FCKSA66

北朝鮮戦選手評価 【 金崎夢生。高萩洋次郎。倉田秋。小林悠。井手口陽介。今野泰幸。車屋紳太郎。室屋成。昌子源。谷口彰悟。中村航輔。川又堅碁。伊東純也。阿部浩之。 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

金崎夢生

少し今は調子が悪いのかな、という気もするが、相手がリトリートして、がっちりと守備ブロックを作っている状況において、最前線の中央であまり動かず、というのは、なかなか金崎は活きないのかなと思う。やはり、カウンターの状況で見てみたい。

高萩洋次郎

攻撃が機能しなかった1つの原因としては、高萩のパフォーマンスの悪さがあったと思う。サンフレッチェ時代には「3-4-2-1」の「2」のポジションで活躍したが、今はボランチの方が良いのかなと。次も使うとしたらボランチの方が良いと思う。

小林悠

右サイドでは、序盤は良かったが、徐々に消えてしまったかなと。しかし、トップ下、あるいは、2トップの1枚となってからは、動きとしては良さを見せていたと思う。それから、やはり、今回のメンバーであれば、大島とはセットの方が良いのかなと。

倉田秋

ゴール前へ入って行く動きなどには良さが見られたが、左で作って右へ、という攻撃をするにおいては、やや組み立てる力が足りなかったと思う。どの能力も平均以上に高い選手であるが、こういう試合で違いを見せられるような選手になれるかどうか。

井手口陽介

やや戦い方に苦しんでいたと思うが、持ち味は出せていたと思うし、最後にしっかりと仕事をして、ハリルジャパンの主力の力は見せたかなと。ボールを奪った後の展開力だったり、ゾーンをきちんと守るリアクションの守備能力が上がれば、とは思う。

今野泰幸

しっかりと間違いなく仕事はできる選手であるし、長谷部や山口に怪我の不安があったり、W杯でコロンビアとの対戦経験もあるし、中盤だけではなくCBやSBもできる、という事を考えても、ロシアW杯に連れて行きたい選手の1人ではあるかなと。

車屋紳太郎

右足ではあまり、という部分で、ボールを持って中央方向へ、という動きが多くなると、やや苦しさがあるのかなと。持ち味である、サイドから左足でクロス、左サイドからダイアゴナルにPAへドリブルで仕掛けてクロス、という形を、どう作るのか。

室屋成

かなり攻守に苦戦していたかな、という印象だった。ただ、フィジカル的なポテンシャルは高いと思うし、良いプレイも無かったわけではないと思うので、ロシアW杯後からは、という事に、やはり期待したい。今回は、もう1試合ぐらいは見てみたい。

昌子源

谷口との連携がなかなか噛み合わなかったり、やや相手の出足の鋭さに苦しんだり、CBからの組み立て、質の高いサイドチェンジのパスやロングパスも強く求められるような試合になって、パフォーマンスとしては、やや不満の残るものだったかなと。

谷口彰悟

いつものメンバーではなくても、しっかりと早く連携の良さを発揮できるのかどうか、きちんと持ち味を発揮できるのかどうか、というのは、やはり代表でプレイするのであれば強く求められる能力だと思うし、まずはそこを意識して成長してもらいたい。

中村航輔

代表に呼ばれ続けていたが、なかなか試合では使ってもらえず、欧州遠征ではメンバーから外されてしまったり、という状況だったが、今回の試合で大きな活躍を見せ、序列を崩せた可能性もあるかなと。今回のようなパフォーマンスが続けば、とは思う。

川又堅碁

激しさであったり、フィジカルの強さを活かして、という部分は変わっていないが、以前よりも丁寧にプレイできるようになった、落ち着いてプレイできるようになった、という印象だった。後は得点という結果を出せれば、かなり可能性は上がるかなと。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ノリさんなでしこならどちらにも勝てるはず〜韓国女子代表vs北朝鮮女子代表(12月11日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

2-96 コーナーキックの事情 E-1選手権 なでしこJAPAN 1-0 中国代表【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

北朝鮮戦 【 大惨事になっていた可能性もあったと思う。劇的勝利の立役者はGK中村航輔。 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:24658172

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss