FCKSA66

月別アーカイブ :2008年08月

アーセナルvsニューカッスル 「アーセナル快勝 ファンペルシー2得点」

試合 :第3節 開催日:2008年8月30日 結果 :アーセナル勝利 スコア:「3-0」 得点者:ファンペルシー(PK) ファンペルシー デニウソン アーセナル FW:ファンペルシー アデバヨール MF:ナスリ エブエ  MF:デニウソン セスク  DF:クリシー ギャラス トゥーレ サーニャ GK:アルムニア 開幕からあまり良く無いと聞いていたので、 ど......続きを読む»

ポーツマスvsマンチェスター・U 「守備強し」

試合 :第2節 開催日:2008年8月25日 結果 :マンチェスター・U勝利 スコア:「0-1」 得点者:フレッチャー ...続きを読む»

マンチェスター・Uvsニューカッスル 「この結果は主力不在が原因か?」

試合 :第1節 開催日:2008年8月17日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:マルティンス フレッチャー ...続きを読む»

岡田ジャパン14試合&分析関連記事 8月26日

岡田ジャパン14試合&分析関連記事 現状の岡田ジャパンに望むこと。 チーム作りの基本とは? 個の力が弱いから組織力で勝つは桃源郷のようなもの。 日本選手と若い世代の育成と個と組織について。 【2008/08/20】 ウルグアイ戦 「日本サッカーの方向性は本当に正しい?」 今選ばれている日本代表メンバーでは試行錯誤しても限界が見えている? 【2008/06/22】 バーレ......続きを読む»

岡田ジャパン14試合&分析関連記事 8月25日

岡田ジャパン14試合&分析関連記事 チーム作りの基本とは? 個の力が弱いから組織力で勝つは桃源郷のようなもの。 日本選手と若い世代の育成と個と組織について。 【2008/08/20】 ウルグアイ戦 「日本サッカーの方向性は本当に正しい?」 今選ばれている日本代表メンバーでは試行錯誤しても限界が見えている? 【2008/06/22】 バーレーン戦 「アイデアの無い人はサッカ......続きを読む»

なでしこジャパン総括 「この経験を未来へと紡ぐ為に」

第一戦のニュージーランド戦は、 明らかに力が発揮できなかったと思います。 その原因が何であったのか、 私には解かりませんが、 過度のプレッシャー、 緊張感、 これは見ていて痛々しい程でした。 しかし、 それでも終盤には盛り返して、 引き分けで終えられたこと、 結果的には、 良いことでありました。 第二戦のアメリカ戦は、 まだ選手たちの気力体力が高まって来ず、 競り......続きを読む»

オシムの言葉 1-27

オシムの言葉特集 「生きている人間と接しているわけだから(笑)」 オシムの言葉27 「必要な場所に特攻していくというのも必要」 オシムの言葉26 「全員がこの車を後押ししなければならない」 オシムの言葉25 「失望することになるでしょう」 オシムの言葉24 「惜しまないこと。全力を尽くすこと」 オシムの言葉23 「でもね、作り上げることの方が良い人生です」 オ......続きを読む»

岡田ジャパン14試合&分析関連記事

岡田ジャパン14試合&分析関連記事 日本選手と若い世代の育成と個と組織について。 【2008/08/20】 ウルグアイ戦 「日本サッカーの方向性は本当に正しい?」 今選ばれている日本代表メンバーでは試行錯誤しても限界が見えている? 【2008/06/22】 バーレーン戦 「アイデアの無い人はサッカー選手にはなれない」 ヒディンクサッカーを日本代表にも。 FWを主導的に考え......続きを読む»

ドイツ戦(女子) 「ドイツって、女子も男子も、内容悪くても勝つんだな・・・、本当に悔しい・・・」

試合 :北京五輪 3位決定戦 場所 :北京(中国) 開催日:2008年8月21日 結果 :ドイツ勝利 スコア:「0-2」 得点者:バイラマイ×2 どう見ても日本の方が、 良い内容のサッカーをしていた。 アメリカと比較すれば、 ドイツの選手は縦へのスピードが無かったし、 この試合では、 選手のコンディションも悪そうに見えた。 一方、 なでしこの方は、 好調を......続きを読む»

アメリカ戦(女子) 「しかし、それにしても、アメリカ強いなぁ・・・」

試合 :北京五輪 準決勝 場所 :北京(中国) 開催日:2008年8月18日 結果 :アメリカ勝利 スコア:「2-4」 得点者:大野 ハクルズ チャルプニー オーライリー ハクルズ 荒川 くそ~、 ダメだったか~。 日本が前半16分に先制して、 理想的な試合展開だったと思うのですが、 それでもやはり最後は実力差、 それが点差にも出てしまいましたね。 前半の内に......続きを読む»

アメリカに勝つ為には? なでしこジャパン。

予選グループの第2戦で戦った時には、 日本の選手のコンディションの悪さもあってか、 そこに、 圧倒的な、 パワー、スピード、フィジカル、 その差を感じたことは確かでした。 そしてそれは、 準決勝で対戦するアメリカも、 当然同じであるはずでが、 しかし、 ノルウェー戦や中国戦での、 なでしこジャパンの状態を見る限り、 明らかにコンディションが上昇して、 気力体力共にトップ......続きを読む»

中国戦(女子) 「いいよ。風が吹いてるよ。風が吹いているよ。なでしこ」

試合 :北京五輪 準々決勝 場所 :秦皇島(中国) 開催日:2008年8月15日 結果 :日本勝利 スコア:「2-0」 得点者:澤 永里 ...続きを読む»

ノルウェー戦(女子) 「なでしこ復活! 大量5得点! 決勝T進出!」

試合 :北京五輪 予選グループステージ第3戦 場所 :秦皇島(中国) 開催日:2008年8月12日 結果 :日本勝利 スコア:「5-1」 得点者:G・クヌッツェン 近賀 OG 大野 澤 原 ...続きを読む»

なでしこジャパン 「いつもの力が発揮できないのはなぜ?」

私は常に、 なでしこジャパンを追いかけてきたわけではないので、 正確なところは解からないのですが、 それでも、 4年前のアテネ五輪の時と比べても、 今回のなでしこジャパンは、 その力を50%ぐらいしか発揮していないように感じます。 ...続きを読む»

アメリカ戦(女子) 「圧倒的に足りないフィジカル、パワー、スピード」

試合 :北京五輪 予選グループステージ第2戦 場所 :秦皇島(中国) 開催日:2008年8月9日 結果 :アメリカ勝利 スコア:「0-1」 得点者:ロイド ...続きを読む»

ニュージーランド戦(女子) 「同点に追い付くも厳しいスタート」

試合 :北京五輪 予選グループステージ第1戦 場所 :秦皇島(中国) 開催日:2008年8月6日 結果 :引き分け スコア:「2-2」 得点者:ヤロップ ハーン(PK) 宮間(PK) 澤 ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2961
  • 累計のページビュー:24130455

(04月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss