FCKSA66

月別アーカイブ :2014年11月

山田大記は先発フル出場。多くの日本人選手が身体能力で上回れる部分は初速、つまり、反応速度、動き出しの速さ、動き出してからの数歩の速さ、だと思っている。 【 ダルムシュタット vs カールスルーエ 】

試合 :ブンデスリーガ2部 第15節 開催日:2014年11月28日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: 【 カールスルーエ 】 FW ヘニングス MF 山田大記 ナサロフ トーレス MF メファート ヤボ DF マックス マウアースベアガー ゴードン バレンティーニ GK オルリスハウゼン FW ミカンスキ MF 山田大記 ファンデアビーツェン トーレス MF メ......続きを読む»

香川真司は後半16分から出場も仕事はできず。香川のプレイは対策されてしまっていると思う。香川が改善すべき3つの事。 【 アーセナル vs ドルトムント 】

試合 :CL グループD 第5戦 開催日:2014年11月26日 結果 :アーセナル勝利 スコア:「2-0」 得点者:サノゴ サンチェス 【 ボルシア・ドルトムント 】 FW イモビーレ MF ムヒタルヤン オーバメヤン グロスクロイツ MF ギュンドアン ベンダー DF シュメルツァー ギンター スボティッチ ピシュチェク GK ヴァイデンフェラー FW ラモス MF ムヒタ......続きを読む»

ビルドアップと「4-1-2-3」と「4-2-3-1」についての考察。

4バックで、相手がハイプレスだった場合には、ビルドアップの時に最終ラインのところで数的同数になりやすいので、ボランチの1枚が下がり、最終ラインのところを数的優位の状態にして、相手のハイプレスをかわしやすくする。そして、相手がハイプレスである、という事は、相手の最終ラインの裏、もしくは、相手の中盤、そこには必ずスペースが生まれているので、そこにパスを入れ込んだり、そこにドリブルで侵入したりして、攻......続きを読む»

乾貴士が1ゴール。代表戦での得点をきっかけに得点感覚が上がっているのかもしれない。長谷部はアンカーとして50点ぐらいのパフォーマンス。 【 フランクフルト vs ボルシア・メンヘングラードバッハ 】

試合 :ブンデスリーガ 第12節 開催日:2014年11月22日 結果 :フランクフルト勝利 スコア:「1-3」 得点者:ノルトヴァイト ステンデラ マイアー 乾貴士 【 フランクフルト 】 FW セフェロヴィッチ MF 乾貴士 マイアー ステンデラ アイグナー MF 長谷部誠 DF オチプカ アンデルソン マルコ・ルス チャンドラー GK ヴィートワルト FW セフェロヴィッチ MF......続きを読む»

本田圭佑は後半28分から出場し攻撃を活性化させる。長友佑都は復調の兆しも攻守に課題有り。特に守備のセオリーはきちんと身に付けて欲しい。 【 ACミラン vs インテル 】

試合 :セリエA 第12節 開催日:2014年11月23日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:メネズ オビ 【 ACミラン 】 FW トーレス MF エル・シャラウィ メネズ ボナベントゥーラ MF ムンタリ エシアン DF デ・シーリョ サパタ メクセス ラミ GK ディエゴ・ロペス FW エル・シャラウィ メネズ MF ボナベントゥーラ 本田圭佑......続きを読む»

大迫勇也は後半スタートから出場し1アシスト。細貝萌は先発フル出場し1ボランチとして良いパフォーマンス。原口元気は後半から途中出場も存在感無し。 【 ケルン vs ヘルタ 】

試合 :ブンデスリーガ 第12節 開催日:2014年11月22日 結果 :ヘルタ勝利 スコア:「1-2」 得点者:ベーレンス ウジャ ヌジェング(FK) 【 ケルン 】 FW ウジャ MF スヴェント ゲルハルト オルコウスキ MF レーマン フォフト DF ヘクトル ヴィマー マブライ ブレシュコ GK ホルン FW ウジャ MF ハルファー 大迫勇也 オルコウスキ MF レ......続きを読む»

香川真司は身体や動きの柔らかさやしなやかさを取り戻す必要があると思う。 【 パーダーボルン vs ボルシア・ドルトムント 】

試合 :ブンデスリーガ 第12節 開催日:2014年11月22日 結果 :引き分け スコア:「2-2」 得点者:オーバメヤン ロイス ルップ サグリク 【 ボルシア・ドルトムント 】 FW オーバメヤン MF ロイス 香川真司 ムヒタルヤン MF ギュンドアン ケール DF ドゥルム ギンター スボティッチ ピシュチェク GK ヴァイデンフェラー FW オーバメヤン MF グロ......続きを読む»

個人的に選ぶアジアカップのメンバー23人。

GK 川島永嗣 西川周作 東口順昭 DF 吉田麻也 森重真人 水本裕貴 塩谷司 DF 内田篤人 長友佑都 酒井高徳 MF 今野泰幸 細貝萌 MF 香川真司 長谷部誠 遠藤保仁 柴崎岳 FW 本田圭佑 武藤嘉紀 清武弘嗣 山田大記 乾貴士 FW 岡崎慎司 大迫勇也 個人的には、アジアカップのメンバーには、上記の23人を選んで欲しいと思っている。GKに関しては、第3GKを誰にするのか、という事......続きを読む»

オーストラリア戦選手評価 【 太田宏介。森重真人。吉田麻也。酒井高徳。川島永嗣。今野泰幸。乾貴士。豊田陽平。 】

試合 :キリンチャレンジカップ 開催日:2014年11月18日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-1」 得点者:今野泰幸 岡崎慎司 ケーヒル FW 武藤嘉紀 岡崎慎司 本田圭佑 MF 香川真司 遠藤保仁 MF 長谷部誠 DF 太田宏介 森重真人 吉田麻也 酒井高徳 GK 川島永嗣 FW 豊田陽平 MF 乾貴士 香川真司 本田圭佑 MF 今野泰幸 長谷部誠 DF 太田宏介 森重真人 ......続きを読む»

オーストラリア戦選手評価 【 岡崎慎司。武藤嘉紀。本田圭佑。香川真司。遠藤保仁。長谷部誠。 】

試合 :キリンチャレンジカップ 開催日:2014年11月18日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-1」 得点者:今野泰幸 岡崎慎司 ケーヒル FW 武藤嘉紀 岡崎慎司 本田圭佑 MF 香川真司 遠藤保仁 MF 長谷部誠 DF 太田宏介 森重真人 吉田麻也 酒井高徳 GK 川島永嗣 FW 豊田陽平 MF 乾貴士 香川真司 本田圭佑 MF 今野泰幸 長谷部誠 DF 太田宏介 森重真人 吉田......続きを読む»

オーストラリア戦 【 アジアカップを戦いながら、守備力をレベルアップさせる、あるいは、守備のオプションを見つけ出して完成させる、という事が求められてくる。 】

試合 :キリンチャレンジカップ 開催日:2014年11月18日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-1」 得点者:今野泰幸 岡崎慎司 ケーヒル FW 武藤嘉紀 岡崎慎司 本田圭佑 MF 香川真司 遠藤保仁 MF 長谷部誠 DF 太田宏介 森重真人 吉田麻也 酒井高徳 GK 川島永嗣 FW 岡崎慎司 MF 武藤嘉紀 香川真司 本田圭佑 MF 遠藤保仁 長谷部誠 DF 太田宏介 森重真人......続きを読む»

守備強化のオプションとして「5-4-1」というシステムが良いと思うし必要であると思う。

個人的に、システムのオプションとしてやって欲しいと思っているのは、下記のような「5-4-1」。要するに、守備を強化、あるいは、日本が苦手とする相手の攻撃に対する守備を強化、そのためのシステム的なオプションが欲しい、という事。ザックジャパンの時にも、「3-4-3」というオプションに取り組み、但しその時は、ザックは、攻撃力を上げるためのオプションである、と言っていたが、後ろが「3-4」で守備ブロック......続きを読む»

ホンジュラス戦選手評価 【 酒井高徳。内田篤人。森重真人。吉田麻也。川島永嗣。西川周作。豊田陽平。乾貴士。柴崎岳。田口泰士。 】

試合 :キリンチャレンジカップ 開催日:2014年11月14日 結果 :日本代表勝利 スコア:「6-0」 得点者:吉田麻也 本田圭佑 遠藤保仁 乾貴士 豊田陽平 乾貴士 FW 武藤嘉紀 岡崎慎司 本田圭佑 MF 香川真司 遠藤保仁 MF 長谷部誠 DF 酒井高徳 森重真人 吉田麻也 内田篤人 GK 川島永嗣 FW 乾貴士 豊田陽平 本田圭佑 MF 香川真司 柴崎岳 MF 田口泰士 D......続きを読む»

ホンジュラス戦選手評価 【 岡崎慎司。武藤嘉紀。本田圭佑。香川真司。遠藤保仁。長谷部誠。 】

試合 :キリンチャレンジカップ 開催日:2014年11月14日 結果 :日本代表勝利 スコア:「6-0」 得点者:吉田麻也 本田圭佑 遠藤保仁 乾貴士 豊田陽平 乾貴士 FW 武藤嘉紀 岡崎慎司 本田圭佑 MF 香川真司 遠藤保仁 MF 長谷部誠 DF 酒井高徳 森重真人 吉田麻也 内田篤人 GK 川島永嗣 FW 乾貴士 豊田陽平 本田圭佑 MF 香川真司 柴崎岳 MF 田口泰士 D......続きを読む»

ホンジュラス戦 【 収穫は、香川、内田、乾、豊田。もう少しだったのは、高徳、森重、吉田、川島。そして、日本代表の課題は、この試合のような展開にならなかった時。 】

試合 :キリンチャレンジカップ 開催日:2014年11月14日 結果 :日本代表勝利 スコア:「6-0」 得点者:吉田麻也 本田圭佑 遠藤保仁 乾貴士 豊田陽平 乾貴士 FW 武藤嘉紀 岡崎慎司 本田圭佑 MF 香川真司 遠藤保仁 MF 長谷部誠 DF 酒井高徳 森重真人 吉田麻也 内田篤人 GK 川島永嗣 FW 乾貴士 豊田陽平 本田圭佑 MF 香川真司 柴崎岳 MF 田口泰士 D......続きを読む»

ハビエル・アギーレと代表選手たちへの3つの要求。

W杯での結果というのはやはり影響力が大きい。 失われてしまった自信を取り戻すのは簡単ではない。 特にW杯後の1年から2年ぐらいは強い影響を残す傾向にある。 W杯で負ってしまった傷を癒やすには良い結果を1つ1つ積み重ねるしかない。 1 消えてしまった良い流れを戻すためにパワーを溜める時期。 しかし、悪い結果のダメージというのが、良い流れにある時よりも大きく、チームのメンタリティが不......続きを読む»

ミスとは何か? 個の能力を高めるとは何か? 育成で重要な事とは何か?

ミスが多いか少ないか、という事は、やはりその選手の能力を十中八九で反映していると思う。ノープレッシャーやとても弱いプレッシャーの状況でのミスは、単純に技術力が不足している事によるミス。あるいは、時間の経過と共にミスが増える場合にはスタミナ不足、という事になるかもしれない。ちなみに、プレッシャーとは、相手のプレスや寄せが強い事による物理的なプレッシャー、もしくは、相手が格上である、重要な試合である......続きを読む»

本田圭佑は及第点のパフォーマンスだったが少し休みが必要かもしれない。この試合のミランの攻守について気になった3つの事。 【 サンプドリア vs ACミラン 】

試合 :セリエA 第11節 開催日:2014年11月8日 結果 :引き分け スコア:「2-2」 得点者:エル・シャラウィ オカカ エデル メネズ(PK) 【 ACミラン 】 FW             メネズ MF エル・シャラウィ                   本田圭佑 MF      ボナベントゥーラ デ・ヨング  エシアン DF  ボネーラ   ラミ    メクセス  ......続きを読む»

清武弘嗣が1ゴール1アシスト。清武の適正ポジションはFW? 酒井宏樹。細貝萌。原口元気。それぞれの日本人選手が抱える課題や問題。 【 ヘルタ vs ハノーファー 】

試合 :ブンデスリーガ 第11節 開催日:2014年11月7日 結果 :ハノーファー勝利 スコア:「0-2」 得点者:ブリアン 清武弘嗣 【 ヘルタ 】 FW カルー MF 原口元気 ストッカー ベーレンス MF 細貝萌 シェルブレット DF プラッテンハルト ルステンベルガー ハイティンハ ペカリク GK クラフト 【 ハノーファー 】 FW ホセル MF ビッテンコート 清武......続きを読む»

山田大記が今季2回目となるドッペルパック。もう少しフィットネスを高めてパフォーマンスを向上させれば代表でも活躍できると思う。 【 グロイター・フュルト vs カールスルーエ 】

試合 :ブンデスリーガ2部 第13節 開催日:2014年11月9日 結果 :カールスルーエ勝利 スコア:「0-3」 得点者:山田大記 ゴードン 山田大記 【 カールスルーエ 】 FW ヘニングス MF 山田大記 ナサロフ トーレス MF ヤボ バイツ DF ケンペ グルデ ゴードン バレンティーニ GK オルリスハウゼン FW ミカンスキ MF 山田大記 ナサロフ パク・ジュンビン M......続きを読む»

マンツーマン気味の守備方法で横幅が6枚になってしまうならば、それを5枚に減らしてゾーン気味に守った方が良いと思う。 【 フランクフルト vs バイエルン・ミュンヘン 】

試合 :ブンデスリーガ 第11節 開催日:2014年11月8日 結果 :バイエルン・ミュンヘン勝利 スコア:「0-4」 得点者:ミュラー×3 シャキリ 【 フランクフルト 】 FW マイアー ステンデラ MF セフェロヴィッチ 長谷部誠 メドイェヴィッチ アイグナー DF オチプカ アンデルソン マルコ・ルス チャンドラー GK ヴィートワルト FW マイアー キッテル MF セフェロ......続きを読む»

なぜ「4-1-2-3」という形にするのか?

     ○  ○       ○    ◎   ◎      ◎   ○ ○ ○ ○      ○ 例えば、◎で示したポジションに、香川、細貝、長谷部、という選手を起用するならば、「4-2-3-1」の方が良いのではないか? と思う人もいるのではないかと思うのだが、なぜ「4-1-2-3」という形にするのかと言えば、1つには、ピッチの横幅を4枚ではなく5枚で守るため。攻撃時には、どちらも「4......続きを読む»

「4-1-2-3」では香川の居場所は無いのか? あるいは、「4-1-2-3」の「2」のところでは香川は機能しないのか?

この話は、「柴崎岳が継承する系譜の悩み。彼らをどのポジション(役割)で起用するべきか?」、というエントリーで書いた事とも内容的に重複する部分もあるが、サッカーを考える時に、とても重要なポイントとなっていると思うので、やはり書いておきたいと思う。考えるべき事は、香川の個としての能力、香川と他の選手との組み合わせ、そして、香川の可能性、という3つ。 香川の最大の魅力は何かと言えば、それは良質な......続きを読む»

アジアカップに向けて最後のピースとなるのは乾貴士と内田篤人か? 安全策としての遠藤保仁と今野泰幸は成功するか? キーマンは太田宏介と豊田陽平になるかもしれない。

GK 川島永嗣 西川周作 東口順昭 DF 吉田麻也 森重真人 昌子源 塩谷司 DF 酒井高徳 太田宏介 内田篤人 松原健 MF 今野泰幸 田口泰士 MF 香川真司 遠藤保仁 長谷部誠 柴崎岳 FW 武藤嘉紀 乾貴士 本田圭佑 小林悠 FW 岡崎慎司 豊田陽平 個人的には、遠藤と今野が招集されたのは意外だったが、過去の4試合において、中盤中央3枚のパフォーマンスに満足できなかった、という事な......続きを読む»

大迫勇也は先発フル出場し3つのポジションでプレイ。岡崎を参考にして大迫が改善すべき2つの事について。 【 ケルン vs フライブルク 】

試合 :ブンデスリーガ 第10節 開催日:2014年11月2日 結果 :フライブルク勝利 スコア:「0-1」 得点者:ダリダ(PK) 【 ケルン 】 FW ツォラー 大迫勇也 MF スヴェント レーマン フォフト ハルファー DF ヘクトル ヴィマー マブライ オルコウスキ GK ホルン 「4-4-2」でツォラーと大迫の2トップなのだが、その2人が同じような動きをする、という事がま......続きを読む»

本田圭佑もさすがに使われ続けているので疲労の色が濃くなっている。しかし、ミランの問題は本田以外の選手のパフォーマンスの悪さにあると思う。 【 ACミラン vs パレルモ 】

試合 :セリエA 第10節 開催日:2014年11月2日 結果 :パレルモ勝利 スコア:「0-2」 得点者:OG ディバラ 【 ACミラン 】 FW            トーレス MF メネズ                  本田圭佑 MF      サポナラ  デ・ヨング ポーリ DF デ・シーリョ   ラミ    サパタ   アバーテ GK          ディエゴ・ロペス ......続きを読む»

香川真司については良いパフォーマンスの試合だった。しかし、クロップとグアルディオラの采配対決はグアルディオラが寄り切り。 【 バイエルン・ミュンヘン vs ボルシア・ドルトムント 】

試合 :ブンデスリーガ 第10節 開催日:2014年11月1日 結果 :バイエルン・ミュンヘン勝利 スコア:「2-1」 得点者:ロイス レヴァンドフスキ ロッベン(PK) 【 バイエルン・ミュンヘン 】 FW       レヴァンドフスキ ミュラー MF ゲッツェ                 ロッベン MF     ベルナト シャビ・アロンソ ラーム DF     アラバ   ボアテ......続きを読む»

内田篤人がスーパープレイで1アシスト。ドリブルや仕掛けという部分に関してはかなり試合開始から意欲的にトライしていたような印象だった。 【 シャルケ vs アウグスブルク 】

試合 :ブンデスリーガ 第10節 開催日:2014年10月31日 結果 :シャルケ勝利 スコア:「1-0」 得点者:フンテラール 【 シャルケ 】 FW フンテラール MF チュポ・モティング メイヤー オバシ MF キルヒホフ ヘーガー DF アオゴ ノイステッター ヘヴェデス 内田篤人 GK フェーマン FW フンテラール MF オバシ メイヤー クレメンス MF アオゴ キル......続きを読む»

山田大記はブンデス2部で奮闘中。物足りない部分を向上させる事ができれば代表でも主力と成り得る選手だと思う。 【 カールスルーエ vs ザントハウゼン 】

試合 :ブンデスリーガ2部 第12節 開催日:2014年10月31日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:トーレス シュティーフラー 【 カールスルーエ 】 FW ミツァンスキ MF 山田大記 ヘニングス パク・ジュンビン MF ヤボ メファート DF マックス グルデ ゴードン バレンティーニ GK オルリスハウゼン FW ミツァンスキ MF 山田大記 バリー トーレス......続きを読む»

本田圭佑も含めて全体的に個々の選手のパフォーマンスが悪かった。しかし、本田は最も安定感のあるパフォーマンスを続けている選手ではあると思う。 【 カリアリ vs ACミラン 】

試合 :セリエA 第9節 開催日:2014年10月29日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:ボナヴェントゥーラ イバルボ 【 ACミラン 】 FW            トーレス MF エル・シャラウィ                 本田圭佑 MF      ムンタリ  デ・ヨング ボナベントゥーラ DF デ・シーリョ   ラミ   アレックス  アバーテ GK    ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:403
  • 累計のページビュー:24288603

(07月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss