FCKSA66

日本はロシアW杯でどう戦う?

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の初戦の対戦相手はコロンビア。やはりコロンビアと言えば、スコア「1-4」、ブラジルW杯で完全にやられた、という印象が強いと思う。ハメス・ロドリゲスなど、特に攻撃陣には個の力の高い選手が揃っており、まずはそれを封じる事ができないと勝負にならないと言える。但し、このグループではコロンビアが最も強いと思われるし、そして、初戦で対戦するので、日本としては1つのメリットがあると考えられる。

それは、ハッキリした戦い方ができる、あるいは、割り切った戦い方できる、という事。日本としては、負けなければ良い、もしくは、負けても最小得失点差ならば良い、という事が言える。従って、ほぼ攻撃の事は考えずに、徹底的に守備の事だけを考えて戦えば良い。もちろん、相手の攻撃力を削ぐためには、こちらも攻撃で相手の守備を脅かさなければならないのだが、それもあくまでも守備のためと割り切る事ができる。

2戦目の対戦相手はセネガル。初戦の結果にもよるが、セネガルは日本戦での勝点3を計算してくると思うし、日本にしても、やはりここが勝点3を奪う所だと考えると思うので、この2戦目は、守備だけ、というわけにはいかない。但し、そうは言っても、攻撃的に戦うべき、という事でもない。日本対コロンビアとセネガル対ポーランドの結果にもよるが、2戦目がもし引き分けという結果だったとしても、おそらく大丈夫。

また、セネガルにはスピードのあるアタッカーがいるので、前掛かりの戦い方をするのは危険だと言える。従って、やはり日本の戦い方としては、守備に重点を置きながら粘り強く戦い、セネガルが組織的に崩れるのを待ち、個人技頼みの攻撃や守備になるのを待ち、ここからならいける、と思ったタイミングで攻撃を仕掛けるのがベターだと思う。そこからはガチンコ勝負だが、しかし、引き分けも有り、という事は重要な事。

3戦目の対戦相手はポーランド。3戦目で重要な事は、実力云々よりも、どちらが有利な条件で戦えるのか、という事であり、そういう意味では、ポーランド戦については、2戦目を終えた時点での状況によって、どう戦うべきなのかは大きく変わってくると思うので、今の時点では何とも言えない。南アフリカW杯の3戦目のデンマーク戦のように、日本が有利な状況で戦う事ができれば、やはり勝てる可能性は高くなるかと。

ちなみに、ポーランド代表の印象としては、EURO2016では手堅い、守備の陣形は全く崩さず、堅守カウンターからレヴァンドフスキやミリクが得点を奪って勝つ、という戦い方で、ややレヴァンドフスキが不調だった事もあり、攻撃力不足な感じもあったが、ロシアW杯の欧州予選では、むしろその逆のようなチームになった印象もあり、ロシアW杯ではどちらの姿を見せるのかわからない。そこに難しさがあるかなと。

という事で、まず日本がロシアW杯までにやる事は、南米やアフリカの国のチームと戦い、しっかり守れるようにする、という事だと思う。つまり、仮想コロンビアや仮想セネガル、という事が、事前の準備としてはとても重要かなと。ポーランドについては、本大会に入ってから考えても良いと思う。アルゼンチンとできるのでは、という情報もあるが、もしそれが実現できたとしたら、後はアフリカの国ともやりたいところ。



○ 最新エントリー

【2017/12/04】 香川真司をどう使う? 岡崎慎司をどう使う? 本田圭佑をどう使う?

○ 過去エントリー

【2017/12/03】 日本はロシアW杯でどう戦う?

【2017/12/02】 日本の対戦相手はポーランドとセネガルとコロンビア。

【2017/12/01】 E-1サッカー選手権をどう戦う? 鍵とストロングポイントはどこか。

【2017/11/30】 E-1サッカー選手権に挑むメンバーについて。

【2017/11/29】 レスターというチームとレスターというチームでの岡崎について思う事。

【2017/11/28】 E-1サッカー選手権で期待する事。

【2017/11/26】 浦和レッズがACLで優勝。それには大きな意味も価値もある。E-1サッカー選手権とCWC。12月は国内組で盛り上がりそうだ。

【2017/11/24】 間違った考え方が多い日本のサッカー。

【2017/11/23】 天才型と秀才型。攻撃の選手と守備の選手の違い。

【2017/11/21】 E-1サッカー選手権に挑むメンバーは?

【2017/11/20】 「4-1-4-1」でのカウンター攻撃を機能させるにはゼロトップ。

【2017/11/19】 攻撃はパスと判断力のスピードの向上と仕掛けとワンタッチとワンツーで。

【2017/11/18】 代表の戦い方はシンプルであるべき。代表はより個の力で戦うべき。

【2017/11/09】 日本代表あるいは日本サッカーのキーワードは3つの「奪う」。

【2017/11/05】 どの選手はどのタイプ? という事からアプローチする考え方も有り。

【2017/11/04】 日本の選手たちに改善してもらいたいテクニックやフィジカルではない要素の個の力とは?

【2017/11/03】 日本の攻撃的なポジションの選手たちに上げてもらいたい個の力とは?

【2017/11/02】 支持率の多かった選手たちで「4-1-4-1」と「4-4-2(4-4-1-1)」と「3-5-2(5-3-2)」を考える。

【2017/10/26】 本田圭佑と香川真司の現在地。特に代表において。

【2017/10/25】 どうやって得点力を高める? 日本の場合はやはり。

【2017/10/19】 Uー17W杯総括。ハイレベルなテクニック。しかしフィジカルには大きな差が。

【2017/10/17】 ハリルジャパンがベースとして使っている2つのシステムの特性について。

【2017/10/16】 理想はハイブリッド。二元論は不毛。

【2017/10/06】 これからW杯までの強化試合では、まず何を目標にしなければならないのか?

【2017/09/30】 現代サッカーのモダンな傾向とは?

【2017/09/20】 ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 後編 】

【2017/09/19】 ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 前編 】

【2017/09/12】 スタイル(戦い方)論争よりも、個の力についての議論を。

【2017/09/11】 日本らしいサッカーとは何か?

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ワールドカップの救世主たる選手【コラム風ブログ】

日本の対戦相手はポーランドとセネガルとコロンビア。【FCKSA66】

サッカーW杯ロシア大会の組み合わせ決まる【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconkodahima

管理者 jube

人間学と心理学をベースに組織成功理論の探求をライフワークとしています。サッカーは人生の縮図である。サッカーには人生の全てがある。そんな言葉を胸に日夜サッカーの分析研究に勤しんでいます。サッカーの試合や選手の分析から人生に役立つ何かを見つけ出したい、学びたいという方は是非御覧下さい。

  • 昨日のページビュー:2338
  • 累計のページビュー:24626292

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ岡崎慎司は香川真司や本田圭佑と比べて人気が無いのか?
  2. 香川真司の守備力は高いのか低いのか? ハーフナー・マイクの守備力は高いのか低いのか? 本田圭佑の守備力は高いのか低いのか? 中田英寿の守備力は高いのか低いのか?
  3. 香川真司はベンチ入りも出番無し。モイズを続けさせる積極的な理由が無くなりつつある。 【 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  4. ブラジル戦 【 誘い込むブラジル。罠にはまる日本。繰り返される日本の悪い癖。世界の強豪国と戦うために必要な事をもう一度考え直すべき。 】
  5. 香川真司は後半31分から途中出場。フィジカルは鍛え過ぎるとマイナスになる事も。 【 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  6. 本田圭佑のプレイが正しかった理由と本田圭佑をトップ下で起用するべき理由。
  7. 香川真司は水を使う選手ではなく水を運ぶ選手としてしばらくはプレイするのがポイントになると思う。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 】
  8. 香川真司が大活躍。ギュンドアンやシャヒンが戻ってきても同じようなプレイを継続させて欲しい。そして、香川が得点数を増やすためには? 【 アンデルレヒト vs ドルトムント 】
  9. 香川真司に求められているのはポール・スコールズのような存在になる事。【 レヴァークーゼン vs マンチェスター・ユナイテッド 】
  10. 香川真司はベンチ外。座礁し沈没するモイズのマンチェスター・ユナイテッド号。 【 ストーク・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド 】

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2009
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss