FCKSA66

韓国戦 【 4失点完敗の大失態。その結果の主な原因は2つ。 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :EAFF E-1サッカー選手権 第3戦 開催日:2017年12月16日 結果 :韓国代表勝利 スコア:「1-4」 得点者:小林悠(PK) キム・シヌク チョン・ウヨン キム・シヌク ヨム・ギフン

FW          小林悠 MF  土居聖真 倉田秋  井手口陽介 伊東純也 MF          今野泰幸 DF 車屋紳太郎 昌子源   三浦弦太 植田直通 GK          中村航輔

FW          川又堅碁 MF  土居聖真    小林悠     阿部浩之 MF       三竿健斗  今野泰幸 DF 車屋紳太郎 昌子源   三浦弦太 植田直通 GK          中村航輔

やってしまったな、という事で、北朝鮮戦と中国戦で勝利し、少し評価を高めていた国内組の選手たちではあったが、これで台無しにしてしまったかなと。実際のところ、北朝鮮戦も大惨事になりかねない試合ではあったのだが、それがこの韓国戦で出てしまったかなと思う。そして、その原因の1つというのは、北朝鮮戦もそうだったように、出足の速さで明らかに負けていた、という事。まずは、とにかくそこが顕著だったと思う。

パスを繋ぐサッカーにも取り組んでいる韓国だが、この試合では、韓国が昔から得意としてきたサッカー、長身FWのキム・シヌクに放り込み、そのセカンドボールを拾って、というキック&ラッシュのサッカー。中国や北朝鮮よりも、そういう戦い方に洗練されている、個の力としても高い、そういう韓国に対し、完全にやられてしまった。やはり、スタイル云々よりも、日本のサッカーというのは、そこを克服しないとダメかなと。

そして、原因の2つには、優勝の可能性がある、しかも、その可能性に有利な状況で戦える、という部分で、試合の入りは良かったのだが、早々に先制点を奪い、という展開になった時に、普通の精神状態で戦えなくなってしまった。守備の設定位置を下げた事については悪かったとは思わない。引き分けでも優勝できる状況で1点をリードしたのであるから、それはセオリーだと言える。しかし、その時に、ギアも下げてはいけない。

ギアも下げてしまったら、インテンシティも下げてしまったら、いくら守備的になっても守れるはずがない。対応が完全に受動的になってしまったら、後手、後手、になってしまったら、当然、守れるはずがない。そして、ボールホルダーには必ずプレスをかける、その動きに全体が必ず素早く連動する、という基本をやれなかったら、やはり、良い守備対応ができるはずがない。いつもならできるんだけどな・・・、では通用しない。

初戦、引き分けや勝利で優勝できる試合、そういう難しくなる試合で、その難しさを打ち破って良い結果を出せるのかどうか、その力がないと、やはりW杯のような舞台では通用しない。使えない。そこが試された試合だったと思うのだが、スコア「1-4」、内容的にも結果的にも、大きな落第点だった。唯一、4失点ではあったが、GKの中村だけが北朝鮮に引き続き良いパフォーマンスを見せ、アピールに成功できたかなと思う。

車屋は守備面で大きな赤点。昌子も黄色信号になったかなと。そして、中国戦では右SBでも良いパフォーマンスを見せた植田だが、この試合ではやはり厳しい感じだった。今野も大きく評価を下げてしまったと思う。更には、土居と倉田も、優秀な2列目が揃う海外組の選手たちを差し置いてまで、というアピールには全くならなかった。しかし、川又と小林と伊東については、3月にも追試を、という可能性だけは示せたのかなと。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

たかだか国内組のサバイバルマッチで負けたぐらいで【スポーツ えっせい】

【緊急寄稿】E-1で日本が韓国に大敗した理由。【東京ドームに計画停電を!】

気持ち良い「掌返し」!日本サッカーもここまで来たか。【「読裏クラブ」のワンツー通し】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:329
  • 累計のページビュー:24658500

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss