FCKSA66

クラシカルな10番タイプの司令塔が必要とされなくなったのは悲観的な要素ではない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも、ダブルボランチというのは、トップ下の選手のポジションを一つ下げてボランチを2枚にし、より守備的に、それから、よりサイドを攻撃的に、という意図があるので、もうその時点で、クラシカルな10番タイプの司令塔、いわゆる、FWの近くの下にいて、攻撃的な役割しか担わない、あるいは、得点よりも起点やアシストが主な役割とする、というような攻撃的なMFというのは、もはや無くなったとも言える。

そういうタイプの選手というのは、FWに吸収されたと言うか、結局、よりFW的になるか、よりボランチ的になるか、それとも、後述もするが、基本的なポジションはサイドになるか、という事になり、例えば、遠藤保仁とか長谷部誠とか、香川真司とか本田圭佑とかは、昔だったらトップ下の選手だっと思うが、それが完全にボランチの選手になったり、または、ボランチやサイドで使われる事もあったり、という事になる。

これは、数的有利をいかに作るのか、数的不利をいかに作らないのか、という観点のアプローチからも、守備では人数を揃える事で数的不利を作らない、しかし、一方の攻撃では、守備もして司令塔としても、とか、守備もしてサイドアタッカーとしても、とか、サイドアタッカーもして得点も、とか、司令塔もして得点も、とか、1人の選手が2つ以上の役割を担う、こなす、という事によって、実質的な数的優位を作り出す。

という観点のアプローチがなされるようになっていて、それができない選手は、もし1つの役割では優れていたとしても、そういう選手は起用が限定的になったり、スタメンでの起用は少なくなったりしてしまう。それは、過去に記した、攻撃的な選手は天才的あるいは圧倒的である必要がある、しかし守備の選手は秀才的であれば良い、という事だったり、FWと2列目はボーダーレスになりつつある、という事にも関係する。

また、現代サッカーでは、アスリート化、あるいは、フィジカル化、その傾向が強くなっている、それから、守備ブロックが主流になってきた、という観点のアプローチからも1つ理由があって、テクニカルなだけの選手では、どうしてもフィジカル的な部分で負けてトップ下の位置では封じられがちになる、または、固定的にトップ下の位置に鎮座するようなプレイの仕方では、やはり封じられがちになってしまう、という事。

従って、それを回避するためには、例えば岡崎慎司とか大迫勇也とか本田圭佑とか、テクニカルであるよりもフィジカル的に対抗できる、または、テクニカルでもあるがフィジカル的にも対抗できる、そういう選手をトップ下には使うとか、あるいは、そもそも固定的なトップ下というのは置かず、FWが下がったり、ボランチが上がったり、サイドの選手が入ったり、一時的または瞬間的なトップ下で、という事になってくる。

そしてそれが、1トップならば、ゼロトップ的な考え方への到達にもなってくるし、サイドに、縦へ仕掛けるタイプのサイドアタッカーではない、または、利き足が逆の選手を配置する、という考え方への到達にもなってくる。攻撃から考えていかに守備を、という考え方をする人もいるが、現在の主流は、とうよりむしろ、セオリーは、守備から考えていかに攻撃を、という事であり、グアルディオラのサッカーでも実は同じ。

なぜかというのは、「間違った考え方が多い日本のサッカー。」、という記事に書いた通りで、つまり、例えば代表的な対称性のあるモウリーニョとグアルディオラのサッカーというのは、表面に見える攻撃や守備や仕方が違うだけ、もっと限定的に言えば、守備の設定位置が違うだけ。従って、その表面のところだけ真似してしまうと成功しないし、間違った考え方に陥ってしまう事になる。真はどこにあるのか、そこが重要。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

CL決勝T進出の16チーム出揃う!スペイン勢の対戦候補は?【ジョルディのバルセロナ通信】

CLに勝利でお別れ(CL: Napoli-thuis)【我がフェイエノールト】

Onder19、YLで冬越え(YL: Napoli-thuis)【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2100
  • 累計のページビュー:24628391

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss