FCKSA66

月別アーカイブ :2013年04月

ドルトムントは勢いに乗っており、レアル・マドリードは戦いに疲れている、という感じがある。しかし、やはりまだ試合は半分を終えたところで、流れが変わる可能性は捨てきれない。【 ボルシア・ドルトムント vs レアル・マドリード 】

試合 :CL 決勝トーナメント 準決勝 1st.leg 開催日:2013年4月24日 結果 :ボルシア・ドルトムント勝利 スコア:「4-1」 得点者:レヴァンドフスキ C・ロナウド レヴァンドフスキ×2 レヴァンドフスキ(PK) ...続きを読む»

カウンターの威力を見せつけて相手を下がらせる、という事をやってからの方がポゼッションしやすくなるので、そのあたりの発想が日本のサッカーにも生まれてくると良いなと思う。【 ブリーラム・ユナイテッド vs ベガルタ仙台 】

試合 :ACL グループE 第5節 開催日:2013年4月24日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:オスマル 中原貴之 ○ 最新エントリー 【2013/04/30】 パスサッカー云々という部分よりも、どうやって攻撃の形を作るのか、どういう数的優位の作り方をして攻撃するのか、どうやって相手の守りにスペースを作って攻撃するのか。 【 FC東京 vs 川崎フロンターレ 】 ......続きを読む»

清武弘嗣は先発フル出場。金崎夢生も後半21分から途中出場。しかし結果は降格圏内のチームに2連敗。この試合で負けてしまった原因は主に3つ。【 ホッフェンハイム vs ニュルンベルク 】

試合 :ブンデスリーガ 第31節 開催日:2013年4月27日 結果 :ホッフェンハイム勝利 スコア:「2-1」 得点者:ヴァイス サリホヴィッチ シモンズ(PK) ○ 最新エントリー 【2013/04/29】 乾貴士は先発出場し後半19分で途中交代。戦術理解度、システム理解度、そういう部分の考える力が、乾や香川も含めて、日本人選手には必要とされているかなと思う。 【 マインツ ......続きを読む»

宇佐美貴史と乾貴士などを比較。明暗を分けたものは何だったのか? 宇佐美がホッフェンハイムで成功できなかった理由。

左サイドを主戦場とするドリブラーである宇佐美と乾。今季(2012-13)の序盤戦は同じような高いパフォーマンスを見せた2人でしたが、しかし、その後の活躍では明暗がハッキリと分かれてしまいました。乾はフランクフルトの主力で在り続け、現在は日本代表でも存在感を強めつつある。宇佐美はホッフェンハイムを最終的には戦力外となり、現在では日本代表にも招集されなくなってしまった。果たして乾と宇佐美の明暗を分けたも......続きを読む»

香川真司はトップ下として先発フル出場。マンチェスター・ユナイテッドでの香川と日本代表での香川。周囲に活かされる存在と周囲を活かす存在。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アストン・ヴィラ 】

試合 :プレミアリーグ 第34節 開催日:2013年4月22日 結果 :マンチェスター・ユナイテッド勝利 スコア:「3-0」 得点者:ファン・ペルシ×3 ○ 最新エントリー 【2013/04/26】 カウンターの威力を見せつけて相手を下がらせる、という事をやってからの方がポゼッションしやすくなるので、そのあたりの発想が日本のサッカーにも生まれてくると良いなと思う。【 ブリーラム・......続きを読む»

ビラノバになってからのバルサの圧倒的な強さの消失は、戦術やシステム面でのビラノバの不理解、やはりそこにも大きな原因があるように思う。【 バイエルン・ミュンヘン vs バルセロナ 】

試合 :CL 決勝トーナメント 準決勝 1st.leg 開催日:2013年4月23日 結果 :バイエルン・ミュンヘン勝利 スコア:「4-0」 得点者:ミュラー ゴメス ロッベン ミュラー ○ 最新エントリー 【2013/04/25】 ドルトムントは勢いに乗っており、レアル・マドリードは戦いに疲れている、という感じがある。しかし、やはりまだ試合は半分を終えたところで、流れが変わる可......続きを読む»

攻撃的なスタイルのチームを作ろうとすると時に、最も重要な事は、何枚で守るのか、何枚で守れるのか、という事。バルセロナとレアル・マドリードから考察。

基準を「4-4」もしくは「5-3」の8枚とするとすれば、8枚でも守れなければ「4-5」もしくは「5-4」の9枚にする、という事になるし、8枚で守れていれば「4-3」もしくは「3-4」の7枚にする、更には、7枚で守れているなら「4-2」や「3-3」の6枚にする、という事ですね。 ○ 最新エントリー 【2013/04/24】 ビラノバになってからのバルサの圧倒的な強さの消失は、戦術やシステム......続きを読む»

清武弘嗣は先発フル出場。ニュルンベルクの監督がどういう意図を持って以前までの布陣や現在の布陣をやっているのか、そこに少し不可解さを感じる。 【 ニュルンベルク vs グロイター・フルト 】

試合 :ブンデスリーガ 第30節 開催日:2013年4月21日 結果 :グロイター・フルト勝利 スコア:「0-1」 得点者:ヨハネス・ガイス ○ 最新エントリー 【2013/04/23】 香川真司はトップ下として先発フル出場。マンチェスター・ユナイテッドでの香川と日本代表での香川。周囲に活かされる存在と周囲を活かす存在。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アストン・ヴィラ ......続きを読む»

乾貴士は左SHとして先発フル出場。内田篤人も右SBとして先発フル出場。乾と内田の対決はやや乾の方に軍配が上がった。 【 フランクフルト vs シャルケ 】

試合 :ブンデスリーガ 第30節 開催日:2013年4月20日 結果 :フランクフルト勝利 スコア:「1-0」 得点者:ルス ○ 最新エントリー 【2013/04/22】 清武弘嗣は先発フル出場。ニュルベルクの監督がどういう意図を持って以前までの布陣や現在の布陣をやっているのか、そこに少し不可解さを感じる。 【 ニュルンベルク vs グロイター・フルト 】 ...続きを読む»

もし現在からW杯までの期間に、主力選手の大きな成長や新戦力(控え組含む)の台頭が無かったとするならば、これが最も現実的なW杯で戦うためのプランになるのではないかと思う。

FW:   ○ ○ MF:  ○   ○ MF:○   ○   ○ DF:  ○ ○ ○ このシステムの最大の問題点は、 ○ 最新エントリー 【2013/04/19】 攻撃的なスタイルのチームを作ろうとすると時に、最も重要な事は、何枚で守るのか、何枚で守れるのか、という事。バルセロナとレアル・マドリードから考察。 ...続きを読む»

バルサ的なスタイルの作り方。川崎フロンターレと風間監督への釈迦に説法な提案。完成形のバルサではなく未完成の時のバルサを。

FW:○  ○  ○ MF:   ○ MF: ○   ○ MF:   ○ MF:○  ○  ○ 出発点は上記のような「3-4-3 ダイヤモンド型」。ここが出発地点でもあり最終地点でもあり、つまりは、ここから逆算して考えて行くという事。 ○ 最新エントリー 【2013/04/18】 もし現在からW杯までの期間に、主力選手の大きな成長や新戦力(控え組含む)の台頭が無かったとする......続きを読む»

乾貴士は左SHとトップ下としてプレーし先発フル出場。しかしボールロスを連発して失点の引き金にも。但し敗戦の原因は乾にだけにあらずチームにも有り。 【 アウグスブルク vs フランクフルト 】

試合 :ブンデスリーガ 第29節 開催日:2013年4月14日 結果 :アウグスブルク勝利 スコア:「2-0」 得点者:ジン・ドンウィン×2 ○ 最新エントリー 【2013/04/17】 バルサ的なスタイルの作り方。川崎フロンターレと風間監督への釈迦に説法な提案。完成形のバルサではなく未完成の時のバルサを。 ...続きを読む»

香川真司は左SHとして先発フル出場。しかし、攻撃ではあまり効果的な仕事をできていたとは言えず、また悪い時の香川だった。逆に強い気持ちとチャレンジャーとしての気持ちを持てるかどうか。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

試合 :プレミアリーグ 第33節 開催日:2013年4月14日 結果 :マンチェスター・ユナイテッド勝利 スコア:「0-2」 得点者:キャリック ファン・ペルシー(PK) ○ 最新エントリー 【2013/04/16】 乾貴士は左SHとトップ下としてプレーし先発フル出場。しかしボールロスを連発して失点の引き金にも。但し敗戦の原因は乾にだけにあらずチームにも有り。 【 アウグスブルク......続きを読む»

ハーフナー・マイクがトップ下として先発出場し2得点。ハーフナーに求められる得点以外の能力とザックジャパンのこれからにとって重要となってくるハーフナーと細貝の成長。【 ローダ vs フィテッセ 】

試合 :エールディビジ 第30節 開催日:2013年4月13日 結果 :引き分け スコア:「3-3」 得点者:ハーフナー・マイク×2 ボニー マルキ デムージュ ドナルド ○ 最新エントリー 【2013/04/15】 香川真司は左SHとして先発フル出場。しかし、攻撃ではあまり効果的な仕事をできていたとは言えず、また悪い時の香川だった。逆に強い気持ちとチャレンジャーとしての気持ちを......続きを読む»

森保監督がハマってしまったターンオーバー制で陥りやすい罠。なぜサンフレッチェ広島は今季のACLでグループステージ敗退となってしまったのか?

ターンオーバー制は、同時並行的に開催されている複数の大会を戦うためには必要不可欠なマネージメントで、サンフレッチェ広島がターンオーバー制を使用した事に問題は無いと思いますし、むしろ、その事については肯定的な立場にあります。但し、ターンオーバー制には、陥りやすい罠、もしくは、デメリット、という事も存在していて、そこにサンフレッチェ広島がハマってしまった、という事が、今回のACLでのグループステージでの......続きを読む»

内田篤人は右SBとして先発フル出場。縦へのスピードがある選手を封じた内田。身体能力で勝てなくても上手く対応する方法。【 ブレーメン vs シャルケ 】

試合 :ブンデスリーガ 第28節 開催日:2013年4月6日 結果 :シャルケ勝利 スコア:「0-2」 得点者:ドラクスラー マリカ ○ 最新エントリー 【2013/04/12】 森保監督がハマってしまったターンオーバー制で陥りやすい罠。なぜサンフレッチェ広島は今季のACLでグループステージ敗退となってしまったのか? ...続きを読む»

決定力不足の原因は、チャンスを多く作れていない、相手の守備を崩せていない、という事ではなくて、結局はシュートの時の冷静さや技術という個の能力にある。【 全北現代 vs 浦和レッズ 】

試合 :ACL グループF 第4節 開催日:2013年4月9日 結果 :引き分け スコア:「2-2」 得点者:那須大亮 梅崎司 エニーニョ ソ・サンミン ○ 最新エントリー 【2013/04/11】 内田篤人は右SBとして先発フル出場。縦へのスピードがある選手を封じた内田。身体能力で勝てなくても上手く対応する方法。【 ブレーメン vs シャルケ 】 ...続きを読む»

この試合で香川を多くの時間起用するというチャレンジにファーガソンを踏み切らせなかった理由はなんだろうか。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs マンチェスター・シティ 】

多くのフットボールの試合が退屈なものだった、という事は、当たり前すぎるぐらい当たり前の事で、それを書いたところで何も生み出すものは無いのだけど、要するに知的好奇心を掻き立てない試合は、そのクラブのファン同士でなければ退屈なものなのだろうと思う。例えそれがクラシコであろうとマンチェスター・ダービーであろうと。 ○ 最新エントリー 【2013/04/10】 決定力不足の原因は、チャンスを多く......続きを読む»

清武弘嗣は先発フル出場。セットプレーでのキッカーとして1アシストと1つのゴールを演出しチームを勝利へと導く。しかしシュートと修正力に課題を残す。 【 ニュルンベルク vs マインツ 】

試合 :ブンデスリーガ 第28節 開催日:2013年4月7日 結果 :ニュルンベルク勝利 スコア:「2-1」 得点者:ニルソン ニコライ・ミュラー ニルソン ○ 最新エントリー 【2013/04/09】 この試合で香川を多くの時間起用するというチャレンジにファーガソンを踏み切らせなかった理由はなんだろうか。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs マンチェスター・シティ 】 ......続きを読む»

乾貴士は「4-2-3-1」と「4-3-1-2」での左SHとトップ下としてプレーし先発フル出場。高いパフォーマンスでバイエルン・ミュンヘンを手こずらせる。 【 フランクフルト vs バイエルン・ミュンヘン 】

試合 :ブンデスリーガ 第28節 開催日:2013年4月6日 結果 :バイエルン・ミュンヘン勝利 スコア:「0-1」 得点者:シュヴァインシュタイガー ○ 最新エントリー 【2013/04/08】 清武弘嗣は先発フル出場。セットプレーでのキッカーとして1アシストと1つのゴールを演出しチームを勝利へと導く。しかしシュートと修正力に課題を残す。 【 ニュルンベルク vs マインツ 】......続きを読む»

ザックジャパンに求められている変化という大胆さ。時には、ダメだろうと思っている事を、もしかして、という気持ちで、大胆に変化を実践してみる事も、それが思わぬ突破口になるかもしれない。

結局、今のザックジャパンに多くの人が求めているものは、変化、なのだと思います。2010年10月8日のアルゼンチン戦から指揮をとり、2011年の1月に開催されたアジアカップで、前田、香川、岡崎、本田、遠藤、長谷部、長友、内田、吉田、今野、川島、というベストメンバーは既に確立されていて、そこから現在の2013年3月26日のヨルダン戦まで、約2年と3ヶ月、誰一人として代わっていないと言えますから、やはりそ......続きを読む»

とんでもないアウェイゲームだったのにも関わらず6得点を奪って勝利した柏レイソル。田中順也と工藤壮人の恒常的な活躍に期待。【 水原三星 vs 柏レイソル 】

試合 :ACL グループH 第3節 開催日:2013年4月3日 結果 :柏レイソル勝利 スコア:「2-6」 得点者:田中順也 栗澤僚一 チェ・ジェス 工藤壮人 田中順也 ステボ(PK) 栗澤僚一 工藤壮人 ○ 最新エントリー 【2013/04/05】 ザックジャパンに求められている変化という大胆さ。時には、ダメだろうと思っている事を、もしかして、という気持ちで、大胆に変化を実践し......続きを読む»

日本のサッカーに欠けている、状況や相手によって戦い方を変える力、相手の嫌がっている事を徹底的にやる力。【 FCソウル vs ベガルタ仙台 】

試合 :ACL グループE 第3節 開催日:2013年4月2日 結果 :FCソウル勝利 スコア:「2-1」 得点者:エスクデロ キム・ジンギュ ウイルソン(PK) ○ 最新エントリー 【2013/04/04】 とんでもないアウェイゲームだったのにも関わらず6得点を奪って勝利した柏レイソル。田中順也と工藤壮人の恒常的な活躍に期待。【 水原三星 vs 柏レイソル 】 ...続きを読む»

闘莉王待望論の賛否。タイミングの問題。メリットとデメリット。

闘莉王を呼ぶべきか呼ばざるべきか。おそらく、多くの人は「YES」なのではないかと思いますし、もちろん、私も肯定派ですね。但し、タイミング的に今の時期かと問われれば、私は「NO」と言いたいと思います。実際には以前からもそうだったのですが、カナダ戦とヨルダン戦でセットプレーでの守備の弱さが大きくクローズアップされるようになり、再び「闘莉王待望論」が浮上してきていて、しかしながら、重要な事は、まだコンフェ......続きを読む»

長谷部誠は右SBとして先発フル出場。清武弘嗣は2列目として先発フル出場し1アシスト。仕掛けとシュートの強引さと判断力。【 ヴォルフスブルク vs ニュルンベルク 】

試合 :ブンデスリーガ 第27節 開催日:2013年3月31日 結果 :引き分け スコア:「2-2」 得点者:ジエゴ オリッチ シモンズ ニルソン ○ 最新エントリー 【2013/04/02】 闘莉王待望論の賛否。タイミングの問題。メリットとデメリット。 ...続きを読む»

香川真司は先発出場し後半34分までプレー。ボールを受けて前を向いて抜け出すプレーの威力を上げるには? 【 サンダーランド vs マンチェスター・ユナイテッド 】

試合 :プレミアリーグ 第31節 開催日:2013年3月30日 結果 :マンチェスター・ユナイテッド勝利 スコア:「0-1」 得点者:OG ○ 最新エントリー 【2013/04/01】 長谷部誠は右SBとして先発フル出場。清武弘嗣は2列目として先発フル出場し1アシスト。仕掛けとシュートの強引さと判断力。【 ヴォルフスブルク vs ニュルンベルク 】 ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2961
  • 累計のページビュー:24130455

(04月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss