FCKSA66

ハリルジャパンの戦い方の現在地。そこの悩みを香川や本田や岡崎が解決できるのかどうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

相手や状況によって3つのタクティクスを持つ。但しそれは、ポゼッション、カウンター、というような類のものではなく、3つの守備の設定位置を使い分ける、という事。高い位置、低い位置、そして、その中間の位置、という3つ。まずはその事を選手たちも認識する必要があると思う。また、その3つの守備の設定位置を使い分ける、というのは、相手や状況に対応しながら、試合をコントロールする、という事であると言える。

そして、それでボールを奪い、縦に速く攻撃する、というのがハリルホジッチの目指している戦い方であるが、1トップにはポストプレイが得意なタイプ、ウイングやSHというサイドにはスピードがあったり運動量があるタイプ、それから、「4-1-4-1」であろうと「4-2-3-1」であろうと、中盤中央の1枚にはチャンスメイクするようなタイプ、と配置するのが基本になっていると思う。そこは一貫してきたと言える。

中盤中央に関しては、井手口、長谷部、山口、倉田、原口、長澤、というタイプの選手たちを3枚並べる事もあるが、どちらかと言えば、香川、清武、大島、小林祐希、森岡、柴崎、柏木、本田、大島、というタイプの選手たちを1枚入れている事の方が多いし、相手によっては、後者のタイプの選手たちを2枚入れている場合もあった。また、サイドに関しても、本田だけではなく清武を使ったケースもあり、そこには柔軟性がある。

それから、「4-1-2-1-2」、つまり、中盤をダイヤモンド型にした「4-4-2」も使いたがっている、という情報もあるのだが、もしそれが本当であるとしたら、3ボランチにはしたいが、つまり、井手口、長谷部、山口、と並べたいが、尚且つ、チャンスメイクするようなタイプの選手も入れておきたい、という事であると思う。そういう意味では、むしろ、徹底的に縦への速さだけを求めているわけではない、と感じる。

しかし、あまり、香川、清武、大島、小林祐希、森岡、柴崎、柏木、本田、大島、という選手たちのパフォーマンスが良くなかった。フィジカル・コンディションが悪かったり、守備面で問題があったり、あるいは、守備面の弱さを補えるぐらの攻撃面での良さが発揮できなかったり、という事で、これからW杯に向かう事を考えれば、そこをどうするのか、という悩みがあると思われる。攻撃力も担保するのか、守備に偏重するのか。

守備に偏重する場合、中央での起点を2枚から1トップの選手だけの1枚にして、そうすると、攻撃のルートはよりサイドで、という事になる。そして、それは単調さを生む事にもなってしまうが、リスクを減らすためには仕方がない。おそらく、そこがハリルジャパンの戦い方の現在地であると思う。そういう意味では、そこの悩みを香川や本田や岡崎が解決できるのか、という事が、3月からの大きなポイントになってくると思う。



○ 最新エントリー

【2017/12/23】 【 乾貴士 】2得点。良い感じで2017-18シーズンの前半戦を折り返す。 【 エイバル vs ジローナ 】

○ 過去エントリー

【2017/12/22】 ハリルジャパンの戦い方の現在地。そこの悩みを香川や本田や岡崎が解決できるのかどうか。

【2017/12/21】 成長や進化の原理原則。今の日本は短所を補うべき成長サイクルに在る。

【2017/12/20】 本田圭佑の可能性を探る。ハリルジャパンあるいはロシアW杯において。

【2017/12/19】 韓国戦選手評価 【 車屋紳太郎。植田直通。昌子源。三浦弦太。中村航輔。三竿健斗。阿部浩之。 】

【2017/12/18】 韓国戦選手評価 【 小林悠。土居聖真。伊東純也。倉田秋。井手口陽介。今野泰幸。川又堅碁。 】

【2017/12/17】 韓国戦 【 4失点完敗の大失態。その結果の主な原因は2つ。 】

【2017/12/16】 北朝鮮戦(女子) 【 もう1つレベルが不足していると確かめられた。 】

【2017/12/15】 中国戦選手評価 【 山本脩斗。植田直通。昌子源。三浦弦太。東口順昭。川又堅碁。阿部浩之。 】

【2017/12/14】 中国戦選手評価 【 小林悠。土居聖真。伊東純也。倉田秋。大島僚太。今野泰幸。井手口陽介。 】

【2017/12/13】 浦和レッズは第5位。守備力と決定力と初戦の戦い方が重要。

【2017/12/13】 中国戦 【 勝利という結果を出す事でチームも選手も成長する。 】

【2017/12/12】 浦和レッズがアル・ジャジーラに勝てなかった原因は?

【2017/12/11】 中国戦(女子) 【 田中美南と中島依美が攻撃を牽引。 】

【2017/12/11】 北朝鮮戦選手評価 【 金崎夢生。高萩洋次郎。倉田秋。小林悠。井手口陽介。今野泰幸。車屋紳太郎。室屋成。昌子源。谷口彰悟。中村航輔。川又堅碁。伊東純也。阿部浩之。 】

【2017/12/10】 北朝鮮戦 【 大惨事になっていた可能性もあったと思う。劇的勝利の立役者はGK中村航輔。 】

【2017/12/09】 韓国戦(女子) 【 SBの戦力不足は続いているが決定力は発揮した。 】

【2017/12/08】 離脱者が続いているE-1サッカー選手権をどう戦う?

【2017/12/07】 浦和レッズの対戦相手はテン・カテ監督率いる開催国王者のアル・ジャジーラ。

【2017/12/06】 クラシカルな10番タイプの司令塔が必要とされなくなったのは悲観的な要素ではない。

【2017/12/05】 【 乾貴士 】もう1つパフォーマンスを上げられると思う。 【 エイバル vs エスパニョール 】

【2017/12/04】 香川真司をどう使う? 岡崎慎司をどう使う? 本田圭佑をどう使う?

【2017/12/03】 日本はロシアW杯でどう戦う?

【2017/12/02】 日本の対戦相手はポーランドとセネガルとコロンビア。

【2017/12/01】 E-1サッカー選手権をどう戦う? 鍵とストロングポイントはどこか。

【2017/11/30】 E-1サッカー選手権に挑むメンバーについて。

【2017/11/29】 レスターというチームとレスターというチームでの岡崎について思う事。

【2017/11/28】 E-1サッカー選手権で期待する事。

【2017/11/26】 浦和レッズがACLで優勝。それには大きな意味も価値もある。E-1サッカー選手権とCWC。12月は国内組で盛り上がりそうだ。

【2017/11/24】 間違った考え方が多い日本のサッカー。

【2017/11/23】 天才型と秀才型。攻撃の選手と守備の選手の違い。

【2017/11/21】 E-1サッカー選手権に挑むメンバーは?

【2017/11/20】 「4-1-4-1」でのカウンター攻撃を機能させるにはゼロトップ。

【2017/11/19】 攻撃はパスと判断力のスピードの向上と仕掛けとワンタッチとワンツーで。

【2017/11/18】 代表の戦い方はシンプルであるべき。代表はより個の力で戦うべき。

【2017/11/09】 日本代表あるいは日本サッカーのキーワードは3つの「奪う」。

【2017/11/05】 どの選手はどのタイプ? という事からアプローチする考え方も有り。

【2017/11/04】 日本の選手たちに改善してもらいたいテクニックやフィジカルではない要素の個の力とは?

【2017/11/03】 日本の攻撃的なポジションの選手たちに上げてもらいたい個の力とは?

【2017/11/02】 支持率の多かった選手たちで「4-1-4-1」と「4-4-2(4-4-1-1)」と「3-5-2(5-3-2)」を考える。

【2017/10/26】 本田圭佑と香川真司の現在地。特に代表において。

【2017/10/25】 どうやって得点力を高める? 日本の場合はやはり。

【2017/10/19】 Uー17W杯総括。ハイレベルなテクニック。しかしフィジカルには大きな差が。

【2017/10/17】 ハリルジャパンがベースとして使っている2つのシステムの特性について。

【2017/10/16】 理想はハイブリッド。二元論は不毛。

【2017/10/06】 これからW杯までの強化試合では、まず何を目標にしなければならないのか?

【2017/09/30】 現代サッカーのモダンな傾向とは?

【2017/09/20】 ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 後編 】

【2017/09/19】 ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 前編 】

【2017/09/12】 スタイル(戦い方)論争よりも、個の力についての議論を。

【2017/09/11】 日本らしいサッカーとは何か?

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【美砂ロッコの侍青の風】ハリル監督解任論がにぎやかな中で思うこと(どちらかと言えば擁護派)【サムライブルーの風】

成長や進化の原理原則。今の日本は短所を補うべき成長サイクルに在る。【FCKSA66】

本田圭佑の可能性を探る。ハリルジャパンあるいはロシアW杯において。【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:315
  • 累計のページビュー:24658172

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss