FCKSA66

北朝鮮戦(女子) 【 もう1つレベルが不足していると確かめられた。 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :EAFF 女子E-1サッカー選手権 第3戦 開催日:2017年12月15日 結果 :北朝鮮代表勝利 スコア:「0-2」 得点者:キム・ユンミ リ・ヒャンシム

FW       岩渕真奈  田中美南 MF  籾木結花            櫨まどか MF       阪口夢穂  隅田凜 DF 宇津木瑠美 鮫島彩   三宅史織 高木ひかり GK         池田咲紀子

FW      菅澤優衣香  田中美南 MF  中里優     櫨まどか    中島依美 MF       阪口夢穂  隅田凜 DF    宇津木瑠美 三宅史織  鮫島彩 GK         池田咲紀子

力負けした、と言うのか、フィジカル負けした、パワー負けした、という感じだったかなと。序盤は押される展開だったが、それでも、それは想定内でもあったと思うし、上手く守れていたと思うし、何回かはシュートまで持ち込めそうな得点チャンスのシーンも作ったから、前半は良かったと思う。但し、そこできちんとシュートまで持ち込めるかどうか、そして、そのシュートを決められるかどうか、そこが結果を左右させたかなと。

組織的な部分では、日本の「4-4-2」はコンパクトでバランスが良く、北朝鮮よりも上回っていたと思う。しかし、特にフィニッシュのところでは、肉体的な強さなのか、技術力なのか、動きや判断のスピードなのか、何かが1つレベルが足りず、という事だったと思う。岩渕は以前よりもパフォーマンスを上げているし、田中も以前より競り合いに強くなった。しかし、それでもまだ能力的に足りていない、という事であると思う。

これで女子の北朝鮮は東アジアカップ(E-1サッカー選手権)を3連覇であるが、この北朝鮮という山を越えられれば、アメリカやドイツなどのアジア外の強豪国とも距離は遠くなくなる。それは過去の経緯からもそうで、逆に言えば、北朝鮮に勝てなかった、という事は、まだ高倉ジャパンはW杯で優勝を狙えるチームにはなれていない、という事。特に個の能力という部分で、もう1つレベルが不足していると確かめられたと思う。

間違いなく、日本の方がパスを回せていたし、パスを繋げる事はできたいた。しかし、特に後半がそうだったが、それが崩しの形やシュートにどのぐらい繋がったのか、という事を考えれば、ほぼゼロだったと言える。「3-5-2」に変えてから、3バックの右になった鮫島が攻撃参加する事で、いくつかのチャンスは作ったが、決定的、という感じではなかった。従って、それはなぜだったのか、という事が、とても重要だと言える。

もちろん、その1つの原因としては、崩しの形が見えなかった、どうやって得点を奪うのか、その形があまり見えなかった、という事はある。しかし、阪口が上がってヘディングで落とすような形とか、サイドから攻めて最後は隅田がミドルシュートを放つような形とか、岩渕と田中の2トップのコンビネーションからのような形とか、鋭い一本の縦パスからのような形とか、いくつかの形はあったので、やはりその時の個の力だと思う。

また、いくら組織的に守れていても、最後のところは個の力の攻防になる、という部分で、やはり北朝鮮の選手の方が、6割以上7割ぐらい、回数的には上回っていたと思うし、それが結局は2失点という結果になったと思う。しかしながら、全3試合、特に韓国戦と中国戦を見た限りでは、確実にチームとしても個としても良くなっているので、むしろ手応えの方が大きかった大会になったと思う。従って、このまま進んでもらいたい。



○ 最新エントリー

【2017/12/17】 韓国戦 【 4失点完敗の大失態。その結果の主な原因は2つ。 】

○ 過去エントリー

【2017/12/16】 北朝鮮戦(女子) 【 もう1つレベルが不足していると確かめられた。 】

【2017/12/15】 中国戦選手評価 【 山本脩斗。植田直通。昌子源。三浦弦太。東口順昭。川又堅碁。阿部浩之。 】

【2017/12/14】 中国戦選手評価 【 小林悠。土居聖真。伊東純也。倉田秋。大島僚太。今野泰幸。井手口陽介。 】

【2017/12/13】 浦和レッズは第5位。守備力と決定力と初戦の戦い方が重要。

【2017/12/13】 中国戦 【 勝利という結果を出す事でチームも選手も成長する。 】

【2017/12/12】 浦和レッズがアル・ジャジーラに勝てなかった原因は?

【2017/12/11】 中国戦(女子) 【 田中美南と中島依美が攻撃を牽引。 】

【2017/12/11】 北朝鮮戦選手評価 【 金崎夢生。高萩洋次郎。倉田秋。小林悠。井手口陽介。今野泰幸。車屋紳太郎。室屋成。昌子源。谷口彰悟。中村航輔。川又堅碁。伊東純也。阿部浩之。 】

【2017/12/10】 北朝鮮戦 【 大惨事になっていた可能性もあったと思う。劇的勝利の立役者はGK中村航輔。 】

【2017/12/09】 韓国戦(女子) 【 SBの戦力不足は続いているが決定力は発揮した。 】

【2017/12/08】 離脱者が続いているE-1サッカー選手権をどう戦う?

【2017/12/07】 浦和レッズの対戦相手はテン・カテ監督率いる開催国王者のアル・ジャジーラ。

【2017/12/06】 クラシカルな10番タイプの司令塔が必要とされなくなったのは悲観的な要素ではない。

【2017/12/05】 【 乾貴士 】もう1つパフォーマンスを上げられると思う。 【 エイバル vs エスパニョール 】

【2017/12/04】 香川真司をどう使う? 岡崎慎司をどう使う? 本田圭佑をどう使う?

【2017/12/03】 日本はロシアW杯でどう戦う?

【2017/12/02】 日本の対戦相手はポーランドとセネガルとコロンビア。

【2017/12/01】 E-1サッカー選手権をどう戦う? 鍵とストロングポイントはどこか。

【2017/11/30】 E-1サッカー選手権に挑むメンバーについて。

【2017/11/29】 レスターというチームとレスターというチームでの岡崎について思う事。

【2017/11/28】 E-1サッカー選手権で期待する事。

【2017/11/26】 浦和レッズがACLで優勝。それには大きな意味も価値もある。E-1サッカー選手権とCWC。12月は国内組で盛り上がりそうだ。

【2017/11/24】 間違った考え方が多い日本のサッカー。

【2017/11/23】 天才型と秀才型。攻撃の選手と守備の選手の違い。

【2017/11/21】 E-1サッカー選手権に挑むメンバーは?

【2017/11/20】 「4-1-4-1」でのカウンター攻撃を機能させるにはゼロトップ。

【2017/11/19】 攻撃はパスと判断力のスピードの向上と仕掛けとワンタッチとワンツーで。

【2017/11/18】 代表の戦い方はシンプルであるべき。代表はより個の力で戦うべき。

【2017/11/09】 日本代表あるいは日本サッカーのキーワードは3つの「奪う」。

【2017/11/05】 どの選手はどのタイプ? という事からアプローチする考え方も有り。

【2017/11/04】 日本の選手たちに改善してもらいたいテクニックやフィジカルではない要素の個の力とは?

【2017/11/03】 日本の攻撃的なポジションの選手たちに上げてもらいたい個の力とは?

【2017/11/02】 支持率の多かった選手たちで「4-1-4-1」と「4-4-2(4-4-1-1)」と「3-5-2(5-3-2)」を考える。

【2017/10/26】 本田圭佑と香川真司の現在地。特に代表において。

【2017/10/25】 どうやって得点力を高める? 日本の場合はやはり。

【2017/10/19】 Uー17W杯総括。ハイレベルなテクニック。しかしフィジカルには大きな差が。

【2017/10/17】 ハリルジャパンがベースとして使っている2つのシステムの特性について。

【2017/10/16】 理想はハイブリッド。二元論は不毛。

【2017/10/06】 これからW杯までの強化試合では、まず何を目標にしなければならないのか?

【2017/09/30】 現代サッカーのモダンな傾向とは?

【2017/09/20】 ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 後編 】

【2017/09/19】 ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 前編 】

【2017/09/12】 スタイル(戦い方)論争よりも、個の力についての議論を。

【2017/09/11】 日本らしいサッカーとは何か?

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこジャパン
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

韓国に惨敗。【猫と観るスポーツ】

即刻解任すべきである ―― <東アジア選手権>日本1-4韓国 【雑感】【Memories of the game】

完敗!〜なでしこvs北朝鮮女子代表(12月15日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:315
  • 累計のページビュー:24658172

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss