FCKSA66

月別アーカイブ :2015年04月

【 香川真司 】 パフォーマンスが復活したとしても変わらない課題がある。 【 バイエルン vs ドルトムント 】

試合 :DFBポカール 準決勝 開催日:2015年4月28日 結果 :ドルトムント勝利 スコア:「1-1(0PK2)」 得点者:レヴァンドフスキ オーバメヤン 【 ドルトムント 】 FW ロイス 香川真司 オーバメヤン MF ギュンドアン ベンダー ブワシュチコフスキ DF シュメルツァー フンメルス ソクラティス ドゥルム GK ランゲラク FW オーバメヤン MF ムヒタル......続きを読む»

大久保嘉人に対する個人的な回顧録と評価。クレバーな選手になった事によって魅力的になった。

正直、プロになってからマジョルカに移籍するまでの間、つまり、2001年から2004年までというのは、個人的には、あまり興味の持てる選手ではなかった。もちろん、その期間にも多くの得点を取っていたし、アテネ五輪代表の選手でもあったから、そうではない選手たちよりは注目していたが、何かが欠けているような気がしていた。そして、それがハッキリと見えたのが、2004年から2006年までのマジョルカ時代で、テク......続きを読む»

【 本田圭佑 】 蟻地獄状態になっているような気がする。 【 ウディネーゼ vs ミラン 】

試合 :セリエA 第32節 開催日:2015年4月25日 結果 :ウディネーゼ勝利 スコア:「2-1」 得点者:ピンツィ バデュ パッツィーニ 【 ミラン 】 FW           パッツィーニ MF メネズ                 スソ MF     ボナヴェントゥーラ デ・ヨング ファン・ヒンケル DF  アントネッリ  メクセス   パレッタ アバーテ G......続きを読む»

【 香川真司 】【 長谷部誠 】【 乾貴士 】 2試合連続得点で勝利に貢献の香川。チーム状態が苦しくなっている長谷部と乾。 【 ドルトムント vs フランクフルト 】

試合 :ブンデスリーガ 第30節 開催日:2015年4月25日 結果 :ドルトムント勝利 スコア:「2-0」 得点者:オーバメヤン(PK) 香川真司 【 ドルトムント 】 FW オーバメヤン MF ムヒタルヤン 香川真司 ブワシュチコフスキ MF ベンダー ギンター DF シュメルツァー フンメルス ソクラティス ドゥルム GK ランゲラク FW ロイス MF カンプル 香川真......続きを読む»

【 岡崎慎司 】 もう少し中盤にクオリティがあれば岡崎は更に結果を出せると思うのだが・・・。 【 マインツ vs シャルケ 】

試合 :ブンデスリーガ 第30節 開催日:2015年4月24日 結果 :マインツ勝利 スコア:「2-0」 得点者:ステファン・ベル×2 【 マインツ 】 FW 岡崎慎司 MF ク・ジャチョル マリ サンペリオ MF バウムガルトリンガー ガイス DF パク・チュホ ブンガート ベル ブロンシンスキ GK カリウス FW 岡崎慎司 MF ク・ジャチョル ソト デ・ブラシス MF ......続きを読む»

日本のクロスの攻守についての考察。

クロス、という事に関しては、様々な視点があるが、攻撃、受け手、という事について言えば、高さ、というものがあった方が、やはり有利ではある。そして、高さ=身長の高さ、という事について言えば、ハーフナー・マイクは194センチ、平山相太は190センチ、豊田陽平や鈴木武蔵は185センチ、前田遼一は184センチ、川又堅碁は183センチ、大迫勇也は182センチ、など他にも、つまり、日本のFWには、高さ=身長の......続きを読む»

ACL。グループ・ステージ。柏レイソルは首位で決勝トーナメント進出。浦和レッズは敗退。ガンバ大阪と鹿島アントラーズは最終節で。

グループE 1試合を残した状態で、首位は勝点11の柏レイソル、2位は勝点8の全北現代モータース、3位は勝点7の山東魯能、4位は勝点1のビン・ズオン、という事になり、この時点で、柏レイソルの首位での決勝トーナメント進出が決まった。最終節の結果によって、柏レイソルと全北現代モータースの最終的な勝点は同じになる可能性もあるが、複数のチームが勝点で並んだ場合の順位は、まずは当該チーム間の勝点で決め......続きを読む»

日本のサッカーの問題点。技術力と守備力について。

技術力というのはやはり重要で、特に日本人選手の場合には、技術力が生命線であるのは間違い無いと思う。香川にしても、本田にしても、長谷部にしても、内田にしても、それ以前では、中田英寿にしても、俊輔にしても、高原にしても、小野にしても、欧州のリーグである程度以上の活躍ができている(できた)選手たちには、高い技術力がある(あった)。それから、岡崎であれば、技術力を向上させた事が、今の安定した高いパフォー......続きを読む»

【 岡崎慎司 】 今季2度目となるドッペルパック。確実に結果を積み重ねる岡崎。 【 フライブルク vs マインツ 】

試合 :ブンデスリーガ 第29節 開催日:2015年4月18日 結果 :マインツ勝利 スコア:「2-3」 得点者:岡崎慎司×2 メフメディ マリ シュミット 【 マインツ 】 FW 岡崎慎司 MF ク・ジャチョル マリ サンペリオ MF バウムガルトリンガー ガイス DF パク・チュホ ディアス ノヴェスキ ブロンシンスキ GK カリウス FW 岡崎慎司 MF ベングトソン マ......続きを読む»

【 本田圭佑 】【 長友佑都 】 同じような状態にあるインテルとミランと本田と長友。 【 インテル vs ミラン 】

試合 :セリエA 第31節 開催日:2015年4月19日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: 【 インテル 】 FW           イカルディ MF        パラシオ エルナネス MF      コヴァチッチ  メデル  グノウコーリ DF  フアン  ヴィディッチ   ラノッキア  ダンブロージオ GK          ハンダノヴィッチ......続きを読む»

【 香川真司 】 シンプルに動き、最後のところではリラックスしてボールをコントロールし、シュートはパスするのと同じ感覚でやる。 【 ドルトムント vs パーダーボルン 】

試合 :ブンデスリーガ 第29節 開催日:2015年4月18日 結果 :ドルトムント勝利 スコア:「3-0」 得点者:ムヒタルヤン オーバメヤン 香川真司 【 ドルトムント 】 FW オーバメヤン MF ムヒタルヤン 香川真司 ブワシュチコフスキ MF ギュンドアン ギンター DF シュメルツァー フンメルス ソクラティス ドゥルム GK ヴァイデンフェラー FW インモービレ......続きを読む»

【 長谷部誠 】 もう1枚のボランチや他のポジションの選手たちとの関係性や連携でどうやってもっと攻守を良くするのかが問題。 【 フランクフルト vs メンヘングラードバッハ 】

試合 :ブンデスリーガ 第29節 開催日:2015年4月17日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: 【 フランクフルト 】 FW バルデス セフェロヴィッチ MF キッテル 長谷部誠 メドイェヴィッチ アイグナー DF オチプカ アンデルソン マドルンク イゴニョフスキ GK トラップ FW キッテル セフェロヴィッチ MF ピアゾン 長谷部誠 イゴニョフスキ アイ......続きを読む»

フィジカルでは劣るから・・・、という考え方が、フィジカルの在り方を小さく考える思考には至らないようにして欲しい。

宇佐美の体脂肪率が云々という事が少し話題になっていたが、個人的には、数年前から、フィジカルでは劣るから・・・、という日本のサッカーの前提が気になっていて、もちろん、それは間違ってはいないと思うが、しかし、それが、フィジカル軽視というのか、フィジカルの強化や改善にはそこまで注意を払わない、あるいは、プレイが上手くいかない原因について、フィジカルの在り方に問題があるのではないかとはあまり考えない、と......続きを読む»

クロップの今季限りでの退任というのは良い判断だったのではないだろうか。

クロップの代名詞的な戦術であるゲーゲンプレッシングが、10-11と11-12のシーズンに、ドルトムントをブンデスリーガの2連覇へと導いた事は間違い無い。ただ、何度も繰り返し書いてきたように、運動量過多の戦い方というのは、輝きを放てる期間が短く、ほぼ同じアプローチで終焉を迎える事になる。つまり、怪我をする選手の増加、運動量過多なプレイを続けた事による個々の選手たちのパフォーマンスの低下、という事が......続きを読む»

内田篤人の現状とポジションのコンバートについての考え方。

内田の現状というのは、とにかく、膝の故障との戦い、という事だとは思う。現状では、シャルケでも日本代表でも、膝の故障が無ければ、右SBあるいは右WBの主力で間違いは無いと思う。ただ、サイドのポジションというのは、中央のポジションと比較して、やはり運動量が必要となる場合が多いし、攻守において、スプリントの回数も多く必要とされてくるから、慢性的な膝の故障を抱えている選手、怪我がちな選手がやるには、負担......続きを読む»

本当にポゼッション・サッカーやパス・サッカーが日本のサッカーのストロング・ポイントなのか?

なぜ「速いサッカー」を今は求めるべきなのかと言えば、1つには、プライオリティの問題で、ポゼッション・サッカーというのは、カウンター・サッカーができるようになってから必要になるもの、であるから。ここで言うところの「速いサッカー」とは「縦に速いサッカー」の事だが、お互いが、ポゼッション・サッカー、カウンター・サッカー、というスタイルや戦術などを持たずに、ただ普通に戦った場合、基本的に、攻撃というのは......続きを読む»

【 大迫勇也 】【 長澤和輝 】 2人の日本人選手の活躍がチームを勝利に導いた。 【 ケルン vs ホッフェンハイム 】

試合 :ブンデスリーガ 第28節 開催日:2015年4月12日 結果 :ケルン勝利 スコア:「3-2」 得点者:レーマン(PK) ウジャ ゴプコ(PK) ヘクトル モデスト 【 ケルン 】 FW ウジャ 大迫勇也 MF リッセ レーマン フォフト 長澤和輝 DF ヘクトル マロー ヴィマー オルコウスキ GK ホルン FW ブロカー MF マトゥシク レーマン フォフト リッセ......続きを読む»

【 香川真司 】 フィニッシュのところは思考の方向性の問題だと思う。 【 メンヘングラードバッハ vs ドルトムント 】

試合 :ブンデスリーガ 第28節 開催日:2015年4月11日 結果 :メンヘングラードバッハ勝利 スコア:「3-1」 得点者:ウェント ラファエル ノルトヴァイト ギュンドアン 【 ドルトムント 】 FW オーバメヤン MF ムヒタルヤン 香川真司 ブワシュチコフスキ MF ギュンドアン ケール DF シュメルツァー フンメルス スボティッチ ソクラティス GK ヴァイデンフェラー......続きを読む»

得点を狙う動きとチャンスメイクする動きというのは基本的には両立できない。

得点を狙う動きとチャンスメイクする動きというのは、基本的には両立できないと感じている。得点を狙う動きをしていたが、そのための予備(布石)的なプレイが1つ必要になったり、シュートを撃てない状況になってしまったので、あるいは、自分がシュートを撃つよりも良い選択肢が瞬間的に見えたので、パスやドリブルというプレイに切り替えて、それが結果的にチャンスメイクになる。逆に、チャンスメイクをする動きをしてたが、......続きを読む»

香川の悪い癖の1つは体を引く動作をしてしまう事。

香川の悪い癖の1つは、縦パスを受けようとする時に、体を引く動作(その動作が大きい時はバックステップになっている)をしてしまう事だと思う。その体を引く動作と同時に、足の裏などでコントロールしてボールを引っ張り、それで寄せをかわして縦へと抜け出そう、というプレイなのだが、このプレイをした時に、よくボールを奪われてしまう。確かに、このプレイが成功した時には、一気に相手の寄せてきた選手を置き去りにできる......続きを読む»

文脈という流れの中からのハリルジャパン。本流の変化がもたらした強い肯定の雰囲気。

流れというのは本当に重要だなと思う。縦に速い攻撃、というのは、ザックも求めていた事だった。むしろ、ほとんどの、どの外国籍の監督が日本代表を率いるようになったとしても、同じ事を求めるのではないだろうか。しかし、程度の差はあったとしても、2010年から2014年というのは、岡田ジャパンが南アフリカW杯でやった戦い方の否定、という事が本流にあったから、縦に速い攻撃が主体、堅守カウンターが主体、というサ......続きを読む»

【 香川真司 】 アシストや得点という結果は出なかったがパフォーマンスは高かった。 【 ドルトムント vs ホッフェンハイム 】

試合 :DFBポカール 準々決勝 開催日:2015年4月7日 結果 :ドルトムント勝利 スコア:「3-2」 得点者:スボティッチ ヴォランド フェルミーノ オーバメヤン ケール 【 ドルトムント 】 FW オーバメヤン MF ムヒタルヤン 香川真司 ブワシュチコフスキ MF ギュンドアン ベンダー DF シュメルツァー ソクラティス スボティッチ ドゥルム GK ランゲラク F......続きを読む»

ポゼッションサッカーの時代なんて無かった。そもそもポゼッションサッカーは・・・。

ポゼッションサッカーの終焉と言うけど、そもそもとして、ポゼッションサッカーの時代なんて無かった。EUROとW杯を制した時のスペイン代表のサッカーも、グアルディオラ・バルサほどのポゼッションサッカーではなかったし、カウンターから得点を奪って勝つ事も多かった。また、グアルディオラ・バルサにしても、ポゼッションでの攻撃で打開できない時、あるいは、守備を強化しようとする時には、セイドゥ・ケイタというフィ......続きを読む»

本田圭佑はミランでもハリルジャパンでも左サイドの方が良いのかもしれない。

今の本田は左サイドの方が良いのかもしれない。ミランでは、デストロ(パッツィーニ)やチェルチ(スソ)を使わなければならない、あるいは、使いたい、活かしたい、という事であるならば、「4-2-3-1」にして、1トップにデストロもしくはパッツィーニ、トップ下にメネズあるいはボナヴェントゥーラ、右SHにチェルチもしくはスソ、そして、左SHに本田もしくはエル・シャラウィ、という構想にするのが最もしっくりくる......続きを読む»

【 香川真司 】 クロップにも香川にも成長が求められる。 【 ドルトムント vs バイエルン 】

試合 :ブンデスリーガ 第27節 開催日:2015年4月4日 結果 :バイエルン勝利 スコア:「0-1」 得点者:レヴァンドフスキ 【 ドルトムント 】 FW オーバメヤン MF カンプル ロイス ブワシュチコフスキ MF ギュンドアン ベンダー DF シュメルツァー フンメルス スボティッチ ソクラティス GK ヴァイデンフェラー FW オーバメヤン MF ラモス 香川真司 ......続きを読む»

手倉森ジャパン(現Uー22日本代表)の現在地とこれからについて。

AFC、U-23選手権2016、1次予選は、マカオ戦がスコア「7-0」、ベトナム戦がスコア「2-0」、マレーシア戦がスコア「1-0」、という事で、無失点、日本が3連勝し、最終予選への進出を決めた。予想通りの厳しい気候、劣悪なピッチ状態での試合となり、東南アジアの国の中では実力が高いベトナム、それから、ホームであるマレーシアに苦戦した事は、想定内であったと言えると思う。中1日という日程も厳しかった......続きを読む»

ウズベキスタン戦選手評価 【 森重真人。昌子源。川島永嗣。水本裕貴。太田宏介。宇佐美貴史。柴崎岳。大迫勇也。川又堅碁。 】

試合 :JALチャレンジカップ 開催日:2015年3月31日 結果 :日本代表勝利 スコア:「5-1」 得点者:青山敏弘 岡崎慎司 柴崎岳 トゥフタフジャエフ 宇佐美貴史 川又堅碁 FW         岡崎慎司 MF  乾貴士    香川真司   本田圭佑 MF      青山敏弘  今野泰幸 DF 酒井高徳 森重真人  昌子源  内田篤人 GK         川島永嗣 FW  ......続きを読む»

ウズベキスタン戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。乾貴士。本田圭佑。青山敏弘。今野泰幸。酒井高徳。内田篤人。 】

試合 :JALチャレンジカップ 開催日:2015年3月31日 結果 :日本代表勝利 スコア:「5-1」 得点者:青山敏弘 岡崎慎司 柴崎岳 トゥフタフジャエフ 宇佐美貴史 川又堅碁 FW         岡崎慎司 MF  乾貴士    香川真司   本田圭佑 MF      青山敏弘  今野泰幸 DF 酒井高徳 森重真人  昌子源  内田篤人 GK         川島永嗣 FW  ......続きを読む»

ウズベキスタン戦 【 気分の良い試合だったが見過ごしてはならない部分も。 】

試合 :JALチャレンジカップ 開催日:2015年3月31日 結果 :日本代表勝利 スコア:「5-1」 得点者:青山敏弘 岡崎慎司 柴崎岳 トゥフタフジャエフ 宇佐美貴史 川又堅碁 FW         岡崎慎司 MF  乾貴士    香川真司   本田圭佑 MF      青山敏弘  今野泰幸 DF 酒井高徳 森重真人  昌子源  内田篤人 GK         川島永嗣 前半6分......続きを読む»

ハリルホジッチのウズベキスタン戦の前日会見から日本のサッカーの課題について。

「特に奪った瞬間に、ゾーンがかかっているところ、ゾーンから素早く出る。」 「できれば前の一番受けやすい選手にボールを出して、ペナルティエリアではもっとアグレッシブに行けと。」 「センタリングも、アーリークロスを入れて、奥だけでなくアーリーを要求している。」 「25メートル、30メートルのミドルシュートを狙っていく。」 ゾーンプレスとか、ブロックを作る守備とか、それを打破す......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:1517
  • 累計のページビュー:24470927

(10月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss