FCKSA66

月別アーカイブ :2013年07月

韓国戦選手評価 【 柿谷曜一朗。高萩洋次郎。原口元気。工藤壮人。青山敏弘。山口螢。 】

試合 :東アジアカップ2013 開催日:2013年7月28日 結果 :日本代表勝利・優勝 スコア:「2-1」 得点者:柿谷曜一朗 ユン・イルロク 柿谷曜一朗 ○ 最新エントリー 【2013/07/31】 韓国戦選手評価 【 槙野智章。駒野友一。徳永悠平。森重真人。栗原勇蔵。西川周作。山田大記。豊田陽平。 】 ...続きを読む»

韓国戦 【 押し込まれようが、なかなか攻撃できなかろうが、相手よりも多く失点しなければ負ける事は無い。耐えて、なんだかんだ勝つ。それが重要だ。 】

試合 :東アジアカップ2013 開催日:2013年7月28日 結果 :日本代表勝利・優勝 スコア:「2-1」 得点者:柿谷曜一朗 ユン・イルロク 柿谷曜一朗 ○ 最新エントリー 【2013/07/30】 韓国戦選手評価 【 柿谷曜一朗。高萩洋次郎。原口元気。工藤壮人。青山敏弘。山口螢。 】 ...続きを読む»

韓国戦(女子) 【 目指している方向性は間違っていないが、そのためのプロセスと選手配置については再考する必要があるのではないだろうか。 】

試合 :東アジアカップ2013 開催日:2013年7月27日 結果 :韓国勝利 スコア:「1-2」 得点者:チ・ソヨン×2 大儀見優季 ○ 最新エントリー 【2013/07/29】 韓国戦 【 押し込まれようが、なかなか攻撃できなかろうが、相手よりも多く失点しなければ負ける事は無い。耐えて、なんだかんだ勝つ。それが重要だ。 】 ...続きを読む»

オーストラリア戦選手評価 【 徳永悠平。森脇良太。千葉和彦。鈴木大輔。権田修一。山口螢。工藤壮人。栗原勇蔵。 】

試合 :東アジアカップ2013 開催日:2013年7月25日 結果 :日本代表勝利 スコア:「3-2」 得点者:齋藤学 大迫勇也 デューク ユリッチ 大迫勇也 ○ 最新エントリー 【2013/07/29】 韓国戦 【 押し込まれようが、なかなか攻撃できなかろうが、相手よりも多く失点しなければ負ける事は無い。耐えて、なんだかんだ勝つ。それが重要だ。 】 ...続きを読む»

オーストラリア戦選手評価 【 豊田陽平。大迫勇也。山田大記。齋藤学。扇原貴宏。高橋秀人。 】

試合 :東アジアカップ2013 開催日:2013年7月25日 結果 :日本代表勝利 スコア:「3-2」 得点者:齋藤学 大迫勇也 デューク ユリッチ 大迫勇也 ○ 最新エントリー 【2013/07/28】 オーストラリア戦選手評価 【 徳永悠平。森脇良太。千葉和彦。鈴木大輔。権田修一。山口螢。工藤壮人。栗原勇蔵。 】 【2013/07/27】 韓国戦(女子) 【 目指してい......続きを読む»

北朝鮮戦(女子) 【 もう少し相手に強い脅威を与えられるような戦い方を、なでしこジャパンには期待したい。 】

試合 :東アジアカップ2013 開催日:2013年7月25日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: ○ 最新エントリー 【2013/07/27】 韓国戦(女子) 【 目指している方向性は間違っていないが、そのためのプロセスと選手配置については再考する必要があるのではないだろうか。 】 【2013/07/27】 オーストラリア戦選手評価 【 豊田陽平。大迫勇也。山田......続きを読む»

オーストラリア戦 【 守備におけるセオリーを身に付けたい。リードを守りきって勝てるようなチームにならなければ良い結果を出し続けられるチームにはなれない。 】

試合 :東アジアカップ2013 開催日:2013年7月25日 結果 :日本代表勝利 スコア:「3-2」 得点者:齋藤学 大迫勇也 デューク ユリッチ 大迫勇也 ○ 最新エントリー 【2013/07/27】 オーストラリア戦選手評価 【 豊田陽平。大迫勇也。山田大記。齋藤学。扇原貴宏。高橋秀人。 】 ...続きを読む»

与えられた役割(タスク)を合格点でこなしつつ、監督のオーダーや作戦をしっかりとこなしつつ、その上でプラスアルファとなるプレーを見せなければならない。

オーストラリアは、中央を固める(中央に全体が絞る)守備をして、2列目を飛ばしてトップに長いボールを入れ、そのセカンドボールを拾い、そのままDFラインの裏を狙って縦に仕掛けるか、もしくは、サイドへ展開してクロスか、という攻撃をしてくる。たまに、しっかりボールを繋いで、という攻撃をしてくる時もあるが、そちらの方は日本にとっては守りやすいし、やはり、キック&ラッシュの攻撃に対してどう守るのか、そして、中央......続きを読む»

中国戦(女子) 【 攻撃は大儀見システムの完成を目指したい。守備はポゼッション型の守備を目指したい。もっとサイドでの起点力を高めたい。 】

試合 :東アジアカップ2013 開催日:2013年7月20日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-0」 得点者:安藤梢 中島依美 ○ 最新エントリー 【2013/07/25】 北朝鮮戦(女子) 【 もう少し相手に強い脅威を与えられるような戦い方を、なでしこジャパンには期待したい。 】 ...続きを読む»

中国戦選手評価 【 槙野智章。駒野友一。栗原勇蔵。森重真人。西川周作。高橋秀人。齋藤学。大迫勇也。 】

試合 :東アジアカップ2013 開催日:2013年7月21日 結果 :引き分け スコア:「3-3」 得点者:ワン・ヨンポ(PK) 栗原勇蔵 柿谷曜一朗 工藤壮人 ワン・ヨンポ(PK) スン・ケー ○ 最新エントリー 【2013/07/25】 与えられた役割(タスク)を合格点でこなしつつ、監督のオーダーや作戦をしっかりとこなしつつ、その上でプラスアルファとなるプレーを見せなければな......続きを読む»

中国戦選手評価 【 柿谷曜一朗。高萩洋次郎。原口元気。工藤壮人。青山敏弘。山口螢。 】

試合 :東アジアカップ2013 開催日:2013年7月21日 結果 :引き分け スコア:「3-3」 得点者:ワン・ヨンポ(PK) 栗原勇蔵 柿谷曜一朗 工藤壮人 ワン・ヨンポ(PK) スン・ケー ○ 最新エントリー 【2013/07/24】 中国戦選手評価 【 槙野智章。駒野友一。栗原勇蔵。森重真人。西川周作。高橋秀人。齋藤学。大迫勇也。 】 ...続きを読む»

中国戦 【 選手が異なっても同じ問題点を露呈した日本代表。この試合でのポジティブな部分とネガティブな部分とは? 】

試合 :東アジアカップ2013 開催日:2013年7月21日 結果 :引き分け スコア:「3-3」 得点者:ワン・ヨンポ(PK) 栗原勇蔵 柿谷曜一朗 工藤壮人 ワン・ヨンポ(PK) スン・ケー ○ 最新エントリー 【2013/07/23】 中国戦選手評価 【 柿谷曜一朗。高萩洋次郎。原口元気。工藤壮人。青山敏弘。山口螢。 】 ...続きを読む»

個における良い攻撃とは? ボールコントロールとオフザボールの動きとリアクションの仕掛けとは?

個における良い攻撃とは、ボールコントロールをミスしない事が第一。特に、肉体的なプレッシャーがかかった時、精神的なプレッシャーがかかった時、そういうプレッシャー時に、いかにボールコントロールをミスしないか、という事が最も重要。更には、どれだけスピードを出している状態でボールコントロールをミスしないか、どれだけスピードが出ているボールのコントロールをミスしないか、という事も同じぐらい重要。シュート、ドリ......続きを読む»

個における良い守備とは? ゼロコンマ何秒の反応速度を上げるためには?

個における良い守備とは、相手の動きを察知する事が第一。そして、相手の動きを察知するためには、まず第一に相手の動きの癖を見抜くようにしたい。左に抜く事が多いのか、右に抜く事が多いのか。左回転のターンが多いのか、右回転のターンが多いのか。縦への動きを得意としているのか、横への動きを得意としているのか。とにかく、人間の動きや思考にはパターンがあるので、こういうシチュエーションになったらこの選手はこういうプ......続きを読む»

東アジアカップメンバー。東アジアカップを有意義なものにしなければならない。

ザック云く。「W杯への1年間、ここまで戦ってきたメンバーの実力はわかっているが、他のメンバーについても1週間での成長を間近で見ることができるので、しっかり吟味した上で新しくメンバーに入ってくる選手がいれば、これ以上に嬉しい事はない。チーム内での競争が激しくなれば、よりチームの成長を促すことができる。このメンバーのパフォーマンスから、これまでのメンバーがいい刺激を受ければと思う」。 ○ 最新エン......続きを読む»

個としてのアピールよりも、チームを良い結果へと導いたという実績。そして、チームを良い結果へと導いたという実績こそが、個としての最大のアピールとなる。

主力ではない選手たちが中心であろうと、招集された選手たちが誰であろうと、優勝する、という事だけを考えてプレーして欲しい。ザックに気に入られるかどうかとか、ザックの戦い方に合うかどうかとか、つまり、2014年のW杯のメンバーに選ばれるために、という事を第一に考えてプレーして欲しくない、という事。2014年のW杯で戦うチームは2014年のW杯で戦うチーム、東アジアカップで戦うチームは東アジアカップで戦う......続きを読む»

齋藤学が高いパフォーマンスと結果を見せる。栗原勇蔵も守備だけではなく攻撃でも良いパフォーマンスを見せる。 【 浦和レッズ vs 横浜F・マリノス 】

試合 :J1リーグ 第17節 開催日:2013年7月17日 結果 :横浜F・マリノス勝利 スコア:「2-3」 得点者:マルキーニョス 那須大亮 槙野智章 齋藤学 栗原勇蔵 ○ 最新エントリー 【2013/07/19】 個における良い守備とは? ゼロコンマ何秒の反応速度を上げるためには? ...続きを読む»

ザックジャパンでも遠藤や憲剛をトップ下として横浜F・マリノスのようなイメージのシステムをやって欲しい。 【 横浜F・マリノス vs 大宮アルディージャ 】

試合 :J1リーグ 第16節 開催日:2013年7月13日 結果 :横浜F・マリノス勝利 スコア:「2-1」 得点者:マルキーニョス 齋藤学 今井智基 ○ 最新エントリー 【2013/07/18】 齋藤学が高いパフォーマンスと結果を見せる。栗原勇蔵も守備だけではなく攻撃でも良いパフォーマンスを見せる。 【 浦和レッズ vs 横浜F・マリノス 】 ...続きを読む»

日本人のメンタリティ、日本人選手のメンタリティ、という事についての考察。

何度も書いているが、私は精神論が嫌い。もっと正確に言えば、私は根性論が嫌い。なぜかと言えば、強いメンタリティは強い信念(あるいは高い頭脳)と強い肉体(あるいは高い技術)によって生まれると考えているからで、つまりは、強い信念(あるいは高い頭脳)と強い肉体(あるいは高い技術)無くして強いメンタリティを持つ事はできない、そう考えているから。勝者のメンタリティとは、まさしく勝つ事によって得られるものではある......続きを読む»

まだまだ日本人選手のテクニックは高くないと考える理由。そして高くならない理由。

では次に、テクニック、という事に関してはどうだろうか? 日本人選手のテクニックとして、おそらく最も優れていると言われるであろうプレーはパスであると思うが、総じて日本人選手のパスというのは、柔らかい、という特性を持っていると思う。例外の代表例としては、やはり中田英寿のスルーパスで、長い距離のスルーパスを狙う事が多かったヒデのスルーパスは多く場合で強かったと思うが、その是非については機会があれば論ずると......続きを読む»

日本人選手に欠けている、サッカーというスポーツにあるセオリー、という基礎力。

サッカーにおける日本人選手の特性とは何だろうか? 最もよく言われるのは、規律があってテクニックに優れる、という事かなと思うのだが、ではまず、規律、とは何だろうか? 人の行為の基準として定められたもの。掟。規律は集団や機構の秩序を維持する決まりに用いられることが多い。そして、掟=規律、という事であるならば、守るべきものとしてすでに定められている事柄が規律、という事でもあると言える。但し、規律、という事......続きを読む»

1対1での競り合い、先の展開を読む力、人を捕捉する力、そこをもう少しでもレベルアップさせないと日本のサッカーは次のステージへと進めないと思う。 【 柏レイソル vs 鹿島アントラーズ 】

試合 :J1リーグ 第16節 開催日:2013年7月13日 結果 :柏レイソル勝利 スコア:「2-1」 得点者:ダヴィ クレオ×2 ○ 最新エントリー 【2013/07/15】 個としてのアピールよりも、チームを良い結果へと導いたという実績。そして、チームを良い結果へと導いたという実績こそが、個としての最大のアピールとなる。 ...続きを読む»

「4-2-3-1」でトップ下に遠藤を起用した場合のコンセプトと「4-4-1-1」にした時の前の2枚に起用する選手のタイプについて。

皆様からのコメントで気になったのは、遠藤をトップ下として起用した時に本田と遠藤の関係性があまり機能しないのではないか、という事と、「4-4-1-1」の時のトップ下としては遠藤や憲剛は機能しないのではないか、という事。実際には、そこについてもきちんと書いたつもりなのだが、しかし、そこに疑問を感じた人もいたようなので、そこについてもう一度書きたいと思う。まず、遠藤をトップ下として起用した時に本田と遠藤の......続きを読む»

W杯へ向けて日本代表選手たちの課題とザックに考えてみて欲しい事。【4】

細貝萌  【 ボランチとして求められる重さと丁寧さ 】 酒井高徳 【 プレーのセオリーやプライオリティを身に付ける 】 酒井宏樹 【 相手の動きを読む力と周囲の状況を的確に把握できる冷静さ 】 栗原勇蔵 【 日本人選手に足りていないのは身体能力ではない 】 伊野波雅彦 【 日本人選手のDFに欠けている要素は共通している 】 ○ 最新エントリー 【2013/07/11】 まだまだ日......続きを読む»

W杯へ向けて日本代表選手たちの課題とザックに考えてみて欲しい事。【3】

前田遼一 【 前田と本田の起用方法と前田の意識改革 】 ハーフナー・マイク 【 役割の整理とフィジカルと判断力の向上 】 清武弘嗣 【 守備力やバランサーとしての能力とシュート技術のアップ 】 乾貴士 【 プレーの幅広さとアイデアとシュート技術とスタミナのコントロール 】 中村憲剛 【 遠藤のバックアップと戦い方の変更を伝える選手になる事。 】 ○ 最新エントリー 【2013/0......続きを読む»

W杯へ向けて日本代表選手たちの課題とザックに考えてみて欲しい事。【2】

長友佑都 【 プレーの判断力と選択とプライオリティ 】 内田篤人 【 強い危機意識を常に働かせて好不調の波を減らす 】 今野泰幸 【 セーフティとボランチやSBでの恒常的な起用 】 吉田麻也 【 細かい部分を突き詰めて堅実に個の守備力を上げる 】 川島永嗣 【 積極的な守備とブレ球への対応力アップ 】 ○ 最新エントリー 【2013/07/09】 「4-2-3-1」でトップ下に遠......続きを読む»

W杯へ向けて日本代表選手たちの課題とザックに考えてみて欲しい事。【1】

本田圭佑 【 スタミナのコントロールと起用方法に工夫を 】 香川真司 【 FWとの連携力アップとボランチとの連携力アップ 】 岡崎慎司 【 オンザボールでのテクニック 】 遠藤保仁 【 フォアアンカー的な起用方法と中村憲剛とのターンオーバー 】 長谷部誠 【 ピッチ上での指揮官にと時には自分が主役に 】 ○ 最新エントリー 【2013/07/08】 W杯へ向けて日本代表選手たちの......続きを読む»

とにかく重要なのは今までベースとしてきた布陣が攻撃的なオプションであると考える事。それ以上に攻撃的になる布陣が必要だとは思えない。

東アジアカップの終了後にはまた考え方が変わるかもしれないが、とりあえずコンフェデが終了した現時点での、ザックジャパンはこうした方が良いのではないか、という事を、布陣を軸にして書いてみたいと思う。ベースとなる布陣は攻守のバランスが取れている事が大切だし、相手や状況によって攻撃的になったり守備的になったりできる柔軟性がある事も大切だし、またそういう事をシステムや布陣によって実現させる、という事も大切だと......続きを読む»

コンフェデレーションズカップ2013ブラジル大会総括。

ブラジルの必死さが印象的な大会だった。とても好印象だった。そして、ネイマールが輝いた大会だった。しかし、もしかしたら、ネイマールは輝き過ぎた大会だったかもしれない。おそらくW杯では「ネイマール封じ」が激しさを増すだろうと思う。そうなってくると、いかにしてネイマールをオトリにして他の選手を活躍させるのか、そこがブラジルの新たな課題となってくるかもしれない。結果を出せなければ真逆になる可能性は高いが、結......続きを読む»

日本代表のクロス。基本をしっかりやれば日本代表はクロスからの得点を増やせる。

日本代表はクロスの本数が少ない、という指摘をしていた記事を読んだ。なぜ日本代表はクロスの本数が少ないのか? 1つには、単純なクロスでは競り勝てない、という考え方が、そもそもとして、日本代表のサッカーのベースにはあるからだと思うのだが、しかし、もう1つには、クロスに対する考え方が成熟していない、クロスとはどうあるべきか、クロスのプライオリティとはどうあるべきか、そこに確かな考え方を持っていないからなの......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:5102
  • 累計のページビュー:24256500

(06月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss