FCKSA66

月別アーカイブ :2009年02月

ベンゲルは如何にして名古屋を強くしたのか? 其の弐

チームを強化する上で日本人の気質に悩まされたベンゲルですが、 そのベンゲルを悩ませた日本人の気質とは何だったのでしょうか? それでは第2回目です。 ...続きを読む»

ベンゲルは如何にして名古屋を強くしたのか? 其の壱

私は発言に注目するのが好きです。 なぜなら、そこには、 その人の考え方が集約されていたり、 物事の見方が如実に現れていたり、 人生観や哲学さえも見えるからです。 ...続きを読む»

アーセナルvsサンダーランド 「アルシャビンの起用場所」

試合 :第26節 開催日:2009年2月21日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者:無し ...続きを読む»

円軌道と軸。クルクル動いて回って相手をかわせ!

動きの基本は「○」にあり。 円軌道を描くことで、 相手に捕捉されない動きができます。 ...続きを読む»

マンチェスター・Uvsブラックバーン 「真に教科書的なマンチェスター・U」

試合 :第26節 開催日:2009年2月21日 結果 :マンチェスター・U勝利 スコア:「2-1」 得点者:ルーニー サンタクルス C・ロナウド(FK) ...続きを読む»

育成:限界点を突破するには?

このままアイデア無くしてダラダラと前に進んでも、5年後10年後に日本サッカーが強くなるとは感じられませんよね。では、どうすれば日本サッカーが強くなるのか? それは「育成」という部分で知恵を持たなければならないと、私は思います。従がって、今回は「育成方法」ということに関して考えていきたいと思います。 ...続きを読む»

アストンビラvsチェルシー 「チェルシーらしさの復活」

試合 :第26節 開催日:2009年2月21日 結果 :チェルシー勝利 スコア:「0-1」 得点者:アネルカ ...続きを読む»

ドゥンガが感じた日本サッカーの欠点

今回はドゥンガの言葉を使って、 日本サッカーの欠点、 ということを考えてみたいと思います。 ...続きを読む»

ドゥンガが感じた日本人選手の欠点

今回はドゥンガの言葉を使って、 日本人選手の欠点、 ということを考えてみたいと思います。 ...続きを読む»

「お前らは算数もできないのか!」 ドゥンガの言葉

ジュビロ磐田所属時、 ピッチで喚き散らしていたドゥンガですが、 いったい何を言っていたのかと言いますと、 「お前らは算数もできないのか!」、 と叫んだことがあると言っていました。 ...続きを読む»

日本代表考察 システム戦術編

日本代表を考察するにあたり、 当然今の日本代表をベースとしていますが、 岡田ジャパンという範囲だけではなく、 日本代表という範囲でも考察してみたいと思います。 ...続きを読む»

個の力が弱いから組織力で勝つは桃源郷のようなもの。

EURO2008のスペイン代表が「4-4-2」であったのか「4-2-3-1」であったのか「4-1-4-1」であったのか、それはどれであったと確定的には言えないところですが、つまりそれがなぜなのかと言えば、ビジャとシャビ、この2人の選手の動きが、FWであったりMFであったり、オフェンシブなMFであったりディフェンシブなMFであったり、幅広い役割と動きを担っていたからであると思います。 ...続きを読む»

「3-5-2」システム論

最近は3バックを採用するチームも少なくなりましたし、 3バックよりも4バックが好きだという人も多いように思いますので、 あまり「3-5-2」のシステム論について、 興味有る人は少ないかもしれませんが(苦笑)、 今回はその「3-5-2」について考察してみたいと思います。 ...続きを読む»

S・ヒホンvsR・マドリード 「ハ、ハトが・・・(苦笑)」

試合 :第23節 開催日:2009年2月15日 結果 :R・マドリード勝利 スコア:「0-4」 得点者:ラウル フンテラール マルセロ ラウル ...続きを読む»

日本サッカーの現状を打破するには?

「運動量」から、 「上質なオフザボールの動き」への、 進化の段階に入った、 そのように私は思います。 ...続きを読む»

代表監督に必要な能力と資質

今回は、 コメントにて御提案を頂きました、 代表監督に必要な能力と資質、 というものについて考えてみたいと思います。 ...続きを読む»

重要な試合になればなる程、如何にシンプルにできるのか? そして、そのシンプルなプレーのクオリティが勝敗を左右する。

サッカーには数多くの重要な試合、 特別に価値のある試合、 大きなプレッシャーが重く伸し掛かる試合、 それがあると思うのですが、 そのような試合を見た後にいつも感じるのは、 結局そのような試合の勝敗を分けるものは、 如何にシンプルにできるのか? そして、 如何にそのシンプルなプレーのクオリティが高いのか? そこにあるのではないか、 ということであります。 ...続きを読む»

想定外のことを想定内にするという考え方ができない日本人

別の言い方をすれば、偶然や「まぐれ」を呼び込むという概念がない日本人、とも表現できます。ランダム要素というのは大枠でランダムではない要素の中に取り込むことができます。つまり、偶然や「まぐれ」によって起きる出来事というのは、偶然や「まぐれ」によって起きる可能性がある、と事前に想定しておけば良い訳ですね。 ...続きを読む»

三浦知良(カズ)を分析

40歳を超えても尚、今シーズンも現役。 まだまだ衰えを見せないカズこと三浦知良選手。 そんなカズをちょっと分析してみたいと思います。 ...続きを読む»

R・マドリードvsラシン 「R・マドリード7連勝」

試合 :第22節 開催日:2009年2月7日 結果 :R・マドリード勝利 スコア:「1-0」 得点者:イグアイン ...続きを読む»

ちょっとだけ懐かしい選手の回顧録

ちょっとだけ懐かしい選手について、 ちょっとだけ語ってみたいと思います。 ...続きを読む»

皆様への質問 皆様のサッカー観 [9]

前回の皆様への質問エントリーにも、 多くの方から御意見を寄せて頂き、 本当にありがとうございました。 ...続きを読む»

皆様への質問 皆様のサッカー観 [8]

久々にこの企画をやってみたいと思います。 今回も皆様のサッカー観を、 ぜひ知りたいと思いまして、 いくつかの質問を用意してみました。 ...続きを読む»

アイデアは義務と経験と学習と寛容から生まれる。

アイデアというものは、 どこから生まれてくるのか? 今回はそのことについて、 個人的な意見を述べてみたいと思います。 ...続きを読む»

パススピードということについて。

欧州のサッカーを見て、 Jリーグのサッカーを見ると、 やはりまず最初に感じることは、 パススピードが遅い、 ということではないかと思います。 ...続きを読む»

アーセナルvsウェストハム 「戦力不足のアーセナル」

試合 :第24節 開催日:2009年1月31日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者:無し ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:4331
  • 累計のページビュー:24576591

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss