FCKSA66

岡田ジャパン

長谷部をキャプテンにした理由。教育や指導とは? 個と組織について。

岡田武史氏が語るリーダー論、マネジメント論。 特別開講「岡田ゼミ」要旨。 という記事を読んで個人的に感じた事を少し。 ...続きを読む»

岡田武史の挑戦 ~監督という職業~ part4

2010年7月26日、 WOWOWノンフィクションWという番組で、 「岡田武史の挑戦 ~監督という職業~」という放送をしていましたので、 今回をそれを元に書いてみたいと思います。 赤はナレーションや聞き手。 青は岡田監督の言葉。 黒は私の感想という事になっています。 ...続きを読む»

岡田武史の挑戦 ~監督という職業~ part3

2010年7月26日、 WOWOWノンフィクションWという番組で、 「岡田武史の挑戦 ~監督という職業~」という放送をしていましたので、 今回をそれを元に書いてみたいと思います。 赤はナレーションや聞き手。 青は岡田監督の言葉。 黒は私の感想という事になっています。 ...続きを読む»

岡田武史の挑戦 ~監督という職業~ part2

2010年7月26日、 WOWOWノンフィクションWという番組で、 「岡田武史の挑戦 ~監督という職業~」という放送をしていましたので、 今回をそれを元に書いてみたいと思います。 赤はナレーションや聞き手。 青は岡田監督の言葉。 黒は私の感想という事になっています。 ...続きを読む»

岡田武史の挑戦 ~監督という職業~ part1

2010年7月26日、 WOWOWノンフィクションWという番組で、 「岡田武史の挑戦 ~監督という職業~」という放送をしていましたので、 今回をそれを元に書いてみたいと思います。 赤はナレーションや聞き手。 青は岡田監督の言葉。 黒は私の感想という事になっています。 ...続きを読む»

追い込まれた岡田ジャパンから有終の美へ チームを蘇らせた要因とは何であったのか? 【オシムー岡田】ジャパンの軌跡 part4

南アフリカW杯での、 日本代表の戦いは終わりました。 そこで、 これまでの4年間を振り返っていきたいと思います。 ...続きを読む»

次々に問題点が表面化 堅守カウンターサッカーへと切り替えるべきだったのはいつ? 【オシムー岡田】ジャパンの軌跡 part3

南アフリカW杯での、 日本代表の戦いは終わりました。 そこで、 これまでの4年間を振り返っていきたいと思います。 ...続きを読む»

「オレ流」が最初の転換点 アジアレベルと脱アジアレベルの差とは? 【オシムー岡田】ジャパンの軌跡 part2

南アフリカW杯での、 日本代表の戦いは終わりました。 そこで、 これまでの4年間を振り返っていきたいと思います。 ...続きを読む»

オシムジャパンの1年半 オシムが目指した日本代表の完成形とは? 【オシムー岡田】ジャパンの軌跡 part1

南アフリカW杯での、 日本代表の戦いは終わりました。 そこで、 これまでの4年間を振り返っていきたいと思います。 ...続きを読む»

オランダ対ハンガリー 「必要以上に追い回さない。サイドの守備に行き過ぎない」

最近行われた、 オランダ対ハンガリーの親善試合を観て、 オランダに対する戦い方を考えてみます。 ちなみに結果は「6-1」でオランダの勝利でした。 ...続きを読む»

カメルーン対ポルトガル 「どれだけ老獪なサッカーができるか。それがカメルーン戦の結果を左右してくるように思う」

2010年6月2日に行われた、 カメルーン対ポルトガルの親善試合を観て、 カメルーンに対する戦い方を考えてみます。 ちなみに結果は「3-1」でポルトガルの勝利でした。 ...続きを読む»

オランダ対メキシコ 「戦い方次第ではどうにかなる、かも・・・? 相手がオランダだからと言って、必要以上に怖れたり、または神風みたいな戦い方はしないで欲しい」

2010年5月26日に行われた、 オランダ対メキシコの親善試合を観て、 オランダに対する戦い方を考えてみます。 ...続きを読む»

バーレーン戦後の岡田監督の会見から、全ては崩すための布石となるプレーが問題なのではないか、という話。

今回もバーレーン戦後の岡田監督の会見から、 全ては崩すための布石となるプレーが問題なのではないか、 ということを書いてみたいと思います。 ...続きを読む»

バーレーン戦後の岡田監督の会見から、運動量が足りていないのはMFなのではないか、という話。

今回もバーレーン戦後の岡田監督の会見から、 運動量が足りていないのはMFなのではないか、 ということを書いてみたいと思います。 ...続きを読む»

バーレーン戦後の岡田監督の会見から、リトリートした相手の守備を崩して得点を奪うにはMFのプレーが鍵になるのではないか、という話。

バーレーン戦の攻撃を見ていて感じたのは、 日本のMF選手の攻撃におけるプレー、 そのことも1つありました。 ...続きを読む»

山瀬功治 08年度日本代表全19試合総評

* 「評価無し」は不出場又は途中出場などで評価しなかったことを示しています。 * 採点は10点満点評価です。 08/01/26 チリ戦 評価無し。 08/01/30 ボスニア・ヘルツェゴビナ戦 山瀬 6点 やっぱり得点力のあるMFって良いよね(笑) 代表試合経験が少ないので、まだ周囲と連携が合わないところはありますが、その中でも既に代表で3得点しており、松井や俊輔を脅......続きを読む»

長友佑都 08年度日本代表全19試合総評

* 「評価無し」は不出場又は途中出場などで評価しなかったことを示しています。 * 採点は10点満点評価です。 08/01/26 チリ戦 評価無し。 08/01/30 ボスニア・ヘルツェゴビナ戦 評価無し。 08/02/16 タイ戦 評価無し。 08/02/17 北朝鮮戦 評価無し。 08/02/20 中国戦 評価無し。 08/02/......続きを読む»

中村憲剛 08年度日本代表全19試合総評

* 「評価無し」は不出場又は途中出場などで評価しなかったことを示しています。 * 採点は10点満点評価です。 08/01/26 チリ戦 憲剛 3点 遠藤と右に同じ。一度だけPA内へ飛び出してシュートというシーンもありましたが、あまりに数が少ない感じです。システム的なポジションのこともあって守備的になってしまい、そもそも、運動量の多くない、守備に強くない、フィジカル的に強くない、そ......続きを読む»

阿部勇樹 08年度日本代表全19試合総評

* 「評価無し」は不出場又は途中出場などで評価しなかったことを示しています。 * 採点は10点満点評価です。 08/01/26 チリ戦 阿部 5点 サイドのカバーリング、中澤が攻撃参加した時の守備、そこそこ良かったように思いますが、相手の攻撃のレベルが高ければどうだったのか判らないですね。ラインコントロールが乱れてしまっているシーンもあったので、中澤、鈴木、彼らとのトライアングル......続きを読む»

闘莉王 08年度日本代表全19試合総評

* 「評価無し」は不出場又は途中出場などで評価しなかったことを示しています。 * 採点は10点満点評価です。 08/01/26 チリ戦 評価無し。 08/01/30 ボスニア・ヘルツェゴビナ戦 評価無し。 08/02/16 タイ戦 評価無し。 08/02/17 北朝鮮戦 評価無し。 08/02/20 中国戦 評価無し。 08/02/......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:24251399

(06月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss