FCKSA66

月別アーカイブ :2015年03月

チュニジア戦選手評価 【 槙野智章。吉田麻也。権田修一。香川真司。本田圭佑。岡崎慎司。宇佐美貴史。今野泰幸。内田篤人。 】

試合 :キリンチャレンジカップ 開催日:2015年3月27日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-0」 得点者:岡崎慎司 本田圭佑 FW         川又堅碁 MF  武藤嘉紀   清武弘嗣   永井謙佑 MF      山口蛍   長谷部誠 DF 藤春廣輝 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹 GK         権田修一 FW         岡崎慎司 MF  宇佐美貴史  香川......続きを読む»

チュニジア戦選手評価 【 川又堅碁。清武弘嗣。武藤嘉紀。永井謙佑。山口蛍。長谷部誠。藤春廣輝。酒井宏樹。 】

試合 :キリンチャレンジカップ 開催日:2015年3月27日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-0」 得点者:岡崎慎司 本田圭佑 FW         川又堅碁 MF  武藤嘉紀   清武弘嗣   永井謙佑 MF      山口蛍   長谷部誠 DF 藤春廣輝 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹 GK         権田修一 FW         岡崎慎司 MF  宇佐美貴史  香川......続きを読む»

チュニジア戦 【 ハリルホジッチの真価はこれから問われる。 】

試合 :キリンチャレンジカップ 開催日:2015年3月27日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-0」 得点者:岡崎慎司 本田圭佑 FW         川又堅碁 MF  武藤嘉紀   清武弘嗣   永井謙佑 MF      山口蛍   長谷部誠 DF 藤春廣輝 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹 GK         権田修一 初陣の試合というのは監督の色が出やすい。アルジェリア代表で......続きを読む»

何人かの日本代表選手の改善点。悪い癖を無くす事がポイント。

GK 川島永嗣 東口順昭 西川周作 権田修一 DF 森重真人 吉田麻也 昌子源 水本裕貴 槙野智章 DF 太田宏介 内田篤人 藤春廣輝 酒井宏樹 酒井高徳 MF 今野泰幸 長谷部誠 青山敏弘 山口蛍 柴崎岳 MF 香川真司 清武弘嗣 FW 本田圭佑 乾貴士 武藤嘉紀 FW 岡崎慎司 大迫勇也 永井謙佑 宇佐美貴史 川又堅碁 GK 林彰洋 DF 鈴木大輔 千葉和彦 塩谷司 車屋紳太郎 MF ......続きを読む»

日本はカウンターを磨かなければならない。カウンターの戦い方と本田圭佑について。

カウンターで戦える試合ならば、カウンターで戦った方が良い。相手がリトリートやカテナチオという戦い方をしていなければ、カウンターの形というのは必ず作れる。日本代表の戦い方の何が悪いのかと言えば、速攻をした方がチャンスは作れたのではないか、というシーンでも、遅攻を選んでしまう事。例えば、ボールを奪って香川や本田や長谷部や遠藤にパスが入り、その時に相手の守備の枚数と日本の攻撃の枚数が数的同数、あるいは......続きを読む»

クラシコから学ぶフットボール。その根本にある普遍的なエレメント。 【 バルセロナ vs レアル・マドリード 】

試合 :ブンデスリーガ 第28節 開催日:2015年3月22日 結果 :バルセロナ勝利 スコア:「2-1」 得点者:マテュー C・ロナウド スアレス 【 バルセロナ 】 FW ネイマール スアレス メッシ MF イニエスタ マスチェラーノ ラキティッチ DF アルバ マテュー ピケ アウヴェス GK ブラボ FW ラフィーニャ スアレス メッシ MF シャビ マスチェラーノ ブ......続きを読む»

【 岡崎慎司 】 成長こそが全て。 【 マインツ vs ヴォルフスブルク 】

試合 :ブンデスリーガ 第26節 開催日:2015年3月22日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:ニコ・ブンガート ルイス・グスタヴォ 【 マインツ 】 FW 岡崎慎司 MF デ・ブラシス マリ ク・ジャチョル MF バウムガルトリンガー ガイス DF パク・チュホ ベル ブンガート ブロンシンスキ GK カリウス FW 岡崎慎司 MF ク・ジャチョル マリ ブロン......続きを読む»

【 本田圭佑 】 気になるのはドリブルや1対1の時やアタッキングサードでのプレイの仕方。 【 ミラン vs カリアリ 】

試合 :セリエA 第28節 開催日:2015年3月21日 結果 :ミラン勝利 スコア:「3-1」 得点者:メネズ ファリアス メクセス メネズ(PK) 【 ミラン 】 FW           デストロ MF メネズ                本田圭佑 MF     ファン・ヒンケル デ・ヨング ポーリ DF  アントネッリ  メクセス  パレッタ  アバーテ GK       ......続きを読む»

【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】【 香川真司 】 1アシストの清武。1ゴール1アシストの香川。ビッテンコートの退場がターニングポイントだった。 【 ハノーファー vs ドルトムント 】

試合 :ブンデスリーガ 第26節 開催日:2015年3月21日 結果 :ドルトムント勝利 スコア:「2-3」 得点者:オーバメヤン シュティンドル 香川真司 オーバメヤン シュティンドル 【 ハノーファー 】 FW ホセル MF ビッテンコート 清武弘嗣 シュティンドル ブリアン MF サリフ・サン DF シュルツ フェリペ マルセロ 酒井宏樹 GK ツィーラー FW ホセル ......続きを読む»

ハリルホジッチに訪れるであろう困難。キーワードは我慢であると思う。最大の財産は考える事。

ここまでの会見などの様子を見ていると、とても、やる気に溢れていて、それと同時に、じっくりと腰を据えて取り組みたい、と思っているのではないかと感じられる。ハリルホジッチに代表を任せた結果、どのようになっていくのかは未知だが、何かの重要なエッセンスを残してくれそうな気配はあると思う。どちらにしても、ハリルホジッチが監督になったからと言って、3年で、日本代表が世界のベスト8に入れる、という可能性は相当......続きを読む»

ハリルホジッチは少ない時間でベターな選手と戦い方を選択できるだろうか?

GK 川島永嗣 東口順昭 西川周作 権田修一 DF 森重真人 吉田麻也 昌子源 水本裕貴 槙野智章 DF 長友佑都 太田宏介 内田篤人 藤春廣輝 酒井宏樹 酒井高徳 MF 今野泰幸 長谷部誠 青山敏弘 山口蛍 柴崎岳 MF 香川真司 清武弘嗣 FW 本田圭佑 乾貴士 武藤嘉紀 FW 岡崎慎司 大迫勇也 興梠慎三 小林悠 永井謙佑 宇佐美貴史 GK 林彰洋 DF 鈴木大輔 千葉和彦 塩谷司 ......続きを読む»

現時点でのJリーグの4チームの成績をトータルしたら2勝2分8敗という現実。

なぜ、3試合を終了した時点で、柏レイソルが2勝1分0敗、ガンバ大阪が0勝1分2敗、浦和レッズが0勝0分3敗、鹿島アントラーズが0勝0分3敗、という結果になっているのか、そこはやはり考えなければならない。考える、という事を怠らない事が重要で、1つ1つの試合についての各論的な結論であれ、3試合についての総論的な結論であれ、また、それがもし仮定の域を出ない結論であっても、何かしらの答えを持っておく事が......続きを読む»

守備からリズムを。個のクオリティを。相手や状況に適した戦い方を。日本代表でもあるという認識を。 【 北京国安 vs 浦和レッズ 】

試合 :ACL グループG 第3戦 開催日:2015年3月17日 結果 :北京国安勝利 スコア:「2-0」 得点者:パブロ・バタージャ ユ・ダバオ 【 浦和レッズ 】 FW 石原直樹 MF 武藤雄樹 柏木陽介 MF 橋本和 鈴木啓太 阿部勇樹 平川忠亮 DF 槙野智章 永田充 森脇良太 GK 西川周作 FW 石原直樹 MF 高木俊幸 梅崎司 MF 橋本和 柏木陽介 阿部勇樹 関......続きを読む»

【 本田圭佑 】 職人的に個としてのプレイや戦い方を追求し続ければ道は開けると思う。そして、インザーギ監督の去就はいかに? 【 フィオレンティーナ vs ミラン 】

試合 :セリエA 第27節 開催日:2015年3月16日 結果 :フィオレンティーナ勝利 スコア:「2-1」 得点者:デストロ ロドリゲス ホアキン 【 ミラン 】 FW           デストロ MF メネズ                本田圭佑 MF    ボナヴェントゥーラ エシアン ファン・ヒンケル DF  アントネッリ  メクセス  パレッタ  アバーテ GK  ......続きを読む»

【 清武弘嗣 】 フル出場だったがパフォーマンスは攻守に低調だった。【 メンヘングラードバッハ vs ハノーファー 】

試合 :ブンデスリーガ 第25節 開催日:2015年3月15日 結果 :メンヘングラードバッハ勝利 スコア:「2-0」 得点者:ヘアマン×2 【 ハノーファー 】 FW ホセル MF プリブ 清武弘嗣 ブリアン MF サン シュミデバッハ DF アルボルノズ シュルツ マルセロ ペレイラ GK ツィーラー FW ホセル ヤ・コナン MF 清武弘嗣 サン アンドリーセン ブリアン......続きを読む»

【 香川真司 】【 大迫勇也 】 もっとチームが2人を活かせるようにし、もっと2人が個の力を上げ、という事しかない。 【 ドルトムント vs ケルン 】

試合 :ブンデスリーガ 第25節 開催日:2015年3月14日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: 【 ドルトムント 】 FW オーバメヤン MF ロイス 香川真司 ムヒタルヤン MF ギュンドアン ケール DF シュメルツァー フンメルス スボティッチ キルヒ GK ヴァイデンフェラー FW インモービレ MF カンプル ロイス ブワシュチコフスキ MF ギュンド......続きを読む»

ハリルホジッチの就任会見から日本のサッカーにある課題について。

「守備ブロックに関しては、高い位置、中くらいの位置、低い位置、というのがあるが、」 「全員が関わらなければならない。全員の努力が必要な状況で一人が欠けていてはならない。」と言葉は続くわけだが、要するに、全員が守備に貢献しなければならないが、その守備の設定位置というのは、高い方が良い、低い方が良い、という事ではない。相手や状況により、ケース・バイ・ケースである、という事を示唆していた事が重要......続きを読む»

日本らしいサッカーとか、日本のサッカースタイルの確立とか、そういう事に高いプライオリティを置く必要は無い。

ミャンマーのレベルがどうであれ、9得点を奪った事は良かったと思う。これから1次予選で戦う、東南アジア系の、マカオ、ベトナム、マレーシア、という対戦相手のプレイの感覚を肌で感じられた事もプラスになると思う。ただ、フル代表でもアウェイの地では、タイやマレーシアなどに苦戦した事もあるし、試合当日の環境にもよるが、9得点も奪えるような試合にはならないとは予想される。相手に運動量では上回られる可能性は高い......続きを読む»

アイスランド戦(女子) 【 18人から19人ぐらいは決まりで良いと思う。 】

試合 :アルガルベカップ 9位・10位決定戦 開催日:2015年3月11日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-0」 得点者:大儀見優季 宮間あや FW          高瀬愛実  安藤梢 MF    鮫島彩              永里亜紗乃 MF          上辻佑実  阪口夢穂 DF 上尾野辺めぐみ 田中明日菜  岩清水梓 有吉佐織 GK             福元美穂 ......続きを読む»

フランス戦(女子) 【 個の力と戦い方の両方に問題があると思う。 】

試合 :アルガルベカップ 第3戦 開催日:2015年3月9日 結果 :フランス代表勝利 スコア:「1-3」 得点者:川澄奈穂美 ティネ ルソメル ティネ FW     大儀見優季 菅沢優衣香 MF 川澄奈穂美          大野忍 MF     宇津木瑠美 宮間あや DF 有吉佐織 川村優理 熊谷紗希 近賀ゆかり GK        海堀あゆみ FW     大儀見優季 高瀬愛実......続きを読む»

【 本田圭佑 】 今のミランに足りないもの。守備は選手の個の力。攻撃は監督の構築力。 【 ミラン vs ヴェローナ 】

試合 :セリエA 第26節 開催日:2015年3月7日 結果 :引き分け スコア:「2-2」 得点者:トーニ メネス OG ロペス 【 ミラン 】 FW     パッツィーニ    チェルチ MF         メネズ MF  ボナヴェントゥーラ ムンタリ ポーリ DF アントネッリ  メクセス  パレッタ  ボネーラ GK        ディエゴ・ロペス 上から......続きを読む»

【 大迫勇也 】【 長谷部誠 】【 乾貴士 】 ケルンは大迫の投入から3得点。大迫も1ゴール決める。フランクフルトは長谷部をベンチに下げて守備が崩壊。【 ケルン vs フランクフルト 】

試合 :ブンデスリーガ 第24節 開催日:2015年3月8日 結果 :ケルン勝利 スコア:「4-2」 得点者:デイヴェルソン マイアー リッセ 大迫勇也 ウジャ マイアー(PK) 【 ケルン 】 FW ウジャ デイヴェルソン MF リッセ レーマン フォフト ペシュコ DF ヘクトル マロー ヴィマー オルコウスキ GK ホルン 【 フランクフルト 】 FW マイアー セ......続きを読む»

【 香川真司 】 チームにも香川にも次の乗り越えなければならない山が。 【 ハンブルガー vs ドルトムント 】

試合 :ブンデスリーガ 第24節 開催日:2015年3月7日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: 【 ドルトムント 】 FW オーバメヤン MF ロイス 香川真司 ムヒタルヤン MF ギュンドアン ベンダー DF シュメルツァー フンメルス スボティッチ キルヒ GK ヴァイデンフェラー FW インモービレ MF ロイス カンプル ブワシュチコフスキ MF ギュンド......続きを読む»

本田圭佑は3番目か4番目の動きをすれば良い。

「4-1-2-3」であれ、「4-3-1-2」や「4-3-2-1」であれ、もし、前の3枚が、ボナヴェントゥーラ、メネズ、本田、という3人であれば、本田は3番目の動きをすれば良い。1番目はメネズで、メネズが中盤に下がってプレイしたら本田は最前線でプレイする、メネズがサイドに流れてプレイしたら本田は中央でプレイする。そして、2番目はボナヴェントゥーラで、ボナヴェントゥーラが低い位置でプレイしたら本田は......続きを読む»

宇佐美貴史と柿谷曜一朗に必要なのは?

動きの量と質だと思う。動きの量というのは、運動量、という事とは少し違って、動きの幅の大きさ、スプリントする回数、動き直しの多さ、攻守の切り替えの速さ、という事。オン・ザ・ボールでのテクニック、あるいは、フィジカルの強さやスピードなどの身体能力、という事に自信がある日本人選手は、ボールを受ける動き、という事が磨かれていない傾向が強くて、動きの幅が小さい事によって相手のマークを剥がせない、もしくは、......続きを読む»

浦和対ブリスベンとFCソウル対鹿島となでしこのデンマーク戦と日本の育成が重視すべき事。

【 失点に繋がるようなミスをしない確実さ。 】 やはり、日本のサッカーにはミスが多いなと。浦和対ブリスベンの失点もそうだったし、なでしこのデンマーク戦もそうだったし・・・。結局のところ、ミスというのは、技術、フィジカル、メンタル、判断力、その全てか、もしくは、どれかが足りていないから起こす(誘発されてしまう)のであると思うから、きちんと個々の選手が不足している能力をレベルアップさせないと、......続きを読む»

城南FC対ガンバ大阪と日本の育成が重視すべき事。

【 1対1での強さや巧さ。 】 1失点目は、1対1の対応でPKを取られ、2失点目も、ヘディングで競り合ったところと、その後の1対1と、結局は、1対1のところで負けたからの2失点で、戦い方が云々とか、守り方が云々とか、そういう事に原因を求めるのであれば、1対1になる局面を減らすために、もっと守備の人数を増やした戦い方をするしかない。柏レイソル対ビンズオンの試合がそうであったように、「4-5-......続きを読む»

日本のサッカー・メディアに対する苦言。

ガンバ大阪対浦和レッズのゼロックス・スーパーカップだが、ポイントは3つあって、1つには、レッズに対するガンバの戦い方。レッズ(ミハイロ・ペトロヴィッチ)の戦い方というのは、「3-4-2-1」から、守備の時には「5-4-1」になり、攻撃の時には「4-1-4-1」になる、という事で、しかも、攻撃の時には、前の「4-1」が5トップ的に前へと張り付いてしまうから、とてもカウンターに弱い戦い方であり、ガン......続きを読む»

【 本田圭佑 】 インザーギ監督では限界か? 本田はフィジカルコンディションが悪く。 【 キエーヴォ vs ミラン 】

試合 :セリエA 第25節 開催日:2015年2月28日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: 【 ミラン 】 FW      メネズ   デストロ MF        ボナヴェントゥーラ MF    モントリーヴォ デ・ヨング ポーリ DF アントネッリ  ボッケッティ   アレックス  ボネーラ GK        ディエゴ・ロペス 今季ここまで......続きを読む»

【 香川真司 】【 内田篤人 】 香川のパフォーマンスは好調。内田は良くもなく悪くもなく。【 ドルトムント vs シャルケ 】

試合 :ブンデスリーガ 第23節 開催日:2015年2月28日 結果 :ドルトムント勝利 スコア:「3-0」 得点者:オーバメヤン ムヒタルヤン ロイス 【 ドルトムント 】 FW オーバメヤン MF ロイス 香川真司 ムヒタルヤン MF シャヒン ギュンドアン DF シュメルツァー フンメルス スボティッチ キルヒ GK ヴァイデンフェラー FW オーバメヤン MF ムヒタル......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2075
  • 累計のページビュー:24122637

(04月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss