かを良くするためには地道な努力と時間が必要。 当事者にも周囲にも忍耐が必要。 アギーレとは袂を分かったが、 アジアカップでは期待していたような結果は得られなかったが、 落胆するほど内容が悪......続きを読む»

テンポとリズムとタイミングの速さ。セカンドボールで得点を取る攻撃。本田と香川と長谷部と大迫のシンガポール戦後のコメントから。

「やはりこういう試合で相手はテンポを遅らせるために守備をしてるので、テンポを早くはできない。あえてテンポを遅らせるとか、そういうタメが必要になってきます。久しぶりにアップテンポのサッカーをしてきた流れから、いきなりこういう状況に追い込まれたので、その切り替えで臨機応変さが足りなかったと思います。(シンガポール戦後の本田のコメント)」 「もうちょっとワイドに行く時間帯があってもいいと思います......続きを読む»

得点を奪えなかった原因は攻め方にあらず。縦に速い攻撃の有効性は変わらず。ハリルホジッチのシンガポール戦後のコメントから。

「具体的にいうと逆サイドにダイアゴナルのパスを要求していたが、選手はそれを実現できずに中に入りすぎていた。中を崩すのであれば、ダイレクトで2~3回つながなければならない。ワンタッチの突破は4~5回成功したものの、シュートに正確さを欠いた。最後の仕留めるところでの正確さが足りていなかった。」 「ハーフタイムで選手に伝えたのは、中に攻めすぎているということだ。中から攻めるとフィニッシュが難しく......続きを読む»

エクアドル戦(女子) 【 得点力不足も改善できる可能性が見えている。 】

試合 :女子W杯カナダ グループC 第3戦 開催日:2015年6月17日 結果 :日本代表勝利 スコア:「1-0」 得点者:大儀見優季 FW        大儀見優季  菅澤優衣香 MF    宮間あや           大野忍 MF         澤穂希   田中明日菜 DF    鮫島彩  川村優理  北原佳奈 有吉佐織 GK            福元美穂 FW      ......続きを読む»

シンガポール戦選手評価 【 太田宏介。酒井宏樹。槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。大迫勇也。原口元気。武藤嘉紀。 】

試合 :W杯アジア2次予選兼アジアカップ2019予選 開催日:2015年6月16日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: FW         岡崎慎司 MF  宇佐美貴史  香川真司   本田圭佑 MF      長谷部誠   柴崎岳 DF 太田宏介 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹 GK         川島永嗣 FW      大迫勇也  岡崎慎司 MF  武藤嘉紀  ......続きを読む»

シンガポール戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。宇佐美貴史。本田圭佑。柴崎岳。長谷部誠。 】

試合 :W杯アジア2次予選兼アジアカップ2019予選 開催日:2015年6月16日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: FW         岡崎慎司 MF  宇佐美貴史  香川真司   本田圭佑 MF      長谷部誠   柴崎岳 DF 太田宏介 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹 GK         川島永嗣 FW      大迫勇也  岡崎慎司 MF  武藤嘉紀  ......続きを読む»

シンガポール戦 【 躓きが早い段階で訪れた事はポジティブな要素であると思う。 】

試合 :W杯アジア2次予選兼アジアカップ2019予選 開催日:2015年6月16日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: FW         岡崎慎司 MF  宇佐美貴史  香川真司   本田圭佑 MF      長谷部誠   柴崎岳 DF 太田宏介 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹 GK         川島永嗣 FW      大迫勇也  岡崎慎司 MF  武藤嘉紀  ......続きを読む»

リトリートした守備を崩すためのCFとトップ下のプレイ。守備の設定位置の決め方。アンカーについての考え方。イラク戦後とシンガポール戦前の香川と長谷部のコメントから。

「シュート数も少ないですし、どうやってゴール前に入っていくのか、という意味では課題かなと思います。ボランチがマンマーク気味に付いていたので、自分が動くことによってスペースを空けたりと、そういうことは意識しました。(イラク戦後の香川のコメント)」 「ボールを引き出す動きを常にしたいですし、中央で楔のパスであったり、ボランチの間で受けることは自分の良さでもあります。それがこのチームの良い結果に......続きを読む»

カメルーン戦(女子) 【 勝利したが日本のサッカーの弱点が出ていた試合だった。 】

試合 :女子W杯カナダ グループC 第2戦 開催日:2015年6月13日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-1」 得点者:鮫島彩 菅澤優衣香 エンシュート FW      大儀見優季 菅澤優衣香 MF   鮫島彩           川澄奈穂美 MF       宮間あや 阪口夢穂 DF 宇津木瑠美 熊谷紗希 岩清水梓 近賀ゆかり GK         海堀あゆみ 1点目も2点目も......続きを読む»

イラク戦選手評価 【 槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。原口元気。武藤嘉紀。永井謙佑。大迫勇也。谷口彰悟。山口蛍。 】

試合 :キリンチャレンジカップ 開催日:2015年6月11日 結果 :日本代表勝利 スコア:「4-0」 得点者:本田圭佑 槙野智章 岡崎慎司 原口元気 FW         岡崎慎司 MF  宇佐美貴史  香川真司   本田圭佑 MF      長谷部誠   柴崎岳 DF 長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹 GK         川島永嗣 FW         大迫勇也 MF ......続きを読む»

イラク戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。宇佐美貴史。本田圭佑。長谷部誠。柴崎岳。長友佑都。酒井宏樹。 】

試合 :キリンチャレンジカップ 開催日:2015年6月11日 結果 :日本代表勝利 スコア:「4-0」 得点者:本田圭佑 槙野智章 岡崎慎司 原口元気 FW         岡崎慎司 MF  宇佐美貴史  香川真司   本田圭佑 MF      長谷部誠   柴崎岳 DF 長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹 GK         川島永嗣 FW         大迫勇也 MF ......続きを読む»

イラク戦 【 大勝ではあったが快勝という試合ではなかった。 】

試合 :キリンチャレンジカップ 開催日:2015年6月11日 結果 :日本代表勝利 スコア:「4-0」 得点者:本田圭佑 槙野智章 岡崎慎司 原口元気 FW         岡崎慎司 MF  宇佐美貴史  香川真司   本田圭佑 MF      長谷部誠   柴崎岳 DF 長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹 GK         川島永嗣 前半5分、柴崎のパスから中央にポジショ......続きを読む»

ハリルジャパン。選手たちは何を強く意識してプレイすれば良いのか?

代表というのは、試合数も練習時間も少ないし、おそらくは、その傾向というのは強くなって行くと思うから、よりシンプルな戦い方で強さを発揮できる、という事が重要になってくると思う。そういう意味で言うと、ハリルホジッチがやろうとしているサッカーはシンプルだと思うから、まずはシンプルな戦い方で、どのように得点を奪うのか、どのように失点をしないのか、という事を選手たちには追求してもらいたい。そして、選手たち......続きを読む»

女子サッカーの試合で戦評の練習をしてみる事のススメ。

まだサッカー観戦歴は少ないが、自分も戦評を書いてみたい、という人には、女子サッカーの試合で練習してみる事をオススメしたい。女子は男子と比べて1つ1つのプレイ速度や展開のスピードが遅いので、そのぶんだけ、1つ1つのプレイや展開がもたらした効果、というものを把握・理解しやすい。また、そのぶんだけ、ボールに直接的に関わっていない選手たちやエリアの動向にも目を向けやすい。更には、そのぶんだけ、一方のチー......続きを読む»

スイス戦(女子) 【 澤と宇津木がとても効いていた。前半は良かったが後半の戦い方と個のパフォーマンスに問題有り。 】

試合 :女子W杯カナダ グループC 第1戦 開催日:2015年6月9日 結果 :日本代表勝利 スコア:「1-0」 得点者:宮間あや(PK) FW       大儀見優季 安藤梢 MF   宮間あや         大野忍 MF       澤穂希  阪口夢穂 DF 宇津木瑠美 熊谷紗希 岩清水梓 有吉佐織 GK         山根恵里奈 FW      大儀見優季 菅澤優衣香 MF......続きを読む»

今季のCL決勝に出場したFWたちから学ぶ。

スアレスとテベスから学ぶ。 南米系の優秀なFWというのは、とにかく体の使い方が上手い。フィジカル的な強さがあるから、という事も、もちろんそうではあるが、背負った状態で体を密着させて相手の動きを封じる、という事であったり、重心を常に低く保ったままプレイする、という事であったり、そういう体の使い方が本当に上手い。それから、スアレスであれば、狭くなっているPA内でもドリブルで仕掛けられる、テベス......続きを読む»

勝負の明暗を分けたのは同点後からの戦い方か? 【 ユベントス vs バルセロナ 】

試合 :CL 決勝 開催日:2015年6月6日 結果 :バルセロナ勝利 スコア:「1-3」 得点者:ラキティッチ モラタ スアレス ネイマール 【 ユベントス 】 FW テベス モラタ MF ビダル MF ポグバ ピルロ マルキジオ DF エヴラ ボヌッチ バルザリ リヒトシュタイナー GK ブッフォン FW テベス ジョレンテ MF ペレイラ MF ポグバ ピルロ マルキジオ......続きを読む»

武藤嘉紀がブンデスリーガ挑戦でやる必要がある4つの事。

まずは「戦える」という事を示す事。フィジカル的に戦えないと判断されてしまうと、与えられる出場機会は確実に減ると思う。まだ武藤の場合には代表や国際舞台での実績がほぼ無いと言えるから、まずはそこで合格点を得ないと難しくなってしまうと思う。とにかく動く、攻守の切り替えを早くする、守備をサボらない、球際で負けない、競り合いで負けない、という事が重要。アグレッシブにプレイして、最初は90分間もたせようとせ......続きを読む»

宇佐美貴史は何が変わったのか?

少し前に、「最近好調の宇佐美について、何が変わったか評して欲しい」、というコメントをいただいた。まずあると思うのは、ブンデスリーガ時代との比較で言うと、言葉によるコミュニケーションが容易になった、という事があると思う。2012-13シーズンのホッフェンハイム時代、開幕からの数試合は活躍したのだが、その後は活躍できなくなって、シーズンの終盤には戦力外状態となっていた。なぜかと言えば、やはり一番に感......続きを読む»

本田圭佑。長友佑都。ミランとインテルの2人の今季を総括。

ミランは13勝13分12敗56得点50失点。 20チーム中、第10位で今シーズンを終えた。 インテルは14勝13分11敗59得点48失点。 20チーム中、第8位で今シーズンを終えた。 イカルディは22得点でトーニと並んで得点王となった。 本田圭佑(ミラン) 最初は良かった。昨季はバロテッリやカカの存在が漬物石のように重く、思うようにプレイできなかったが、彼らが去った事で今季の本田は......続きを読む»

ハリルホジッチのイラク戦とシンガポール戦へ向けての会見から、ハリルホジッチがトライしようとしている2つの事について。

「各試合で準備がある。われわれがどの相手と対戦するかによるということだ。どのタクティクスを試合で使うのかは、いろいろなシチュエーションを考え、相手をしっかりと見て考える。チームの力強さというのは、タクティクスを使うということだ。」 「過去の日本はタクティクスをアタックしていないのではないかと思う。90分かけてタクティクスをコントロールしたいと私は考えている。そのためには定めなければいけない......続きを読む»

親善試合のイラク戦とW杯アジア2次予選のシンガポール戦に向けて。

GK 川島永嗣 西川周作 権田修一 東口順昭 DF 森重真人 吉田麻也 槙野智章 丹羽大輝 DF 長友佑都 酒井高徳 太田宏介 酒井宏樹 MF 山口蛍 長谷部誠 谷口彰悟 柴崎岳 MF 香川真司 清武弘嗣 FW 本田圭佑 宇佐美貴史 武藤嘉紀 原口元気 FW 岡崎慎司 大迫勇也 川又堅碁 FW         岡崎慎司 MF  宇佐美貴史  香川真司  本田圭佑 MF      山口蛍  ......続きを読む»

香川真司。内田篤人。ドルトムントとシャルケの2人の今季を総括。

ドルトムントは13勝7分14敗47得点42失点。 18チーム中、第7位で今シーズンを終えた。 今季限りでのクロップの退任が決まっている。 シャルケは13勝9分12敗42得点40失点。 18チーム中、第6位で今シーズンを終えた。 今季限りでのディ・マッテオの退任が決まっている。 香川真司(ドルトムント) 28試合に出場し、23試合でスタメン出場。今季の第3節にマンチェスター・ユナイテッ......続きを読む»

【 香川真司 】 1アシストを含む多くのチャンスを作り出した香川のパフォーマンスは高かったが勝利はできず。 【 ドルトムント vs ヴォルフスブルク 】

試合 :DFBポカール 決勝 開催日:2015年5月30日 結果 :ヴォルフスブルク勝利 スコア:「1-3」 得点者:オーバメヤン グスタヴォ デ・ブライネ ドスト 【 ドルトムント 】 FW オーバメヤン MF ロイス 香川真司 ムヒタルヤン MF ギュンドアン ケール DF シュメルツァー フンメルス スボティッチ ドゥルム GK ランゲラク FW ロイス MF オーバメヤ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:3270
  • 累計のページビュー:24475065

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss