FCKSA66

宇佐美にある2つの嫌な状況。長谷部にも進化が求められている。 【ヴォルフスブルクvsバイエルン・ミュンヘン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :ブンデスリーガ 第2節
開催日:2011年8月13日
結果 :バイエルン・ミュンヘン勝利
スコア:「0-1」
得点者:グスタヴォ




○ ヴォルフスブルク

FW:ヘルメス マンジュキッチ
MF:サリハミジッチ ジョズエ トレーシュ オクス
DF:シェファー ルス シモン・キェル 長谷部誠
GK:ベナーリョ

FW:ラキッチ マンジュキッチ
MF:ク・ジャチョル ジョズエ トレーシュ デヤガ
DF:シェファー ルス シモン・キェル 長谷部誠
GK:ベナーリョ

○ バイエルン・ミュンヘン

FW:マリオ・ゴメス
MF:リベリ クロース ミュラーMF:シュヴァインシュタイガー グスタヴォ
DF:ラーム バットステューバ ボアテング ラフィーニャ
GK:ノイアー

FW:マリオ・ゴメス
MF:リベリ オリッチ 宇佐美貴史(ファン・バイテン)MF:シュヴァインシュタイガー グスタヴォ
DF:ラーム バットステューバ ボアテング ラフィーニャ
GK:ノイアー


まずは、後半24分、ミュラーに代わって右SHの位置に入り、後半46分にグスタヴォの得点でバイエルンが先制した後、後半47分にファン・バイテンと交代した宇佐美についてですが、もし宇佐美のパフォーマンスが監督にとって納得できるようなものであったなら、マリオ・ゴメスやリベリをファン・バイテンと交代させても良かったと思いますので、やはり、デビュー戦は、あまり良いパフォーマンスではなかったと言えると思っています。

個人的にも、さすがに宇佐美とは言え、デビュー戦という事で、緊張から身体が思うように動かなかったのではないか、という事を感じました。まだバイエルンというクラブは宇佐美にとって時期尚早なのではないか、というのは多く言われていたと思いますが、やはりそれは然りだと思っていて、しかし、それでもあえて挑戦するという事であると思いますので、このデビュー戦のパフォーマンスだけで云々というのは、ちょっと可哀想だなと思いますね。

また、宇佐美にとっては、2つの嫌な状況というのがあると思う訳ですね。1つには、香川を筆頭として、ブンデスでの日本人選手は活躍していますし、また、その評価も高くなっているので、当然、宇佐美に対しての期待値というのは高くなっていると思いますから、最初から香川のようなプレーを期待されているような感じがあって、それは宇佐美にとっては少し厳しいなと思う訳です。

香川にしても内田にしても、最初はほとんど期待されてなく、内田は評価が低くて、アルゼンチン戦以前まではスタメンではありませんでしたし、また、香川にしても、最初はパスがなかなか来ないという状況に苦しんでいましたし、更には、岡崎にしても、いきなりのスタメン起用ではありましたが、長いこと得点を取れずに苦しんでいましたので、それでフル代表での実績も無い宇佐美にデビュー戦から活躍する事を期待するというのは、ちょっと酷かなと思いますね。

先輩たちの活躍によって移籍の道が大きく開いた。それは宇佐美にとっては大きなチャンスを得る事にはなりましたが、反面、そういう先輩たちの活躍やパフォーマンスの高さというのが期待される基準にもなってしまうので、そこは少し基準を下げて見てあげて欲しいなと思う訳です。ポジションやプレースタイル的にも香川と比較されがちになってしまいますが、通って来た道には違いがありますので、そこは考慮してあげて欲しいなと思っています。

そして、2つには、バルエルン・ミュンヘンというチームが、あまり上手く行っていない、という事ですね。おそらくハインケス監督の中では、大差が付くような試合となった時に宇佐美を途中交代で出して、少しづつ育てて行こう、という考え方があると思っているのですが、なかなかそういう状況にはならず、また、開幕戦で敗戦しているという事もあって、とてもピリピリした状況の中で宇佐美は使われるという事になってしまった、という事ですね。

宇佐美に対しての期待値があまりにも高過ぎるという事。そして、バルエルン・ミュンヘンというチームがあまり上手く行っていないという事。この2つの状況というのは、宇佐美にとっては厳しい状況だと言えると思っていて、従ってそういう事もあるので、このデビュー戦でのプレーに関しては、宇佐美にはそれほど気にしては欲しくないかなと思っています。それよりも、すぐに気持ちを切り替えて、練習などでしっかりアピールして欲しいなと思っています。

消極的なプレー、悪い判断のプレー、ボールが足に付かないようなプレー、というのは確かに目立ちましたが、サイドチェンジのロングボールを足元でしっかり収めて攻撃の起点となったり、クロスに対してダイアゴナルにゴール前へ飛び込んで行って、触れていれば得点を取れたかもしれないという惜しいシーンもありましたから、それほど落ち込む必要は無いと思っています。

前述もしましたが、どの選手にしても、最初から活躍できた選手というのはいないので、重要なのは、この経験を活かして、次にどれだけ早く修正をするのか、という修正力の部分だと思っています。香川ならば、動きの幅を増やす事で活躍のきっかけを掴みましたし、内田ならば、守備力の向上によって活躍のきっかけを掴みましたし、岡崎ならば、チームが戦い方を変えてくれた事によって活躍のきっかけを掴みましたから、そういう事をきちんと考えるという事が、とても大切な事であると思っています。

と言う事で、試合の方は、スコア「0-1」で、バイエルン・ミュンヘンが辛くも勝利しました。バイエルンは、少し攻撃が単調になっているところがあるので、シュヴァインシュタイガーを軸として、もう少しアイデアのある攻撃の組み立てが必要なのではないかと感じました。一方、ヴォルフスブルクの方も、2トップが封じ込まれてしまうと、攻撃がほとんど機能しない、という状態になってしまっていたので、そこにもう1つの攻撃の形のオプションが必要なのかな、という感じがしました。

そして、この試合も右SBとしてスタメン出場し、90分間フル出場を果たした長谷部に関しては、やはり開幕戦と同様、攻撃ではあまり良さというのは出せていませんでしたが、ほぼリベリは封じていましたし、相変わらず守備では安定しているなと思います。そうなってくると、もう1つパフォーマンスを高めるためには、ビルドアップであったり、ロングフィードであったり、そういう部分のプレーの質を高める必要性に迫られているのかな、という事も感じました。


○ 最新エントリー

【2011/08/18】 香川とドルトムントに残されている伸び代。【ホッフェンハイムvsボルシア・ドルトムント】

○ 過去エントリー

【2011/08/17】 宇佐美にある2つの嫌な状況。長谷部にも進化が求められている。 【ヴォルフスブルクvsバイエルン・ミュンヘン】 

【2011/08/16】 今シーズンの開幕を告げるクラシコは「2-2」の引き分け。どちらのチームも新戦力に注目が集まる。 【レアル・マドリードvsバルセロナ】

【2011/08/14】 U-22エジプト戦 「今後の強化の道を問われた試合だった。このチームの在り方や位置付けについての確認が必要だと思う」

【2011/08/13】 本田と遠藤の韓国戦後のコメントから、本田の進化とは? ザックジャパンがレベルアップするには? という事について。

【2011/08/12】 韓国戦選手評価 「CBの2人と途中交代で入った2人のボランチが低評価」

【2011/08/11】 韓国戦 「宿敵に大勝もザックジャパンはアジアカップの時からレベルアップしていない。問題点は解決されないまま残っている。」

【2011/08/10】 2点ビハインドの状態から追い付くも浦和は敗戦。神戸は後半の戦い方が悪かった。 【浦和レッズvsヴィッセル神戸】

【2011/08/09】 岡崎が開幕戦で素晴らしいゴール。内田はベンチで出番無し。 【シュツットガルトvsシャルケ04】

【2011/08/08】 長谷部は右SBとして後半39分までプレーし守備で勝利に貢献。槙野はベンチ外。 【1FCケルンvsヴォルフスブルク】

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:
ヴォルフスブルク
バイエルン・ミュンヘン
長谷部誠
宇佐美貴史

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Re:宇佐美にある2つの嫌な状況。長谷部にも進化が求められている。 【ヴォルフスブルクvsバイエルン・ミュンヘン】

初めまして。

宇佐美は良い選手だと思いまが、まだ若いです。若すぎます。この移籍は早過ぎたと感じています。ですが、彼の秘めたる闘志や、絶対に生き残ってやるといった気持ちを評価して、今後に期待したいと思っています。
本田、内田、長友、香川、岡崎などは欧州で成功した理由をメンタルの成長だと語りました。宇佐美も今回の事を糧にして成長してもらいたいと願っています。

こんな記事も読みたい

【PL駅伝】 往路第1区間【Foot now!】

【Club No.1 #19】 個人残留【Foot now!】

ようこそプレミアリーグへ!新規参入イケメン選手10連発!【J SPORTS プレミアリーグナビ】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2491
  • 累計のページビュー:24623955

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss