FCKSA66

月別アーカイブ :2013年05月

そもそもとして、ザックの意図がどうであれ、今のザックの「3-4-3」というのは、「3-4-3」でも無ければ攻撃的なシステムでも無い、という事なのではないだろうか。

ザックがやる「3-4-3」にはトップ下がいない。バルサやビエルサがやる「3-4-3」にはトップ下がいる。なぜザックの「3-4-3」にはトップ下がいないのか? なぜザックは「3-4-3」の時にトップ下を置かないのか? バルサやビエルサの「3-4-3」は、ウイングは単独で仕掛ける、それから、中央を起点としてウイングを使う、更には、3バックのサイドのCBもボランチやSBのように攻撃に加わる。ザックの「3-......続きを読む»

ザックが云うところのインテシティとは何を指し示しているのか?

ブルガリア戦とオーストラリア戦のメンバー発表の時のザックの発言。 「選手たちに言おうと思っていることは、このチームが良いときはチームのインテンシティが発揮され、回転率が高いときだと思っていること。そして、そのインテンシティを出すために必要なのが集中といったところなので、選手に注意を呼び掛けてやっていきたい。欧州のサッカーを見ても、いくら個の力が強くてもインテンシティに欠けたチームは結果を残せて......続きを読む»

バランスという観点からザックジャパンを考察。

バランスという視点で現在のザックジャパンを考えてみると、SBのところのバランスが少し悪いかなと思います。左から右へ、というのがザックジャパンの攻撃の形で、 FW:     前田遼一  岡崎慎司 MF: 香川真司   本田圭佑 MF:     遠藤保仁  長谷部誠 DF:長友佑都 今野泰幸  吉田麻也 内田篤人 GK:        川島永嗣 という事は上記のような形になる。つまり......続きを読む»

香川真司の2012-13シーズンを総括。理解者に囲まれたシーズン。対強豪クラブ。前を向けるかどうか。来季に重要となってくる事はファン・ペルシとの連携。

赤い悪魔の仲間となった香川。サー・アレックス・ファーガソンの下でプレーするのが1シーーズンだけになろうとは思ってもいなかったが、20試合に出場、17試合でスタメン、そして、ハットトリックを含む6得点、という成績は悪くないものだったと思う。マンチェススター・ユナイテッドという伝統のあるビッグクラブで、しかもプレミア初挑戦で、怪我がありながらも、チームはプレミアリーグで優勝を果たし、これだけの結果を出せ......続きを読む»

ハインケス有終の美。最強のチームをグアルディオラへとパス。【 ボルシア・ドルトムント vs バイエルン・ミュンヘン 】

試合 :CL 決勝トーナメント 決勝戦 開催日:2013年5月25日 結果 :バイエルン・ミュンヘン勝利 スコア:「1-2」 得点者:マンジュキッチ ギュンドアン(PK) ロッベン ○ 最新エントリー 【2013/05/27】 香川真司の2012-13シーズンを総括。理解者に囲まれたシーズン。対強豪クラブ。前を向けるかどうか。来季に重要となってくる事はファン・ペルシとの連携。 ......続きを読む»

長谷部誠の2012-13シーズンを総括。もっとアグレッシブにプレーする事、もっと目立つパフォーマンスを見せる事、それがヴォルフスブルクでは必要だと思う。

マガトに戦力外扱いされてしまった2012-13シーズンの前半でしたが、そのマガトが更迭されて新監督になってからはスタメンに復帰。ポジションはボランチではなく右SBではありましたが、全34試合の内の23試合に出場、その23試合の内の20試合でスタメン出場し、ゴール数は2でした。ちなみにヴォルフスブルクは10勝13分10敗47得点52失点の第12位という成績で今シーズンを終えています。そんな長谷部の20......続きを読む»

柏レイソルがベスト8へ進出。最近はかなり工藤のパフォーマンスの良さと成長が際立っている。しかし準々決勝へ向けては特に守備を修正したい。【 柏レイソル vs 全北現代 】

試合 :ACL ラウンド16 第2戦 開催日:2013年5月22日 結果 :柏レイソル勝利 スコア:「3-2」 得点者:OG 渡部博文 ジョルジ・ワグネル 工藤壮人 ケビン・オリス ○ 最新エントリー 【2013/05/24】 長谷部誠の2012-13シーズンを総括。もっとアグレッシブにプレーする事、もっと目立つパフォーマンスを見せる事、それがヴォルフスブルクでは必要だと思う。 ......続きを読む»

乾貴士の2012-13シーズンを総括。乾に問われてくる3つの課題。少しのフィジカル。もう少しの決定力。サッカーはアイデアを探すスポーツである。

2部のボーフムから1部のフランクフルトへ移籍し、全34試合の内の33試合に出場。そして、その33試合全てにスタメン出場した乾は最終的に6ゴールでした。乾2692分、清武2619分、酒井高徳2508分、内田2092分、長谷部1840分、宇佐美1290分、岡崎1066分、細貝918分、酒井宏樹738分、大前181分、金崎106分。つまり、今季の日本人ブンデスリーガーの中で最も出場時間が多かったのは、乾貴......続きを読む»

清武弘嗣の2012-13シーズンを総括。清武に問われてくる課題。シュートに対しての高い意欲と得点力。チームが機能していない時の自主的な修正力。

ブンデスリーガでの初シーズンだったとは思えないような活躍だった。ニュルンベルクというお世辞にもチーム力が高いとは言えないクラブでよく頑張った。2012-13シーズンの清武を一言で評するとすればそれが最適なのではないかと思います。しかし、一方では、逆の言い方をすれば、少し意地悪な評価をするとすれば、ブンデスリーガでの初シーズンだったから、ニュルンベルクというチームに力が無かったから、という条件付きでの......続きを読む»

香川真司はトップ下として先発出場し先制点を決める。ファン・ペルシとの連携力を上げる事が来季へ向けての1つの課題。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】

試合 :プレミアリーグ 第38節 開催日:2013年5月19日 結果 :引き分け スコア:「5-5」 得点者:香川真司 OG ビュットナー モリソン ルカク ファン・ペルシ ハビエル・エルナンデス ルカク ムルンブ ルカク ○ 最新エントリー 【2013/05/21】 清武弘嗣の2012-13シーズンを総括。清武に問われてくる課題。シュートに対しての高い意欲と得点力。チームが機能......続きを読む»

内田篤人の2012-13シーズンを総括。内田に改善して欲しい4つの課題が明確になったシーズンだったと思う。

【 課題1 怪我に強い体作りと綿密なコンディション調整 】 無事之名馬(ぶじこれめいば)という格言もあるように、内田の課題の1つは、怪我に強い体作り、という事にあると思います。そして、それと同じような課題として、シーズンを通して安定したパフォーマンスを発揮させるための綿密なコンディション調整、という事もそうであると思います。2012ー13シーズンの内田は、コンディションの上がらなさや怪我などに......続きを読む»

モウリーニョのレアル・マドリードに終焉の鐘の音? シメオネ監督率いるアトレチコ・マドリードがスペイン国王杯で優勝。【 レアル・マドリード vs アトレチコ・マドリード 】

試合 :スペイン国王杯 コパ・デル・レイ 決勝 開催日:2013年5月17日 結果 :アトレチコ・マドリード勝利 スコア:「1-2」 得点者:C・ロナウド ジエゴ・コスタ ミランダ ○ 最新エントリー 【2013/05/19】 内田篤人の2012-13シーズンを総括。内田に改善して欲しい4つの課題が明確になったシーズンだったと思う。 ...続きを読む»

皆様への質問。東西リーグ制によるチャンピオンシップ復活はどうでしょうか?

2ステージ制の魅力はチャンピオンシップと分かり易さかなと思います。確かにチャンピオンシップは素直に面白かったですし、1ステージでの短期決戦にも面白さはあったと思います。しかし、やはり問題が無いわけではないと思います。短期決戦の大会になってしまうので、長いシーズンをどう戦うのかという魅力やメリットは失われてしまう、より勢いやコンディションという事が成績を大きく左右してしまう、という事もそうですし、1つ......続きを読む»

柏レイソルがアウェイで先勝。イ・ドングク封じと2トップの起点力(ボールを収める力)が次のホームでの第2戦ではポイントになりそう。【 全北現代 vs 柏レイソル 】

試合 :ACL ラウンド16 第1戦 開催日:2013年5月15日 結果 :柏レイソル勝利 スコア:「0-2」 得点者:工藤壮人 増嶋竜也 ○ 最新エントリー 【2013/05/17】 皆様への質問。東西リーグ制によるチャンピオンシップ復活はどうでしょうか? ...続きを読む»

川崎フロンターレの攻撃の鍵を握っているのは大島僚太。セレッソ大阪は中盤の配置を変えてみると良いのではないかと思う。 【 川崎フロンターレ vs セレッソ大阪 】

試合 :J1リーグ 第11節 開催日:2013年5月11日 結果 :引き分け スコア:「2-2」 得点者:枝村匠馬 シンプリシオ 大久保嘉人×2 ○ 最新エントリー 【2013/05/16】 柏レイソルがアウェイで先勝。イ・ドングク封じと2トップの起点力(ボールを収める力)が次のホームでの第2戦ではポイントになりそう。【 全北現代 vs 柏レイソル 】 ...続きを読む»

20周年目のJリーグが抱えている問題点。

【2010/11/12】 今度はJリーグを盛り上げなければならない。Jリーグの人気衰退は日本サッカーの危機だ。日本のサッカー関係者はその事に強い意識を持つべき。 日本代表の人気は回復しました。南アフリカW杯で結果を出し、海外で活躍するような選手が増え、彼らのプレーが見られる日本代表の試合というのは、観客数も視聴率も回復しました。また、ザッケローニという、話題性も有り、日本代表をもっと強くしてく......続きを読む»

長友佑都が怪我から復帰し左ウイングバックとして先発フル出場。長友のパフォーマンスに大きな問題は感じられなかった。問題はインテルというクラブの現状。 【 ジェノア vs インテル 】

試合 :セリエA 第37節 開催日:2013年5月12日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者:無し ○ 最新エントリー 【2013/05/15】 川崎フロンターレの攻撃の鍵を握っているのは大島僚太。セレッソ大阪は中盤の配置を変えてみると良いのではないかと思う。 【 川崎フロンターレ vs セレッソ大阪 】 ...続きを読む»

香川真司は左右のSHやトップ下としてプレーし先発フル出場。とにかく個としての高いパフォーマンスを見せる事が来季に向けても重要。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs スウォンジー・シティ 】

試合 :プレミアリーグ 第37節 開催日:2013年5月12日 結果 :マンチェスター・ユナイテッド勝利 スコア:「2-1」 得点者:ハビエル・エルナンデス ミチュ ファーディナンド ○ 最新エントリー 【2013/05/14】 長友佑都が怪我から復帰し左ウイングバックとして先発フル出場。長友のパフォーマンスに大きな問題は感じられなかった。問題はインテルというクラブの現状。 【 ......続きを読む»

乾はなぜトップ下では機能しないのか? 乾がトップ下でも活躍できる2つの方法。そしてそれは香川についても同じ事が言えると思う。 【 ブレーメン vs フランクフルト 】

試合 :ブンデスリーガ 第33節 開催日:2013年5月11日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:デ・ブラウネ ラキッチ ○ 最新エントリー 【2013/05/13】 香川真司は左右のSHやトップ下としてプレーし先発フル出場。とにかく個としての高いパフォーマンスを見せる事が来季に向けても重要。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs スウォンジー・シティ 】 ......続きを読む»

ドラガン・ストイコビッチと名古屋グランパスの現在地。現在のサッカーでは中盤での守備力という事が大きく成績を左右するような傾向が強くなっている。

2008年にピクシーは名古屋グランパスの監督へと就任。初シーズンから運動量が豊富でサポートのしっかりしたリズミカルなパスサッカーをチームへ落とし込み、それまで低迷していたグランパスを第3位まで押し上げました。しかし、そのサッカーにはいくつかの弱点があり、1つにはベンゲルのアーセナルと同じように泥臭さが足りず勝負弱い事、2つには運動量過多のサッカーであるためにシーズンの終盤には息切れを起こしてしまい、......続きを読む»

日本のサッカーは正しい道を歩んでいるのか? それを判断するための基準となる5つの結果。

日本のサッカーは正しい道を歩んでいるのか? おそらく、それを判断するための基準となる結果は5つあると思う。1つには日本代表の結果。日本のトップレベルの選手たちで構成される日本代表というチームが世界の中でどれぐらいの強さを示せているのか、という事はもちろんの事として、日本のサッカー文化の中では日本代表というナショナルチームがサッカー人気を牽引する重要な役割を果たしており、日本代表が良い結果を出し続けて......続きを読む»

サー・アレックス・ファーガソンはサッカーの教科書。

マンチェスター・ユナイテッド、サー・アレックス・ファーガソンの退任が発表された。どのようなものにも終わりは有り、ファーガソン退任のカウントダウンは確実に少なくなっていたが、しかし、実際にその時が来るとなると、やはりショックは隠しきれない。だだの一人のフットボールファンとして、その偉大なる足跡と功績に心からの拍手と感謝の気持ちを送りたい。 ○ 最新エントリー 【2013/05/10】 日本......続きを読む»

長谷部誠は右SBとして先発フル出場。後半20分にダイビングヘッドで同点弾を決める。プレーにアグレッシブさが見られるようになってきた。【 ハンブルガーSV vs ヴォルフスブルク 】

試合 :ブンデスリーガ 第32節 開催日:2013年5月5日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:ヴェステルマン 長谷部誠 ○ 最新エントリー 【2013/05/09】 サー・アレックス・ファーガソンはサッカーの教科書。 ...続きを読む»

岡崎の1つ1つのプレーについて細かく考察してみる。岡崎慎司は先発出場し後半22分までプレー。酒井高徳は先発フル出場もオウンゴール。 【 シュツットガルト vs グロイター・フルト 】

試合 :ブンデスリーガ 第32節 開催日:2013年5月4日 結果 :グロイター・フルト勝利 スコア:「0-2」 得点者:OG アゼミ ○ 最新エントリー 【2013/05/08】 長谷部誠は右SBとして先発フル出場。後半20分にダイビングヘッドで同点弾を決める。プレーにアグレッシブさが見られるようになってきた。【 ハンブルガーSV vs ヴォルフスブルク 】 ...続きを読む»

バルセロナはメッシを活かすチームではなくメッシが活かすチームであること。ザックジャパンは香川を活かすチームではなく香川が活かすチームであること。

グアルディオラ時代のバルサを取り戻すためには、世代交代と戦力補強、サイドの高い位置の機能性(ウイングと書かないのは従来の典型的なウイングとは少し異なるため)、そこがポイントになるのは間違い無いと思うのですが、実はもう1つ大切な事があると思っていて、それは何かと言えば、メッシを活かすチームではなく、メッシが活かすチームになる、という事ですね。どちらも、メッシ依存、メッシ頼み、という意味では変わらないで......続きを読む»

乾貴士は先発出場し後半23分で途中交代。体幹を鍛える事でパフォーマンスを更に高めたい。大前元紀もデュッセルドルフの2トップの1枚としてフル出場。 【 フランクフルト vs デュッセルドルフ 】

試合 :ブンデスリーガ 第32節 開催日:2013年5月4日 結果 :フランクフルト勝利 スコア:「3-1」 得点者:マイアー ラキッチ ダニ・シャヒン マイアー ○ 最新エントリー 【2013/05/06】 バルセロナはメッシを活かすチームではなくメッシが活かすチームであること。ザックジャパンは香川を活かすチームではなく香川が活かすチームであること。 ...続きを読む»

バイエルン・ミュンヘンが手に入れたもの。ボルシア・ドルトムントが手に入れたもの。この2チームはチーム作りについての良き手本となるのではないかと思う。

バイエルン・ミュンヘンが手に入れたものは明確だ。2011-12シーズンからはノイアー、2012-13シーズンからはダンテとハビ・マルティネスとマンジュキッチ。それ以前のバイエルン・ミュンヘンの躍進を妨げていたものは守備力とCFのパフォーマンスで、GKノイアーとCBダンテとDMFハビ・マルティネスの獲得はバイエルン・ミュンヘンの守備力を確実に高めているし、また、守備に献身的なCFマンジュキッチの獲得に......続きを読む»

浦和レッズとベガルタ仙台が今回のACLをグループステージで敗退してしまった原因。アウェイ経験の少なさ、不可解な判定、それをも乗り越えられる個の強さを。

サンフレッチェ広島に続き、浦和レッズもベガルタ仙台もグループステージでの敗退となってしまいました。浦和レッズとベガルタ仙台は共に最終節までグループステージ突破の可能性を残していましたが、浦和レッズは最終節では勝利したもののF組を3位で敗退、ベガルタ仙台は最終節で逆転負けをしてE組を4位で敗退、という結果でした。という事で、グループステージを突破できたのは、H組で4勝2分0敗の勝点14という好成績を残......続きを読む»

奇跡を起こすための3つの条件を満たせなかったバルセロナ。もはや前半の途中からは奇跡が起こる可能性を感じなかったし、また、1失点したところで試合終了だった。【 バルセロナ vs バイエルン・ミュンヘン 】

試合 :CL 決勝トーナメント 準決勝 2nd.leg 開催日:2013年5月1日 結果 :バイエルン・ミュンヘン勝利 スコア:「0-3」 得点者:ロッベン OG ミュラー ○ 最新エントリー 【2013/05/03】 浦和レッズとベガルタ仙台が今回のACLをグループステージで敗退してしまった原因。アウェイ経験の少なさ、不可解な判定、それをも乗り越えられる個の強さを。 ...続きを読む»

決勝に進出したのはドルトムント。実力差ではない大きな流れのようなものも、ドルトムント対レアル・マドリード戦では勝敗を左右したのではないかと思う。【 ボルシア・ドルトムント vs レアル・マドリード 】

試合 :CL 決勝トーナメント 準決勝 2nd.leg 開催日:2013年4月30日 結果 :レアル・マドリード勝利 スコア:「2-0」 得点者:ベンゼマ セルヒオ・ラモス ○ 最新エントリー 【2013/05/02】 奇跡を起こすための3つの条件を満たせなかったバルセロナ。もはや前半の途中からは奇跡が起こる可能性を感じなかったし、また、1失点したところで試合終了だった。【 バル......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:24251399

(06月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss