FCKSA66

月別アーカイブ :2010年12月

日本のサッカーが変わる時。Jリーグが目指すべきはアジアにおいてのハブ空港化。秋春制への移行と外国人枠の拡大が必要。

多くの日本人選手が海外でプレーする時代がやってきた。 そして、こうなってきてやっと、 秋春制と外国人枠の本格的な議論というのがスタートする、 そのように私は思う訳であります。 ...続きを読む»

大迫がこの天皇杯で飛躍する?! 鹿島が決勝進出。FC東京は奮闘も力尽きる。やはり最終的には個の力。【FC東京vs鹿島アントラーズ】

試合 :天皇杯 準決勝 開催日:2010年12月29日 結果 :鹿島アントラーズ勝利 スコア:「1-2」 得点者:平山 大迫 興梠 ...続きを読む»

エスパルスが今季リーグ戦序盤に見せていた強さを発揮して決勝進出。ガンバは力負けの内容と結果で敗退。【清水エスパルスvsガンバ大阪】

試合 :天皇杯 準決勝 開催日:2010年12月29日 結果 :清水エスパルス勝利 スコア:「3-0」 得点者:ヨンセン 兵働 ヨンセン ...続きを読む»

森本貴幸に足りないものからFWに必要な5つの要素について。恵まれた体格や身体能力があっても技術や頭脳が足りなければ活躍できない。

現在セリエAで苦悩の日々を過ごしている森本貴幸。 Jリーグ史上最年少の15歳10ヶ月6日で公式戦にデビューし、 また、Jリーグ史上最年少となる16歳で公式得点を挙げた。 その2004年にはJリーグ最優秀新人賞も受賞している。 ...続きを読む»

皆様への質問 皆様のサッカー観 [12]

前回の皆様への質問にも、 多くの方から御意見を寄せて頂き、 本当にありがとうございました。 ...続きを読む»

長谷部は第4の矢。長谷部を活躍させられるチームは強いチーム。長谷部を活かせるチームは成功しているチーム。

2006年にJリーグで初優勝し、 2007年にはACLで優勝、 同年のCWCでは第3位と黄金期にあった浦和レッズですが、 その強さを影で生み出していたのが、 長谷部という選手でした。 ...続きを読む»

大迫の活躍で鹿島が準決勝進出。名古屋は多くの主力の不在の影響がやはり拭い切れず。【鹿島アントラーズvs名古屋グランパス】

試合 :天皇杯 準々決勝 開催日:2010年12月25日 結果 :鹿島アントラーズ勝利 スコア:「2-1」 得点者:興梠 小川 大迫 ...続きを読む»

エスパルスがPK戦を制して準決勝進出。モンテディオは来季へ向けての戦力補強が注目ポイント。【清水エスパルスvsモンテディオ山形】

試合 :天皇杯 準々決勝 開催日:2010年12月25日 結果 :清水エスパルス勝利 スコア:「1-1」「5PK4」 得点者:田代 ボスナー ...続きを読む»

レッズはフォルカー・フィンケの有終の美を飾れず。ガンバが宇佐美のゴールで3年連続準決勝進出を果たす。【ガンバ大阪vs浦和レッズ】

試合 :天皇杯 準々決勝 開催日:2010年12月25日 結果 :ガンバ大阪勝利 スコア:「2-1」 得点者:遠藤(FK) 宇賀神 宇佐美 ...続きを読む»

アジアカップメンバー選出23名について思う事を少し。

GK:川島永嗣 西川周作 権田修一 DF:岩政大樹 今野泰幸 伊野波雅彦 吉田麻也 DF:長友佑都 槙野智章 内田篤人 酒井高徳 MF:遠藤保仁 松井大輔 長谷部誠 藤本淳吾 本田拓也 MF:細貝萌 本田圭佑 柏木陽介 香川真司 FW:前田遼一 李忠成 岡崎慎司 ...続きを読む»

長友と内田から考えるSBに必要とされる能力。日本サッカーの可能性を引き上げる守備的なポジションの選手のレベルアップ。

現在の日本人選手のSBにおいて、 長友と内田というのは、 紛れもなくトップの2人でありますが、 そのタイプは正反対であると言えて、 実に面白いと感じます。 ...続きを読む»

本田圭佑の適正ポジションの話から守備能力の評価について。攻撃的なポジションにおける守備と守備的なポジションにおける守備は分けて考えて欲しい。

本田圭佑という選手に対して、 個人的に、 最初にその強いインパクトを受けたのは、 2006年8月に行われた、 U-21日本代表対U-21中国代表の試合でした。 ...続きを読む»

4バックと3バックの併用をやる場合には、アンカーが下がる方法よりも、SBが横にシフトする方法のが良い。【エスパニョールvsバルセロナ】

試合 :リーガ 第16節 開催日:2010年12月18日 結果 :バルセロナ勝利 スコア:「1-5」 得点者:ペドロ シャビ ペドロ オスヴァルド ビジャ×2 ...続きを読む»

少人数制サッカーの導入は技術の習熟に最適であると思う。しかし理想的には8人制ではなく7人制であると思う。

2007年の1月5日に、 「フットサルをやるべし」 という記事を書いたのですが、 それは、技術の習熟の為には、 狭いコートと少人数制による試合を多くやるべきだ、 という事でした。 ...続きを読む»

ザッケローニの「Jリーグはプレッシングの面で、他国のリーグに比べて弱い部分がある」という発言について。

とあるサッカーに関する記事で、 ザッケローニが、 「Jリーグはプレッシングの面で、他国のリーグに比べて弱い部分がある」、 と発言した事に関して、 その理由はフィジカルの弱さにある、 と書かれていたのを読んだのですが、 そのことについて少し。 ...続きを読む»

マゼンベのカウンターを封じる作戦と欧州の経験が勝利。2010年CWCは欧州王者インテル・ミラノが優勝。

2010年のCWCは、 決勝戦が欧州対南米であるという図式が崩れ、 アフリカ王者のマゼンベが欧州王者のインテルに挑む、 というファイナルになりました。 ...続きを読む»

CWCをWCと同等の価値と規模を持つ大会へと変えてゆく事への賛否。そして、その為の方法とは?

日本開催ではなく、 UAEのアブダビで開催されている、 という事もあり、 また、Jリーグのクラブが参加していない、 という事もあって、 2010年のCWCは、 いつになく日本ではあまり盛り上がっていない、 という感じがします。 ...続きを読む»

オリヴェイラサッカーとザッケローニサッカーの光と影。光を放ち続け、影の部分に落ちない為には、どうするべきなのか?

現在の鹿島でやっているオリヴェイラのサッカーと、 現在の日本代表でやっているザッケローニのサッカーは、 よく似ている、 ほとんど同質のモノである、 そのように私は考えています。 ...続きを読む»

香川の素晴らしい先制点。しかし、試合は引き分けで、ドルトムントはグループリーグ敗退。バリオスの不調が気になるところ。【セビージャvsボルシア・ドルトムント】

EL、J組、 セビージャ対ボルシア・ドルトムントの試合を観ました。 香川はトップ下と左SHとしてフル出場。 試合は「2-2」の引き分けでした。 ...続きを読む»

内田も確実に成長している。しかしこの試合は2つだけ悪いプレーがあった。シャルケとヴォルフスブルクはよく似ている。【FSVマインツ05vsシャルケ04】

試合 :ブンデスリーガ 第16節 開催日:2010年12月12日 結果 :シャルケ04勝利 スコア:「0-1」 得点者:ファルファン ...続きを読む»

香川の技術の高さというのが証明されたようなゴール。ドルトムントはここからもっと厳しく対策されてきても勝てるかどうかが問われてくるような気がする。【ボルシア・ドルトムントvsブレーメン】

試合 :ブンデスリーガ 第16節 開催日:2010年12月11日 結果 :ボルシア・ドルトムント勝利 スコア:「2-0」 得点者:サヒン(FK) 香川 ...続きを読む»

吉田麻也。技術であるとか、フィジカルであるとか、そういうものが問題無いレベルにあるとしても、それを活かすためには頭脳の部分が重要。

ヘラクレス・アルメロ対VVVフェンロの試合を観ました。 吉田麻也はCBとしてフル出場。 試合は「2-2」の引き分けでした。 ...続きを読む»

長谷部は攻守に活躍するのが難しい状態に置かれている。ボルフスブルクは攻守において大幅な建て直しが必要ではないかと思う。【カイザースラウテルンvsボルフスブルク】

試合 :ブンデスリーガ 第16節 開催日:2010年12月11日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者:無し ...続きを読む»

ドラガン・ストイコビッチ。名古屋グランパス優勝までの軌跡。現役時代とはまた異なり、堅実なチーム作りでクラブを優勝にまで導いた。

個人的にも思い入れの強いストイコビッチ。 ザックリとではありますが、 そのピクシーを選手時代から振り返ってみました。 ...続きを読む»

日本で成功できなかった外国人監督の共通点。日本人選手の特徴という事を加味した微調整というものが必要なのではないか。

日本で成功できなかった外国人監督。 その傾向と分析から、 成功できなかった原因を考えてみました。 ...続きを読む»

FC東京はなぜ降格したのか? 苦しめられたCBの戦力。城福監督のチーム作りと選手育成の失策。フロントの責任。

FC東京はなぜ降格したのか? FC東京の試合を観る事が多かったので、 その原因についての個人的な見解を書いてみたいと思います。 ...続きを読む»

森本のリーグ戦今季初ゴール。森本に足りないオフザボールの動きとポストプレーの能力。そして、7人での守り方について。【カターニャvsユベントス】

試合 :セリエA 第15節 開催日:2010年12月5日 結果 :ユベントス勝利 スコア:「1-3」 得点者:ペペ 森本 クアリャレッラ×2 ...続きを読む»

香川の進化が著しい。強いボルシア・ドルトムント。ドルトムントが好調な理由は大きく2つ。【ニュルンベルクvsボルシア・ドルトムント】

試合 :ブンデスリーガ 第15節 開催日:2010年12月5日 結果 :ボルシア・ドルトムント勝利 スコア:「0-2」 得点者:フンメルス レワンドフスキ ...続きを読む»

長友がもう少し強いチームへ移籍してくれるか、それとも、チェゼーナが立ち直ってくれるか、どちらかに早くなって欲しい。【チェゼーナvsボローニャ】

試合 :セリエA 第15節 開催日:2010年12月5日 結果 :ボローニャ勝利 スコア:「0-2」 得点者:ディ・ヴァイオ ミゲル・ブリトス ...続きを読む»

J1リーグ閉幕。ACL出場権獲得は、名古屋、G大阪、C大阪。J2降格は、F東京、京都、湘南。今季のJ1の感想を少し。

第34節が終了し、これで今季のJ1リーグの戦いは終わりました。 W杯イヤーとなった今シーズン、 個人的な感想を少し書いてみたいと思います。 ...続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2215
  • 累計のページビュー:24302906

(08月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss