FCKSA66

中国戦 【 勝利という結果を出す事でチームも選手も成長する。 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合 :EAFF E-1サッカー選手権 第2戦 開催日:2017年12月12日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-1」 得点者:小林悠 昌子源 ユー・ダーバオ(PK)

FW          小林悠 MF  土居聖真 倉田秋   大島僚太 伊東純也 MF          今野泰幸 DF  山本脩斗 昌子源   三浦弦太 植田直通 GK          東口順昭

FW          川又堅碁 MF  阿部浩之 井手口陽介 倉田秋  小林悠 MF          今野泰幸 DF  山本脩斗 昌子源   三浦弦太 植田直通 GK          東口順昭

ある意味では、こういう戦い方、勝ち方というのが、ハリルホジッチのサッカーの持ち味かなと。例えば、今までだったら、相手に高さという武器があった場合、それでも日本は高さのあまりないDFを使い、ラインコントロールとか、とにかく出し手のところを止めるとか、なんとかそれで対応しようとする事が多かったと思うのだが、そうではなく、CBは当然として、SBにも山本や植田という高さに強い選手を使い、ある意味では逃げない対応をする。やはり日本にも、高さで勝負できる選手は存在しているので。

そして、縦へ縦へと、裏へ裏へと、時には縦へ急ぎすると感じるかもしれないし、裏を狙った攻撃が失敗を繰り返すかもしれないし、おそらく、そういうシンプルで泥臭いサッカーをあまり見慣れていない人が日本には多いのではないかと思うので、そういうサッカーは見栄えが悪く感じるかもしれないし、特に今回のチームは連携力に期待できない急造なので、より見栄えが悪くなってしまうのだが、とにかくそれでも最後、試合が終わった時に勝っていれば良い。それがハリルホジッチのサッカーの特性の1つかなと。

また結局、そういうサッカーでも、個の質が高ければ、もう少し連携力が高ければ、きちんと見栄えのする戦い方になってくる。例えば、ボールを奪ってからの最初のパスの質、一本のロングパスの質、クロスの質、また、それを受ける側のトラップや動き出しや決定力という質、ドリブルで突破したりボールを前に運ぶ質、更には、FWのファースト・ディフェンスの質、MFやDFの守備力の質、GKのパフォーマンスの質。そういう個の部分の質が高ければ、そして、もう少し連携力が高ければ、見栄えは良くなる。

もちろん、これが最高のサッカー、これが理想的なサッカー、というわけではない。但し、欧州の主要リーグだったとしても、中位から下位の実力のチームだったり、または、カテゴリーが1つ下のリーグで戦うチームというのは、やはり、ハリルホジッチのサッカーのような、シンプルで泥臭いサッカーを、まずはしているところの方が多い。そして、世界の中での日本代表の立ち位置を考えれば、リーグで言えばそういうチームに該当するのであるから、まずのプライオリティは見栄えの良さよりも勝てれば良いはず。

それから、今回のチームというのは、当然、そのままW杯で戦うチームではない。確実視される選手は井手口と昌子ぐらいしかいない。また、相手も若手主体だったり、W杯には出場できなかったチームだったりするのでそうであるが、日本も欧州組や浦和レッズの選手たち抜きで戦っているので、更には、代表経験の少ない選手たちで戦っているので、全体的な質が見劣りする試合になるのは仕方がない。従って、そういう前提を持って観るなり評価しなければ間違ってしまうと思うし、正しさが失われてしまうと思う。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

中国戦(女子) 【 田中美南と中島依美が攻撃を牽引。 】【FCKSA66】

ハリルはジーコか、トルシエか〜日本代表vs中国代表(12月12日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

北朝鮮戦選手評価 【 金崎夢生。高萩洋次郎。倉田秋。小林悠。井手口陽介。今野泰幸。車屋紳太郎。室屋成。昌子源。谷口彰悟。中村航輔。川又堅碁。伊東純也。阿部浩之。 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:320
  • 累計のページビュー:24658819

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss