FCKSA66

月別アーカイブ :2013年11月

1トップとして復活の狼煙を上げる岡崎慎司。日本代表で岡崎と柿谷の起用するポジションを入れ替えてみるのも良いのではないだろうか。 【 ブレーメン vs マインツ 】

試合 :ブンデスリーガ 第13節 開催日:2013年11月24日 結果 :マインツ勝利 スコア:「2-3」 得点者:ニコライ・ミュラー 岡崎慎司×2 エリア ディ・サント ○ 最新エントリー 【2013/11/29】 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】 ...続きを読む»

岡崎慎司と乾貴士について。 【 マインツ vs フランクフルト 】

試合 :ブンデスリーガ 第12節 開催日:2013年11月10日 結果 :マインツ勝利 スコア:「1-0」 得点者:チュポ・モティング ○ 最新エントリー 【2013/11/25】 1トップとして復活の狼煙を上げる岡崎慎司。日本代表で岡崎と柿谷の起用するポジションを入れ替えてみるのも良いのではないだろうか。 【 ブレーメン vs マインツ 】 ...続きを読む»

ベルギー戦 【 どこが変わったのか? しかし変わらなかった部分も。 】

試合 :国際親善試合 開催日:2013年11月19日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-3」 得点者:ミララス 柿谷曜一朗 本田圭佑 岡崎慎司 アルデルワイレルト ○ 最新エントリー 【2013/11/22】 ベルギー戦選手評価 【 ザックには20人前後ぐらいの選手を最大限に活用して勝利を求める采配をお願いしたい。 】 ...続きを読む»

オランダ戦選手評価 【 個としての課題を1つ1つクリアして行く事がチーム力のアップに直結すると思う。 】

試合 :国際親善試合 開催日:2013年11月16日 結果 :引き分け スコア:「2-2」 得点者:ファン・デル・ファールト ロッベン 大迫勇也 本田圭佑 ○ 最新エントリー 【2013/11/21】 ベルギー戦 【 どこが変わったのか? しかし変わらなかった部分も。 】 ...続きを読む»

オランダ戦 【 後半に日本が良くなった理由。香川と遠藤をスタメン起用しなかった理由。ベルギー戦へ向けて。 】

試合 :国際親善試合 開催日:2013年11月16日 結果 :引き分け スコア:「2-2」 得点者:ファン・デル・ファールト ロッベン 大迫勇也 本田圭佑 ○ 最新エントリー 【2013/11/19】 オランダ戦選手評価 【 個としての課題を1つ1つクリアして行く事がチーム力のアップに直結すると思う。 】 ...続きを読む»

戦い方の幅を広げる戦い。これからのザックジャパンがやるべき6つの事。

守備に関しては良さを取り戻しつつあると思う。対アジアの戦いの中で忘れていた、南アフリカW杯の時の守備、と言うよりも、2010年のザックジャパンにあった守備。つまり、DFラインの高い低いではなく、全員が守備意識を高く持った全員守備。ウルグアイ(8月14日)に「2-4」で敗戦した後、グアテマラ戦(9月6日)「3-0」、ガーナ戦(9月10日)「3-1」、セルビア戦(10月11日)「0-2」、ベラルーシ戦(......続きを読む»

香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】

試合 :プレミアリーグ 第11節 開催日:2013年11月11日 結果 :マンチェスター・ユナイテッド勝利 スコア:「1-0」 得点者:ファン・ペルシ ○ 最新エントリー 【2013/11/14】 岡崎慎司と乾貴士について。 【 マインツ vs フランクフルト 】 ...続きを読む»

「3-4-3」は日本人選手に適していない?

かどうかは何とも言えない。確かに「3-4-3」は個々が1対1や1対2で勝てる事を前提としていたが、過去形で「していた」と書いたように、かつての「3-4-3」はそうだったが、現在の「3-4-3」というのは、左右のウイングとトップ下(偽9番でも)だけがそうであれば良い、という感じに少し変わってきている。それはなぜかと言えば、簡単に言えば、コンパクトなブロックを作り、最終ラインはラインディフェンスで守る、......続きを読む»

96ジャパンの評価。吉武博文サッカーにある光と影。

グアルディオラ時代のバルサのサッカーを見事に習得したチームだった。「4-1-2-3」の「3」の中央、いわゆるCFは最前線の中央に張ってプレイするのではなく、ピッチを自由に動いて起点を作り出す。通称「偽9番」もしくは「ゼロトップ」と呼ばれるこのシステムは、グアルディオラがメッシを使って生み出した(あるいは完成させた)システムで、特にポゼッション志向のサッカーをやるには有効性が高い。 ○ 最新エン......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:4331
  • 累計のページビュー:24576591

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss