FCKSA66

月別アーカイブ :2014年06月

コロンビア戦選手評価 【 長友佑都。内田篤人。今野泰幸。吉田麻也。川島永嗣。山口蛍。清武弘嗣。柿谷曜一朗。 】

試合 :ブラジルW杯 グループC 第3戦 開催日:2014年6月25日 結果 :コロンビア代表勝利 スコア:「1-4」 得点者:クアドラード(PK) 岡崎慎司 マルティネス×2 ハメス・ロドリゲス FW 大久保嘉人 MF 香川真司 本田圭佑 岡崎慎司 MF 長谷部誠 青山敏弘 DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人 GK 川島永嗣 FW 柿谷曜一朗 大久保嘉人 MF 清......続きを読む»

コロンビア戦選手評価 【 大久保嘉人。本田圭佑。香川真司。岡崎慎司。長谷部誠。青山敏弘。 】

試合 :ブラジルW杯 グループC 第3戦 開催日:2014年6月25日 結果 :コロンビア代表勝利 スコア:「1-4」 得点者:クアドラード(PK) 岡崎慎司 マルティネス×2 ハメス・ロドリゲス FW 大久保嘉人 MF 香川真司 本田圭佑 岡崎慎司 MF 長谷部誠 青山敏弘 DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人 GK 川島永嗣 FW 柿谷曜一朗 大久保嘉人 MF 清......続きを読む»

コロンビア戦 【 その原因と責任はミスリードを数の暴力で正当化し続けた周囲の人々にもある。 】

試合 :ブラジルW杯 グループC 第3戦 開催日:2014年6月25日 結果 :コロンビア代表勝利 スコア:「1-4」 得点者:クアドラード(PK) 岡崎慎司 マルティネス×2 ハメス・ロドリゲス FW 大久保嘉人 MF 香川真司 本田圭佑 岡崎慎司 MF 長谷部誠 青山敏弘 DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人 GK 川島永嗣 FW 柿谷曜一朗 大久保嘉人 MF 清......続きを読む»

これからの日本のサッカーのテーマは「賢く戦う」という事。

テクニック。フィジカル。タクティクス。インテリジェンス。日本のサッカーには、まだまだ多くの要素が不足していると思うが、テクニックとフィジカルを少しでも高くする、というのは当たり前の事で、しかし、テクニックとフィジカル以外の要素で日本を世界のトップ4入りさせる方法があるとすれば、それは、タクティクスとインテリジェンスを高くする事、であると個人的には思っている。タクティクスとインテリジェンスをも......続きを読む»

コロンビア戦の対策と攻略法と個人的な意見としてのスタメン11人と交代策。

コロンビアと言えば、バルデラマの時代を知っている人であれば、とにかく足元から足元へと繋いで、ボールキープ、パス、ボールキープ、パス、という感じで相手ゴールを目指す、少し特殊なサッカーをやっていたわけだが、2011年のコパ・アメリカで見た時には、もうそういうサッカーはやっていなくて、簡単に言えば、普通のサッカーをやるようになっていて、それが近年になってコロンビアが復権してきた理由の1つだと言え......続きを読む»

ギリシャ戦選手評価 【 長友佑都。内田篤人。今野泰幸。吉田麻也。川島永嗣。遠藤保仁。香川真司。 】

試合 :ブラジルW杯 グループC 第2戦 開催日:2014年6月20日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: FW 大迫勇也 MF 岡崎慎司 本田圭佑 大久保嘉人 MF 山口蛍 長谷部誠 DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人 GK 川島永嗣 FW 岡崎慎司 MF 香川真司 本田圭佑 大久保嘉人 MF 遠藤保仁 山口蛍 DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田......続きを読む»

ギリシャ戦選手評価 【 大迫勇也。本田圭佑。岡崎慎司。大久保嘉人。山口蛍。長谷部誠。 】

試合 :ブラジルW杯 グループC 第2戦 開催日:2014年6月20日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: FW 大迫勇也 MF 岡崎慎司 本田圭佑 大久保嘉人 MF 山口蛍 長谷部誠 DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人 GK 川島永嗣 FW 岡崎慎司 MF 香川真司 本田圭佑 大久保嘉人 MF 遠藤保仁 山口蛍 DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田......続きを読む»

ギリシャ戦 【 冷めたピザは美味しくない? それとも、冷めても美味しい? 】

試合 :ブラジルW杯 グループC 第2戦 開催日:2014年6月20日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: FW 大迫勇也 MF 岡崎慎司 本田圭佑 大久保嘉人 MF 山口蛍 長谷部誠 DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人 GK 川島永嗣 FW 岡崎慎司 MF 香川真司 本田圭佑 大久保嘉人 MF 遠藤保仁 山口蛍 DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田......続きを読む»

ギリシャがどのような戦い方をしてきても対応できるようにしたい。

FW         大迫勇也 MF  長友佑都   本田圭佑   岡崎慎司 MF      遠藤保仁  長谷部誠 DF 今野泰幸 吉田麻也  森重真人 内田篤人 GK         西川周作 ギリシャ戦のスタメンは、上記のような布陣が良いのではないだろうか。1トップには大迫。1トップのスタメンは大久保にする、という事も良いとは思うが、途中出場でも活躍できそうなのは大迫......続きを読む»

「らしく」戦えなかった理由。勝つ流れになっているならば「らしさ」は関係無い。重要なのは「らしさ」よりも修正力。

結果と内容、どちらが重要なのか? その答えは簡単で、どちらも重要。4年間の集大成であるW杯という大会で、内容が良ければ結果は悪くても構わない、という考え方はナンセンス。内容が良ければ結果は悪くても構わない、という戦い方は、親善試合やテストマッチでいくらでもやれば良い。W杯で良い結果を残さないと、日本人選手の海外移籍、代表のマッチメイク、海外の優秀な監督や選手の獲得、という事を難しくしてしまう......続きを読む»

コートジボワール戦選手評価 【 長友佑都。内田篤人。吉田麻也。森重真人。川島永嗣。遠藤保仁。大久保嘉人。柿谷曜一朗。 】

試合 :ブラジルW杯 グループC 第1戦 開催日:2014年6月15日 結果 :コートジボワール代表勝利 スコア:「1-2」 得点者:本田圭佑 ボニー ジェルビーニョ FW 大迫勇也 MF 香川真司 本田圭佑 岡崎慎司 MF 長谷部誠 山口蛍 DF 長友佑都 吉田麻也 森重真人 内田篤人 GK 川島永嗣 FW 柿谷曜一朗 MF 大久保嘉人 本田圭佑 岡崎慎司 MF 遠藤保......続きを読む»

コートジボワール戦選手評価 【 大迫勇也。本田圭佑。香川真司。岡崎慎司。長谷部誠。山口蛍。 】

試合 :ブラジルW杯 グループC 第1戦 開催日:2014年6月15日 結果 :コートジボワール代表勝利 スコア:「1-2」 得点者:本田圭佑 ボニー ジェルビーニョ FW 大迫勇也 MF 香川真司 本田圭佑 岡崎慎司 MF 長谷部誠 山口蛍 DF 長友佑都 吉田麻也 森重真人 内田篤人 GK 川島永嗣 FW 柿谷曜一朗 MF 大久保嘉人 本田圭佑 岡崎慎司 MF 遠藤保仁......続きを読む»

コートジボワール戦 【 まだ3試合の内の1試合で負けたに過ぎない。 】

試合 :ブラジルW杯 グループC 第1戦 開催日:2014年6月15日 結果 :コートジボワール代表勝利 スコア:「1-2」 得点者:本田圭佑 ボニー ジェルビーニョ FW 大迫勇也 MF 香川真司 本田圭佑 岡崎慎司 MF 長谷部誠 山口蛍 DF 長友佑都 吉田麻也 森重真人 内田篤人 GK 川島永嗣 FW 柿谷曜一朗 MF 大久保嘉人 本田圭佑 岡崎慎司 MF 遠藤保仁 山口......続きを読む»

より戦い方に拘るか。より結果に拘るか。それが問題だ。 【 スペイン代表 vs オランダ代表 】

試合 :ブラジルW杯 グループB 第1戦 開催日:2014年6月14日 結果 :オランダ代表勝利 スコア:「1-5」 得点者:シャビ・アロンソ(PK) ファン・ペルシ ロッベン デ・フライ ファン・ペルシ ロッベン 【 スペイン代表 】 FW イニエスタ ジエゴ・コスタ シルバ MF シャビ・アロンソ シャビ MF ブスケツ DF アルバ セル......続きを読む»

システムの組み合わせによる有利不利は時に最も勝敗を分ける要素となる。 【 メキシコ代表 vs カメルーン代表 】

試合 :ブラジルW杯 グループA 第1戦 開催日:2014年6月14日 結果 :メキシコ代表勝利 スコア:「1-0」 得点者:ペラルタ 【 メキシコ代表 】 FW ドス・サントス ペラルタ MF グアルダード エレーラ MF ラジュン バスケス アギラル DF モレノ マルケス ロドリゲス GK オチョア FW ドス・サントス エル......続きを読む»

ネイマールとオスカルが高いパフォーマンスを発揮して勝利。 【 ブラジル代表 vs クロアチア代表 】

試合 :ブラジルW杯 グループA 第1戦 開催日:2014年6月13日 結果 :ブラジル代表勝利 スコア:「3-1」 得点者:OG ネイマール ネイマール(PK) オスカル 【 ブラジル代表 】 FW フレッジ MF フッキ ネイマール オスカル MF ルイス・グスタボ パウリーニョ DF マルセロ ダビド・ルイス チアゴ・シウバ ダニエウ・ア......続きを読む»

南アフリカW杯を戦った日本代表の戦術的な回顧録 【4】

ワールドカップイヤーとなる2010年。本番まで残り半年となるなかで、岡田ジャパンが最初にやった事は、新戦力の模索と、どの布陣がベストなのか、という事の模索だった。そして、その新戦力という事で言えば、注目されたのは、平山と小笠原、という2人だった。前線で起点となれる1トップ、という事で、その当時、調子の良かった平山を試したわけだが、ここで注目したいのは、岡田監督は、いちおうこの時に、堅守カウン......続きを読む»

南アフリカW杯を戦った日本代表の戦術的な回顧録 【3】

① 前線で起点となれるFWがいない。 ② 左サイドアタッカーがいない。 ③ アンカーを起用しない事による守備の危うさ。 2008年を良い状態で終えた岡田ジャパンは2009年を迎える。2009年の1月は、2月に行われる、南アフリカW杯アジア最終予選、オーストラリア戦に向けて、アジアカップの予選であるイエメン戦とバーレーン戦、そして、親善試合でフィンランドと戦った。しかし、ここま......続きを読む»

南アフリカW杯を戦った日本代表の戦術的な回顧録 【2】

岡田ジャパンの船出は厳しいものだった。オシムジャパンの成績や内容が悪くて引き継がれた後任ではなかったし、オシムジャパンの完成形も見え始めていた矢先の監督交代だったから、多くの人は、もうオシムが指揮を採れない事には納得していたし、このような緊急事態に、急遽、代表監督を引き受けてくれた岡田監督には敬意を表してはいたが、しかし、なぜ岡田監督なのか? なぜそんなに急いで後任監督を決めたのか? もう少......続きを読む»

南アフリカW杯を戦った日本代表の戦術的な回顧録 【1】

2006年6月。ドイツW杯。ジーコジャパンは、3試合0勝1分2敗、2得点7失点、グループステージ敗退、という結果で終焉した。顔面を手の平で叩かれたようなショックを受け、日本サッカーには激しい失望と批判の目が向けられる事になる。そこで、川淵会長は、その批判の矛先をかわすために、批判の波を鎮めるために、1つの奇策に打って出た。それが、「次の代表監督はオシム」、と思わず口を滑らせちゃった作戦である......続きを読む»

ザンビア戦選手評価 【 長友佑都。内田篤人。酒井宏樹。今野泰幸。吉田麻也。森重真人。西川周作。齋藤学。 】

試合 :国際親善試合 開催日:2014年6月7日 結果 :日本代表勝利 スコア:「4-3」 得点者:カトンゴ シンカラ 本田圭佑 香川真司 本田圭佑 ムソンダ 大久保嘉人 FW 柿谷曜一朗 MF 香川真司 本田圭佑 岡崎慎司 MF 遠藤保仁 山口蛍 DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人 GK 西川周作 FW 大迫勇也 MF 齋藤......続きを読む»

ザンビア戦選手評価 【 本田圭佑。香川真司。山口蛍。遠藤保仁。青山敏弘。 】

試合 :国際親善試合 開催日:2014年6月7日 結果 :日本代表勝利 スコア:「4-3」 得点者:カトンゴ シンカラ 本田圭佑 香川真司 本田圭佑 ムソンダ 大久保嘉人 FW 柿谷曜一朗 MF 香川真司 本田圭佑 岡崎慎司 MF 遠藤保仁 山口蛍 DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人 GK 西川周作 FW 大迫勇也 MF 齋藤......続きを読む»

ザンビア戦選手評価 【 柿谷曜一朗。大迫勇也。岡崎慎司。大久保嘉人。 】

試合 :国際親善試合 開催日:2014年6月7日 結果 :日本代表勝利 スコア:「4-3」 得点者:カトンゴ シンカラ 本田圭佑 香川真司 本田圭佑 ムソンダ 大久保嘉人 FW 柿谷曜一朗 MF 香川真司 本田圭佑 岡崎慎司 MF 遠藤保仁 山口蛍 DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人 GK 西川周作 FW 大迫勇也 MF ......続きを読む»

ザンビア戦 【 3試合のテストマッチでの満足度は60%ぐらい。 】

試合 :国際親善試合 開催日:2014年6月7日 結果 :日本代表勝利 スコア:「4-3」 得点者:カトンゴ シンカラ 本田圭佑 香川真司 本田圭佑 ムソンダ 大久保嘉人 FW 柿谷曜一朗 MF 香川真司 本田圭佑 岡崎慎司 MF 遠藤保仁 山口蛍 DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人 GK 西川周作 【 繰り返される同じパター......続きを読む»

中盤の守備力とDFラインとGKの連携がザックジャパンの結果に対する生命線。

コスタリカ戦では、前半31分の失点、それが最も重要な出来事であったと思う。やはりザックジャパンの最大の懸念材料は守備。しかし、現時点に至っては、もはやDFラインの選手たちの能力不足を指摘しても意味が無いと言える。確かに、コスタリカ戦の失点は、今野の対応の悪さが3つあった原因の1つではあったが、もはやザックジャパンの場合には、最後のところで、防げるか防げないか、という事が、DFラインの選手の個......続きを読む»

コスタリカ戦選手評価 【 吉田麻也。森重真人。川島永嗣。岡崎慎司。遠藤保仁。長友佑都。酒井宏樹。柿谷曜一朗。 】

試合 :国際親善試合 開催日:2014年6月3日 結果 :日本代表勝利 スコア:「3-1」 得点者:ルイス 遠藤保仁 香川真司 柿谷曜一朗 FW 大迫勇也 MF 香川真司 本田圭佑 大久保嘉人 MF 山口蛍 青山敏弘 DF 今野泰幸 吉田麻也 森重真人 内田篤人 GK 川島永嗣 FW 大迫勇也 MF 香川真司 本田圭佑 岡崎慎司 M......続きを読む»

コスタリカ戦選手評価 【 大迫勇也。本田圭佑。香川真司。大久保嘉人。山口蛍。青山敏弘。今野泰幸。内田篤人。 】

試合 :国際親善試合 開催日:2014年6月3日 結果 :日本代表勝利 スコア:「3-1」 得点者:ルイス 遠藤保仁 香川真司 柿谷曜一朗 FW 大迫勇也 MF 香川真司 本田圭佑 大久保嘉人 MF 山口蛍 青山敏弘 DF 今野泰幸 吉田麻也 森重真人 内田篤人 GK 川島永嗣 FW 大迫勇也 MF 香川真司 本田圭佑 岡崎慎司 MF 遠藤保仁 山口蛍 DF 今野泰幸 吉田麻......続きを読む»

コスタリカ戦 【 順調に仕上がっている多くの選手たちのフィジカルコンディション。 】

試合 :国際親善試合 開催日:2014年6月3日 結果 :日本代表勝利 スコア:「3-1」 得点者:ルイス 遠藤保仁 香川真司 柿谷曜一朗 FW 大迫勇也 MF 香川真司 本田圭佑 大久保嘉人 MF 山口蛍 青山敏弘 DF 今野泰幸 吉田麻也 森重真人 内田篤人 GK 川島永嗣 【 まずは大久保が攻撃を牽引。 】 まず立ち上がりに良さを見せたのは大久保。......続きを読む»

ドイツW杯を戦った日本代表の戦術的な回顧録。

ジーコジャパンの船出は「黄金のカルテット」からだった。ジーコ監督の現役時代になぞらえて、当時海外で活躍していた、中田英寿、中村俊輔、小野伸二、稲本潤一、という4人で構成した「4-4-2」の中盤、これがジーコジャパンの原点であり、最後もそこに回帰したと言える。しかし、ジーコは自身現役時代の黄金のカルテットについて、上手く機能していなかった、と後に語っていたが、同じように日本の黄金のカルテットも思う......続きを読む»

日韓W杯を戦った日本代表の戦術的な回顧録。

フランスW杯後の日本代表の監督に就任したのはフランス人であるフィリップ・トルシエ。日本サッカー協会としてはアーセン・ベンゲルに強く就任を要請していたが、現在もその監督であるアーセナルとの契約があった事などを理由に断られ、しかし、そのアーセン・ベンゲルの紹介という事で日本代表の監督に就任したのがフィリップ・トルシエだった。トルシエは主にアフリカのクラブチームやナショナルチームでの実績があった監督で......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:24399675

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss