FCKSA66

月別アーカイブ :2015年02月

JのクラブがACLで勝てなくなったのは集中力。

Jリーグのクラブが、なぜACLで勝てなくなったのか、という事について、条件とか、日程とか、戦力とか、戦術(戦い方)とか、ロジカルな要素というのが、やはり大きいとは思っているのだが、しかし、最近気になっているのは、集中力、という事。どのような分野であっても、一流になれる人というのは、すごい集中力というのを持っていると思っていて、もちろん、テクニカルな要素やフィジカル的な要素も大きいのだが、日本人選......続きを読む»

【 香川真司 】 2nd.legでは香川のゼロトップにしてみるのも? 【 ユヴェントス vs ドルトムント 】

試合 :CL 決勝トーナメント 1回戦 1st.leg 開催日:2015年2月24日 結果 :ユヴェントス勝利 スコア:「2-1」 得点者:テベス ロイス モラタ 【 ボルシア・ドルトムント 】 FW インモービレ MF ロイス ムヒタルヤン オーバメヤン MF サヒン ギュンドアン DF シュメルツァー フンメルス ソクラティス ピシュチェク GK ヴァイデンフェラー FW ......続きを読む»

【 本田圭佑 】 後ろの守備力が上がれば得点力も上がるはず。 【 ミラン vs チェゼーナ 】

試合 :セリエA 第24節 開催日:2015年2月22日 結果 :ミラン勝利 スコア:「2-0」 得点者:ボナヴェントゥーラ パッツィーニ(PK) 【 ミラン 】 FW      メネズ   デストロ MF        ボナヴェントゥーラ MF    モントリーヴォ デ・ヨング ポーリ DF アントネッリ  ボッケッティ    ラミ  ボネーラ GK         ア......続きを読む»

【 大迫勇也 】 1つ1つのプレイの強度、1つ1つのプレイのスピード、ボディバランス。【 ケルン vs ハノーファー 】

試合 :ブンデスリーガ 第22節 開催日:2015年2月21日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:ホセル ウジャ 【 ケルン 】 FW ウジャ 大迫勇也 MF ペシュコ レーマン フォフト リッセ DF ヘクトル マロー ヴィマー オルコウスキ GK ホルン FW ウジャ デイヴェルソン MF ペシュコ レーマン フォフト ハルファー DF ヘクトル マロー ヴィマ......続きを読む»

【 山田大記 】 トップ下か左SHか? 現状ではどちらでも同程度。 【 カールスルーエ vs ボーフム 】

試合 :ブンデスリーガ2部 第22節 開催日:2015年2月21日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: 【 カールスルーエ 】 FW ヘニングス MF 山田大記 MF クレブス ヤボ メファート トーレス DF マックス マウアースベアガー グルデ クリングマン GK フォラト FW ヘニングス MF ナサロフ MF 山田大記 メファート パイツ トーレス DF マ......続きを読む»

【 岡崎慎司 】 1アシストで勝利に貢献。得点はSHのパフォーマンスが鍵。 【 マインツ vs フランクフルト 】

試合 :ブンデスリーガ 第22節 開催日:2015年2月21日 結果 :マインツ勝利 スコア:「3-1」 得点者:アイグナー クレメンス ガイス マリ 【 マインツ 】 FW 岡崎慎司 MF デ・ブラシス マリ クレメンス MF バウムガルトリンガー ガイス DF ベングトソン ベル ブンガート ブロンシンスキ GK カリウス 【 フランクフルト 】 FW マイアー セフ......続きを読む»

【 香川真司 】【 酒井高徳 】 香川は2アシストで勝利に大きく貢献。高徳も及第点。【 シュツットガルト vs ドルトムント 】

試合 :ブンデスリーガ 第22節 開催日:2015年2月20日 結果 :ドルトムント勝利 スコア:「2-3」 得点者:オーバメヤン クライン(PK) ギュンドアン ロイス ニーダーマイアー 【 シュツットガルト 】 FW ヴェルナー ハルニク MF フルシェク グルエソ ディエ クライン DF 酒井高徳 ニーダーマイアー バウムガルトル シュワープ GK ウルライヒ 【 ドルト......続きを読む»

【 内田篤人 】 個としても組織としても攻防にポイントが明確な試合だった。 【 シャルケ vs レアル・マドリード 】

試合 :CL 決勝トーナメント 1回戦 1st.leg 開催日:2015年2月18日 結果 :レアル・マドリード勝利 スコア:「0-2」 得点者:C・ロナウド マルセロ 【 シャルケ 】 FW シュポ・モティング フンテラール MF ボアテング ノイステッター ヘーガー DF アオゴ ナスタシッチ マティプ ヘヴェデス 内田篤人 GK ヴェレンロイター FW シュポ・モティング......続きを読む»

日本代表が強い守備を構築するためにはどうすれば良いのか?

Jリーグに多くのレベルの高い外国籍FWを呼び、というのは、もちろん効果はあると思うが、やはり、主に資金的な理由で難しいところはあると思うし、また、仮にそうできたとしても、守備に対する考え方、個の守備力を上げるための育成方法、そこが間違っていたら、なかなか日本のサッカーの守備力は上がらない、もしくは、上がるまでに数十年という月日が必要になってしまう、という事になりかねないと思うので、個人的には、守......続きを読む»

日本代表が停滞から抜け出すためには?

日本代表が、いつからアジアではトップクラスの強さになったのかと言えば、1998年のフランス大会のアジア予選では、プレーオフ、そして、そこでイランとの接戦を制してのW杯初出場となったから、そこまではまだアジアでも苦戦するような強さだった。1992年のアジアカップで日本は初優勝しているが、その時は日本開催だったし、1994年のアメリカ大会のアジア予選はドーハの悲劇が起こってW杯出場を逃したから、やは......続きを読む»

【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】 パフォーマンスは好調で上手い選手だが怖さが無い。【 ハノーファー vs パーダーボルン 】

試合 :ブンデスリーガ 第21節 開催日:2015年2月15日 結果 :パーダーボルン勝利 スコア:「1-2」 得点者:アントニオ ラキッチ メハ 【 ハノーファー 】 FW ホセル MF 清武弘嗣 シュティンドル ブリアン MF サン シュミデバッハ DF アルボルノズ シュルツ アントニオ ペレイラ GK ツィーラー 前4枚の動きが良く、鮮やかなパスワークと連動性でチャンス......続きを読む»

【 本田圭佑 】 インザーギ監督からの信頼が厚いのは良いが・・・。 【 ミラン vs エンポリ 】

試合 :セリエA 第23節 開催日:2015年2月15日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:デストロ マッカローネ 【 ミラン 】 FW         デストロ MF ボナヴェントゥーラ   メネズ    本田圭佑 MF      ポーリ    デ・ヨング DF アントネッリ  パレッタ   アレックス   ラミ GK        ディエゴ・ロペス ......続きを読む»

【 大迫勇也 】【 長澤和輝 】 今の攻撃の在り様では大迫が大きな活躍を見せるのは困難である。【 メンヘングラードバッハ vs ケルン 】

試合 :ブンデスリーガ 第21節 開催日:2015年2月14日 結果 :メンヘングラードバッハ勝利 スコア:「1-0」 得点者:シャカ 【 ケルン 】 FW ウジャ 大迫勇也 MF ハルファー レーマン フォフト リッセ DF ヘクトル ヴィマー マブライ オルコウスキ GK ホルン FW デイヴェルソン ペシュコ MF ハルファー レーマン フォフト 長澤和輝 DF ヘクトル......続きを読む»

【 香川真司 】【 岡崎慎司 】 ドルトムントと香川の復活の兆候は確実に感じられている。【 ドルトムント vs マインツ 】

試合 :ブンデスリーガ 第21節 開催日:2015年2月13日 結果 :ドルトムント勝利 スコア:「4-2」 得点者:ソト スボティッチ ロイス マリ オーバメヤン シャヒン 【 ドルトムント 】 FW オーバメヤン MF ロイス 香川真司 カンプル MF シャヒン ギュンドアン DF シュメルツァー ソクラティス スボティッチ ピシュチェク GK ヴァイデンフェラー FW オ......続きを読む»

ボランチ論 【 二者択一であれば守備力の重要性が高くなっており、そして、ボランチの守備力とはどのようなものなのか。それを正しく評価するためには? 】

強いチームになる条件として、CFやCBなどのセンターラインが重要なのは周知されていると思う。当然、そのセンターラインにはボランチも含まれていて、ボランチの攻守における能力の高さというのは、とても大きな要素になってくる。そして、特に最近は、中盤の守備力、MFの守備力、という事が、以前よりも更に勝敗を分ける重要な要素の1つとなってきていて、やはりそうなってくれば、ボランチにはより守備力が求められてく......続きを読む»

決定力不足と守備力不足の原因とは何か?

日本人選手が決定力不足に陥ってしまう原因は複数あると思うが、その1つとしては、強引さが無い、という事があると思う。1シーズンで、10点以上、20点近く、あるいはそれ以上の得点を取る選手というのは、PKでの得点を除けば、半分から3分の1ぐらいは、それで得点を取ってしまうのか、それでシュートを決めてしまうのか、という得点の取り方をしていて、岡崎が15得点した時も、香川が13得点した時も、半分から3分......続きを読む»

日本代表監督の選び方について。日本のサッカーを尊重してくれるの意味。就任時にJリーグを詳しく知っている必要は無い。監督としての経験や実績は結果だけではなく。

【 日本のサッカーを尊重してくれるの意味。 】 スタイルについては、すごく差し迫った状況でなければ、就任が内定した時点では詳しく知っている必要は無いと思っていて、なぜならば、過去の試合をそれから観れば、すぐに知ることができると思うから。従って、問題は、そういう日本のスタイルを尊重してくれるかどうか、という事になるのだが、どこまで尊重するのか、という事については、あまり尊重され過ぎても良くな......続きを読む»

【 本田圭佑 】 便利屋になってしまうと少し残念な気がする。 【 ユヴェントス vs ミラン 】

試合 :セリエA 第22節 開催日:2015年2月7日 結果 :ユヴェントス勝利 スコア:「3-1」 得点者:テベス アントネッリ ボヌッチ モラタ 【 ユヴェントス 】 FW     モラタ     テベス MF         ビダル MF     ポグバ ピルロ マルキジオ DF エヴラ   キエッリーニ  ボヌッチ パドイン GK          ブッフォン 【 ミラ......続きを読む»

日本代表監督候補について。【 ③ 】

トーマス・トゥヘル 岡崎が加入した2013-14シーズンのマインツでの采配しか知らないのだが、印象としては、ユルゲン・クロップをもう少し手堅くした感じ、だろうか? 岡崎を軸とした攻撃を機能させ、MFには、守備力がある、あるいは、運動量やフィジカル的な強さがある、そういう選手を主に起用し、縦への速さであったりサイド攻撃が主体のサッカー、という印象があった。まだ41歳と若く、可能性という意味ではと......続きを読む»

【 香川真司 】 アジアカップに出場した事はプラスになったような気がする。 【 フライブルク vs ドルトムント 】

試合 :ブンデスリーガ 第20節 開催日:2015年2月7日 結果 :ドルトムント勝利 スコア:「0-3」 得点者:ロイス オーバメヤン×2 【 ドルトムント 】 FW オーバメヤン MF ロイス 香川真司 カンプル MF シャヒン ギュンドアン DF シュメルツァー フンメルス スボティッチ ピシュチェク GK ヴァイデンフェラー FW オーバメヤン MF ムヒタルヤン 香川......続きを読む»

【 香川真司 】 ロイスまで決定力不足に陥ってしまい酷い状態に。 【 ドルトムント vs アウグスブルク 】

試合 :ブンデスリーガ 第19節 開催日:2015年2月4日 結果 :アウグスブルク勝利 スコア:「0-1」 得点者:ボバディジャ 【 ドルトムント 】 FW インモービレ MF カンプル ロイス オーバメヤン MF シャヒン ギュンドアン DF シュメルツァー フンメルス ソクラティス グロスクロイツ GK ヴァイデンフェラー 香川、ギュンドアン、シャヒン、という3人の内から......続きを読む»

日本代表監督候補について。【 ② 】

オズワルド・オリヴェイラ 2000年にコリンチャンスの監督としてCWCで優勝。2007年からの鹿島アントラーズでもJ1を3連覇するなど、数多くのタイトルを獲得しており、実績としては申し分ない。日本サッカー協会が挙げている条件にもほぼ合致する。鹿島アントラーズで3連覇した時のサッカー、前線からフィルターをかける守備であったり、しっかりとした「4-4」の守備ブロックを作っての堅守カウンター攻撃......続きを読む»

日本代表監督候補について。【 ① 】

岡田武史 3回目だから・・・、というのはあるけど、日本代表を指揮した経験と実績を考えれば、候補にはなってくると思う。個人的には、南アフリカW杯でやった戦い方を更に洗練させる、という方向性は良だと思っているので、その方向性で進んでくれるのであれば・・・、とは考えている。現在の日本代表の守備というのは、CBにスピードや1対1での強さが足りない、GKの守備範囲が狭い、という事によって、ハイライン......続きを読む»

アギーレ監督解任。新監督はいつまでに? 新監督には誰が良いのか?

難しい判断だったと思うけど、最悪のタイミングでの交代となるよりは、早いタイミングでの交代を選んだ、という事なのかもしれない。やはり、W杯予選への影響が出ないように、という事は、最重要な要素だと言えると思うので。個人的には、「4-1-2-3」というシステム然り、守備から入る堅実性然り、嫌いではないタイプの監督だったので、解任はとても残念に思っているが、まさに、やむを得ない、という感じがしている。告......続きを読む»

【 香川真司 】 攻撃にアクセントを加えるような選手が存在していなかった。 【 レヴァークーゼン vs ドルトムント 】

試合 :ブンデスリーガ 第18節 開催日:2015年1月31日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: 【 ドルトムント 】 FW インモービレ MF グロスクロイツ ロイス カンプル MF シャヒン ギンター DF シュメルツァー フンメルス ソクラティス ピシュチェク GK ヴァイデンフェラー FW ロイス MF ムヒタルヤン ラモス カンプル MF シャヒン ギン......続きを読む»

【 本田圭佑 】 右サイドでも左サイドでも攻守に安定感のあるパフォーマンスで勝利に貢献。 【 ミラン vs パルマ 】

試合 :セリエA 第21節 開催日:2015年2月1日 結果 :ミラン勝利 スコア:「3-1」 得点者:メネズ(PK) ノチェリーノ メネズ ザッカルド 【 ACミラン 】 FW         デストロ MF チェルチ    メネズ     本田圭佑 MF      ポーリ   ファン・ヒンケル DF ボッケッティ   ラミ    アレックス  ザッカルド GK     ......続きを読む»

日本代表の進化への道。個々の選手のスピードと決定力と守備力のアップ。現在の日本代表は良い流れでの低迷期に入っていると認識した方が良い。

強いチームというのは「早回し」しているように見える。例えば、A→B→C→D、とパスを繋ぐとしたら、その時の普通のスピードが5であれば、強いチームのその時のスピードは6以上。例えば、シュートにしてもパスにしてもドリブルにしても、ボールを受けてから次の動作に入るまで、その時の普通の選手のスピードが5であれば、強いチームのその時の選手のスピードは6以上。他にも、攻守の切り替えの速さであったり、対人での......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2412
  • 累計のページビュー:24469411

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss