FCKSA66

月別アーカイブ :2009年04月

「3-6-1」システム論。

今回は「3-6-1」というシステムに関しての考察であります。 他の3バックシステムとの相違などから、 「3-6-1」システムの特徴を考察しています。 ...続きを読む»

バルセロナvsチェルシー 「チェルシーが攻撃を捨てて引き分けという結果を得る」

試合 :欧州CL準決勝 開催日:2009年4月29日 結果 :引き分け。 スコア:「0-0」 得点者:無し。 ...続きを読む»

ウェストハムvsチェルシー 「CLでチェルシーがバルサとどう戦うべきかを考えてみる」

試合 :第34節 開催日:2009年4月25日 結果 :チェルシー勝利 スコア:「0-1」 得点者:カルー ...続きを読む»

中村俊輔にルーカスのようなプレーを望む。

ガンバ大阪というチームにおいて、 大きな役割を果たすルーカスですが、 そのプレーこそが、 中村俊輔に求められているものではないかと私は思います。 ...続きを読む»

バレンシアvsバルセロナ 「バレンシアのバルサ対策が効果を発揮するも結果はドロー」

試合 :第33節 開催日:2009年4月25日 結果 :引き分け スコア:「2-2」 得点者:メッシ マドゥーロ パブロ アンリ ...続きを読む»

「4-3-3」と日本らしいサッカーの考察。

現状を考えて、 日本らしいサッカーの実現と、 その為の「4-3-3」の可能性、 そのことについて考察してみたいと思います。 ...続きを読む»

アルゼンチン小兵FWに学ぶ競り合いの強さ。

小兵でありながら、 競り合いに強いアルゼンチン人FWですが、 そこから学べるものを考えてみたいと思います。 ...続きを読む»

ボールを運びながら円軌道を描くように動くプレーを身に付けて欲しい。

以前にも、 ジダンのマルセイユルーレットなどを例に挙げて、 円軌道のプレーの話をしたのですが、 今回も少しそのことについて書いてみたいと思います。 ...続きを読む»

個の能力としての日本人選手が得点を取れない理由。

かなりザックリとした感じですが、 個の能力としての日本人選手が得点を取れない理由、 それを簡単に5つほど挙げてみたいと思います。 ...続きを読む»

連動する人数が少なくては得点を奪えない。

日本の攻撃に威力が無い理由として、 前回は「受動的ポゼッションになっている」 と言うことを挙げたのですが、 今回は「連動する人数の少なさ」 と言うことについて書きたいと思います。 ...続きを読む»

受動的ポゼッションでは相手の守備を崩せない。

日本の攻撃に威力が無い理由としては、 様々ある訳ですが、 その1つとして、 受動的ポゼッションになっている、 逃げのポゼッションをしている、 と言うことがあると思います。 ...続きを読む»

得点から逆算して攻撃の形を構築する。

攻撃の形、 バイタルエリアでの崩し、 これが課題と言われている日本ですが、 そのことについて少し考えてみたいと思います。 ...続きを読む»

若手選手育成方針への提言。

今回は、 若手選手の育成方針について、 個人的な考えを述べてみたいと思います。 ...続きを読む»

スペイン代表のサッカーと理想とするべきサッカーについて。

最近は特に、 スペイン代表がEURO08で優勝したこともあって、 そのサッカースタイルを理想として挙げる、 そのような人も多いように思いますが、 そのことについて1つ。 ...続きを読む»

松井大輔が語る競り合いのポイント

Get Sports という番組で、 松井が競り合いのポイントを語っていましたので、 そのことについて少し。 ...続きを読む»

R・マドリードvsバジャドリード 「イグアインの強引な突破が局面を打開」

試合 :第30節 開催日:2009年4月12日 結果 :R・マドリード勝利 スコア:「2-0」 得点者:ラウル ロッベン ...続きを読む»

マスコミを育てるのは視聴者

スポーツを取り巻くジャーナリズムやマスコミへの批判が昨今では大きくなり、日本サッカーにおいても、オシムのマスコミ対応やヒデとマスコミの関係など、様々なオブジェクションとなっていますが、今回は、なぜ日本のマスコミの質が低いのかを考えてみたいと思いますが、私の結論は既に表題にある通りであります。 ...続きを読む»

バルセロナに見る個々の選手の斜めの動きと前を向くプレーの重要性。

今のバルセロナにおいては、 全員の守備意識の高さ、 その個々の守備能力の巧みさ、 そして総合的に高い個々の技術力、 それを嫌でも感じる訳ですが、 特に最近の試合を見ていて感じるのは、 その個々の選手の斜めの動きの質の高さ、 そして、 狭いスペースでも、 どんな局面であっても、 前を向いてプレーすること、 それが出来ること、 その重要性を感じます。 ...続きを読む»

バルセロナvsバイエルン・ミュンヘン 「成す術無しのバイエルン」

試合 :欧州CL準々決勝 開催日:2009年4月8日 結果 :バルセロナ勝利 スコア:「4-0」 得点者:メッシ エトー メッシ アンリ ...続きを読む»

トットナムvsチェルシー 「特に前半がダメダメだったチェルシー」

試合 :第30節 開催日:2009年3月21日 結果 :トットナム勝利 スコア:「1-0」 得点者:モドリッチ ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:24617651

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss