FCKSA66

Jリーグ

日本のサッカーは1つの勝利を手に入れたと言っても良いのではないだろうか。 【 鹿島アントラーズ vs レアル・マドリード 】

試合 :CWC 決勝 開催日:2016年12月18日 結果 :レアル・マドリード勝利・優勝 スコア:「2-4」 得点者:ベンゼマ 柴崎岳 C・ロナウド(PK) 柴崎岳 C・ロナウド×2 【 鹿島アントラーズ 】 FW 土居聖真 金崎夢生 MF 柴崎岳 小笠原満男 永木亮太 遠藤康 DF 山本脩斗 昌子源 植田直通 西大伍 GK 曽ヶ端準 FW 赤崎秀平 金崎夢生 MF 鈴木優磨......続きを読む»

壁というのは、想像しなかったタイミングで、壊せる時には簡単に壊せるものだなと。 【 鹿島アントラーズ vs A・ナシオナル 】

試合 :CWC 準決勝 開催日:2016年12月14日 結果 :鹿島アントラーズ勝利 スコア:「3-0」 得点者:土居聖真(PK) 遠藤康 鈴木優磨 【 鹿島アントラーズ 】 FW 土居聖真 赤崎秀平 MF 中村充孝 小笠原満男 柴崎岳 遠藤康 DF 山本脩斗 昌子源 植田直通 西大伍 GK 曽ヶ端準 FW 鈴木優磨 金崎夢生 MF 中村充孝 永木亮太 柴崎岳 遠藤康 DF 山......続きを読む»

球際の激しいアグレッシブな好ゲーム。両チームの攻守における課題とは何か。 【 ベガルタ仙台 vs 鹿島アントラーズ 】

試合 :J1リーグ 第3節 開催日:2016年3月12日 結果 :ベガルタ仙台勝利 スコア:「1-0」 得点者:金久保順 【 ベガルタ仙台 】 FW 奥埜博亮 ウイルソン MF 梁勇基 三田啓貴 富田晋伍 金久保順 DF 石川直樹 渡部博文 平岡康裕 大岩一貴 GK 関憲太郎 FW 金園英学 ウイルソン MF 藤村慶太 三田啓貴 富田晋伍 金久保順 DF 石川直樹 渡部博文 平......続きを読む»

サンダサと阿部拓馬と小川諒也が特に良いパフォーマンスだった。 【 FC東京 vs ビンズオン 】

試合 :ACL グループE 第2戦 開催日:2016年3月1日 結果 :FC東京勝利 スコア:「3-1」 得点者:グエン・アイン・ドゥック バーンズ O・G 前田遼一 【 FC東京 】 FW サンダサ バーンズ MF 田辺草民 羽生直剛 高橋秀人 水沼宏太 DF 小川諒也 丸山祐市 森重真人 徳永悠平 GK 秋元陽太 FW 阿部拓馬 サンダサ バーンズ MF 田辺草民 高橋秀人......続きを読む»

個のプレイのちょっとしたクオリティの部分が勝敗の明暗を分ける事も多い。 【 FC東京 vs 大宮アルディージャ 】

試合 :J1リーグ 第1節 開催日:2016年2月27日 結果 :大宮アルディージャ勝利 スコア:「0-1」 得点者:岩上祐三 【 FC東京 】 FW 阿部拓馬 前田遼一 MF 東慶悟 梶山陽平 米本拓司 水沼宏太 DF 徳永悠平 丸山祐市 森重真人 橋本拳人 GK 秋元陽太 FW 阿部拓馬 前田遼一 MF 中島翔哉 田邉草民 米本拓司 河野広貴 DF 徳永悠平 丸山祐市 森重......続きを読む»

以前までとは異なって守備をしっかりしてきた川崎フロンターレが勝利。 【 サンフレッチェ広島 vs 川崎フロンターレ 】

試合 :J1リーグ 第1節 開催日:2016年2月27日 結果 :川崎フロンターレ勝利 スコア:「0-1」 得点者:小林悠 【 サンフレッチェ広島 】 FW 佐藤寿人 MF 柴崎晃誠 茶島雄介 MF 柏好文 森崎和幸 青山敏弘 ミキッチ DF 佐々木翔 千葉和彦 塩谷司 GK 林卓人 FW ウタカ MF 柴崎晃誠 浅野拓磨 MF 清水航平 森崎和幸 青山敏弘 ミキッチ DF 佐......続きを読む»

今季はミハイロ・ペトロヴィッチのサッカーに進化を望みたい。 【 浦和レッズ vs シドニーFC 】

試合 :ACL グループH 第1戦 開催日:2016年2月24日 結果 :浦和レッズ勝利 スコア:「2-0」 得点者:武藤雄樹 興梠慎三(PK) 【 浦和レッズ 】 FW ズラタン MF 武藤雄樹 梅崎司 MF 宇賀神友弥 青木拓矢 阿部勇樹 関根貴大 DF 槙野智章 永田充 森脇良太 GK 西川周作 FW ズラタン 興梠慎三 MF 柏木陽介 遠藤航 阿部勇樹 DF 宇賀神友弥......続きを読む»

敗因は3つ。城福監督とFC東京はACL仕様の戦い方を身に付けられるのか。 【 全北現代 vs FC東京 】

試合 :ACL グループE 第1戦 開催日:2016年2月23日 結果 :全北現代勝利 スコア:「2-1」 得点者:コ・ムヨル イ・ドングク 阿部拓馬 【 FC東京 】 FW 前田遼一 阿部拓馬 MF 東慶悟 米本拓司 橋本拳人 水沼宏太 DF 駒野友一 丸山祐市 森重真人 徳永悠平 GK 秋元陽太 FW 前田遼一 バーンズ MF 阿部拓馬 幸野志有人 米本拓司 河野広貴 DF 徳......続きを読む»

ゼロックススーパーカップ2016について。鍵を握るウタカとアデミウソン。

サンフレッチェ広島の1点目は、さすが佐藤寿人という感じだった。 もちろん、塩谷のクロスの質も素晴らしかったと思う。 現状のハリルジャパンの右SBは、 内田篤人が不在、酒井宏樹と酒井高徳の2人は特に守備が不安定、 という状況にあるので、 G大阪の丹羽やサンフレッチェ広島の塩谷にも大きなチャンスがある。 ただ、丹羽について言えば、 サンフレッチェ広島の2点目は丹羽がハンドを取られてのPKで、 実際......続きを読む»

今季のJの注目はリオ五輪代表候補の選手たちか?

AFC、Uー23選手権で大会MVPに輝いた中島翔哉と、同大会で著しい成長と高いパフォーマンスを見せた室屋成、その2人が所属するFC東京は注目になると思う。また、FC東京は、監督がマッシモ・フィッカデンティ監督から城福浩監督へと交代となり、城福浩監督がFC東京を率いるのは2回目となるが、マッシモ・フィッカデンティ監督が築き残した堅守のベースの上に城福浩監督が何をどうプラスして、FC東京を昨季よりも上の......続きを読む»

アフリカ王者に勝利し、南米王者に善戦した事は、間違い無く素晴らしい事だったが、そのレベルをスタンダードにするためには、という事を考える事が重要。 【 サンフレッチェ広島 vs リバープレート 】

試合 :クラブW杯 開催日:2015年12月16日 結果 :リバープレート勝利 スコア:「0-1」 得点者:ルーカス・アラリオ 【 サンフレッチェ広島 】 FW 皆川佑介 MF 茶島雄介 森﨑和幸 青山敏弘 ドウグラス DF 清水航平 佐々木翔 千葉和彦 塩谷司 柏好文 GK 林卓人 FW 佐藤寿人 MF 浅野拓磨 森﨑和幸 青山敏弘 ドウグラス DF 清水航平 佐々木翔 千葉......続きを読む»

勝利できた5つのポイント。アフリカ大陸王者に快勝。 【 サンフレッチェ広島 vs マゼンベ 】

試合 :クラブW杯 開催日:2015年12月13日 結果 :サンフレッチェ広島勝利 スコア:「3-0」 得点者:塩谷司 千葉和彦 浅野拓磨 【 サンフレッチェ広島 】 FW 佐藤寿人 MF 茶島雄介 森﨑和幸 青山敏弘 ドウグラス DF 柏好文 佐々木翔 千葉和彦 塩谷司 ミキッチ GK 林卓人 FW 浅野拓磨 MF 茶島雄介 森﨑和幸 青山敏弘 ドウグラス DF 佐々木翔 水......続きを読む»

システマティックな攻守が躍進の鍵。 【 サンフレッチェ広島 vs オークランド・シティ 】

試合 :クラブW杯 開催日:2015年12月10日 結果 :サンフレッチェ広島勝利 スコア:「2-0」 得点者:皆川佑介 塩谷司 【 サンフレッチェ広島 】 FW 皆川佑介 MF 浅野拓磨 丸谷拓也 青山敏弘 野津田岳人 DF 清水航平 水本裕貴 千葉和彦 塩谷司 柏好文 GK 林卓人 FW 皆川佑介 MF 浅野拓磨 丸谷拓也 青山敏弘 ドウグラス DF 佐々木翔 水本裕貴 千......続きを読む»

セットプレイとミドルシュート。放り込み攻撃に対する守備。サイドの選手の得点力あるいは決定力。

【 セットプレイとミドルシュート。 】 セットプレイは、積極的あるいは能動的に獲りにいく、という事も大切。守備的な相手に対して、激しい守備をしてくる相手に対して、バイタルエリア内もしくはアタッキングサード内まで侵入した時には、まずはセットプレイを獲る事を第一としても良い。サイドからの攻撃となった場合でも、ゴール前の状態を見て難しいと感じた場合には、サイドで詰まったと感じた場合には、CKを獲る事......続きを読む»

チャンピオンシップという大会は新たなモチベーションになると思う。

やはり「お祭り」というのは必要なのだと思う。さすがに詳細は薄れつつあるが、過去に行われたチャンピオンシップの記憶というのは、映像として頭の中に残り続けている。チャンピオンシップのヒリヒリした感じというのは、新しい世代には新鮮だったと思うが、個人的には懐かしかった。サンフレッチェ広島の優勝という結果は、最も納得感のあるものだったと思う。ただ、ACLやナビスコ杯など、他の大会でも頑張った今季のガンバ大阪......続きを読む»

結局その原因の根本にあるのは考え方。

簡単に言えば、どのような考え方が日本のサッカーの主流となってきたのか、という事なのではないかと思う。プレイの第一の選択肢がパスとなった場合には、当然、味方の選手が来るまで待つ、というプレイも多くなるから、やはりそのぶんだけ速さというのはロスされる。また、技術、というか、ミス、という事をなるべく避けようとした場合に、当然、スピードを落とした状態であったり、止まった状態であったりした方が、やはりボールコ......続きを読む»

どうすればJリーグが変わるか? 根本的に必要なのは2つの事。

どうすればJリーグの人気が回復するのか? どうすればJリーグのレベルが上がるのか? という類の質問はよく受ける。ただ、どうすればJリーグの人気が回復するのか? というのは簡単で、それは人気選手の存在と良い結果。欧州のクラブがアジアの選手、日本の選手を獲得したいと考える理由には、当然、実力や戦力という事以外にも、マーケティングという事もある。アジアの資金や市場、日本の資金や市場、それを得たい、という事......続きを読む»

堅守+少ないチャンスで決める。その質の勝負。 【 FC東京 vs モンテディオ山形 】

試合 :J1リーグ 2ndステージ 第3節 開催日:2015年7月19日 結果 :引き分け スコア:「0-0」 得点者: 「山形は予想通りにスペースを消し、カウンターを狙ってきた。その中でも前半の中島のチャンスは大きな決定機。そこで決めていればもう少し落ち着いた内容になっていたかもしれないが、チャンスを活かせずに時間が経過した。梶山、太田は交代せざるを得ない状況だった。それ故に後半は戦術的......続きを読む»

ビルドアップ。スタートポジション。どこのエリアでは何枚でプレイさせるのか。 【 柏レイソル vs 川崎フロンターレ 】

試合 :J1リーグ 2ndステージ 第3節 開催日:2015年7月19日 結果 :柏レイソル勝利 スコア:「1-0」 得点者:工藤壮人 「後半の45分を前半からやりたかった。前半は自分の良い形が見つからなかった。リョウタ(大島僚太)とセンターバックの2人でボールを運べると思っていたし、絶対に1人は空く。相手のウィングが来たり、ボランチが来たら空くのだけど、そのときに横しか向いていないの......続きを読む»

ボランチ俊輔。マリノスの攻撃。レイソルの戦い方。 【 横浜F・マリノス vs 柏レイソル 】

試合 :J1リーグ 2ndステージ 第2節 開催日:2015年7月15日 結果 :柏レイソル勝利 スコア:「0-1」 得点者:工藤壮人 「俊輔のクオリティは、皆さんご存知だと思います。彼が攻撃の方向性を決めていることが非常に多いと思います。そして、ほとんどボールを失っていません。そして後半は我々が、ほとんどポゼッションしていましたので、我々のシステムにおいて非常に重要な役割を果たしてい......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:3279
  • 累計のページビュー:24464706

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss